半沢直樹 出向理由。 半沢直樹が出向になった理由は左遷?出向先はどこ?

半沢直樹の最終回あらすじネタバレ!ラストなぜ出向になったか理由を紹介

半沢直樹 出向理由

話題のTVドラマ「半沢直樹」の最終回を見た私の友人たちが、昨晩からけっこうSNSで騒いでいます。 大半はドラマの結末に不満ありで、その論点は「自己の利益の為に迂回融資を指示した大和田常務はなぜクビにならないか」「半沢直樹はなぜ出向なのか」というもの。 ここはひとつ私が元銀行管理職の観点で、納得のいくようにご解説申しあげましょう。 まず、大和田常務の降格という処遇について。 ドラマの中で本人も「懲戒解雇になっても文句が言えない立場」と口にしていましたが、結果は外部出向でもなく平取締役への降格止まり。 半沢の同期が、合併行の融和を重んじて相手行トップを完全掌握することを狙いとした頭取の温情人事であると言っていましたが、私はその見方は全くのはずれとは言わないもののあくまで付随的な理由であると思います。 最大の理由は、中野渡頭取自身の保身でしょう。 それが役員の家族企業への迂回融資であったなどと分かったなら(話題になればたいてい関係者からリークされます)世間的には大事件であり、対金融庁上もタダではすまされない問題に発展することは想像に難くありません。 さらには銀行の信用問題にも発展するでしょう。 そうなればすなわち、頭取の責任問題は回避できません。 単なる降格人事であるならば、「与信管理上の責任をとらせた」等々理由はいくらでもつけられるのです。 「私は人を見て判断した」などと大和田常務本人に平気な顔でのたまう中野渡頭取は相当なたぬきであると思われますが、銀行上層部にたぬきはつきものです。 このドラマの事件は、迂回元の企業が金を返してくれと言っている以上完全に犯罪であり、また私欲での迂回融資など、言い訳の余地なきコンプライアンス違反です。 この事件を金融庁に対しては虚偽報告もしくは未報告で済ますであろう中野渡頭取は、大和田常務の上を行く一番の悪(ワル)であると断言していいと思います。 次に、半沢直樹の出向人事について。 特に今回の半沢氏への辞令は、グループ内証券会社と思われる先への営業企画部長発令です。 同じ金融機関への出向は、銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できるものでもあります。 しかも、関連会社の職位はひとつ下の職位が本体の対応職位であり、営業企画部長という部長職は本体でば副部長がそれにあたります。 すなわち本店次長職の半沢氏にとっては昇格人事であり、不満を感じるべき異動ではないのです。 さらにもうひとつ、半沢氏の出向人事には金融庁からの検査入検時の対応に関する指導に形式上答える必要に迫られたものでもあるのでしょう。 対金融庁向けの「ご指摘の人物は主要ラインから外部への異動を命じました」というポーズです。 要するにこの点もまた中野渡頭取の保身対応が見てとれるのです。 いずれにしましても、多くの方々がご指摘の通り、続編を作らんがためのキャストの温存というシナリオありきのエンディングであるとは思われるのですが、上層部のさらに深い闇を最後に暗示させると言う意味で、銀行員観点からはよくできたエンディングであると思います。 続編では、半沢直樹氏の中野渡頭取への「倍返し」を期待したいところです。 【関連記事】.

次の

半沢直樹最終回出向理由なぜ?納得いかないすっきりしないその後の続きをネタバレ

半沢直樹 出向理由

半沢直樹の最終回あらすじネタバレ! \㊗️ティザー第3弾!解禁📺/ やられたらやり返す…! 半沢直樹、4月19日 日 スタート!! そんな中、病気を理由にタミヤ電機に出向させられていた 半沢の同期の近藤が、タミヤ電機の社長が迂回融資に関与し、それらは全て大和田の指示であったことを認めさせる報告書を作成することに成功。 しかし報告書を半沢に届ける道中で近藤は大和田につかまり、出向の取り消しを持ち掛けられます。 再び銀行員に戻れることを選んでしまった近藤は、 報告書を大和田に渡してしまうのです。 半沢の人を大切にする心が同期三人の結束へ! 半沢は近藤を責めることはなく、同じく同期の渡真利と共に彼のバンカー復帰を喜びました。 そして、迂回融資をもみ消すことで共犯となってしまった近藤を盾に取ろうとする大和田に、 いつものような「倍返し」ではなく「100倍返し」を宣告するのです。 仲間思いの半沢直樹です。 さて大和田の信用調査を渡真利に、ラフィットの調査を近藤に託した半沢は、金融庁検査で疎開資料の所在をリークした人物が実は大和田の側近である岸川部長である可能性が浮上したため、何故自身に不利になるようなことをしたのか考えます。 そんなとき夜食を持ってきた妻の花から、岸川の妻が「娘が銀行の敵である金融庁の者と結婚することを不安に思っている」というような情報を聞き、半沢は急いで岸川の自宅に向かいました。 半沢は岸川が金融庁検査の担当である黒崎と内通していることを指摘し、「娘を利用し黒崎との政略結婚を企んだ」という点で揺さぶりをかけ、大和田の不正を認めるよう説得し翌日の取締役会を迎えました。 あの有名な土下座シーン「取締役会」 取締役会で半沢は大和田の罪を糾弾しようとしますが、大和田はかわそうとします。 そこで、渡真利と近藤が用意した大和田とラフィットの信用調査の資料をもとに、さらに追及を続けます。 それによれば、大和田は東京中央銀行の常務でありながら個人口座の預金残高がマイナスであり、大和田の妻は自転車操業に陥り、借金は1億円にものぼることを指摘しました。 ここで中野渡頭取は岸川に意見を求め、岸川は事の発端だった「伊勢島ホテルに130億の損失が出るということを知っておきながら大和田の指示でそれをもみ消し、反対に200億の融資が実行されるように動いた」ということを認めました。 大和田は激昂しわめき散らしますが、半沢はそれを「見苦しい」と切り捨て、 「あなたに土下座し続けた人の痛みや怒り、悔しさをあなたにも思い知っていただく」と土下座するように迫ります。 大和田は悔しさで絶叫しながらもなんとか土下座をしましたが、それを見ていた半沢は清々しい表情ではありませんでした。 彼がふと強く握られた拳を開くと、そこにはかつて父が自社である半沢ネジで製作したネジと妻がそれに似せて作った御守りのネジがあり、自分の血がにじんでるのを確認した半沢はどこか疲れた様子で会場を後にするのでした。 とにもかくにも、 半沢は見事100倍返しを達成したというわけです。 昇格間違いなしの半沢に待ち受けていたのは・・・ 後日、大和田は懲戒解雇を覚悟しておりましたが、頭取に言い渡されたのは 降格の取締役でした。 驚く大和田に頭取は「銀行員は金では無、人を見るべきであり、銀行員としての君を尊敬していた」と伝えます。 このことにより、今後、大和田は頭取に頭が上がらなくなり、 東京中央銀行内での派閥争を治める狙いがあるようです。 ところで半沢にも辞令の話が来たので、周囲の者は、半沢の華々しい貢献から二階級特進もあり得ると予測していました。 ところが期待を裏切り、 半沢直樹は東京セントラル証券への出向を告げられる、というところで本編は終了したのでした。 どんな戦いを見せてくれるのか。 ドラマでは「出向=左遷」という捉え方が色濃く出ており「片道切符」とまで表現されておりましたので、悪い意味で捉える方もいるかもしれません。 しかし半沢の場合は、 前向きな出向であることが原作小説第3巻以降に描かれております。 大和田を追い詰めた半沢に対しての批判が集まっているため、ほとぼりが冷めるまでどこかに雲隠れさせる点や、出向先である東京セントラル証券が危機的状況にあるため、優秀な人材が必要であった点が挙げられます。 ですから、マイナスなものではなかったと考えられるのです。 以上が最終回のおさらいでした。 >> 半沢直樹の最終回あらすじネタバレ!ラスト出向になった理由まとめ 2013年に放送された ドラマ「半沢直樹」の最終回あらすじをネタバレで紹介し、ラストでなぜ出向になったか理由を書いてきました。 「半沢直樹」の放送当時、半沢と一緒に苦しみ、手に汗を握る展開にドキドキし、倍返しが達成されると爽快感を味わった方も多いのではないでしょうか。 2020年放送される「半沢直樹」続編では、 東京セントラル証券に出向した半沢が仲間たちと協力し、どのように倍返しを成し遂げていくのか注目したいですね^^ 「半沢直樹」の最終回やあらすじ・ネタバレをもっと知りたいという方は、前作ドラマは全10話、原作小説で言うと 「オレたちバブル入行組」と 「オレたち花のバブル組」で振り返ることが出来ますので、是非チェックしてみてください!.

次の

半沢直樹の出向理由と頭取の思惑を完全解説!

半沢直樹 出向理由

最終回の平均視聴率で関東地区42. 2%、関西地区45. 5%をたたき出した怪物ドラマ「半沢直樹」(TBS系)。 そのラストシーンが、視聴者の間で話題となった。 銀行内の不正に切り込んだ半沢を待っていたのが、子会社への出向命令だったからだ。 ドラマの中で「出向」はあまりよいイメージで描かれなかったため、意外な結末だとの驚きが少なくない。 「一回休み」的な待避ポスト、「副部長待遇」の昇格人事 「半沢直樹次長、営業企画部部長職として東京セントラル証券への出向を命じる」 頭取からこう告げられると、半沢を演じる堺雅人さんの目元がアップになり、そのままエンディングを迎えた。 フェイスブックに開設された番組のページには「モヤモヤが残る」「出向はおかしい」「続きが気になる」と多くのコメントが寄せられた。 ドラマ最終回では、途中にこんなシーンがあった。 仇敵である大和田常務が半沢を遠ざけるため出向を画策、部下からの報告に「東京セントラル、ああ、子会社のね。 あそこはいいねえ、小さいし」とほくそ笑む。 子会社を見下した態度だ。 ドラマなので多少過剰な演出はあるだろうが、このように出向を「左遷」「追い出し先」との印象を与える場面はシリーズ中たびたび登場した。 銀行を私物化した「悪の常務」をやっつけた半沢が受けた辞令が出向だったのだから、ハッピーエンドとは言えないだろう。 現実の世界でも出向とは、銀行員にとって出世コースを外れることを意味するのか。 興味深い考察をブログで示したのは、銀行の支店長経験をもつ「スタジオ02」社長の大関暁夫氏だ。 ドラマでは「片道切符の悪いモノ」と描かれているが、「現実は必ずしもそうではなく、『一回休み』的な待避ポストとしての外部出向も存在します」と説明する。 子会社である証券会社という行先については、「銀行業法上本体では取り扱えない金融業務を身につける場でもあり、将来の役員候補に対する教育的出向であると理解できる」、また「営業企画部部長職」という待遇も、銀行本体であれば副部長にあたり、次長だった半沢にとっては「昇格人事」との考えだ。 さらに外部出向で昇格人事は「片道切符」ではあり得ない、つまり数年後には銀行に戻ってくると指摘する。 要するに半沢は、常務に土下座させて「100倍返し」に成功したうえ昇進をも勝ち取り、役員候補にも名乗りを上げたというこの上ない「大勝利」だったことになろう。 大半は50歳前後に「片道切符」で取引先や子会社へ 現役銀行員からは、出向は決して「左遷」ではないとの反発が出ているようだ。 「週刊プレイボーイ」9月30日号には、「役員になる一部の人間を除くほとんどの人間がいずれは出向する運命。 特別なことではないのにドラマの中では『出向=地獄行き』のように描かれてしまっているのに腹が立つ」との行員のぼやきが載っている。 実際、銀行での出向は珍しいことではないようだ。 「週刊ダイヤモンド」9月21日号の特集記事によると、銀行では50歳ごろに同期トップが役員に就任すると、他の同期が銀行本体から出ていくことが業界の慣例になっている、という。 大半の銀行員は40代後半から52歳ごろまでに取引先や銀行の子会社に「片道切符」で出向させられるそうだ。 しかもバブル経済当時と比べて大手銀行の数は大きく減った。 メガバンク各行は、統合によって大勢の「バブル入行組」を抱える一方、彼らのポストも激減している。 今のままでは、50代に差し掛かりつつあるこの世代の出向先が足りなくなる、との懸念もあるという。 ドラマの原作となった池井戸潤氏の小説「オレたちバブル入行組」には、半沢が就職活動で内定を勝ち取ったのは1988年となっており、入行は89年との設定になる。 こうなると2013年時点での年齢は46、7歳あたりといったところか。 前出の大関氏の「推論」を当てはめると、一般的な出向とは別扱いで、外で数年間「修行」したのちに本体へ舞い戻り、同期の中で真っ先に役員の椅子を勝ち取るというシナリオがあり得そうだ。 半面、取締役会で常務を土下座までさせた半沢は「危険人物」であり、これまでも敵対する上司や同僚に「倍返し」を続けてきた所業が「人事ファイル」に書き込まれているだろうと指摘する。 こうなると、「現職役員が推薦方式で候補を選出しトップが最終判断する取締役への昇格は難しいのではないか」。 架空の世界の人事とはいえ、これだけ大まじめに論じられるのも平成の民放ドラマで最高の視聴率を出した大ヒットゆえか。 意味深なエンディングに、続編への期待は膨らんでおり、出向先での半沢の活躍を描くシリーズがテレビで見られる日は遠くないかもしれない。

次の