ワン チャン の 意味。 「ワンチャン」ってどういう意味?使い方は?

「ワンチャン」の意味とは?使い方や誤用を紹介!

ワン チャン の 意味

「ワンチャン」 ワンチャンはよく聞く言葉ですが、どういった意味や由来など詳しく知らないことが多いでしょう。 ワンチャンは日常生活でも使うことが多く、便利な言葉なので、覚えておくと普段の会話でも使うことができます。 ですが、内容によっては相手に嫌がられてしまうことがあるので、使う場所やシチュエーションには気をつけて使うようにしてくださいね。 「ワンチャン」 引用元: 「ワンチャン」の意味 ワンチャンの意味はもしかしたら、ちょっとしたら、ワンチャンスの略となります。 可能性は高くないけど、成功するかもしれないという期待を込めた気持ちを表現する用語です。 また、最近では現実の可能性が低くないことにも、特にワンチャンスというわけでもない場面でも使われるようになっています。 ただ、気をつけなければいけないのは、下ネタで使われる 「ワンチャン」ですね。 これは一晩だけの関係という意味があり、使い方を間違えると女性から嫌われてしまうので、女性の前では使わない方がいいかもしれません。 そして、ワンチャンよりもさらに可能性が高い用語としてチャンスが2倍の 「ツーチャン」3倍の 「サンチャン」または 「スリーチャン」という言葉も見かけます。 もともとはマージャンに使われていた言葉で 「ワンチャンス」といわれていたのを若者が 「ワンチャン」と略して広まったと言われています。 「ワンチャン」の言葉の使い方 英語のワンチャンスとはまったく違う意味で使われていることが多くどちらかといえば若者用語ですね。 また、ワンチャンは少し前からある言葉ですが、使い方が多種多様になってきており、広い意味で使われるようになりました。 ワンチャンといってもたくさんの意味があるので、どういったときに使うかを知っておくと良いですね。 「ワンチャン」を使った例文・短文 ワンチャンは使い方が幅広いのでどういったときによく使われるのか、どんな使い方があるのかを知っておくとさらに使いやすくなります。 使い方によってはまったく意味がわからないものがあるので、若者が使っているということが良くわかりますね。 では、どんな意味で使うかなどくわしく紹介します。 「ワンチャン」の例文1 「急げばワンチャン間に合う」 これは、ひょっとしたらで使う使い方です。 「可能性はゼロではない」というところから延長して 「ひょっとしたら」 「もしかしたら」という意味で使用します。 これは分かりやすい使い方なので意味がなんとなく分かりそうですね。 「ワンチャン」の例文2 「明日のサッカー、ワンチャン日本でしょう」 これは日本が勝つという意味で使われます。 この場合は 「ひょっとして」 「もしかしたら」ということではないので、注意が必要です。 これは、ひょっとして、もしかしたらがさらにワンチャンの他の意味で 「大丈夫」も付随してその結果 「勝つ」という言葉が連想され、この意味を使ったと言われています。 「ワンチャン」の例文3 「神様、ワンチャンお願いします。 」 これが一番分かりやすい使い方で、そのままの意味で 「もう一回だけチャンスをお願いします」というようになります。 そして、本来の英語にも一番近い意味で、誰が聞いても意味が分かるので一番使いやすい言葉になっています。 そこまで難しく考えなくても 「チャンスを与えてください」という意味で使われています。

次の

ワンチャンの意味は下ネタ?使い方をパターン別の会話例で紹介!! | 情報トレジャー

ワン チャン の 意味

「ワンチャン」の意味とは? 「ワンチャン」こういう言葉• 「ワンチャン」の使い方• 「ワンチャン」から派生した「ツーチャン」とは• 「ワンチャン」の確立は特に決まっていない• 「ワンチャン」の誤用 「ワンチャン」の意味とは? 可能性は微々たるものですが、しかし、0とは言えず、もしかしたらチャンスがあるかもしれないという意味です。 」という意味で、使われるのではありません。 可能性は低いけれども、少なからず僅かな機会、チャンスはあるという意味で使われます。 戦闘ゲームであれば、攻撃力も守備力も、携帯する武器やアイテムも、ずっとずっと劣っているのに、僅かな可能性に全てをかけて、起死回生の必殺技をみまうような時に、使う言葉が、 「ワンチャン」なのです。 「Bダンジョンのボスに 「ワンチャン」勝てるかも? 」 「Fステージクリアに、 「ワンチャン」ありがたし」 のように、ひょっとしたら、という可能性を秘めている、まだまだ、勝ち目はあるという意味で使います。 しかし、もともとは、マージャンで使われていた言葉から生まれてきたものです。 つまり、直訳すると、万が一の運にまかせるという英語になっています。 それでも 「ワンチャン」とされているのは、誰にでも分かりやすく、気軽な響きで、覚えやすく、リズム感もよい、整った言葉だからかもしれません。 「ワンチャン」の語源 「ワンチャンス」の語源は、マ-ジャンだと記しましたが、実際に、今でもマージャンをする際に、使われている言葉です。 マージャンのルールを知らないと、分かりにくいとは思いますが、マージャンに使うカードの代わりをするものは、トランプと違って、パイといって、一種類につき4個ずつあります。 スペードのAだけで、4枚あるわけです その内の3個ずつを1セットとして、4セット このセットの組み合わせ方で、獲得点数が変わります を、他の人が出したパイでも、自分が積んであるパイの山から引いてきたのでもよいので、とにかく一番早くそろえた人が、 「ロン」といって勝ちになります。 だから、自分が勝つために必要なパイが、すでに3個、パイを捨てる場に捨てられていれば、残りのパイの中で、たった1個だけしかないパイを待つことになります。 誰かが手の中にもっているのか、残りのパイ置き場の中に埋もれているのか、いずれにせよ残りのたった1個が出るのを待つという、とても不利な方法なので、普通は、待ちません。 そこから、まずはあり得ないけど、確かに1個は残っているのですから、決して0ではないという意味が生まれたのです。 他の人にとっても、3個出ているのですから、 「ロン」と、当てられることはないと思えそうですが、リャンメン待ちといって、二通りの 「ロン」が言える待ち方の、片方がこれに当たって負けることもあります。 これも、当たって負ける可能性は低いけれども、0ではありません。 「ワンチャン」の確立は特に決まっていない 「1ワンチャン」だの 「2ワンチャン」だのといった 「ワンチャン」の数で、可能性の大きさを表現する例が増えてくるに従って、 「ツーチャン」 「スリーチャン」の他にも、絶対にできるという 「フルチャン」、逆に、絶対に無理という 「ノーチャン」と、次々に 「ワンチャン」の数で、可能性度を表す傾向になってきています。 現在では、 「フォーチャン」や 「ゼンチャン」という言葉も出てきていますが、それを聞いても、別段驚きもしなくなりました。 まだまだ、別のバリエーションが、現れるはずです。 むろん、可能性について、数値化するというのは、占い師でも難しいことなので、そもそもが、 「ワンチャン」の数で可能性を表そうという使い方自体に、無理を生じているのかもしれません。 「ワンチャン」の誤用 「ワンチャン」が、広く知れ渡り、使われてくると、発生時のコンセプトがいつの間にか薄くなったり、消えてしまったりするというのは、他の例でもよくあることです。 「ワンチャン」も、ご多分に漏れず、本来の意味とは違ったところで、使われる例が多く見られるようになりました。 お願い事をする際に 「神様、ワンチャンお願いします」とか 「ワンチャンお願いします」といったふうに使う例が、あります。 これは、 「ワンチャンス」くださいの意で、本来とは違う意味合いになっています。 似たような例で、ゲーム中に、明らかに形勢不利な状況から、一発逆転のわざが出たときに 「ワンチャン来たあ」と大声をあげるのは、どんな意味をこめているのでしょうか。 この他にも、 「今日の合コンで、ワンチャンするかも」 「C子とワンチャンでさ」などと、本来の意味とは、全く違ったところで使われている例も多く、まさに、言葉は、使われていく中で、成長し、進化していくことを目の当たりにしているようです。 「ワンチャン。 ワンチャン。 ワンチャン。 」と三回口にすることで、 「大丈夫、大丈夫、大丈夫」と、気持ちを落ち着かせるなど、まだまだ、使用範囲が広がりそうな言葉です。

次の

ワンチャンの意味は下ネタ?使い方をパターン別の会話例で紹介!! | 情報トレジャー

ワン チャン の 意味

「ワンチャン」 ワンチャンはよく聞く言葉ですが、どういった意味や由来など詳しく知らないことが多いでしょう。 ワンチャンは日常生活でも使うことが多く、便利な言葉なので、覚えておくと普段の会話でも使うことができます。 ですが、内容によっては相手に嫌がられてしまうことがあるので、使う場所やシチュエーションには気をつけて使うようにしてくださいね。 「ワンチャン」 引用元: 「ワンチャン」の意味 ワンチャンの意味はもしかしたら、ちょっとしたら、ワンチャンスの略となります。 可能性は高くないけど、成功するかもしれないという期待を込めた気持ちを表現する用語です。 また、最近では現実の可能性が低くないことにも、特にワンチャンスというわけでもない場面でも使われるようになっています。 ただ、気をつけなければいけないのは、下ネタで使われる 「ワンチャン」ですね。 これは一晩だけの関係という意味があり、使い方を間違えると女性から嫌われてしまうので、女性の前では使わない方がいいかもしれません。 そして、ワンチャンよりもさらに可能性が高い用語としてチャンスが2倍の 「ツーチャン」3倍の 「サンチャン」または 「スリーチャン」という言葉も見かけます。 もともとはマージャンに使われていた言葉で 「ワンチャンス」といわれていたのを若者が 「ワンチャン」と略して広まったと言われています。 「ワンチャン」の言葉の使い方 英語のワンチャンスとはまったく違う意味で使われていることが多くどちらかといえば若者用語ですね。 また、ワンチャンは少し前からある言葉ですが、使い方が多種多様になってきており、広い意味で使われるようになりました。 ワンチャンといってもたくさんの意味があるので、どういったときに使うかを知っておくと良いですね。 「ワンチャン」を使った例文・短文 ワンチャンは使い方が幅広いのでどういったときによく使われるのか、どんな使い方があるのかを知っておくとさらに使いやすくなります。 使い方によってはまったく意味がわからないものがあるので、若者が使っているということが良くわかりますね。 では、どんな意味で使うかなどくわしく紹介します。 「ワンチャン」の例文1 「急げばワンチャン間に合う」 これは、ひょっとしたらで使う使い方です。 「可能性はゼロではない」というところから延長して 「ひょっとしたら」 「もしかしたら」という意味で使用します。 これは分かりやすい使い方なので意味がなんとなく分かりそうですね。 「ワンチャン」の例文2 「明日のサッカー、ワンチャン日本でしょう」 これは日本が勝つという意味で使われます。 この場合は 「ひょっとして」 「もしかしたら」ということではないので、注意が必要です。 これは、ひょっとして、もしかしたらがさらにワンチャンの他の意味で 「大丈夫」も付随してその結果 「勝つ」という言葉が連想され、この意味を使ったと言われています。 「ワンチャン」の例文3 「神様、ワンチャンお願いします。 」 これが一番分かりやすい使い方で、そのままの意味で 「もう一回だけチャンスをお願いします」というようになります。 そして、本来の英語にも一番近い意味で、誰が聞いても意味が分かるので一番使いやすい言葉になっています。 そこまで難しく考えなくても 「チャンスを与えてください」という意味で使われています。

次の