近くの飲み放題。 ¥3,000食べ飲み放題 6/19

バンコクの美味しいバーベキュー!ベストビーフは安くてアロイくて食べ放題♡

近くの飲み放題

昨年、とある居酒屋がネットをザワつかせた。 東京・阿佐ヶ谷にある「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」。 一見、普通の居酒屋であるが、実施しているサービスがヤバイ。 まさかの 24時間飲み放題である。 しかも税抜2400円だ。 ちょっと意味が分からない。 お店の存在はネット上で瞬く間に拡散し、一躍時の人、いや、時の店となった。 ところが、その「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、なんと 閉店したというではないか。 真偽を確かめるべく、私(あひるねこ)は現場へと急行した。 ・伝説の居酒屋 阿佐ヶ谷に24時間飲み放題の居酒屋があるらしい……。 「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」がネットで話題になったのは、昨年2017年の秋ごろのことだった。 情報を聞きつけると同時に私も、そのエクストリームすぎるサービスに度肝を抜かれたものである。 ・閉店した? 酒飲みの心をくすぐるどころか、 くすぐりすぎて廃人にしかねない空前絶後の飲み放題。 「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、居酒屋の歴史にその名を刻んだことは間違いないだろう。 なのに、まさか閉店だなんて……。 阿佐ヶ谷駅近くにある店舗へと向かうと、そこには見慣れた看板が。 しかし……。 入口のシャッターが閉まっている。 24時間営業のはずのお店がやっていない理由は二つだ。 定休日か、閉店か。 何やら 貼り紙が貼ってあるので近付いてみると、そこにはこう書いてあった。 「誠に勝手ながら、阿佐ヶ谷よかたいは、6月30日(日)をもちまして閉店させて頂きます。 24時間飲み放題での多くのご来店、誠にありがとうございました。 」 理由は定かではないが、「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」は 6月いっぱいで閉店したようだ。 以前、お店の方に話を聞いたところ、24時間飲み放題はギリ赤字と言っていた。 でも、こんなお店があってもいいと笑っていたっけ。 残念である。 ・そのすぐ近くに…… どうしようもない切なさを胸に、来た道を戻っていると、途中で気になる看板を発見した。 「24時間 酒 飲める店」 なんで片言やねん。 だが、このバカっぽいところが今の私には清涼剤だ。 どうやら「餃子酒場」というお店らしい。 ちょっと入ってみることにした。 ・地味にヤバイ こちらは 午前8時から午後6時までタイムセールを実施しており、生ビール(中)と餃子(5個)がそれぞれ 税抜250円だという。 おう、なんかいろいろヤベエな。 ていうかタイムセール長すぎるだろ。 最高かよ。 平日の昼間ではあったが、「よかたい」への感謝の意味も込めて、ここは飲んでおくとしよう。 思った通りガラガラではあったものの、この大きな餃子が250円とはなかなかやりおる。 ビールと餃子を頼んでも500円台だ。 ここを目当てに電車で来る、という程でもないにしろ、 近くにあったらついつい行ってしまいそうなお店であった。 しかも24時間営業。 阿佐ヶ谷の選手層は厚い。 ・ありがとう 24時間飲み放題。 こんなハンパないサービスを実施してくれていた「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」には感謝しかない。 実は、来たる『24時間テレビ』を24時間飲みながら実況するという企画もあったので、残念ではあるのだが、最後は笑顔で送り出そうじゃないか。 本当にお疲れ様でした。 ・今回ご紹介した飲食店の詳細データ 店名 餃子酒場 住所 東京都杉並区阿佐谷南3-37-2 時間 24時間営業 休日 年中無休 Report: Photo:RocketNews24.

次の

飲み放題付きの江戸前寿司に、2皿で元が取れるまぐろ寿司!名古屋駅近くのコスパ抜群寿司食べ放題|ウォーカープラス

近くの飲み放題

普段は少し躊躇してしまう寿司をお得に、お腹いっぱい食べたい!そんな願いを叶える食べ放題が名駅にあった。 今回は、50種類から選べる江戸前寿司や、濃厚な旨味が特長のみえまぐろを味わえる店など、コスパ抜群の寿司食べ放題店を紹介する。 旬の魚を盛り込んだ「本気漁師刺し盛り」 1280円~ や「日本酒飲み放題」 60分 1500円〜 などメニューも豊富だ。 食べ残した場合は1貫ごとに料金を支払うシステムだ。 旬のネタが盛りだくさんのにぎり寿司や巻きものだけでなく、ビールやカクテルなど約30種類のドリンク飲み放題もついて、男性は3580円、女性は3280円。 この道50年の職人が握る寿司を心行くまで楽しめる。 狙い目は、中トロ、ヒラメ、カンパチなどの高級食材だ。 職人の技が見られる広いカウンター席を中心とした店内。 三重の食と酒がそろう。 名駅店ではランチのみ「松阪牛すき焼き食べ放題」、新業態店の鮨山では「カウンター限定握り寿司食べ放題」 各2480円 など、系列店でも食べ放題を実施する。 【写真を見る】大トロ、赤身、中トロ、手こね、鉄火を盛り合わせ。 盛り合わせのほかには、茶わん蒸しと味噌汁が付く。 また16時以降は、お通し代 500円 とワンドリンク 350円~ の注文が別途で必要となる。 食べ残しをした場合、1貫につき100円かかるので、食べ残さないようにしよう。 テーブル、座敷、カウンターなど多彩な席を完備。 注文ごとに職人が握ってくれるので、お代わりも新鮮な寿司が食べられる。 みえまぐろ寿司は1皿1500円相当するので、2皿以上食べると元が取れる。

次の

バンコクの美味しいバーベキュー!ベストビーフは安くてアロイくて食べ放題♡

近くの飲み放題

昨年、とある居酒屋がネットをザワつかせた。 東京・阿佐ヶ谷にある「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」。 一見、普通の居酒屋であるが、実施しているサービスがヤバイ。 まさかの 24時間飲み放題である。 しかも税抜2400円だ。 ちょっと意味が分からない。 お店の存在はネット上で瞬く間に拡散し、一躍時の人、いや、時の店となった。 ところが、その「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、なんと 閉店したというではないか。 真偽を確かめるべく、私(あひるねこ)は現場へと急行した。 ・伝説の居酒屋 阿佐ヶ谷に24時間飲み放題の居酒屋があるらしい……。 「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」がネットで話題になったのは、昨年2017年の秋ごろのことだった。 情報を聞きつけると同時に私も、そのエクストリームすぎるサービスに度肝を抜かれたものである。 ・閉店した? 酒飲みの心をくすぐるどころか、 くすぐりすぎて廃人にしかねない空前絶後の飲み放題。 「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」が、居酒屋の歴史にその名を刻んだことは間違いないだろう。 なのに、まさか閉店だなんて……。 阿佐ヶ谷駅近くにある店舗へと向かうと、そこには見慣れた看板が。 しかし……。 入口のシャッターが閉まっている。 24時間営業のはずのお店がやっていない理由は二つだ。 定休日か、閉店か。 何やら 貼り紙が貼ってあるので近付いてみると、そこにはこう書いてあった。 「誠に勝手ながら、阿佐ヶ谷よかたいは、6月30日(日)をもちまして閉店させて頂きます。 24時間飲み放題での多くのご来店、誠にありがとうございました。 」 理由は定かではないが、「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」は 6月いっぱいで閉店したようだ。 以前、お店の方に話を聞いたところ、24時間飲み放題はギリ赤字と言っていた。 でも、こんなお店があってもいいと笑っていたっけ。 残念である。 ・そのすぐ近くに…… どうしようもない切なさを胸に、来た道を戻っていると、途中で気になる看板を発見した。 「24時間 酒 飲める店」 なんで片言やねん。 だが、このバカっぽいところが今の私には清涼剤だ。 どうやら「餃子酒場」というお店らしい。 ちょっと入ってみることにした。 ・地味にヤバイ こちらは 午前8時から午後6時までタイムセールを実施しており、生ビール(中)と餃子(5個)がそれぞれ 税抜250円だという。 おう、なんかいろいろヤベエな。 ていうかタイムセール長すぎるだろ。 最高かよ。 平日の昼間ではあったが、「よかたい」への感謝の意味も込めて、ここは飲んでおくとしよう。 思った通りガラガラではあったものの、この大きな餃子が250円とはなかなかやりおる。 ビールと餃子を頼んでも500円台だ。 ここを目当てに電車で来る、という程でもないにしろ、 近くにあったらついつい行ってしまいそうなお店であった。 しかも24時間営業。 阿佐ヶ谷の選手層は厚い。 ・ありがとう 24時間飲み放題。 こんなハンパないサービスを実施してくれていた「博多よかたい 阿佐ヶ谷店」には感謝しかない。 実は、来たる『24時間テレビ』を24時間飲みながら実況するという企画もあったので、残念ではあるのだが、最後は笑顔で送り出そうじゃないか。 本当にお疲れ様でした。 ・今回ご紹介した飲食店の詳細データ 店名 餃子酒場 住所 東京都杉並区阿佐谷南3-37-2 時間 24時間営業 休日 年中無休 Report: Photo:RocketNews24.

次の