鬼滅の刃 刀 色。 【鬼滅の刃】主要キャラと柱の日輪刀の色一覧

【鬼滅の刃】予想考案!黒い刀の意味とは?炭治郎の日輪刀の謎

鬼滅の刃 刀 色

持ち主によって刀身の色が変わる 日輪刀は別名「 色変わりの刀」と呼ばれており、日輪刀の持ち主が抜刀したときに初めて色を帯びます。 1度ついた色は変化しません。 色に応じて、刀の適性のある呼吸を見極められるのが特徴です。 しかし、日輪刀の色を変化させるには条件があります。 1つ目は ある程度の剣術を身につけていること。 色の濃淡も剣術の熟練度に依存するようです。 2つ目は可能性の域ですが、呼吸が使えること。 実際、呼吸の使えない玄弥の日輪刀は色を帯びていないように見えます。 適性呼吸 日輪刀の色 恋の呼吸 桜色 蛇の呼吸 紫色 花の呼吸 桃色 蟲の呼吸 不明 音の呼吸 不明 霞の呼吸 白色 獣の呼吸 藍鼠色 同期組の日輪刀一覧|色とキャラの相関 竈門炭治郎:黒色 主人公である炭治郎の日輪刀は黒色。 伝説の剣士「継国縁壱」と同じ色であり、 日の呼吸を使います。 ちなみに炭治郎はたびたび日輪刀を紛失・破壊しており、最新話で使用しているのは5本目です。 「滅」が刻まれた刀は縁壱のお下がり? 5本目の日輪刀は「滅」の文字のみが刻まれた漆黒の刀。 日輪刀の色は最初に握った者の色が継続するので、日 の呼吸の使い手である縁壱のお下がりである可能性が高いです。 実際、黒死牟の過去回想で 縁壱が「滅」の文字が刻まれた刀を使用しています。 縁壱は黒死牟を前に亡くなったので、その時の刀自体ではなさそうですが、滅の黒刀は縁壱のものでしょう。 我妻善逸:黄色 善逸の日輪刀は、抜刀に適した日本刀のような形をしています。 刀身には黄色く染まった雷模様が刻まれているのが特徴。 嘴平伊之助:藍鼠色 伊之助の日輪刀は二刀流であり、刀身はギザギザな形をしているのが特徴。 刀鍛冶が作った時は綺麗な刀身をしているのですが、刀を貰い受けた 伊之助が石で叩いてわざと刃こぼれさせています。 ちなみに日輪刀の色は藍鼠色です。 担当刀鍛冶である鉄穴森からも、美しい色だと称賛を受けるほど。 栗花落カナヲ:桃色 栗花落カナヲの日輪刀は、淡い桃色に染まった刀です。 鍔と鞘には梅の花の紋様があり、非常に可愛らしい印象。 不死川玄弥:色の変化なし 日輪の力を帯びる小銃と刀の二刀流です。 戦術に応じて武器を使い分けます。 呼吸を使うことができず、刀身の色は鉄から変化していません。 柱の日輪刀一覧|色とキャラの相関 煉獄杏寿郎:赤色 炎柱「煉獄杏寿郎」の日輪刀は、燃えたぎる炎のような赤色です。 鍔の部分は炭治郎に引き継がれます。 冨岡義勇:青色 水柱「冨岡義勇」の日輪刀は、刀身が蒼く染まっています。 同じ水の呼吸の使い手の村田よりも、濃い青色をしています。 不死川実弥:緑色 風柱「不死川実弥」の日輪刀は鮮やかな緑色。 刀身全体に鋭く刺々しい紋様があります。 時透無一郎:白色 霞柱「時透無一郎」の日輪刀はシンプルな形状。 その刀身は霞のような白色を帯びています。 胡蝶しのぶ:色は不明 蟲柱「胡蝶しのぶ」の日輪刀は毒を仕込んだ細身の刀身の刀です。 鬼の首を斬らず毒を打ち込む特殊な戦闘スタイルのため、 突きに特化した形状になっています。 宇髄天元:色は不明 音柱である宇髄の日輪刀は二刀流の刀です。 刀同士を打ち付け合うことで、大きな爆発を発生させます。 原作に色は登場していませんが、音の呼吸は雷の呼吸から派生しているので、黄色に近い「橙色」あたりの可能性が高そうです。 甘露寺蜜璃:桜色 恋柱「甘露寺蜜璃」の日輪刀は、極めて刀身が薄く柔いのが最大の特徴。 刀のしなりにより柔軟な攻撃を可能にしています。 刀身の色は鮮やかな桜色です。 伊黒小芭内:紫色 蛇柱「伊黒小芭内」の日輪刀は、 蛇のようにうねる刀身を備えています。 刀の色は薄い紫色を帯びており、水の呼吸から派生していることが関係していると思われます。 悲鳴嶼行冥:灰色 岩柱「悲鳴嶼行冥」の日輪刀は、 斧型の刀身と鉄球が鎖で繋がれる特徴的な形をしています。 鎖部分にも太陽光を吸い込んだ鉄が使われており、鬼に致命傷を与えることが可能です。 日輪刀の作り方・必要素材 制作するのは専門の刀鍛冶たち 日輪刀を制作するのは、代々日輪刀を制作している 専門の刀鍛冶たちです。 刀鍛冶の里という秘匿された場所で制作されており、出来上がった刀は刀鍛冶自らが隊士に届けます。 素材は陽光山でとれた砂鉄と鉱石 日輪刀は隊士自らが選び取った玉鋼を元に制作します。 玉鋼は、日光が1年中差す「陽光山」で取れる素材2つをもとに作られているので、鬼殺の能力を帯びることができるのです。 玉鋼を作るための素材 ・猩々緋砂鉄 しょうじょうひさてつ ・猩々緋鉱石 しょうじょうひこうせき 日輪刀を赤く染める『赫刀』について 赤く染まった日輪刀のこと 赫刀とは、 刀身が赤色に変化した日輪刀のことを指します。 赫刀での攻撃は鬼に焼け付くような痛みを与え、致命傷を与えることが可能です。 赫刀化・温度を上げる方法 ・刀の柄 つか を強く握る ・血気術「爆血」を刀に使う ・刀同士をぶつけ合う 『色変わりの刀』は赫刀が由来? もともと鬼殺隊は、縁壱が入隊するまで呼吸の使えない組織だったことが判明しています。 呼吸が使えなければ刀身の色が変化しないと思われるため、 最初に色変わりさせたのは縁壱が濃厚。 縁壱が赤く染め上げた刀は、上弦の壱「黒死牟」が焦がれ羨むほどのものでした。 『色変わりの刀』という別称は、実は縁壱の赫刀に由来しているのかもしれません。 鬼滅の刃の関連記事.

次の

【鬼滅の刃】恋柱・甘露寺蜜璃の全プロフィールと考察【年齢・技・刀】

鬼滅の刃 刀 色

この刀は鬼を狩るために非常に重要な武器で、 そもそも日輪刀でないと鬼を倒すことができません。 この刀で首を斬られた鬼はそこから砕けおちるため、それで倒すことが可能です。 この日輪刀は鬼殺隊に参加する際に、たくさんある 鋼の塊の中から自分で気に入ったものを1つ選び、その鋼を使って刀鍛冶が作成してくれます。 原料についても作中で説明してくれているので、材料も紹介しておきますね。 日輪刀の原料となる鉱物は2種類 SponsorLink 基本的に日輪刀の材料には• 猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)• 猩々緋砂鉄(しょうじょうひこうせき) の2つの鋼が使われています。 上記の原料は太陽の光を吸収する特殊な鋼です。 原理は不明ですが、鉱物なのに日光を吸収できるとはかなり不思議な鉄ですね(笑) あ、そうそう、日輪刀は別名 『色変わりの刀』と呼ばれています。 この別名は 持ち主の呼吸法によって色が変化することに基づくものです。 原作でも色は説明されていますが、あなたは登場人物の日輪刀の色をすべて把握できていますか? もし自身が無い場合は、次の項目で各キャラの刀の色と呼吸法についてまとめているので、参考にしてみてくださいね! 各キャラの日輪刀の色と呼吸法まとめ一覧 ここでは現時点で判明しているキャラの呼吸法と、日輪刀の色についてまとめてみました。 一度色が変わった日輪刀は、 持ち主が替わっても二度と別の色に変化することはありません。 たとえば、炭治郎の日輪刀を別人に渡してもずっと黒色のままということです。 日輪刀が登場した段階では説明されていませんでしたが、第69話で新たに 『剣の腕前がある程度ないと色が変わらない』という特徴が挙げられています。 つまり、ある程度の技術をマスターしてから日輪刀の色が変わります。 そのため 自分と適正が合わない呼吸を覚えていたケースもあるようです。 ・日輪刀の原料には 猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)、猩々緋砂鉄(しょうじょうひこうせき)が使われている。 ・日輪刀は 持ち主の呼吸法によって色が変わる特徴がある。

次の

鬼滅の刃 柱の持つ刀(日輪刀)の特徴や技の種類は?

鬼滅の刃 刀 色

時透無一郎の刀の特徴は? 時透無一郎の刀は割とオーソドックスな形で、いわゆる「日本刀」のような形状です。 「刀の色が霞がかった白色」のほかに特徴があるか、というと、、、実は2点あります。 しいて言えば 1:前の刀に刻印がない 2:刀を打った人の話が詳しくされている の二点かと思われます。 「1:前の刀に刻印がない」 これは、上の「霞がかった白色」の刀になる前の時透無一郎の刀です。 この刀の根元を見ると、、、まったく文字が刻まれていません。 鬼殺隊の最上位「柱」の刀には、本来「惡鬼滅殺」という文字が刻まれます。 (詳しくはこちらをどうぞ ) ですが、「霞柱」時透無一郎の刀には一文字も刻まれていません。 もちろん、今の「霞、、、色」の刀には刻印文字がありますが、これは時透無一郎が修業開始して2カ月という異例の速さで「柱」へ昇格したから、刀に刻印するのが間に合わなかったのかと思われます。 上の画像で所持していたのは時透自身の刀ではなく、「緑壱零式」という戦闘用カラクリ人形の刀です。 緑壱零式というのは300年以上前に作られ、長らく柱の訓練に用いられていた人形で、刀鍛冶の里にあります。 この緑壱零式との訓練中に時透の刀が折れてしまい、新しい刀ができるまでの代用品として緑壱零式が持っていた6本のうちの一本の刀を持って行きました。 その刀が上の画像であげた刻印のない刀です。 この後、上弦の鬼「玉壺」との戦闘中にこの刀も折れてしまいますが、その直後に一番上にあげた白い刀を手にしました。 コメントにて指摘してくださった「endou」様、「名無しの時透ファン」様、ありがとうございました。 「2:刀を打った人の話が詳しくされている 」 この画像は、時透無一郎の刀を最初に手掛けた「鉄井戸」という刀鍛冶です。 通常の隊士の場合、刀が登場しても「こんな刀」という説明があればいい方で、ただ登場して終わりというのが基本です。 ですが時透無一郎の場合は、活躍したのが「刀鍛冶の里」編だったからかもしれませんが、誰が打ったのかや時透無一郎の過去の刀鍛冶担当の人まで登場して、なかなか珍しいと感じました。

次の