マクドナルド モバイル オーダー 支払い。 マックもスタバも「モバイルオーダー」、並ばず注文・受取できる便利アプリの使い方

マクドナルドのモバイルオーダーで初購入。わかったメリットとデメリット

マクドナルド モバイル オーダー 支払い

・マクドナルドの公式アプリをダウンロード(アップデート)されているか確認 ・上記アプリから注文してみる マックモバイルのアプリだけではなく、公式のアプリからも注文することができます。 こちらから注文できないか試してみてください。 Wi-Fi利用時にエラーになることもあるようなので、一度Wi-Fiの回線を切って注文しなおしてみるのも一つの方法かもしれません。 また店舗周辺に着いた時もFree Wi-Fiに接続し、操作の際に問題が発生することもあるようです。 アプリ使用時はWi-Fiの回線を切った方が良いみたいですね。 また注文個数には上限があります。 公式サイトには以下のように記載されていますので、ご注意ください。 mcdonalds. マックモバイルオーダーでは決済方法が2種類あります。 クレジットカード(各種)とLINE Payです。 特にトラブルが多いように見えたのはLINE Payでの支払いでした。 商品を受け取ることもできず、お金だけ取られ、店員に対応してもらうため時間が通常よりかかるという最悪な状態です。 状況によっては二重決済になりかねません。 時間短縮のために使ったのに、普通に買った方が早いなんてやってられません。 とはいえ、クレジットカードを持たない学生の皆さんにはLINE Payは使いやすい決済方法です。 しかし問題が多いと使うのにためらいます。 現時点ではLINE Payは使わず、普通にカウンターで注文した方がトラブルに巻き込まれる事が少ないように感じます。 LINE Payを利用すると利用履歴をLINE上で確認できます。 もし支払い完了になっていたら、まず店員に確認してください。 ここで対応してくれることもあります。 この時点では、あなたは店舗に来ているはずです。 お手数ですが、必ず確認してください。 マックモバイルでオーダーエラー?二重決済が考えられるとき クレジットカードでもLINE Payでも決済後なのにオーダーエラーとなり、注文がキャンセルになり、店舗に送信されていないこともあるようです。 先ほどと同様にまず店員に確認してください。 店員の応対で商品を受け取れることもありますが、場合によっては問い合わせてもらうように言われるかもしれません。 この場合はモバイルオーダー問い合わせ先がありますので、こちらにお問い合わせください。 公式サイトの質問例から問い合わせ先を抜粋しました。 ご活用ください。 併せて、利用日時も控えておくこともおすすめします。 他にも注文履歴画面や注文確認メールも忘れずに確認していただきたいです。 マックモバイルでオーダーエラー?その他の連絡先 先ほどLINE Payでのトラブルが若干多いように書きました。 注文がキャンセルになった場合、マクドナルドでも対応できない場合もあるそうです。 このような場合には、LINEに問い合わせるようにしてください。 ・お問い合わせフォームから問い合わせをする ・LINE Pay公式アカウントから問い合わせをする この2つが問い合わせ先のようです。 電話での対応はしていないとのことです。 こちらも回答までに時間がかかることもあるそうです。 利用日時・店舗・取引番号・支払金額なども利用履歴から検索できますので、記載することをおすすめします。 マックモバイルを使用しているとオーダーエラーに。 【まとめ】 マックモバイルオーダーのオーダーエラーやトラブル時の対応に関して考察してきました。 筆者が利用したときは、注文・キャンセル・LINE Payでの決済、全て問題なく行えました。 そのため、実際のトラブル状況を確認できませんでした。 様々な事例を考察してみた結果、問い合わせすることが一番解決に導けるように感じました。 少々面倒ではありますが、金額を問わずにフォームからぜひクレームを言っていただけると幸いです。 皆さんのお声は企業を動かします。 トラブルの減少にも繋がっていくはずです。 アプリの操作性ももちろんですが、二重決済になってしまうと会社としての評判は下がります。 どのくらいしっかり対応できるかで、企業の真価が問われるのではないでしょうか。 何より皆さんには通常の金額でご購入いただかないとダメなのですから。 いろいろ調べてみて、まだ欠陥の多いアプリのように感じました。 個人的には、現時点ではそんなに使いたいと思えません。 店舗のカウンターで注文します。 時間短縮になるので、サービスとしては好評なのでしょうが、アプリの早急な改善が望まれます。

次の

マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はない

マクドナルド モバイル オーダー 支払い

QUICPayは11月20日から利用可能になった。 相性の良い電子マネー どれでも dカードプリペイドの割引がなくなったのでどれで支払ってもOKかと。 自らカードを通す形。 QRコード決済 使えない ポイントカード 楽天スーパーポイントカード、dポイントカード いずれも提示すれば100円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能。 ただしdポイントの利用は10ポイントから。 ただし、 料金の一部をポイントで支払うと、残高は現金払いのみになってしまうので要注意。 貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント、dポイント 現金いらず得点 5. 0点(5点満点中) 完全キャッシュレスになりました。 公式HP 概要• マクドナルドで使える電子マネー マクドナルドでは プリペイド式電子マネーの楽天Edy、WAON、そしてポストペイ型の電子マネーだとiDが使用可能です。 2017年の8月からSuicaやPASMOといった各種交通系電子マネー、及び、セブングループのnanaco も対応。 ただし、「マクドナルドだったらEdyもWAONもチャージもできる!」って思っている方も多いようですが、 マクドナルドでプリペイド式の電子マネーのチャージはできませんのでご注意ください。 その他、au PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードもクレジットカード扱いで使えます。 以前はマクドナルドでdカードプリペイドで支払えば3%オフという特典がありましたが、2018年の3月末で終了してしまっています。 仕方がないことですが残念です・・・。 マクドナルドでクレジットカード払いは可能か? マクドナルドではVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード、デビットカードが利用可能です。 クレジットカード払いと伝えた後に、自分でカードを通して決済を完了する形です。 サインレスで一瞬で決済が完了します。 店員さんにカードを渡さなくて良いので便利です。 レジで支払う際には 「クレジットカード払いで」と伝えましょう(「NFC Payで」と伝えてもOKですが、クレジットカード宣言のほうがわかりやすいかと)。 「ポー」と音が鳴ったら成功です。 マクドナルドで使えるQRコード決済 マクドナルドでは現状、PayPayやLINE Pay、楽天ペイやd払いといった各種QRコード決済は導入されていません。 その他の支払い方法が充実しているので特に必要性はないのかもしれません。 マクドナルドで使える商品券・ギフトカード マクドナルドではVISAやJCBなどが発行する各種クレジットカード系のギフトカードなどは一切使えません。 ですが、 独自に発行しているマックカードという商品券が使えます。 1枚500円の商品券。 基本的にプレゼントや記念品として受け取るもので個人で購入するものではないと思われます。 マクドナルドで貯まる&使えるポイント マクドナルドでは楽天スーパーポイントとdポイントが貯まるし使えます。 貯まるのはマクドナルドの支払いに使うことができます。 支払いは1ポイントから利用可能。 楽天ポイントカード付き楽天カードを持っておくと、クレジットカードでも楽天Edyでも支払えて、さらに楽天スーパーポイントを貯めることができるようになるので便利。 dポイントカードはdocomoユーザー以外でも作ることができます。 dカードに付帯している電子マネーのiDで支払えば、これ1枚で100円で1ポイントのdポイント(提示分)に加えて、さらにポイントが1ポイント貯まる(支払い分)ので、100円で2ポイント貯まり、還元率は2%になって便利です。 オリコカードザポイントもdポイントカードを提示(100円で1ポイント)+付帯しているiDで支払う(100円で1ポイント)とポイントがdカード払いのときと同様に2%分貯まります。 ただしこの場合はカードが2枚必要になってきます(もしくはカード+アプリ)。 【注意点】料金の一部をポイントで支払うと残りは現金払いのみ マクドナルドでは 料金の一部をdポイントや楽天スーパーポイントで支払うと、その残りは現金払いのみという仕様になっています。 これを知らないと完全に現金いらずだと思ってお店に行っても突如現金が必要な事態になってしまうので注意してください。 なんとかして欲しい仕様です。 モバイルオーダー マクドナルドでは 事前注文のモバイルオーダーというシステムを一部地域で展開していましたが、2020年1月28日からは全店で展開しています。 iPhoneアプリ、Androidアプリ共にリリースされています。 店舗と朝マック、レギュラーを選択して、メニューを選びます。 メニューにはクーポン付きのものもあります。 店内での飲食でも持ち帰りもできます。 注文が決定したら受け取ります。 受け取り方は• カウンターで受け取る。 テーブルまで持ってきてもらう(テーブル番号を入力)。 の2種類があります。 支払い方法は• LINE Pay(iOSのみ、オンライン決済) が用意されています。 American Expressは現状登録不可です。 楽天ペイ、d払いのオンライン決済手段も導入される予定です。 アプリ上ですべてを完結させるという仕組み上、しょうがない部分なのですが、ご注意ください。 マクドナルドで現金必要? クレジットカードや各種電子マネーへの対応が完了し、一切必要なくなりました。 キャッシュレス界隈でずっと話題にされていたマクドナルドのクレジットカード未対応問題がようやく解決です。 これは嬉しい。

次の

【LINE Pay】超便利!!マクドナルドで「モバイルオーダー」支払い方法、メリットを徹底解説!!

マクドナルド モバイル オーダー 支払い

事前にマクドナルドのアカウントでログインが必要 モバイルオーダーを利用するには、事前にマクドナルドのアカウントでログインする必要があります。 マクドナルド公式アプリでログインしているメールアドレスおよびパスワードでログインしましょう。 アカウントを持っていない場合も、モバイルオーダーアプリから無料で新規作成が可能です。 1 受取店舗を選択 ログインできたら、[モバイルオーダーをはじめる]をタップして、受け取り店舗を選択。 [注文をはじめる]をタップします。 2 メニューを選択 左:商品選択画面 右:[クーポン]を選択 注文したいメニューを選びます。 クーポンが配信されている商品を選びたい場合は[クーポン]をタップしましょう。 今回はクーポンが配信されていた「スパチキLセット」を注文しました。 注文したいメニューがセットであれば、サイドメニューとドリンクを選択。 [カートに追加]をタップします。 注文内容が決まったら[注文を確定する]をタップし、店舗に向かいましょう。 この時点では注文内容が確定しただけであり、まだすべての手続きが完了したわけではありません。 その後の決済が確定するまではいつでもキャンセルも可能です。 決済が確定すると、注文の変更やキャンセルはできません。 6 受け取りカウンターで商品を受け取る 決済が完了すると、スマホの画面に注文番号が表示されます。 それと同時に、店内のモニターにもスマホの画面と同じ注文番号が表示されます。 受け取りカウンターから商品が出てくるのを待ちましょう。 自分の呼び出し番号が呼ばれたら、スマホの画面を店員に見せて商品を受け取ってください。 7 商品到着 スマホで注文していた「スパチキLサイズ」を受け取れました。 モバイルオーダーを利用するうえでの注意点 モバイルオーダーを利用するうえでの注意点をまとめました。 支払い方法はクレジットカードとLINE Payの2種類 モバイルオーダーでは、 現金は利用できません。 利用できる決済手段は、クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、Diners)およびLINE Payの2種類です。 LINE Payは開始当初、iOS版アプリのみ対応でAndroid版アプリでは利用できませんでしたが、2020年3月時点でAndroid版アプリでのLINE Pay決済もサポートされています。 ドライブスルーには未対応 モバイルオーダーは、ドライブスルーには対応していません。 受け取り方法はあくまでも「お店で食べる」と「テイクアウト」のどちらかです。 受取時間は5時〜24時まで モバイルオーダーで商品を受け取れる時間帯は、5時から24時までです。 営業時間がそれよりも短い場合、店舗の営業時間に準じます。 そもそも時間外はモバイルオーダーアプリを利用できません。 そのため、24時以降に営業している店舗でも、24時を過ぎるとモバイルオーダーによる注文ができないというわけです。 「席で受け取る」を選べない店舗もある 座席に割り振られたモバイルオーダー専用の番号 ほとんどのマクドナルド店舗の座席には、モバイルオーダー専用の番号が割り振られており、[席で受け取る]を選択した際にこの番号を入力することで商品を持ってきてくれるという仕組みです。 ただし、「席で受け取る」はすべての店舗で利用できるわけではありません。 たとえば大型店舗やショッピングモール内で営業していてフードコードでの飲食となる店舗などでは、「カウンターで受け取る」しか選択できない場合もあります。 メニューのカスタマイズはできない モバイルオーダーを利用する場合、現時点で「ハンバーガーのピクルス抜き」「ドリンクの氷抜き」などのカスタマイズは利用できません。 【まとめ】マック利用者ならモバイルオーダーを試す価値あり 店舗に到着してから商品が提供されるまで数分の待ち時間はありましたが、レジには一切並ばずに注文から受け取りまで完結しました。 慣れてくれば、店舗に到着する直前に決済を完了させることで、待ち時間を短縮できるかもしれません。 アプリから注文する手順も非常にシンプルで、操作に迷うことはないでしょう。 クーポンも適用できるため、マクドナルド公式アプリと同様にお得に利用できるはずです。 店舗内でも、受け取りカウンターに「モバイルオーダー 受け取りはこちら」というステッカーが貼ってあったため(神田小川町店の場合)、受け取りに迷うことはありませんでした。 ドライブスルーには対応していない、 Android版アプリではLINE Pay決済に対応していない、「ハンバーガーのピクルス抜き」といったカスタマイズができない、などの点で改善の余地はありますが、マクドナルドをよく利用する人であれば「モバイルオーダー」アプリを試してみる価値はあるでしょう。

次の