リメンバーミー 松雪泰子 うまい。 映画「リメンバー・ミー」の声優!あらすじやネタバレあり!主題歌(シシドカフカ)や予告編動画や公開日や前売り券(ムビチケ)などの情報も!

【ディズニー/ピクサー】だいすけお兄さんが『リメンバー・ミー』主人公のお父さん役で映画声優初挑戦!(1/2)

リメンバーミー 松雪泰子 うまい

本日の映画 今日はディズニー・最新作 『』についてお話ししていきます。 source: あらすじ ミゲルは ギターが大好きな、どこにでもいるような少年であった。 彼は音楽を愛し、いつか自分も音になるのを夢にしていた。 しかし、 彼のひいおばあちゃんのお父さん、つまりミゲルのひいひいおじいちゃんが家族を捨て、音楽の道を目指したことから彼の一族は音楽を禁止してきたのだった。 そんなある日、彼はそのひいひいおじいちゃんが彼の憧れのギタリスト・エルネスト・デルスのギターを持っている写真を発見する。 「僕のひいひいおじいちゃんはデルスだったんだ!」とミゲルは確信する。 先祖の写真を飾っておくと、先祖が一年に一度帰ってくるという言い伝えの日である 「死者の日」に、街では「死者の日コンテスト」が行われることを知ったミゲルは、 デルスはいつだってチャンスをつかんできたのだからと自らを震い立たせ、コンテストに参加することを決意するが、街に向かう前におばあちゃんに見つかってしまう。 ミゲルが今まで隠れて音楽をしていたことに激怒した おばあちゃんはミゲルのギターを壊してしまうのだった。 ミゲルは泣きながら家を飛び出し、街へ向かうが、ギターがなければコンテストには出られないため、ギターを探し始める。 そこで、彼は デルスの墓に飾ってあるデルスのギターを使用しようと考える。 祭壇に忍び込んで、デルスのギターに触ることに成功したミゲルだったが、すぐに窃盗がばれてしまう。 「ごめんなさい!」と謝ったミゲルだったが、なぜか誰もミゲルの姿が見えていないようだった。 慌てて外に飛び出すと、そこには 歩いて喋るガイコツたちがいて…? 詳しくはこちらをご覧ください。 感想 source: ディズニー・最新作『』観てきました!まぁ予告からわかる通り、 お得意の大人をガン泣きさせてやるぜ映画だったんですが、 まんまと泣かされてしまいました…!だいすきおばさんなので仕方がないです。 なんだろう、摩天楼という言葉がこんなにも似合う景色があるんだろうか、と思わせるような輝き方で、ちょっと死んでみたい!と思ってしまうような世界です 笑 死んだ人たちが騒ぎしていて、死者の日は死後の世界でもお祭り騒ぎなのだなというのがよくわかる描かれ方をしていて、まさに理想郷のような面が最初に見せられます。 しかし、それだけで終わらないのがの偉いところというか、尊敬するところと言うか。 ミゲルは途中で ヘクターという薄汚れてナヨナヨしているガイコツに出会うのですが、彼が住んでいる場所というのは、死後の世界の影のような場所でした。 実は、死者の日には実際に死者たちは生きている人々の世界に帰ることができるのですが、その条件は 「生きていたときの写真が飾ってあること」というもので、飾られていない人々は帰ることができないのです。 誰にも覚えてもらえない、存在していることができない、といういきなり出てくる恐怖ですよね…。 私なんか彼氏どころか兄弟もいない一人っ子なので、死んでしまったらあっという間に消えてしまいそうです。 二度目の死が訪れるなんて恐ろしいですよね…。 私は結構この邦題を気に入っていて、「私を忘れないで」というメッセージが意味するところを鑑賞後に思い返すと涙が止まらなくなってしまいます。 では『』の原題は何かというと 「Coco」です。 source: ココって?と思うと思うんですが、これは劇中に出てくるとあるキャターの名前です。 このタイトルは鑑賞後に思い出すとこの映画の本当の主人公は誰なのか、そしてどれだけこのキャターが愛し、愛されていたのかということを思うと途端に涙が…。 この作品のすごいところはこんな風にタイトルまで含めてストーリーになっているというか、このストーリーを踏まえてタイトルにもどるとこのタイトルに受ける印象が全く異なってくるというある種トリックともいえるような魅力ですね。 ぜひ劇場でご覧になって、このトリックを体感してくださいませ。 — The Academy TheAcademy ちなみに「THIS IS ME」もとっても素敵な曲なのでぜひ聴いてみてくださいね! さて、そんな「」やっぱりを受賞するだけあるんですよ!!!やっぱりね!!!楽曲のすばらしさはもちろんなんですが、歌詞が…!歌詞が本当に素晴らしいんです。 歌詞はこちらからもご確認いただけます。 「たとえ離れ離れでも、心の中であなたを抱きしめる。 この秘密の歌をあなただけに歌おう、私たちが離れ離れの夜でも。 私を忘れないでね。 ) <「」の元の歌詞を引用者和訳したもの。 > こんな風にダイレクトに歌っている人の気持ちが込められていて、なぜこんなにも直接的なのか、そして誰に向けて書かれた曲なのか、そして誰が書いた曲なのか、このすべてがわかったとき、この歌詞がもつ威力というのはすごくて、もうこれを聴いて泣かないでいるのは無理でした。 朝イチで1人で観に行ったんですが、普通にボロボロ泣いて朝11時くらいに観に行ったんですけど化粧が全部落ちました。 「」ほんと半端ない。 さて、そんな「」の日本語版主題歌がこちら 歌っているのは、その歌唱力とドラムの腕前で有名なさん! source: 才能があるだけじゃなくてこんなに美しいってマジか!神様超不公平だな…!と思ったわけですが、本当にさんはめちゃくちゃすごいです! こんなに細いのに、めちゃくちゃにダイナミックでめっちゃ力強い歌声で、なんというか、全力で「生」を表現するみたいな演奏と歌唱ですごくかっこいいんですよね! そんなさんと「」でコラボしたのがあの!さん! source: さんはもう有名すぎてなんの説明もいらないかなとか思うんですが、一応補足させていただきますと、さんやさんと氷結のCMでコラボなどしているアーティストさんですね。 そんな超有名なさんとさんがコラボしたのが「」なんですが、このディズニーの本気さがすごいですよね!ビシバシ伝わってきます。 今作は音楽というのが主題の一つにもなっている作品なので、いくら日本版オリジナル主題歌といえども半端なものは許されなかったのだな…とわかります。 そんな最強タッグで贈られるエンディングの「」さすがに沁みます。 最高です。 普段から確かにいい声だなぁとは思っていたんですが、こうして声優としてのお仕事をやってみても確かなイケボでした。 松雪さんに至っては、私はエンドロールを見るまで松雪さんが出演していたのに気づかなかったほどでした。 すごい!この経験は、『』のさん、そして『カーズ クロスロード』のさんに次いで3人目の経験でしたので、久々に驚かされました。 松雪さん、昨年12月の『』にご出演の際も原作とアニメをすべて網羅してから役作りに挑んだとのことでしたので、今作でも並々ならぬ役作りの上でのあの演技だったのだろうと思うと松雪さん、ほんとに…ほんとに素晴らしい女優さんだなぁと改めて思わされます。 source: ちなみに主人公・ミゲルを演じたのは、その高い歌唱力が大絶賛されている石橋陽彩(ひいろ)さん。 ちょうど収録の際は期だったそうで、歌声を高く保つのが大変だったそうです。 にしても、やはり歌唱力でこの大役をつかむだけありまして、彼の唄声には本当に魅了されてしまいました。 さらに、声優初挑戦ながら、石橋さんの演技力はただならぬものでして、最後のクライマックスシーンなんて、ミゲルがあんまりにも切なく泣くものですからこちらもつられて泣いてしまうのですよ。 歌がうまい人は表現力が普通に豊かなのだなと…。 ぜひこれから先も声優としてのお仕事もまたやっていただきたいです。 そんな石橋さんと松雪さんのインタビュー記事が大変かわいらしかったので、お時間あるときに読んでみてください。 まとめ source: そんなわけで、今回は『』についてお話しさせていただきました。 きっと観た後は少し家族に優しくしようと思える、そんな作品でした。 ちなみにかどこかので「『』、途中で展開は読めてしまうんだけど、が力技で泣かせて来るからずるい」みたいな感想を読んで、めっちゃわかる!!と思ってしまいました。 確かに、ストーリーとしてはそんなに大どんでん返しもなく、大人だったら結構中盤くらいで展開が読めてしまうのですが、そこがの腕の見せ所と言いますか、もう演出だとか画の綺麗さだとか、表現方法だとかで完全に「こんなん泣くなって言う方が鬼!!!」となってしまうのですよね…。 すごい、、ホントに尊敬する…。 久々に映画でちょっとほっこりしたい、とかあんまり殺人とかそういう刑事ものとかスパイものとかもうおなかいっぱいだな~という方にとってもお勧めです。 そして家族みんなで今一番観に行っていただきたい作品でもあります。 ぜひ、劇場でご覧ください。 slhukss1.

次の

藤木直人“ピニャータ割り”に苦戦 「一生懸命、素振りしておきます」

リメンバーミー 松雪泰子 うまい

先日友人にさそわれ、「」を見てきました。 「Remember Me」っていう単語だけ聞くとめちゃくちゃしんどそうなタイトルじゃあないですか…って思ったんですけど、まいどまいど予告編見ているとの明るい曲を聞いてて気になってきてどういうストーリーなのか「わかってるようでわかってない」状態で見に行ってきました。 結果:泣いた• 「」のショートストーリーを見る 最近ディズニー2本だてなことが多いですよね。 はアナのお誕生日のお話もありましたし。 あれも私は結構好きだったりします。 「映画」というのは私はどちらかというと字幕派なのですが(は吹き替え・字幕とどちらも見た)、ディズニー映画における吹き替えってイメージにあっている人の起用が多い気がします。 「この人が話題だからこの人を選びました!」という「目的」と「決定」がちゃんと別れていると言うか。 勿論全てがそうなのかと言われたらまた違いますけれど。 イディナのエルサと、さんのエルサは「同じ」で、けれど違う。 また、ニュアンスの問題等で「表現したいこと」が違っているというパターンもある。 字幕が違う、言葉が違う、意味が違う。 それぞれがそれぞれにパターンがあると思いますが、私はそれらを全部含めて楽しかったなあって印象です。 で、今作のクリスマスのお話です。 見終わって第一声「はいいぞ」と叫びたい。 なぜなら私はが好きだからだ。 あいらぶのるうぇー。 いい国でした。 ということで、改めてが舞台であることを宣言していて、見てて「ッシャオラァ!!」って内心ガッツポーズしていました。 今作の見せ所は圧倒的にオラフでした。 今回見に行ったものが吹き替えだったのですがさんやっぱめっちゃうまくない?ってこと。 私の知っているVシネ系悪役やってる瀧さんとあまりに違いすぎるのと、おいおいめぇちこと接する時とえっらい違いだな?!とびっくりしました。 歌唱力に関してはもう何もいうまいて。 オラフというキャラクターを演じる彼らしさが出ていたと思うし、すっげぇ!って思いました(小並感) あとサテンの手袋は流石に笑いました。 エルサ姉さんつよい。 「我が家の伝統」というか、ずっとやってきていることってなんだろうって見ながら思い返していました。 選挙の日ってうちじゃなぜか投票いって外食するんだ的な。 そういうちょっとしたものがあるというのは家族の歴史なんですよね。 を知る の話に来るまでがあまりに長かった。 について事前情報0だったんですけれど、自分のためのまとめなので改めて知識として。 のあらすじ 主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。 しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。 ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。 しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。 唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。 だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。 不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす! (公式ホームページより引用) の世界観について 日本で言う「お盆」の物語です。 盆暮れ 正月 やたらと忙し年がら年中 大さわぎ• シェブ・ウーリー• ロック• provided courtesy of もれなく頭から離れなくなるし何ならシェブ・ウーリーのthe purple people eaterとは気づかなかったので記事を書いてて気づいて「嘘だろ承太郎」ってなっている今日此の頃です。 ひええ…。 で、今作の大きなテーマになっている「死者の日」というものはどういうものかというと調べてみました。 死者の日には家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う。 市街地はの香りに包まれ、公園には露店が立ち並ぶ。 11月1日は子供の魂が、2日は大人の魂が戻る日とされ、供え物がチョコレートなどのお菓子からメスカルなどの酒に変わっていく。 日本のお盆に近い位置付けであるが、あくまで楽しく明るく祝うのが特徴である。 死を恐怖するのではなく、逆にあざ笑うというモチーフとなっている。 墓地にも派手な装飾が施され、夜間にはバンドによる演奏なども行われる。 カボチャを飾り仮装をしてパーティを行うなど、ハロウィンとも共通する点が多くあり、実際にルーツは近似している部分がある。 11月1日は子供の魂が~という部分はわかりませんでしたが、調べてみるとヨーロッパの「死者の日」と比べてもずいぶんと明るい印象がメキシコの「死者の日」だなあって思いました。 感想 美術スタッフすごい 「めっちゃくちゃ映像きれい」が第一声でした。 背景の色合いがまず本当にきれい。 そしてが美しい。 今作における「」は死者の花(白百合とか、日本でいうと菊なのだろうか)。 鮮やかで、風になびく姿もすごい。 背景で飛んでいるところを見ていて「うわあ…うわあ…」って思った。 CGスキルもろめっちゃ使うかんじ。 また、生まれてくる朝と死んでいく夜の間、夜から朝にかけての物語でもあるのでその描写も凄く良い。 の世界としての色合いはひたすらに藍色とか紫ぽくて、現世との色の違いがはっきりしている。 骸骨があれだからなのかな。 ロケーションも含めてとても調査している印象だった。 死者の国というと黄泉平坂の下りとか、とエウリュディケの話とかを思い出すわけですが、そことはちょっと違う世界に感じました。 世界其々で「死者を迎える」ための描写って色々あるんだなあっていうのと一度はメキシコいってみたいなと思ったばかり。 ストーリーとして 「犬」「子ども」といううっかり泣いちゃう系抑えておけばオッケーといわれるものをしっかり抑えているせいで「あーダメダメダメ無理無理泣くから」とぼろぼろ泣いていました。 家族間の「大事だから取り上げる」のと「大事だから受け入れる」のそれぞれがあって面白いなと思うのと、ミゲルという少年が「努力」をもって目指した先に自分の血筋からの、いわゆるでいう血統がつながって気づいてしまった部分があったというのが因果的だなと思いました。 曾祖母がさんだと気づいたのはスタッフロールを見てから。 それぐらいキリキリキビキビしている役回りとてもお似合いでした。 また、「死してなお忘れられてしまった結果、死者は二度目の死を迎える」というのはもうなんか…あー見ててしんどい。 迎え火しないっていうかんじなのかなあ。 写真があること、誰かに思われることで其の人は「まだ繋がっていられる」っていうことなのだと思います。 ヘクターという存在に対してミゲルとのぶつかり合いは「どっちもどっちで何という身勝手!」という部分もありましたが(笑)それも含めて人臭い。 ところでヘクターがさんだと気づかなかった。 じゃないですか。 何だったら釣りばっかしてることで定評があるって何かの番組でみたぞ! また、今作の英タイトルは「coco」と聞きました。 ココ、とはすなわち作品的に言えばこの作品の重要人物なわけですが。 個人的には邦題の「」は良いタイトルだと思います。 直訳すれば「私を忘れないで」であり、また作中の楽曲としても重要な役割で。 そのへんも含めて今作のタイトルいいなあ~って印象に残りました。 ちょう個人的な話になりますが、先日友人が空の彼方に向かって行っちゃったわけですが。 割とその友人のことを思い出して「ばーか!ほんとばーか!」と別の友人とブチギレ半分笑い話半分でその人のご家族のもとにご挨拶にいったんですけど、いろんなお話聞く間にいろんなこと考えちゃって。 その後お写真をよければと写真嫌いの友人の写真を、ご家族から頂戴しました。 その写真を見ながらぼんやりとこの映画のことを思い出していました。 音楽も好きだしも好きだったしお芝居も好き(2. 5)な人で、なんなら一緒にいった友人は「あいつ今年私お前の推し3回は見なきゃいけないんですけど」とか言っていたわけで。 私は私で「おいおい遙か6まだ連載終わってないぞお前の大好きな村雨先生どうするねん」とかね。 色々なことを言ったりしていました。 プリストについても話終わってないんですけど?!ちょっととしてまだ全うしてないじゃないのとして会いに行く話どこいったばかやろう。 とかね。 そんなかんじで。 笑ったり怒ったり、過去に色々おっちょこちょいだったりという話を思い出しながら、この映画の最後に流れる「音楽はいつまでも」を聞いてうっかり泣きました。 また、もらった写真はせいぜい私が思い出しながら笑い話を友達に伝えていってやろうかななんて思ったりね。 うっかりこんなこと書きながら何なんですけどうっかり泣きそうになっているのはここだけの話です。 音楽について 安定安心のディズニー・ミュージック。 今回は「家族」をテーマにしているのですが、どれも頭に残る曲たちばかりでした。 それはミュージカル、音楽劇としてのディズニー映画としての部分と、「サウンドトラック」としてのミュージックとしても、「めっちゃいいやん」ってなりました。 特に個人的に「 音楽はいつまでも/PROUD CORAZON」が非常に好み。 アン・ゴンザレス• サウンドトラック• provided courtesy of アン・ゴンザレスも石橋陽彩さんもとてもいい。 ところで調べてみたら、えっ…えっ…ガチ男の子じゃないですか…お芝居違和感なさすぎて「声優さんかな~有名所つれてきたのかな~」とか、おもってた、んですけど…。 調べたらだった。 またか。 流石大手。 良いところ連れてきたなあ。 びっくりしました。 しかしそれはそれとしてキャストにチョーさんいるの完全にネタ感が否めないんですけど!(笑) を見た感想 ・日本でいうお盆の話だった ・吹き替えにワンピースで骨やってるチョーさん起用は流石に笑った ・背景画めっちゃ綺麗 ・3Dアニメの馴染み方に時代を感じる。 なめらか。 ばあちゃんかわいい ・思った以上に吹き替えが安定してた。 これはこれで大いにあり。 — 甘夏 amanatsu0312 チョーさんとは、で 骸骨の音ことブルックを担当されている声優さんです。 これがそのブルック。 あっ(察し) ちなみにブルックのエピソードは結構心に突き刺さる。 しんどい。 ラブーンにはよ会えたらいいねえってとても思っている。 feat. サウンドトラック• provided courtesy of といえば「氷結」のCMの曲が有名なわけですが、さん、さん、さん、さんとそれぞれ表現の仕方が全然違って、コラボが楽しい。 かっこいい。 楽しい。 明るい。 元気が出ます。 特にさんの3:12からの登場はたぎる以外の何物でもない。 すごいぞ 水槽学部部…。 の「楽しそう」「やだ見ててワクワクしちゃう…」っていう感じがすごい好きなんですけれど、そういう意味でこの映画で「音楽でつながる」「楽しいを封じ込める必要なんてない」っていうのを伝えてくるのはひしひしと感じて、まぁ何がいいたいかっていうとめっちゃワクワクするやん!!っていう。 といわれて「Remember」って言われて何を思い出すってくんの「I Remember」とかの「Remember 16」とかまぁ色んな曲があるのですが、今作のも頭から離れなくなりそうだなあって思いました。 今作に対しては「ストーリーをあまり把握していないからこそ楽しめた」という部分がディズニーなので「分かりやすい」分大きく、そういう意味でフレッシュな気持ちで見てもらいたい映画かなと思いました。。 いい曲だったなあ。 うっかりCD購入したのですが、いつもの友人たちに「のときと全く同じ言い訳しとる」とネタにされていました。 ごもっとも。 ところでで思い出したのですが、先日vsの試合に行ってきまして。 結果はまぁお察しくださいなんですけど。 選手入場前にオレンジウェーブが踊ってアオリ動画が流れるってかんじが毎回の恒例なんですが。 オレンジウェーブが踊っている曲イントロの瞬間にざわっ…ってなりましたよね。 あの、独特の。 \らーららーらららー!/.

次の

松雪泰子(まつゆきやすこ)さん 〜 NHK朝ドラ 鈴愛(すずめ)のお母さんってどんな人?

リメンバーミー 松雪泰子 うまい

リメンバー・ミー 2017年公開アメリカのアニメーション映画。 日本では2018年公開。 声の出演 石橋陽彩、藤木直人、松雪泰子。 原題は『Coco』。 製作 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、ピクサー・アニメーション・スタジオ。 All Rights Reserved. 家族に反対されながらミュージシャンを目指す天才少年が、死者の国に迷い込み、先祖の史上最高のミュージシャンに助けてもらおうとする話。 あらすじ メキシコのサンタ・セシリアに住む12歳のミゲル・リヴェラは、ミュージシャンになることを夢見る音楽好きの少年だった。 ミゲルが影響を受けたのは、史上最高のミュージシャンと言われたエルネスト・デラクルス。 彼は生涯で多くのヒット曲を書いた大スターだった。 中でもミゲルが一番好きな歌は『リメンバー・ミー』という歌だった。 デラクルスは1942年、その別れの歌を歌っていたステージ上で、夢のような人生を終えたのだ。 ミゲルは心のどこかでデラクルスとのつながりを感じており、自分もいつかミュージシャンになれると思っていた。 しかし、ミゲルの家族はそんな彼の夢を応援しないどころか、彼が音楽に関わることを一切禁止していた。 その家族はミゲル以外の皆、音楽が嫌いだったのだ。 それには、ミゲルのひいひいおばあちゃんである、ママ・イメルダの過去に原因があった。 昔、ママ・イメルダはミュージシャンと結婚し、家族で歌ったり踊ったりして幸せに暮らしていた。 だがその夫には、世界に歌を届けるという夢があったのだ。 そしてある日、彼はギターを手に家を出て、二度と戻らなかった。 だが、ママ・イメルダには彼を思って泣く暇はなかった。 家族を引き裂いた音楽を人生から締め出して、娘を育てるために靴づくりを始めたのだ。 そのうち、彼女の靴づくりの技術と共に、音楽を禁止する掟まで孫たちに伝わり、今に至る。 そのママ・イメルダと夫の娘が、ミゲルのひいおばあちゃんである、ママ・ココだ。 高齢の彼女は認知症を患っており、父親のことをわずかに覚えている以外は、実の娘のことすらも、ほとんど忘れてしまっていた。 サンタ・セシリアのその日は、年に一度、ご先祖様が戻ってくると言われている『死者の日』だった。 祭壇にご先祖様の写真を飾り、家族みんなで再会を果たす日だ。 祭壇に写真を飾っているとご先祖様の魂はこの世に渡って来られるが、飾っていないと来られなくて困ってしまう、という言い伝えがあった。 事実、ミゲルの家の祭壇の部屋には、ママ・イメルダからの家族の写真がすべて飾ってあった。 ただし、ママ・イメルダの夫の写真については、顔の部分だけ破れている写真が置かれており、存在しないことになっていた。 だが、ミゲルはその写真を見て、あることに気づいた。 ママ・イメルダの隣に写っているその男、顔こそ破れて見えないが、その手には史上最高のミュージシャン、エルネスト・デラクルスが生前使っていたギターがあったのだ。 自分のひいひいおじいさんがデラクルスだと確信し勇気をもらったミゲルは、ママ・イメルダの写真を持ち出したままで、その日の晩に開かれる死者の日の音楽コンテストに出場することにした。 しかし、手作りのギターをおばあさんに壊されたミゲルは、コンテストで使うためのギターを持っていなかった。 そこで彼は、ひいひいおじいさんであるデラクルスのお墓から、供えてあるギターを拝借することを思いついたのだ。 だが盗んだギターを弾いた瞬間に、彼の周りには異変が起きた。 ガイコツ姿の死人が見えて彼らと会話できるようになり、道を行く生きている者には誰にも認知されなくなってしまったのだ。 ミゲルはすでに亡くなっているガイコツ姿の家族たちを見つけ、彼らと共に死者の国へと渡った。 そこで待っていたのは、生者の国の祭壇に写真が飾られていないことに怒っていたママ・イメルダだった。 ミゲルが死者の国にやって来た原因は、亡くなった人にお供えをする死者の日に、死者から盗みを働いたからであった。 それを解く方法はたった一つ。 家族が彼に許しを与えることだった。 ママ・イメルダはミゲルに自身の写真を祭壇に置いてもらうために、すぐに生者の国に送り返そうとした。 だが、彼女はそれにある条件をつけたのだ。 それは、二度と音楽はやらないこと。 そんな条件を守れる気がしなかったミゲルは、ミュージシャンであり、自分のひいひいおじいさんでもあるエルネスト・デラクルスを、死者の国で探すことにしたのだ。 そうして、ママ・イメルダから逃げながらデラクルスを探す、ミゲルの死者の国の旅は始まったのだ。 彼はその道中で、自称デラクルスと古い仲の、ヘクターと名乗る死者と出会い、彼と行動を共にすることにした。 彼もママ・イメルダと同様に祭壇に写真が飾られておらず、家族に会いに行けなかったため、ミゲルに自分の写真を持ち帰って飾ってほしかったのだ。 利害が一致したミゲルとヘクターは、お互いに協力しながら愉快な旅をして、デラクルスに近づいた。 死者の国でも人気者のデラクルスは、音楽の才能を持つミゲルが自分の孫の孫だと知って喜び、彼を温かく迎えた。 ミゲルも喜んでいたのだが、その後彼は、憧れの大スター、エルネスト・デラクルスの隠された真実を知ることになる。 それは、彼が大好きな名曲『リメンバー・ミー』に関係することだった。 家族に反対されながらも音楽を愛し、ミュージシャンにあこがれ続けたミゲルの最後の選択は…。 感想(ネタバレあり) 終盤の展開は少しありきたりに思えましたが、とても鮮やかで楽しそうな死者の国の描写や、印象的な歌のシーンが何度もあって、最後まで楽しく観られました。 途中にあった意外な展開は、鋭い人ならすぐ気が付くそうですが、私は普通に驚きました。 主な舞台が死者の国ですが、マリーゴールドの橋やカラフルな動物たちなど、とても綺麗で楽しそうなものが多かったので、画面が暗くならなくて良かったです。 ガイコツも細かくて楽しい動きでしたし、遊園地みたいな入国ゲートも斬新でした。 死者の国の表現や家族の愛を描いた物語について良いところはたくさんありましたが、私はやはり、歌のシーンが一番印象的でした。 歌について ミュージシャンを夢見るミゲルの映画なので、歌のシーンが特に、音楽への愛にあふれているように感じました。 ピンチになっても歌えば何とかなるような世界観で、苦手な人はいるかもしれませんが、私はその勢いがとても好きでした。 中でも好きなのが、ミゲルがデラクルスのパーティ会場についた時の場面です。 人混みのせいでデラクルスのところにたどり着けないから、『音楽なら耳を貸してくれます』という彼の言葉に背中を押されて、急に歌い始めるところです。 やはりデラクルスファンはみんな音楽のことが好きなので、あんなに歌がうまい子供が歌い始めると、当然みんなミゲルために他の音を全部消します。 彼の邪魔をしないように、みんなで道も開けます。 そして、デラクルスが一人で歌っているミゲルに気づくと、歌を愛する彼も当然のように一緒に歌いだすという、現実ではなかなか無い、というかあり得ない展開でした。 その場にいるみんながミゲルの歌を聞こうとしないと成立しないやり取りなので、キャラクターたちみんなの、歌への愛が詰まっているようで、勢いもあって好きなシーンでした。 また、ママ・イメルダが歌うシーンも二回ありましたが、私はそのどちらも好きでした。 ミゲルを引き留めるシーンでは、ママ・イメルダの歌への愛の力で、ミゲルを立ち止まらせていました。 そして、デラクルスのコンサートの場面で彼女が歌った時には、またしてもデラクルスが一緒に歌い始めて面白かったです。 やっぱり大スターになるような人物は、歌への愛もすごいのだなと感じました。 緊急事態なので、普通の人なら黙って止める状況だと思います。 しかし、彼レベルのスター性があって歌を愛する者であれば、もう誰かが歌い始めたら一緒に歌わずにはいられないのでしょう。 私はデラクルスのそんなところが好きなので、最後まで彼のことを完全に嫌いにはなれませんでした。 誰かが歌い始めれば、邪魔せずに聞くか、一緒に歌うかの二択になるような、歌うためにある感じの世界でした。 全体的にも、歌への愛が強ければ勝つような話でしたが、そんな雰囲気も私は好きでした。 曲で私が一番印象に残ったのは、やはり『リメンバー・ミー』です。 デラクルスとヘクターとミゲルが、同じ歌を劇中で3回歌っているのに、それぞれ全く違う雰囲気で歌っているのは面白かったですし、全部違う意味で感動できるのは単純にすごいと思わされました。 シシド・カフカさんの歌も入れると4回ですが、シシド・カフカさんの歌も明るい感じで、映画を気持ちよく観終えることができました。 ストーリーの特に終盤はありがちな展開でしたが、ミゲルたちの歌が主軸にある話なので、変に凝った話にして歌が目立たなくなるよりは、分かりやすい話で良かったような気もしました。 ミゲルとデラクルスについて 家族にとてもきつく反対されても、諦めずに夢を追い続けるミゲルの心が強くてかっこよかったです。 しかしそのミゲルの姿勢はとても気持ちよく見られましたが、家族が反対する場面については、その度合いがきつすぎて私はちょっと苦手でした。 音楽に関わることを禁止されていたミゲルが、おそらく一人で一生懸命作ったであろう手作りのギターを、おばあさんに壊されてしまう場面は、本当に可哀想で泣きそうになりました。 そんなひどい環境にあったミゲルが、それでも音楽を愛し続けられた理由は、やはりデラクルスというスターを見ていたからだと思うのです。 彼の存在を支えにしていたから、それまで歌やギターをひたむきに練習できて、上達していたのだと思いました。 デラクルスは確かに良くないことをしたかもしれませんが、長年ミゲルの支えになっていたことには、変わりないと思います。 なので、デラクルスの最後については、私は少しだけ不満でした。 悪いことをしたので元の人気に戻ってほしいとまでは思いませんが、ヘクターが暮らしていたような環境で、ニ、三人相手に静かに歌って、死者の国で暮らし続けているところとかを見せてほしかった気持ちがありました。 『聞いてくれるみんなが僕の家族さ』とミゲルは歌っていたのに、生涯にわたって歌を愛して、ミゲルの才能を褒めて喜んでもくれたデラクルスのことを、ただ死なせるような表現にしたのはどうかなと感じました。 ずっと憧れていた彼のことを、コンサートの場面の後に、ミゲルが少しも気にする様子が無かったことも、私は少し気になりました。 歌のシーンがとても印象的で、ストーリーも歌の邪魔をしない程度に分かりやすく良い映画でしたが、家族の反対がきつすぎることと、デラクルスへの対応は私好みでは無かったです。 そんな悪役の対応については、私は「塔の上のラプンツェル」のラプンツェルの反応が至高だと思っています。 彼女は自分を城から誘拐したゴーテルのことを恨んでいながらも、最後にゴーテルが消えてなくなる場面では、育ての親であるゴーテルを心配するような仕草をするのです。 恨んでいるけれど感謝もしている、そんな状況はミゲルと同じだと思います。 なので個人的には、ミゲルもラプンツェルみたいに、一瞬でもデラクルスのことを助けようとしてほしかったです。 吹き替えについて 吹き替え版は歌も全部違和感なく吹き替えられていて、とても良かったです。 全部のキャラクターが良かったのですが、私はヘクターの藤木直人さんが特に好きです。 普通の声で爽やかなのですが、歌声になるととても優しくてまた良かったです。 『ファインディング・ドリー』の上川隆也さんの声はとてもかっこよかったですが、藤木さんの声もそれに負けていないくらい魅力的でした。 ママ・イメルダを演じていた松雪泰子さんは、とても自然で驚きました。 普段は洋画の吹き替えをやっているようなプロの声優さんが演じているのかと最後まで思っていました。 芸能人の吹き替えでも、ディズニー・ピクサーの映画はとても自然に聞こえます。 演技指導の人がそれほど優秀なのでしょう。 ミゲル役の石橋陽彩さんも、もちろんとても歌がうまくて良かったです。 まとめ ストーリーはありがちに思う部分もありましたが、楽しそうな死者の国の描写もあり、印象深い歌のシーンもあって、最後まで楽しめました。 デラクルスの扱いなどの気になる点もありましたが、全体的に見れば、歌への愛や家族愛にあふれる良い映画でした。 吹き替えの声優さんもとても良かったです。 正直言って、死んだ後にこんな楽しそうな世界があるとは思いませんが、誰かが覚えてくれるということが、亡くなった方やこれから亡くなる方の支えになる可能性が少しでもあるのなら、私は一人でも多くの方を覚えていたいと思いました。 この作品を観た人へのおすすめ k-ent120.

次の