わるだくみ サザンドラ。 【ポケモン剣盾】サザンドラ(モノズ)の入手方法【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ランクマッチ14位記念!ちょうはつわるだくみサザンドラ対戦考察【受けループ対策】

わるだくみ サザンドラ

こんにちは、ワジです。 今回紹介するのは、 剣盾にて習得した「わるだくみ」を採用したサザンドラです。 その中で、 ・サザンドラの天敵だったカプ系統のフェアリーポケモンが登場しない ・サザンドラより素早さの高い高速ポケモンが軒並みいなくなった …など ことから、サザンドラは現環境トップクラスの性能を持つポケモンに 相対的になったと言えます。 加えて、剣盾にて「 わるだくみ」を習得したサザンドラは、 自身が抜きエースになることが可能になり、受けサイクルの崩しを容易に行えるポケモンにもなりました。 また、ボルトロスやカプ・コケコといった強力な電気ポケモンがいないこともあり、電気枠に水ロトム(ミトム)や火ロトム(ヒトム)が採用されている構築が多いです。 このロトムに対してサザンドラは後出しが非常に安定する点も評価が高いです。 サザンドラに関してはこちらの記事で解説していますので、よろしければこちらの記事も参照してください。 今回は、「わるだくみ」をフルに活用した以前の世代にはなかった新しいタイプのサザンドラを紹介します。 では型の詳細解説に入ります。 ミミッキュが少なくなってきたり、火力を重視したい相手が増えてくればひかえめ(C補正)の採用も一考かと思います。 持ち物に関しては、 ・みがわりと相性がよく、居座り性能が高まる「 たべのこし」 ・技の威力を底上げできる「 いのちのたま」 ・受け出し時の状態異常(毒、麻痺、あくびの眠りなど)を受け流せる「 ラムのみ」 ・みがわりからHPを減らして能動的に素早さを上昇させられる「 カムラのみ」 ・悪技の火力を無条件で上げられる「 くろいメガネ」 などが候補として上がります。 個人的には「たべのこし」「ラムのみ」の使用感がよかったなと感じています。 持ち物は構築に合わせて考えましょう。 持ち物の幅が広く考えられるのも優秀な点ですね。 サザンドラの対策は上記のポケモンに一任されているケースもあるので、有効打点を持ち合わせておくと選出しやすくなるでしょう。 技範囲が優秀なので選出のしやすさが上がります。 鋼タイプが重い構築であれば、鋼を誘って倒すことが出来ます。 特にナットレイは、みがわりを見せると炎技がないと踏んでくる相手が多いのでナットレイを無償突破してイージーウィンを狙えるケースが多いです。 それ以外にも、ギャラドスの「りゅうのまい」や、ミミッキュの「つるぎのまい、トリックルーム」などを阻止できるので、起点回避にも使える点から十分採用が考えられる技だと思います。 持ち物は、受け出しの毒やあくびを警戒したラムのみが筆頭候補になりますが、「みがわり」の試行回数を増やせて「みがわり」をとりあえず安定択として選択しやすくなる「たべのこし」、単純に1ウェポンの悪技の火力を底上げできる「くろいメガネ」なども考えられます。 努力値調整 素早さラインがミラーや対ミミッキュを考えて最速が現状安定な点と、抜き性能重視なために特攻をなるべく確保したい点から、基本的には臆病CS振りで問題ないと思います。 相手のダイマックスターン枯らしの身代わりの意味もあるのでこの振り方の採用もアリですね。 ~与ダメ~ ・ あくのはどう H4ミミッキュ:48. 8~58. 0% (皮なしで確2、悪巧みで皮なしミミッキュ確定) 無振りドリュウズ:50. 8~60. 5% (悪巧み後に確定) 耐久が並み程度のポケモンであれば、「あくのはどう」で確2が取れます。 ・ ラスターカノン H4トゲキッス:49. 6~59. 6% (悪巧み込みでほぼ倒せる) H252ニンフィア:35. 6~42. 5% (悪巧み込みでも突破不可能) ニンフィアは特防が高すぎる上に、チョッキ型やスカーフ型なども考えられるので、「ラスターカノン」を持っていても勝負をすることは基本的に避けるべきです。 ・ かえんほうしゃ H252ナットレイ:99. 4~117. 1% (最低乱数以外確定) H252アーマーガア:55. 6~66. 3% 鋼ポケモンへの遂行速度が速くなります。 特にH振り程度のナットレイなら一撃で持っていけるのは採用メリットですね。 ・ ダイアーク 無振りドラパルト:165. 6~196. 3% (ダイマックスされると確定耐えされます) H252ギルガルド:98. 2~116. 1% ~被ダメ~ C特化FCロトムのボルトチェンジ:18. 5~22. ロトムを起点に 出来るのがこの型の一つの強みですね。 逆に言えば、ボルトチェンジでみがわりが割 れると、ロトムが「こだわりメガネ」を持っていると判断できます。 運用方法 パーティの補完枠のような形で採用します。 持ち物も構築次第で決めるような形になります。 火力重視であれば「いのちのたま」、受け構築潰しであれば「ラムのみ」、こちらが状態異常を絡めたり、居座り性能重視であれば「たべのこし」…など、幅は広いです。 ~相性の良いポケモン~ サザンドラは、 ドラパルトとフェアリーポケモンが天敵になります。 よって、この2枠に役割が持てるポケモンが相性のいいポケモンと言えます。 とはいえ、ドラパルトは様々な型を考えると対策をすることは困難なので、構築単位で対策を講じるほかありません。 ・ドリュウズ サザンドラが苦手な特殊フェアリーに強いです。 ミミッキュを貫けるのもGOOD。 ドリュウズ自体が物理受けで止まりやすいので、物理受けに強いこのサザンドラとの縦関係も良いですね。 ・ヒートロトム サザンドラが苦手なトゲキッスに役割を持つことができます。 縦並び的にドリュウズが厳しいので、アーマーガアを入れるとサイクル的にはよい構築に仕上がりますね。 型の幅が広がったことでサザンドラの対処はかなり難しくなりました。 そのため対面処理をしてくることが多いので、先発にドラパルトなどを誘いやすいです。 そのあたりの選出誘導力も、サザンドラを組み込む上でうまく使ってやってあげましょう。

次の

光の粉サザンドラ考察

わるだくみ サザンドラ

初期環境と比較すると対面寄りの構築が減少し、ドヒドサニーゴなどの受け回し系の構築が増加してきていると感じます。 そこで今回は、サイクル破壊に特化したポケモンとしてサザンドラを紹介します。 今作のサイクル型バンギはまだ型が固まっていない印象なので、型次第では打ち負ける可能性も十分ありますが、大きく削ることで後続を通しやすくすることを狙っています。 サザンドラ1体で受け回し系の構築を対策するのであれば、ドヒドイデの黒い霧やヌオーを意識して挑発が欲しい所なのですが、汎用性を高めるために採用を見送っています。 今作の身代わりはダイマターンを枯らすことができる上、有利対面時の安定択、ミミッキュのじゃれ外し待ち兼珠ダメ稼ぎとして使えるため予想以上に優秀でした。 より殺意の高い構成を好むのであれば火力アップアイテムやラムの実を持たせて、挑発を採用することが望ましいです。 そのため、初手に物理ポケモンを選出することで、相手の物理受けへの交代を誘導することが可能です。 初手に物理受けが出てきた場合は、状態異常を撒かれないタイミングを見計らってサザンドラを着地させます そこにサザンドラ交代を合わせ、安定して悪巧みを積む展開を作ります。 挑発が無いため、安定してドヒドイデを倒すためにはダイマックスがほぼ必須ですが 黒い霧などでこちらのPPを枯らされるため 相手に相当な圧力をかけられることは魅力です。 挑発ではなく身代わりを持たせることで、純正の受け回し系構築に対しては少し薄くなっていますが、その分汎用性が高くなっているため、スタンダードな構築に対しても選出しやすくなっています。

次の

【受けループ対策枠】身代わり悪巧みサザンドラ

わるだくみ サザンドラ

高い特攻から半減されにくい「あくのはどう」を連打するだけでも強力で、技範囲も広いことから非常に受けづらいポケモンになります。 また、「こだわりスカーフ」を持たせた場合は「ドラパルト」の素早さを上回るため、流行中のドラパルトよりも先に攻撃することが可能です。 「だいもんじ」との選択技。 命中安定だが火力が物足りず、仮想敵の確定数が変ってしまうデメリットがある。 フェアリーに対する打点。 HPの減ったフェアータイプに打つことで、不利対面を覆せる。 ウインディやヒートロトムに対する有効打。 みがわりによって相手のダイマックスターンを消費させやすいのも、この型の利点となっています。 努力値は、アタッカーとしての能力を発揮するために特攻には最大まで振り、HPは「たべのこし」が4回発動すると「みがわり」が1回使えるようになる値に調整しています。 残りの努力値は素早さに割り振っています。 命中を重視したい場合は「かえんほうしゃ」もあり。 ウインディやヒートロトムなどの炎タイプを相手したい場合。 鋼・フェアリータイプ以外には等倍でダメージを通せる。 特攻を下げたくなければ「りゅうのはどう」もあり。 サザンドラの役割と立ち回り 技の選択肢が豊富なアタッカー 「サザンドラ」は覚えられる技の選択肢が多く、有利対面を作りやすいのが魅力です。 「ミミッキュ」を出されても、「とんぼがえり」で逃げて別のポケモンで対応することもできるため、 フレキシブルなポケモンと言えます。 固有タイプを活かして立ち回れる サザンドラは「あく・ドラゴン」で、今作では固有のタイプとなっています。 この固有タイプを生かすことで、後出しからでも攻撃を受けて有利対面に持ち込むことも可能です。 サザンドラの対策 フェアリータイプで攻撃 「サザンドラ」は「あく・ドラゴン」タイプなので、フェアリータイプの攻撃を受けると4倍のダメージを受けます。 フェアリー技を当てれば、倒しきることができるため、サザンドラを出された時はフェアリータイプで対応してください。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の