それゆけ メッセンジャー 2019。 それゆけメッセンジャーでのあいはらのギャラは川岸ゆかと同じ?

ひょうご五国博覧会 in 大阪 2019

それゆけ メッセンジャー 2019

ちなみにメッセンジャーは松本勢力じゃなくて、さんま勢力側の人間やで。 テレビでは話さないけど、松本勢力とさんま勢力は腹の中ではバチバチや。 今回の騒動はメッセは傍観者や。 傷付く人間がいたら、フォローしたりはするけど、今は中心になるよりも、今後の吉本の形態をどう引っ張っていくか、考えている所やろ。 そんな事よりも メッセンジャーは二人の絆の形をどうするのか?自分達の事でしんどいからな。 相原も、黒田も、しんどいねん。 特に、黒田な。 今のまま、あいはらとおったら潰れるぞ。 精神が。 黒田は黒田なりに相原に与えすぎた。 もう、相原に頭を下げる事はしないやろうな。 そこを相原がどう受け取るか、 やな。 17 ID:FYfBiSwP.

次の

それゆけメッセンジャーでのあいはらのギャラは川岸ゆかと同じ?

それゆけ メッセンジャー 2019

ちなみにメッセンジャーは松本勢力じゃなくて、さんま勢力側の人間やで。 テレビでは話さないけど、松本勢力とさんま勢力は腹の中ではバチバチや。 今回の騒動はメッセは傍観者や。 傷付く人間がいたら、フォローしたりはするけど、今は中心になるよりも、今後の吉本の形態をどう引っ張っていくか、考えている所やろ。 そんな事よりも メッセンジャーは二人の絆の形をどうするのか?自分達の事でしんどいからな。 相原も、黒田も、しんどいねん。 特に、黒田な。 今のまま、あいはらとおったら潰れるぞ。 精神が。 黒田は黒田なりに相原に与えすぎた。 もう、相原に頭を下げる事はしないやろうな。 そこを相原がどう受け取るか、 やな。 17 ID:FYfBiSwP.

次の

メッセンジャー黒田が見た松井愛アナと武川智美アナがヒソヒソ話?

それゆけ メッセンジャー 2019

概要 [ ] 番組開始からまでのタイトルは『 それゆけ! メッセンジャー〜なんばパークスから幸せ届けます! (それゆけメッセンジャー・なんばパークスからしあわせとどけます)』のタイトルで、MBSラジオが大阪・の内で開設していた「パークスラジオパラダイス(通称:パラパラスタジオ)」から公開生放送を実施していた。 からは、現在のタイトルに変更。 には、在阪ラジオ局制作のレギュラー番組から唯一、・ラジオ部門の奨励賞に選ばれている。 しかし、黒田・あいはらとも多忙で土曜日の生放送への出演が困難になったため、放送分からは放送前日()に収録する方式へ変更。 番組開始以来基本としてが1人で務めてきたアシスタントも、毎日放送の女性アナウンサーとの週替わり担当制に改められた。 放送分からは、六車の()期間中にアシスタント代理を務めたも、週替わりアシスタントの1人としてレギュラー陣へ正式に加わっている。 出演者 [ ] 現在 [ ] メインパーソナリティ• (・) アシスタント 以下の人物から、1-2名が週替わりで出演。 六車の産前産後休暇中に、アシスタント代理を務めた。 六車復帰後のに、自身も第1子を出産。 同年末からタレント活動を再開すると、不定期のゲスト出演を経て、放送分から正式にアシスタントへ起用された。 (毎日放送アナウンサー、 - ) 過去 [ ]• ( - )• 番組開始から放送分までは、基本として毎週出演。 には、からまで、第1子の出産に伴う産前産後休暇で休演していた。 アシスタントの担当期間は延べ16年間で、への所属を機に活動や生活の拠点をへ移した以降も、当番組へ出演するたびに大阪のスタジオへ通っていた。 (毎日放送アナウンサー、 - )• 週替わりアシスタントの1人として、六車・川岸・武川と交互に出演。 では、から『』のアシスタントを担当。 からは、当番組と放送時間が重なる生放送番組の『』で、パネリスト・コーナーキャスター・リポーターの三役を務めている。 当番組の収録時間と重なる『』(松川が月・火曜日のアシスタントを務めるMBSテレビ平日の生放送番組)の金曜日で、から毎週アシスタントを務めることが決まったため降板。 (同上、 - )• 後輩のアナウンサーでもある玉巻に代わって、週替わりでアシスタントを担当。 放送作家 [ ]• (番組内では、「博多大先生」と呼ばれている) コーナー紹介 [ ]• 今週のおばちゃん目線• 今週、いろいろなメディアで取り上げられた話題について主に黒田がしゃべりまくるコーナー。 このコーナーのみ、放送翌週の火曜日にネット配信されている。 後述する黒田暴行事件をきっかけに「 今週のそれゆけ目線」とタイトルを変更し、各自がセレクトした記事についてしゃべり合うことになった。 すみません。 あいはらですが背中を押させていただけませんか。 神様ありがとう。 悩み相談に乗りたいというあいはらに背中を押させてあげるコーナー。 放送時間帯が夕方だったときはがスポンサーについていたが、昼間に移動してからはしばらくスポンサーがつかず、「(新)スポンサー様には土下座しにいく」とあいはらが言っていた。 現在はがスポンサーで、読まれた人にはあいはら直筆の色紙(悩みに対する答えが書いてある)と一緒にあかひげ薬局の製品が贈られる。 (製品の名前を言う際、東村のギャグがジングルとして挟み込まれる)• このコーナーで読まれた人の返事が翌週に届いてない、もしくは届いた返事に「聴き逃した」旨が書いてあった場合、メッセンジャーの機嫌が露骨に悪くなる。 六車が担当する週には必ず、採用された人へのメッセージを六車が一人で10枚以上の千社札に手書きするように命じられるのが恒例になっている。 今週のテーマトークのコーナー• リスナーから投稿されたテーマ(当日の前半に発表し、FAX・Eメールで投稿を受け付ける。 )のメッセージを読み上げていく。 テーマは「がんばった甲斐なかった。 」「人の金やと思って! 」「これが結婚生活の現実だ。 」「二度と行くかこんな店」「もう、後がないんです」など、他の番組では扱いづらいややネガティブなテーマが多い。 採用・ボツに係わらずテーマトークに投稿された中から抽選で3人+採用された中で最も盛り上がったメッセージの投稿者には現金3000円(「スペシャルウォー」(週間の事)では5000円や1万円に増額される)が贈られる。 東京に引っ越した六車奈々が東京での今週の出来事をおしゃべりするコーナー。 当初はメッセンジャーがコーナー名を「落ち武者」と呼称するのを六車が「シンデレラストーリー」です。 と都度訂正していたが、最近は六車自身が「落ち武者!」と喜々としてタイトルコールしている。 終了したコーナー [ ]• それゆけ!ご当地麺類 調査隊• なんばパークス7階にある「」が薦める美味しいご当地麺を、週代わりで登場するbeseよしもとメンバーがレポーターとなって紹介するコーナー。 番組内での出来事やエピソード [ ]• 土曜日のお昼時という、比較的ファミリーリスナーも多い時間の放送であるにもかかわらず、男女の仲や下半身に関する話題で暴走する事も多く時々リスナーから抗議を受ける場合もあるが、それすらも番組の持ち味にするという強みがある。 あいはらの地元・で毎年9月に開かれるの宵宮・本宮が当番組の生放送と重なった場合には、あいはらが電話でのみ出演。 スタジオでは、以下のように代役を立てることで対応していた。 あいはらを含む岸和田市の住民・出身者の間で、 「だんじり祭りは仕事よりも大事な行事」という認識が強く成り立っていることによる。 ただし、2016年4月からは金曜日に収録するようになったため、出演への支障が一切なくなった。 2006年9月16日:宇治原史規()• 2007年9月15日:てつじ()• 2008年9月20日:• 2009年9月19日:てつじ• 2010年9月18日:菅広文(ロザン)• 2011年9月17日:てつじ• 2012年9月15日:津田篤宏()• で放送200回を迎えたが、その中でこれまで六車に浴びせられたメッセンジャー両名による暴言の数々が披露された。 なお一番初めに六車に対して暴言を吐いたのは黒田であり、その時六車本人は「返事も出来ないほどムカついた」そうだが、すっかり打たれ強くなった今となっては、過去の暴言を振り返ったメッセンジャーの両名から「よくやってられるな、すごい女や」と感心された。 これ以降、年末または翌年始に1年間の総決算として、六車への新たな暴言がまとめて紹介されるようになっている。 の放送では、当時解散が報道されたの冨好真が電話で生出演、解散に至るまでの経緯を語った。 新聞等のメディアでは、相方・大西浩仁からの経緯説明がほとんどで、冨好側から語られたのはこの時が初めてだった。 2006年10月のビデオリサーチによる関西圏調査では、同時間帯で首位に立った。 このことは番組内でも発表され、一番多い聴取者層は60代であることも明かされた。 その後も聴取率は良好で、2008年12月調査ではFM局も含む全局全番組中第4位の聴取率(同じMBSラジオの「」と同率の4位)となったことが番組内で発表された。 この調査では一番多い聴取者層は男性は10代・20代、女性は20代・30代であることも明かされた。 2009年6月調査でもFM局も含む全局全番組中第4位の聴取率だったと番組内で発表。 の放送は、放送当日の未明に黒田が暴行事件で逮捕されたことにより、あいはらと六車の2人だけで番組を進行し 、冒頭であいはらが不祥事の謝罪をした。 なお、黒田はから3ヶ月ぶりに当番組に復帰し、黒田は冒頭で開口一番「 ご迷惑をおかけしました。 」と語った。 の放送の前日に黒田の母親が亡くなり、あいはらと六車、シャンプーハットのてつじの3人で進行した。 なお黒田自身は「(スタジオに)来たかった」と言うも周囲からは休むよう言われたという。 の放送では黒田から母親の死去について当時の状況が話された。 当初こそシリアスな始まりだったが、当番組らしくキッチリとオチを付けて終えている。 放送時間の変遷 [ ]• 開始〜 15:30 - 17:00• 2006年〜 3月頃 11:30 - 12:55• 土曜日の阪神戦がデーゲームが多くなり、そのラジオ中継の影響を受けないようにするために、この番組の前に放送されていた『』と放送枠を入れ替えた。 2007年3月頃〜4月 11:30 - 13:00• 12:55-13:00に放送されていた「テレマートラジオショッピング」が、テレマートの不祥事に伴い(MBSラジオにあった全ての放送枠が)終了したことに伴う拡大。 2007年5月〜9月 11:30 - 12:55• 12:55-13:00に『』の放送を開始したことに伴う縮小。 2008年〜4月2日 11:30 - 13:00• 『成功の鍵』」の終了に伴う拡大。 2016年〜 11:30 - 12:55• 収録放送への移行に合わせて、12:55 - 13:00に『』『MBS交通情報』『』をセットで編成したことに伴う縮小。 同年の期間中には、『リオデジャネイロオリンピックリポート』(が幹事局として制作を担当した事前収録による)の放送枠を12:50 - 12:55に確保した関係で、当番組の放送終了時間を12:50にまで繰り上げていた。 受賞歴 [ ]• :ラジオ部門奨励賞(、2015年度) 脚注 [ ] [].

次の