桐生 火葬。 施設案内 斎場|桐生市ホームページ

はあとサイト水越 桐生東館

桐生 火葬

概要 [ ] 南部のにあり、丘陵地を造成して建設された。 東から南にかけて山林に囲まれており、西は、北は住宅地となっている。 火葬は午前11時、午後1時、3時に行われている。 また、火葬前に告別ホールで最後のお別れを行う。 動物用火葬炉も設定されている。 ロビーには売店があり、待合室の使用時に限って営業している。 歴史 [ ]• (昭和57年)10月、から新築移転。 (平成18年)3月27日、桐生広域圏組合の解散により、名称が「桐生広域斎場」から「桐生市斎場」となる。 交通 [ ] 最寄り駅はJR、のか、のとなる。 火葬が行われた有名人 [ ]• 関連記事 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

[mixi]【別話】ペット火葬と斎場

桐生 火葬

のつづき。 これで終わりです。 市の対応 市当局は、事件を受け4月15日夜に市会議員の緊急協議会を開いた。 当座の対応として、火葬場は改築し、死体が全て発掘された後に慰霊祭を行うことを決めた。 また15日の緊急議会では、当時の市長から市会議員に対して釈明と陳謝の意が表明された。 17日には、市長、助役、係課長が辞職届を提出している。 19日の協議会では、火葬場の改築移転後、火葬場があった敷地にこの事件の納骨堂を作ることとなった。 4月22日、仏教・・合同の慰霊祭が行われた。 参拝者はおよそ5000人に達し、当初午後2時までだった参拝時刻が4時までに延長された。 慰霊祭に出席したあと喪服のまま善後処置協議会に出席した市長と助役は、市役所職員のIが犯罪に関与していたこともあり、自らの責任重大として辞職届の処理を行うことを議長に申し出た。 市議会議長が預かっていた辞職届が、28日の市会で正式受理されることが決まった。 事件の余波 全国に大きく報道された事件なので、市外への影響も大きかった。 同じ内の公設火葬場では、火葬したあとに金歯や指輪等があったことがないため、桐生と同様のことが起きていないか調査を始めたと1933年4月22日の群馬版にある。 また、同年9月には鳥羽の火葬場、11月には埼玉の火葬場で、脳の抜き取りがあったことが判明したという新聞記事が見つかった。 どちらも、桐生火葬場事件を引き合いに出して報道されている。 事件のことが書かれているのは、同時代の資料のみではない。 「群馬の恐怖心霊スポット」という5ちゃんねるのスレッドには、以下のような書き込みがあった。 その火葬場の館長が すこしヤバイ人で、死体から金歯を取ったり、人肉をT屋に安く売って、T屋がそれを 鶏肉として売ったり、死体の脳みそを性病に効く薬として売ったりしたんだって! 当時は大事件で、桐生出身だと「おんぼやきの桐生」と言われ馬鹿にされたほどらしい。 またT屋の店名もイニシャルにした。 T屋は、1933年4月25日の読売新聞夕刊で、店主が鳥の骨をMらに売っていたと書かれているT店と同じ店のようだ。 T屋が関わっていたということは伝わっても、どのように事件に関わっていたのかは忘れられ、より怪談じみた話となって伝わっていることがわかる。 おんぼ焼きの「おんぼ」とは、「」のことだろう。 の『 第3巻』で「」を引くと、「死者の火葬・埋葬に携わり、墓守を業とした人。 」とある。 事件当時の新聞記事では、Mの職業を「」と書いているものが多かった。 事件の記事には、家族の遺体を無残な姿で埋められてしまった人々の悲しい姿が書かれている。 幼いわが子の遺体が掘り出され、思わず名を呼んですがりつく母親の話などは特に悲痛だ。 発掘作業中には現地に遺族を含めた大勢の見物人がつめかけていたようだし、桐生署には「私の子どもも埋められていないか」と問い合わせる人々が来ていたという。 このように、何も悪いことをしていないどころか近しい人々の遺体を理不尽に冒涜された市民が、「おんぼ焼き」などとばかにされたというのは嫌な話である。 mochikuzu.

次の

桐生市 | ペット火葬・ペット葬儀【ペットセレモニー群馬】

桐生 火葬

はあとサイト水越 桐生東館は、群馬県桐生市で家族葬から一般葬まで執り行える葬儀場です。 家族葬は、身内だけでお見送りをするご葬儀で、故人と家族がゆっくりと最期の時間を過ごせる形式です。 また、家族葬は、家族中心の親族だけで行うため、参列者を呼ばない場合もありますが、どこまでを呼ぶかは、故人様のご家族しだいです。 また、参列者が問題になる場合もありますので、事前に相談して家族葬の範囲を確認しましょう。 はあとサイト水越 桐生東館は葬儀場ですが火葬場が併設していない場合もあります。 家族葬で告別式を行い、はあとサイト水越 桐生東館から火葬をする流れの場合、火葬場が併設していると移動の手間がなく大変便利です。 火葬場が別の施設にある場合、葬儀の流れや葬儀場の費用をしっかり確認しましょう。 人気記事 家族葬について 都市部では葬儀の六割以上が、この家族葬とも言われています。 『葬儀』と『告別式』はなぜ混同されやすいのか 葬儀と告別式は、故人が安らかに眠れるように行う大切な儀式です。 それぞれの意味や違いをしっかりと理解した上で進めることは、最低限の『故人への礼儀』でもあるのです。 家族葬で費用をおさえるには 大切なご家族との急なお別れで悲しみの淵にいるときでも、急いでしなければならないお葬式の準備。 お葬式費用の相場と違い 一般葬・直葬・家族葬 日本消費者協会の調査「第10回葬儀についてのアンケート調査(2014年)」によると、お寺へのお布施を除いた葬儀費用の平均額は約156万円です。 桐生市の近隣葬儀場のご案内 群馬県桐生市相生町1-628-10 群馬県桐生市東6-6-44 群馬県桐生市本町6-20 群馬県桐生市広沢町5-4746-5 周辺のエリアから葬儀場を探す 周辺の都道府県から葬儀場を探す 周辺のエリアから葬儀社を探す 郵便番号・住所・施設名などフリーワードで検索.

次の