眼球 しわ。 眼球にもしわができる!

網膜前膜

眼球 しわ

もくじ• ヒトの眼の色は24種類 人の「目の色」というと、つまり 虹彩の色のこと。 虹彩とは、瞳の中の瞳孔(一番中心の黒いとこと)の「周りの部分」のことです。 わたしたちは、瞳孔から世界を見ています。 虹彩は、外からの光の量を調整して収縮する目の調節器官です。 そして、この虹彩部分は、大きく分けて 24種類に分類できます。 たまに例外で珍しい目の色を持つ人もいますが(例えば、アースアイ、緑眼、紫眼など)、基本的に90%以上の人は24種類のうちのどれかだと言われています。 日本人の場合は、遺伝的に色の多様性(青などの色味)は少ない方なので、ほとんどの人がこれから紹介する24種類の中のどれかに当てはまることになります。 補足として、もちろん「完璧に24種のリストの色と一致する」というわけではなく「だいたいこの目の色の人の割合が多い」、という程度のリストなので、色味や深みは百人十色。 一人一人が違った目を持っていて完璧に同じ人はいないというのが前提です。 24種類の色 以下が、24種類の眼の色のリストです。 順番に、こまかくわけて解説していきます。 1番~3番 いわゆる「青い目」ですね。 1番のものが最も鮮やかな青色で、だんだん薄く透明感のある青になっていきます。 4番~8番 青っぽいグレーが基本の目の色です。 それをベースに、黄色っぽいヘーゼルカラーが入ったり、アンバー(赤茶)が入ったりして多様で複雑な目の色になります。 ヨーロッパ系の人の中では最も多い目の色です。 9番、10番 色みのほとんどない、グレーの目も多いです。 といっても、完全に色がないことはなく、大きく分けて青味の強いグレーと、黄色味の強いグレーがあります。 11番~14番 この4つは、いわゆる「ヘーゼルカラー」と呼ばれる黄色みの強いグレーがかった茶色です。 日本の色でいうと、「黄土色」とも言えます。 濃淡はありますが、最も薄いヘーゼルの目は「猫の目のよう」とも例えられ、太陽光の下では明るい黄色の目になります。 15番 黄色味の強い黒眼です。 日本人にも、たまにこの目の色の人がいます。 色の暗さ自体は22、23番のブラウンアイとあまり変わらないのですが、黄色っぽいので外国人のような印象を受けます。 16番~19番 「アンバー(琥珀色)・アイ」といわれる眼の色です。 赤みのかなり入った茶色で、画像の色よりも赤みの強い場合もあります。 日本人にはあまり居ませんが、九州の方には比較的多いようです。 20番、21番 「ブラウン・アイ」。 茶色の目です。 この目の色もとても多く、黄色や灰色、赤みの強さにそれぞれ個性があります。 22番~24番 この三つは、一応色味のある黒(=焦げ茶色)ではありますが、一般的には「黒眼」といわれる範囲です。 アフリカ系、アジア系、アメリカ先住民系に多い目の色です。 …さて、あなたの目の色は何番でしたか? 日本人に多い目の色 日本人に多いのは、上の図の中の一番下の段の四つ、21番~24番だといわれています。 基本的に「茶色~暗い焦げ茶色」の目の色の人が多いです。 21番の人は、日本人の中ではかなり明るい目の色ですが、それでも多数派。 22番や23番が最も多く、24番ほど暗い色はこの4種類の中では珍しいと思われます。 24番は真っ黒に見えるかもしれませんが、一応「 かなり暗い焦げ茶色」であって、真っ黒ではありません。 真っ黒の目の色は、世界中を見渡してもめったにいません。 真っ黒な目に見えても、太陽の光の下では色味が確認できる(=真っ黒ではない)場合がほとんどです。 また、暗い色になればなるほど、目の虹彩のしわや凹凸が確認しづらくなります。 日本で暮らしていて、 「わー!この人の眼、茶色い(薄い)なあ」 という印象を受ける人の目は、19番や20番のこともあります。 また、とくに身近に外国人の血が入っている人は、様々な色になり得ます。 また完全に日本人でも、九州地方の人は明るい色の目を持つ人の割合が多いようです。 詳しくはこちらの記事で書いています。 24カラーのリストのうち上半分(No. いわゆる、「薄い目の色」のことで、青い眼や明るめのヘーゼルカラーの眼など。 色素の薄い感じですね。 ちなみに、ここで言う「ヨーロッパ系」とは、植民地時代前にヨーロッパに居たアングロサクソン系の人々などのこと。 なので、現在アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドに住んでいるいわゆる「白人」といわれている人も「ヨーロッパ系」に入ります。 ヨーロッパ系の人達は、目のメラニン色素が少ないので、短い色の波長が吸収されず、色のついた瞳(青色、黄味の強いヘーゼルなど)になります。 これは、「レイリー散乱」といい、例えば空や海が青く見えるのも同じ原理です。 あれは、「青色の波長が吸収されなかったから」青く見えるんです。 黒い目を持つ人達 日本人のようにメラニン色素が多いと、波長がすべてきちんと吸収されるので、暗い色(焦げ茶など)になります。 絵の具を使うときに、「黒色」のチューブを使わないで黒を作るためにいろんな色を混ぜると、完璧な黒にはならないけれど複雑な深みのある「暗い茶色」ができますね。 私たちの目は、ちょうどそんなかんじです。 また、ヨーロッパ系と一口にいっても、ラテン系(イタリア、スペイン、ポルトガルなど)の人々は、日本人と同じ「暗い茶色の目」を持つ人の割合が多いです。 青い目は珍しくない 日本人にとっては、「蒼眼(青い眼)」はとても珍しい目の色に思われますが、実はヨーロッパ系の中では「ありふれた色」であって、特に珍しくはありません。 特に北欧の人達は、蒼眼の人が統計的に多いです。 つまり、基本的に上のリストの中に入っている目の色は、世界的に見て珍しいものではありません。 「日本の中では」と範囲を区切ると青い目は珍しくなる、というだけです。 珍しい目の色とは では、「珍しい眼の色」とはどんな目の色なのでしょうか?それは、上記の24のリストに入らない色の目のことです。 たとえば、• 緑の目• 紫の目• ミックスカラー など。 ハリーポッターの目は珍しい! ハリーポッターの本(原作)を読んだことのある人はわかると思いますが、主人公のハリーポッターは「アーモンドのような形の鮮やかな緑色の目」という設定になっています。 その設定があそこまで強調されているのは、 緑色の目がとても珍しいからなんですね。 映画の役としてハリーを演じたダニエル・ラドクリフは、青色がかったグレーの目なのでまったく緑の目ではありませんが。 また、アンジェリーナ・ジョンソンの目も美しい緑色です。 紫の目も珍しい また、緑の目と同じく「紫の目」も非常に珍しいです。 日本の「紫」というよりもどちらかというとバイオレット(すみれ色)に近い色です。 「purple eyes」ではなく「violet eyes」と呼ばれるので。 また、前回「アースアイ」と呼ばれるとても珍しい眼について紹介しました。 「誰よりも青い眼にしてください、と黒人の少女ピコーラは祈った。 そうしたら、みんなが私を愛してくれるかもしれないから。 」 『』より。 興味のある人はチェックしてみてください。 まとめ さて、ここまでに世界中の24種類の目の色と、その他の珍しい眼の色について紹介しました。 あなたの目の色は、何番の色に近かったでしょうか? こんな風に、自分の目の色について考える機会は日本ではあまりありませんが、海外(特にヨーロッパ系の人々の間)では、目の色は自分のアイデンティティのひとつ。 とても大切な「 個性」です。 また、目の色によって「太陽の光に弱い」などの特徴もあります。

次の

眼球にもしわができる!

眼球 しわ

カメラは、レンズがあってシボリがあって、光がその中に入り、カメラの網膜=フィルムに画像を映します。 この映った画像を電気信号に変えて、テープやディスクに記録させるわけです。 人間の目は、網膜に映った画像をカメラ同様に電気信号で、視神経というコードを通して頭の中に画像を送り、頭で見てるわけです。 ですから、視神経が切れてしまうと、電気的反応が遮断され、見えなくなってしまうのです。 眼球の奥にある網膜はフィルムに相当し、水晶体はピントを合わせるレンズの役割を担い、レンズを防護するのが角膜です。 *図ー1参照 網膜というのは、生体です。 細胞があります。 モノを見るために細胞と電気信号を送るための細胞があります。 この細胞は酸素を消費しますので、栄養を貰わなければいけません。 この栄養補給に大切な役割をしているのが、網膜の血管です。 上鼻側・上耳側と呼ばれる動脈があり、網膜の中で少しずつ細くなり毛細血管となり、酸素と栄養を与えてくれます。

次の

網膜前膜

眼球 しわ

目の乾き、目のかすみ、涙目、、目の充血、ショボショボするといった目の不快感の原因は、眼球のたるみと眼球のシミ。 60代以上のほぼ100%がこの目の異常をもっているそうです。 【目次】• こうした症状を 「」といい、さまざまな目の不快感を引き起こす原因になるそうです。 また、古くなった涙は、涙点から鼻に排出されます。 【結膜がたるんだ目】 たるんだ結膜が涙点をふさいでしまう。 このような状態になると、 「涙があふれる=涙目」 「涙が広がらない=目の乾き」 といった対照的な症状になってしまうそうです。 また、目薬がすぐにあふれてしまうため、効き目が続かないそうです。 さらには、たるんだ結膜があると、たるみが摩擦されるため、ゴロゴロ感や痛みなどにつながるそうです。 下まぶたの内側が見えるくらいアッカンベーをする。 指を目の奥の方へ押しつけながらそのまま上へ持ち上げる。 眼球が上を向くようなことはないと思いきや、実は、人間は、まばたきをするたびに眼球が自然と上を向く仕組みになっているそうです。 これを「ベル現象」といい、目を閉じるときに大事な黒目(瞳孔)をいち早くまぶたの内側に保護するために起こると考えられているそうです。 人は1日に1~2万回まばたきをしており、また、寝ている時も眼球が上を向いているそうです。 年をとるにつれて、眼球から下の結膜が徐々に剥がれてしまっていることが結膜がたるんでしまう原因なのだそうです。 もちろんこれには個人差があるため、たるんだ結膜がある人とない人がいるそうです。 たるみがあるからと言って病院で見てもらわなければならないというわけではなく、ポイントは、目の不快感の症状があるかどうか。 結膜弛緩症とドライアイの症状は似ているそうですが、ドライアイの場合は、不快感がまばたきをすると解消されるのに対して、結膜弛緩症はまばたきをしてもよくならないので、眼科でみてもらうと良いようです。 人工涙液(涙の代わりに目の乾きを潤す)• ヒアルロン酸(目の表面に涙を広げて傷を治す)• 抗炎症薬(充血など目の炎症を抑える) 2.手術 目薬を1~2か月やって症状が緩和しない場合は手術。 たるんだ部分を切り取る。 結膜は再生するそうです。 このシミは、症状が進むと、肉眼で見えるほど黄色くにごり、少し盛り上がってくるため、異物感や乾きなどさまざまな不快感の原因になるそうです。 この病気をといいます。 翼状片とは、白目の細胞が異常に増殖したもので、悪性ではないのですが、進行すると最悪の場合失明するおそれがあるそうです。 上からの光は、まつ毛やまゆ毛でブロックされるのですが、問題は横からの光。 実は、横から眼球に入った光は、黒目の中にあるレンズによって、ちょうど鼻側の白目と黒目の境目の一点に集中してしまうそうです。 他の部分に比べ、20倍も強い紫外線が集まるのだそうです。 そのため、その部分の細胞が異常をきたし、翼状片にまで進行してしまうそうです。 紫外線が一日のうちで最も多く降り注ぐのは、午前10時から午後2時の時間帯ですが、実は 目に入ってくる紫外線の量は、朝や夕方のほうが多い(太陽の高さが低い朝や夕方は直射日光が目に入る) ので、この時間帯も忘れずに紫外線対策を行いましょう。 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の