豆しょう。 半夏生(はんげしょう)の食べ物!たこ、鯖、うどんを食べる由来は?

ムクナ豆(八升豆)【販売サイト】|自社栽培の希少な国産で安心のムクナ豆

豆しょう

150本超の桶を持つ小豆島の老舗 丸大豆再仕込み醤油豆しょうは温暖な気候に恵まれた瀬戸内海・小豆島で昔ながらの製法で一年半かけて造った純正醤油を塩水代わりに使い、大豆・小麦の麹を入れ、再び杉の大樽にて、諸味を作り醗酵熟成させて更に一年半。 九州産の丸大豆、香川県・北海道産の小麦を主原料に使用し、杉の桶(樽)で醗酵熟成させた熟成期間の長い、とても香りのいい再仕込醤油です。 味と香りのバランスがよく、つけ醤油として万人受けします。 冷奴、刺身、焼肉やステーキに、ソース代わりにコロッケなどにもかけても最適です。 焼いたお餅にかけると絶品。 煮炊き物にも最後の仕上げに少量垂らすと料理の味が格別に美味しくなります。 樽の保有数は日本屈指を誇る小豆島の老舗「ヤマヒサ」のこだわりの醤油をご賞味ください。 新鮮なうちに使いきれる100ml入りの便利な小瓶です。 略歴 1980年群馬県前橋市出身。 立命館大学卒業後、(株)キーエンスにて精密光学機器の営業に従事し2006年退職。 (株)伝統デザイン工房を設立し、これまでとは180度転換した伝統産業や地域産業に身を投じる。 現在は一升瓶での販売が一般的だった蔵元仕込みの醤油を100ml入りの小瓶で販売する「職人醤油」を運営。 これまでに全国の400以上の醤油蔵を訪問した。 醤油ソムリエとして、全国各地にある醤油をどのようにして使えばより美味しく頂くことができるか、肉、魚、たまごかけご飯、スイーツまで!料理に合う醤油をセレクト、提案している。 著書:醤油本(玄光社) メディア: テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」 日本テレビ「おもいッきりイイ!! テレビ」 NHK総合「こんにちはいっと6けん」 日本テレビ「おもいッきりDON!」 ヤマヒサ (香川県小豆島) 先駆けて有機醤油を手掛けた蔵 醤油の産地として有名な香川県小豆島。 現在でも22の蔵が醤油造りを続けていますが、その中でも有名な蔵の一つがヤマヒサ。 自然食品系のお店で目にする機会も多いと思います。 有機原料を使った醤油を先駆けて手掛けた蔵元です。 瀬戸内海の播磨灘に浮かぶ人口およそ2万8千人の小豆島。 約400年前から醤油づくりが行われており、島内には歴史ある多くの醤油蔵が軒を連ねています。 有機原料を使った醤油造り 醤油の元になる麹づくりから手掛け、一貫して本物の味を追求しています。 もちろん、原料は国内産の丸大豆と小麦。 製品によっては農薬も化学肥科も一切使わないものや、有機JAS認定のものを使っています。 ヤマヒサの醤油造りのスタンスは「醤油づくりにおいては生産者であるが、その他では消費者である」という考え。 自分自身を含め家族にも安心して食べさせることのできるものづくりを目指して本物の味を追求しています。 「これは将来においても変わることはないと信じております。 」と植松勝太郎社長。 154本もの樽が並ぶ蔵 ヤマヒサの蔵に足を踏み入れると、樽と樽が密集して配置され、奥行きのある蔵の向こう側まで樽が整然と並んでいます。 その数は154本。 「味噌づくりとは違って、樽を移動させる必要がないから、密集してるんですよ」 この樽の中でじっくり時間をかけて熟成が進みます。 通常の醤油づくりでは4ケ月から6ケ月かけるものがほとんどですが、ヤマヒサでは天然醸造での醤油づくりをしています。 そのため、発酵・熟成に2年をかけたりするものも珍しくありません。 こうした製法については、この道50有余年の職人の、その経験とカンが遺憾なく発揮されているのです。 「時間をかけることで、塩が馴染むんです。 塩かどがなくなって、口に含んでもしょっぱいだけでなく、うま味とコクのある美味しい醤油へとなるのです。 」そして、この事は若い蔵人に受け継がれています。

次の

【楽天市場】他 > お菓子 > 満照豆 まんしょうとう:越前名産工房

豆しょう

花序 : 階級なし : 階級なし : : : : : : : ハッショウマメ Mucuna pruriens var. utilis Mucuna pruriens var. utilis ex ex Burck ハッショウマメ(八升豆 、ムクナ)はに属する植物で、 Mucuna pruriens のの一つである。 は Mucuna pruriens var. utilis。 の一つにはYokohama velvet beanの名がある。 「ハッショウマメ」という名前の由来には、豊作で八取れるから、あるいはから渡来したため、など諸説がある。 強健かつ多収性の作物であり、種実の収量は1あたり100に達する。 しかし高温性でなのででの栽培は少ない。 かつてはとは異なる植物とされ、栽培によって Stizolobium hassjoo、 Mucuna hassjoo など複数の属、種に分類されていたが、現在では全て Mucuna pruriens の変種ハッショウマメ Mucuna pruriens var. utilis として一つの種と考え、それを5つの栽培品種群に分ける見解が支持されている。 特徴 [ ] 茎葉は全面白い毛に覆われる。 茎は所々茶色が混じる薄緑で。 長さは数メートルに達する。 は三出複葉で互生し、托葉は披針形で小さい。 小葉は長さ16cm、幅11cm。 は総状花序で腋生する。 花は黒紫の蝶型花で長さ3-4cm。 は鐘形。 は細い白毛が生える。 は長いS字形の鞘で、5-6個のを含み、長さ10cmほど。 熟すと黒変化し、革質で硬くなる。 種子は長さ15-19mm、幅10-12mm、厚さ8mmほど。 灰白色で艶がある。 栽培 [ ] や南部のが原産地であり、日本でもを中心に温暖な地域で栽培されていたが、近年ではほとんど栽培されない。 や、で生産再開が取り組まれている。 高温生で低温に弱く、日本で栽培できるのはが北限であり、暖地ほど豊産になる。 利用 [ ] 日本の農業百科事典 は食用となるが成分を含むためを催し、よく茹でて何度も煮こぼした後に食用とする。 やに似た飲料の抽出用としても加工できる。 ドーパはの特効薬になる。 では豆を薬、薬、解熱剤、強壮剤、催淫剤として用いている。 や葉はやとしても使用される。 出典 [ ]• 580-581• 1019-1021• , p. 323• 「」『日本調理科学会誌』Vol. 41 2008 No. 3 p. 204-209• , p. 428 参考文献 [ ]• 『野菜園芸大事典』野菜園芸大事典編集委員会、養賢堂、1977年。 『園芸植物大事典』3、塚本 洋太郎 総監修 、、1989年。 『新版 食材図典 生鮮食材篇』小学館、2003年。 国分 牧衛『新訂 食用作物』養賢堂、2010年。

次の

【楽天市場】他 > お菓子 > 満照豆 まんしょうとう:越前名産工房

豆しょう

ダイソーのオリジナル商品ラインナップには菓子類も多数で、あまりほかでは見かけないような珍しいモノもあったりします。 そんな変わり種のひとつが生姜の風味と砂糖の甘味が効いた 『しょうが豆』。 価格は税込108円。 製造は福岡県北九州市の、株式会社友口。 記載されているのはそら豆、砂糖、生姜、植物油の4種類のみと原材料名の欄は非常にシンプルです。 袋を開封すると中に 『しょうが豆』が入っています。 袋の中身をすべてお皿にあけるとこんな感じ。 内容量は86グラムとなっています。 そら豆に砂糖と生姜による衣のようなコーティングがされているのが 『しょうが豆』の特徴。 平たい形になっているのは、ピーナツなどを使用した豆菓子と大きく異なる部分です。 表面の層はガリっとした歯触りで砂糖の甘味はしっかり。 生姜の風味はそれほど強くありませんが、食べているうちに後からジワリと舌に効いてきます。 割ってみると中には平たくなったそら豆が入っています。 薄くなってはいますが、砂糖の甘味やほんのりとした生姜の味わいだけではなく、そら豆のほっくりとした風味もしっかりアリ。 砂糖とは別に、そら豆の甘味が感じられるのも 『しょうが豆』の特徴です。 ダイソー『 しょうが豆』のカロリーは? ダイソー 『しょうが豆』のカロリーは100グラムあたり584kcalで、内容量の86グラムに換算すると、約502kcal。 優しい味わいで体に良さそうな生姜も入っていますが、カロリーはしっかりあるので食べすぎにはご注意を。 砂糖の甘味はやや強めではありますが、ほんのりと効いた生姜の風味やそら豆の味わいもしっかりと感じられる 『しょうが豆』。 どこか懐かしさの感じられる優しい味わいの豆菓子は、日本茶を飲む時のお茶受けにピッタリです。 もちろん、コーヒーや紅茶など他の飲み物と合わせてもOK。 和風な砂糖菓子、豆菓子が好きなら試してみてはいかがでしょう!.

次の