なか卯 メニュー 一覧。 なか卯のメニュー、価格とカロリー一覧(2018年8月)

なか卯のメニュー一覧・朝食・持ち帰りメニュー一覧

なか卯 メニュー 一覧

なか卯のお持ち帰りメニューの一覧はこちら 早速なか卯のお持ち帰りメニューをご紹介したいと思います。 親子丼 490円• 和風牛丼 380円• 牛とじ丼 540円• プレミアムビーフカレー 690円• プレミアムカツカレー 890円• 冷やし坦々うどん 490円• 激辛冷やし坦々うどん 590円• はいからうどん 280円• きつねうどん 390円• 海老かきあげうどん 430円• 肉うどん 450円• 釜たまうどん 390円• ざるうどん 390円• 海老かきあげ蕎麦 490円• ざるそば 450円• 生卵 100円• 注文数が多い時や時間がない時などは事前に電話で予約しておくことをおすすめします。 10分ほどで受け取ることが出来ます。 ただし店内が混雑している時は待ち時間も長くなります。 受付時間は9時~20時まで。 氏名、電話番号、受取日時、商品をお伝えください。 注文はサイド商品を含む4個以上からとなっています。 11時30分~13時30分までの間に受け取りたい場合は当日の11時までに注文してくださいね。 変更やキャンセルが出た場合は早めに連絡をするようにしてください。 受付時間を過ぎると翌日以降のご予約となりますので、ご注意ください。 店舗検索の方法はこちら なか卯の店舗はホームページですぐに検索することが出来ます。 最近はドライブスルーの店舗も増えたので、仕事帰りなどにも立ち寄りやすくなりました。 そんな店舗詳細もこちらで調べることが出来ますよ。 【検索方法】• 公式ホームページ()へアクセスする• ページ上部「店舗を探す」をクリック• 店舗名や都道府県、最寄り駅などから検索• 都道府県の場合は地図を選択してもOK。 この場合、次に市区町村を選択。 サービスを絞って検索したい時はページ下のチェックボックスにチェックを入れてから検索してみてください。 まとめ なか卯自慢の親子丼も細麺が美味しいうどんもお持ち帰りで楽しめるんですね。 ミニサイズもあるので女性にも嬉しい! 季節限定メニューも定期的に販売されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

なか卯、夜定食メニューと時間など

なか卯 メニュー 一覧

なか卯には夜定食なるメニューがあります。 夜の時間帯だけ食べられるメニューですね。 全て漬物とみそ汁付きということで栄養バランスも良さそうなメニュー。 どのようなメニューがあるのかチェックしていきましょう。 またなか卯の夜定食を食べることができる時間帯などについても確認していきます。 なか卯の夜定食の概要(時間など)• なか卯の夜定食のメニュー価格一覧 およそ上記の順番でまとめていきます。 少しずつ下がって確認ください。 スポンサーリンク なか卯の夜定食の概要(時間など) なか卯の夜定食は17時~翌5時までの発売となります。 すなわち夕方から明け方までの発売。 この時間帯以外では夜定食を食べることができないので注意してください。 また、なか卯の夜定食はご飯の大盛りが無料となっています(2019年3月現在)。 晩御飯をがっつり食べたい人におすすめです。 なか卯の夜定食のメニュー価格一覧 なか卯の夜定食のメニュー価格一覧は以下の通りです(2019年3月現在)。 夜定食の商品名 価格、カロリー カキフライ定食 890円 1246Kcal 旨味唐あげ定食 590円 1095Kcal 10 テン 唐あげ定食 750円 1468Kcal 牛皿定食 590円 812Kcal かつとじ皿定食 690円 1060Kcal 生姜焼き定食 690円 957Kcal 豚キムチ定食 690円 936Kcal なか卯の夜定食まとめ なか卯には夜定食メニューがあります。 ご飯大盛無料で漬物とみそ汁付きのメニューになります。 時間は17時~翌5時なので少し早めの晩ごはんや逆に遅めの夜ご飯でもOKです。 ご飯大盛り無料なのでたっぷり食べたい時にはおすすめですね。 おいしそうなメニューがずらりと並んでいるのでどんどん制覇していきましょう!.

次の

なか卯の人気おすすめ裏ワザ・裏メニューは?なか卯の日/クーポン

なか卯 メニュー 一覧

なか卯は手軽でおいしい丼ぶりやうどんのメニューが豊富なお店です。 各商品にこだわりを持ち、健康的で質の高いメニューをお手頃な価格で提供していますのでおすすめです。 なか卯には店内での飲食はお一人様でも嬉しいカウンター席と、家族や友達同士での利用ができるテーブル席があります。 なか卯は店内注文や、ドライブスルーからのテイクアウトもできて食べ方もさまざま。 仕事の休憩時間や学校の帰宅途中など、幅広い世代が気軽に利用できるのが魅力となっています。 なか卯好きなら一度は食べたことがある「親子丼」や「カツ丼」、「はいからうどん」はもちろん、セットメニューや定食。 ランチ限定メニューから季節限定メニューまでおすすめのものをいくつか紹介するので、ぜひ今後のなか卯でのメニュー選びの参考にしてみてください。 なか卯の代表メニューの一つが「丼ぶり」です。 人気の親子丼をはじめ、カツ丼や牛丼などご家庭でも好まれるさまざまなメニューを取り揃えています。 テイクアウトをする際は、具材とご飯が別の容器に入れられてくるのもなか卯の特徴です。 普通に食べるとカロリーが気になるという方でもミニという選択肢があるので、ミニ丼ぶりとうどんなどで調整して食べ方を変えれば十分な満足感が得られるでしょう。 ガッツリ食べたい人には大盛りもあるので、自分に合わせた食べ方がなか卯では選択できるのでおすすめです。 それではなか卯で人気の丼ぶりをいくつかご紹介します。 定番メニューをはじめ、季節限定メニューなどもおすすめなので、あなたのお気に入りのなか卯の一品を探してみてはいかがでしょうか。 なか卯の「カツ丼」は揚げたてサクサクの衣が特徴のトンカツを、ふわとろ食感の卵でとじたおすすめの一品。 カツ丼に使われているトンカツは価格のわりに肉厚で、とても満足感のある一品でおすすめです。 並は590円、大盛でも660円と価格がお手頃なのも目を引くポイントではないでしょうか。 これが店内での飲食だけではなくテイクアウトでも手軽に食べられることから、なか卯では上位を争う人気の高いメニューの一つと言えます。 カロリー並盛りで896Kcalとどうしても高めなので、ダイエット中の方やヘルシーな食事に注意している方は避けてしまいがちなカツ丼。 ただ、他の食事をちょっと調整してでも食べたくなるような魅力的でおすすめの商品です。 なか卯の「親子丼」は主力商品の一つで、なか卯といえば親子丼!といったファンも多いおすすめの一品です。 口当たりまろやかな食感でコクのあるふわとろな卵が、程よく火の通った鶏肉を優しく包み込んでいます。 三つ葉のアクセントが卵の黄色をより引き立たせて、食欲をそそります。 この商品の人気に火がついたことから、牛丼店ではなかなか獲得することが難しかった女性客を引き込むことができたといっても過言では有りません。 ミニが390円、並490円、大盛560円とリーズナブルな価格設定となっています。 カロリーも並で670Kcalとカツ丼よりも大幅に低く、女性の方でも手が伸ばしやすくおすすめです。 自慢の卵でこだわり抜いたなか卯の親子丼はおすすめの一品。 まだ食べたことない方も、なか卯に行った際はぜひ食べてみてください。 もともとファンの多かったなか卯の「和風牛丼」もおすすめ。 以前は牛肉に加え長ネギとしらたきといった具材が入っていましたが、タレや具材をリニューアルしたことで更に美味しくなりました。 牛肉と玉ねぎというシンプルな具材を甘めのタレで煮込んだものをご飯に乗せた、箸が止まらないおすすめの一品です。 程よく利いた出汁は具材そのものの味をより引き立たせています。 トッピングの卵や紅生姜との相性もよく、食べ方に独自のこだわりがある方も多いのではないでしょうか。 ミニ330円、並380円、大盛550円とさすがなか卯の価格設定です。 カロリーは並689Kcalでカツ丼に比べると低いのですが、親子丼よりほんの少し高めです。 こちらも女性が注文しやすいおすすめ商品となっています。 なか卯の「サーモンいくら丼」は春先に販売される人気の期間限定商品でおすすめです。 プチプチとした大粒のいくらと、厚身のサーモンは脂が乗っていて、食べた瞬間に口いっぱいに海鮮の旨味が広がります。 季節限定ということで販売を待ちわびているなか卯ファンも多いおすすめの一品です。 サーモンといくらの赤、錦糸卵の黄色、三つ葉の緑が色鮮やかなコントラストを作り出していて見た目でも楽しめます。 この商品をミニ490円、並790円で食べられるのですから、満足すること間違いなしです。 残念なことにカロリーは発表されていませんが、高カロリーな具材は乗っていないためヘルシーな丼ぶりと考えられおすすめです。 わさびと醤油でアクセントを加えてしまいがちですが、まずは素材そのものの味を楽しんでみるのもおすすめです。 なか卯の「牛とじ丼」もおすすめで、牛肉の他にゴボウやしらたき、長ネギなど食感のいい食材が数多く入っています。 絶妙なふわとろ卵で包まれている香り豊かでおすすめの一品です。 牛肉とゴボウはもともと相性がいい食材で、炒め物や煮物でもよく使われる組み合わせです。 火を通しすぎると固くなりがちな牛肉ですが、なか卯の牛とじ丼は牛肉は身が引き締まることなく柔らかい仕上がりとなっています。 カツオの利いた出汁が全体をうまくまとめていて、噛めば噛むほど食材の香りが口全体に広がります。 並560円、大盛630円と価格もお手頃でカロリーは和風牛丼に比べて少し高くなってしまい、並で715Kcalですがカツ丼に比べるとまだ低めです。 ミニがないのは残念ですが、コアなファンも多い商品なのでおすすめです。 ぜひ食べてみてください。 なか卯の「冷やし坦々うどん」は練り胡麻とピーナッツをベースとした濃厚なスープが香り高い暑い日に食べたい夏限定メニューでおすすめの一品です。 なか卯のうどんはしっかりとしたコシがあって、食べごたえも抜群です。 赤い見た目も鮮やかなラー油は程よい辛さで、スープの風味を損ねることなくマッチしていておすすめ。 ピリ辛に仕上げた鶏そぼろをスープに溶かすことで、辛味と旨味が更に広がります。 小290円、並490円とこのクオリティでは驚きの低価格で提供されています。 カロリーは並605Kcalとうどんの中では少し高めなのですが、夏限定メニューということを惜しむ声も多いなか卯の人気の高い商品でおすすめです。 辛いものが苦手な人でもミニ牛丼などの丼ぶりとセットで食べることにより、辛味が程よく和らぐので一度試してみてはいかがでしょうか。

次の