創価 学会 有名人。 ゴミ創価学会・有名人・芸能人

創価学会の芸能人や有名人一覧【2019最新版】

創価 学会 有名人

<出典元:> 今回の記事は 芸能人・有名人の創価学会員についてです。 芸能界には 創価学会芸術部と言われる 公明党や創価学会を宣伝する組織があるくらい、多数の創価学会員がいることで有名です。 芸能人で創価学会員ということは、 創価学会の広告塔になっていることでも知られています。 「あの芸能人が創価学会員だから、私も入信してみよう」というケースがあるようですね。 あとは、創価学会には 「公明党」という政党もありますから、芸能人・有名人の創価学会員が広告塔としての「公明党」宣伝することで、国政に一役買っているわけです。 <出典元:> そんな芸能人・有名人の創価学会員ですが、一体どのくらいいるのでしょうか。 かなりの人数がいると思うのですが、今回の記事ではこの点を詳しく調べていきたいと思います。 「芸能人・有名人創価学会員一覧・まとめ、まさか!あの人も創価学会員なの?」と題しまして、噂の真相を解明していきます。 芸能人・有名人創価学会員 あ行 相田翔子 <> 元Winkで、女優・タレントの 相田翔子は創価学会員として知られている芸能人です。 芸能界デビュー前から創価学会員だったようです。 創価学会芸術部員の一員として、熱心に活動していることで有名です。 青木さやか <出典元:> お笑い芸人で、タレントの 青木さやかも創価学会員として知られている芸能人です。 週刊ポストにも青木さやかが創価学会の広告塔になっているという記事の掲載をされています。 大々的に創価学会の宣伝活動はしていないようですが、学会員であることは広く知れ渡っているそうです。 朝比奈マリア <出典元:> 昭和の大スターであり、歌手の 雪村いずみの娘である 朝比奈マリアは創価学会員で知られている芸能人です。 雪村いずみと共に、母娘で創価学会員です。 創価学会系の雑誌「 SOKA」 vol. 2でも紹介されています。 石原さとみ <出典元:> 女優の 石原さとみは創価学会員としては超有名です。 スポンサーリンク 両親が創価学会員で、石原さとみは創価中学・高校の出身という筋金入り。 石原さとみの父親は創価学会の本部職員だと言われています。 石原さとみという芸名は創価学会の名誉会長・ 池田大作が付けたとまで言われています。 石原さとみは創価学会芸術部員ではないので、率先して創価学会や公明党を宣伝しているわけではありません。 創価学会員だということを石原さとみ本人は公表していませんが、学会員だということは誰もが知っています。 ちなみに、石原さとみの大親友は女優の 松井絵里奈であり、松井絵里奈も創価学会員として有名です。 泉ピン子 <出典元:> あの大女優の 泉ピン子も創価学会員として知られています。 創価学会系出版社である、潮出版社の月刊誌「パンプキン」 2000年 6月号で池田名誉会長への傾倒が紹介されています。 噂では泉ピン子は創価学会を脱会して辞めたという話もありますが、どうも現在も変わらず創価学会員だという話です。 市川右團次(3代目、旧名:市川右近) <出典元:> 歌舞伎俳優の 市川右團次(3代目)は創価学会の芸術部員であり、創価学会員だということは有名な話です。 歌舞伎界での創価学会員は多くはありませんが、芸術部員として創価学会・公明党の宣伝活動をしているとのことです。 井上真央 <出典元:> 女優の 井上真央も創価学会員だと言われている一人です。 創価学会系の月刊誌『灯台』2020年1月号(1月1日発行)にも掲載されています。 井上真央の母親が創価学会員として、自宅近くの地域で活動しているとのことで、その影響で井上真央は幼少の頃から創価学会員として入信しているそうです。 岩隈久志 <出典元:> プロ野球選手の 岩隈久志も創価学会員として知られています。 聖教新聞( 2014月 12月 2日付)でも紹介されており、熱心な信者のようです。 岩隈久志の場合は両親が創価学会員で、その影響で小さい頃から入信しているようですね。 上田正樹(歌手) <出典元:> 「悲しい色やね」が大ヒットした歌手の 上田正樹も創価学会芸術部員の一員として知られています。 創価学会員であり、著書『戻りたい過去なんてあらへん -上田正樹語りおろし-』の中では池田大作名誉会長について「池田先生。 」と呼称し、敬意を示している。 <引用元:> 自身の著書でも創価学会員であることを公表しています。 上戸彩 <出典元:> 女優の 上戸彩は創価学会員だと言われています。 母親が創価学会員ということから、幼少時より学会員として活動していると噂されています。 創価学会員として有名な 高橋ジョージ、 三船美佳とも仲がいいことも知られており、学会繋がりで知り合ったのではないかと言われています。 エレキコミック(コンビ芸人) <出典元:> お笑いコンビ芸人の エレキコミックは、メンバー二人とも創価学会員として知られています。 メンバーの谷井一郎、今立進の二人は共に 創価大学卒で、大学の 落語研究会で知り合ったということです。 モンキッキー(元 おさる) <出典元:> 芸人の モンキッキーも創価学会員として知られています。 結婚した嫁の 山川恵里佳は創価学会員だという話は出ていませんが、夫であるモンキッキーが家族で創価学会員だということは、結婚を機に入信したのかもしれませんね。 モンキッキーには創価学会を脱会して辞めたという噂もありますが、この噂は定かではありません。 芸能人・有名人創価学会員 か行 和希沙也(現:倉本清子) <出典元:> 女優・タレントの 和希沙也(現:倉本清子)も創価学会員だと言われています。 過去に聖教新聞で紹介されたことがあり、本人が学会信者であることを公言してないものの、学会員であることが知られています。 加藤茶 <出典元:> ドリフターズのメンバーでお笑いタレントの 加藤茶も創価学会員として有名です。 加藤茶といえば、 綾菜夫人との45歳差婚で世間を騒がせましたが、この年の差婚も 創価学会婚ではないかと噂されています。 <出典元:> このように創価学会の冊子『ワールドセイキョウ』春号(1月26日発行)にも加藤茶夫妻が紹介されるなど、夫婦で熱心に信仰しているようです。 創価学会機関誌「ワールド セイキョウ」が巻頭で加藤茶夫妻のインタビューを掲載した。 婚前に綾菜が学会員であることを知った加藤茶が「実は僕も」と語った過去が明かされた。 加藤茶の所属事務所は「その記事は把握していませんでした」と驚いた様子だった。 <引用元:> ただ、この『ワールドセイキョウ』の掲載は、加藤茶の事務所は出演を把握していなかったようで、困惑してしまったようです。 <出典元:> その他には、加藤茶は創価学会の芸術部でも活動報告をしているなど、熱心な信者だということです。 岸本加世子 <出典元:> 女優の 岸本佳代子は、芸能界でも有名な創価学会員の一人です。 創価学会芸術部、 副芸術部長を務めるなど、広く一般的に学会員として知られています。 <出典元:> 創価学会の 「SOKAチャンネル」でも番組を持っています。 何があっても負けない信仰の力を語る幅広い役を演じて多くの人を魅了してやまない日本を代表する女優・岸本加世子さん。 無我夢中だったデビュー当時の思い出。 どんな苦労も信心で逞しく乗り越えた母の姿。 そして、池田先生からの励ましで刻んだ「負けない生き方」。 数々のエピソードをありのままに語る。 大らかで飾らない岸本さんの魅力あふれるセミナーは必見! <引用元:> ここに紹介している通り、非常に信仰深い熱心な創価学会信者であることでも有名です。 木根尚登 <出典元:> 元TM NETWORKでミュージシャンの 木根尚登は創価学会として知られています。 創価学会芸術部の副芸術部長として活動しているようで、かなり熱心な信者のようです。 <出典元:> 「SOKAチャンネル」でも番組を持っており、信仰の大切さを語っているようですね。 草なぎ剛 <出典元:> 元SMAPの 草なぎ剛も創価学会員だと言われている芸能人です。 草なぎ剛本人は学会員であることを公表していませんし、芸術部員としての活動もしていないようですが、隠れた創価学会員だと昔から言われています。 Crystal Kay(クリスタル・ケイ) <出典元:> 歌手の Crystal Kay(クリスタル・ケイ)も創価学会員として知られています。 聖教新聞 2003年 1月 1日の「新春の大空へジャンプする若きスターたち」欄で紹介されており、かなり前から創価学会員として活動しているようです。 研ナオコ <出典元:> 歌手・タレントの 研ナオコも創価学会員として有名な芸能人です。 創価学会のPRビデオ「ビクトリーロード」でも紹介されるなど、広く学会員として知れ渡っています。 噂では、研ナオコは創価学会を脱会したという話もありますが、以前として現在もまだ創価学会の信者だということです。 芸能人・有名人創価学会員 さ行 桜金造 <出典元:> 俳優・タレントの 桜金造ですが、創価学会芸術部員の一人として知られています。 その他にも創価学会の地区幹事も努めているとのことです。 以前に聖教新聞で名誉会長である池田大作と共に写っている写真が掲載され、創価学会については本人が信者であることをカミングアウトしています。 鮫島幸恵 <出典元:> お笑いタレントで、吉本新喜劇の座員でもある 鮫島幸恵も創価学会員として知られています。 柴田理恵 <出典元:> 女優・タレントの 柴田理恵は創価学会員としては有名な芸能人です。 同じ劇団「ワハハ本舗」所属の盟友・ 久本雅美と共に芸能界を代表する創価学会員です。 柴田理恵は 1987年、28歳の時に創価学会に入信したそうで、久本雅美の勧誘での入信ではと噂されています。 創価学会内では 芸術部中央委員に着任するなど、精力的に活動しているそうです。 <出典元:> 柴田理恵は「SOKAチャンネル」でも番組を持っています。 テレビや映画、舞台など幅広いメディアで活躍し続けている柴田理恵さん。 仕事が好転していくとともに、広がっていく未来への不安。 その中で人生を大きく変えたのは、創価学会との出あいだった。 様々な困難を乗り越え、今でも希望の女優へと挑戦を続ける柴田さんが、確かな人生の生き方について語る。 <引用元:> 柴田理恵は創価学会に入信することで、不安を乗り越え希望を見出したと「SOKAチャンネル」の番組で語っているそうです。 島田歌穂 <出典元:> 歌手・女優の 島田歌穂も創価学会の芸術部員として知られています。 宿命転換を願い信仰の道へ。 お父様の敬穂の祖父が創価学会に入会。 歌穂さんのお母様が乳がん、父母のミュージカルスタジオがオイルショックの あおりで大打撃などで気が付くと家族全員が創価学会員になっていたと言う。 <引用元:> 島田歌穂の家族は全員が創価学会員なんだそうです。 杉田かおる(脱会) <出典元:> 女優の 杉田かおるは現在は脱会済みですが、以前は創価学会員だったようです。 杉田かおるの父親が創価学会員だったこともあって、中学生の頃に入信したとのことです。 しかし、杉田かおるは創価学会の内部を見て脱会を決意します。 杉田かおるが創価学会を脱会したことは、 『さらば創価学会』杉田かおる「私が見た池田先生の素顔」という記事を週刊誌上に掲載するなど、広く知れ渡っているようです。 杉田かおるは脱会を決めたあとも、執拗に脱会の取り消しを求められるなど、非常に大変な思いをして創価学会を脱会したようです。 芸能人・有名人創価学会員 た行 滝沢秀明 <出典元:> 近年、突如芸能界を引退し、ジャニーズ事務所の副社長に就任した 滝沢秀明も創価学会員だと言われています。 滝沢秀明の母親が創価学会員だということで、滝沢秀明本人も幼少のころより学会員として活動していたそうです。 滝沢秀明は創価学会員だということを公言していませんが、池田大作名誉会長が滝沢のことを創価学会員だと明言したという話もあります。 滝沢秀明がジャニーズ事務所の副社長に就任したことで、ジャニーズ事務所と創価学会の関係性が広く注目されています。 田中美奈子 <出典元:> 女優・タレントの 田中美奈子も創価学会員として芸能界では有名です。 2003年に、当時35歳で 創価大学文学部に入学し、創価学会女子部の副リーダーと地区リーダーを兼務するなど、精力的に学会活動をしていたようです。 聖教新聞でも現在まで頻繁に紹介されるなど、田中美奈子が創価学会員であることは広く知られています。 田中正義(プロ野球投手) <出典元:> スポンサーリンク 福岡ソフトバンクホークスのプロ野球選手である 田中正義も創価学会員だと言われています。 田中正義の両親は熱心な創価学会信者で、地区の部長を務める学会幹部とのことです。 高橋ジョージ <出典元:> 歌手・タレントの 高橋ジョージは芸能界でも有名な創価学会員です。 創価学会芸術部員として、かなり精力的に活動していることで知られています。 <出典元:> この写真の左端にも精力的に活動している様子の高橋ジョージが写っています。 創価学会の PRビデオでも、バンドのメンバーを創価学会に勧誘したエピソードを話していますが、この勧誘が原因でバンド上手くいかなくなったようですね。 段田安則 <出典元:> 個性派俳優で知られている 段田安則も創価学会員として有名です。 創価学会の月刊誌「グラフ SGI」2001年10月号「輝くSGIの友」特集で紹介で紹介されるなど、一般的に学会員だということが知られています。 寺門ジモン <出典元:> お笑い芸人で、ダチョウ倶楽部の 寺門ジモンも創価学会員として知られています。 寺門ジモンの信仰活動について、日刊サイゾーが取り上げている。 「寺門が創価学会の学会員であるという情報は非常に多く出回ってる」と記者。 芸人仲間に入信を勧め、関係者が「関わりたくない」と話しているとも述べた。 <引用元:> 何でも、寺門ジモンは勧誘活動に精力的ということで、芸人仲間にはそれが原因で煙たがられることもあるんだそうです。 芸能人・有名人創価学会員 な行 ナイツ(お笑いコンビ) <出典元:> お笑いコンビの ナイツは二人とも創価学会員として知られています。 塙宣之(左)と土屋伸之(右)の二人は創価大学の落語研究会で出会い、コンビを組むことになります。 創価学会の活動としては土屋伸之の方が精力的に活動していたようです。 土屋伸之は創価中学を受験しましたが不合格になり、その後は一念発起し猛勉強して創価高校に見事合格します。 <出典元:> ナイツの二人は「SOKAチャンネル」でも番組を持っており、創価学会の宣伝のため、精力的に活動しています。 内藤やす子 <出典元:> 往年の歌手である 内藤やす 子も創価学会員として知られている芸能人です。 学会誌「SOKA 」vol. 3 でも紹介されています。 長井秀和 <出典元:> 「間違いないっ!」の決め台詞で一世を風靡した、お笑いタレントの 長井秀和も創価学会員として有名な芸能人です。 両親も熱心な創価学会信者ということで、物心をついた時から創価学会の題目を唱えていたとも言われています。 現在は芸能活動を事実上休止しているともいっていい状況ですが、芸術部員として活動しているそうです。 中村俊輔 <出典元:> サッカー選手で、Jリーガーの 中村俊輔も創価学会員として知られているんだそうです。 中村選手は両親が熱心な学会員のようで、その影響でというか子供の頃から そういった環境だったのでしょう。 学会の広報誌にインタビュー記事が出ていることもあったらしい です。 <引用元:> 中村俊輔本人は創価学会員であると公言していませんが、家庭の環境から、子供の頃より学会員だということです。 仲本工事 <出典元:> ドリフターズのメンバーで、タレントの 仲本工事も創価学会員として知られている芸能人です。 創価学会のPRビデオ「ヒューマントーク3」にも出演し、信仰について語るなど、学会員であることが一般的に知られています。 生天目仁美 <出典元:> 人気声優の 生天目仁美も創価学会員として知られています。 聖教新聞(2006年4月11日)で学会3世であることを掲載しております。 西宮佑騎 micro <出典元:> ジャワイアン・レゲエグループ 「Def Tech」のメンバーであり、 microこと 西宮佑騎も創価学会員として知られています。 西宮佑騎は創価大学の文学部で「人間学」の講義をするなど、創価学会関係者に学会員であることが広く知れ渡っています。 <出典元:> 西宮佑騎は、池田大作名誉会長のことをとても尊敬しているとのことで、創価大学の学生たちに池田名誉会長の生き方の素晴らしさを語っていたとのことです。 ねづっち <出典元:> 「なぞかけ」で一世を風靡した、芸人の ねづっちも創価学会員として有名な芸能人です。 学会では東京都杉並区の男子地区リーダーを努めているんだそうです。 自身の学会活動を聖教新聞社の「創価新報」でも紹介されています。 ねづっちは「一般社団法人 漫才協会」に所属していますが、この漫才協会にはナイツも所属しており、同じ創価学会員として宣伝活動をしているんだそうです。 芸能人・有名人創価学会員 は行 橋本章司 <出典元:> ロック・バンド「ハウンド・ドック」のドラマーであり、ミュージシャンの 橋本章司も創価学会員だということです。 以前に創価学会のPRビデオ「 TOMORROW」に出演したことがあり、学会員であることが知られています。 はなわ <出典元:> タレントの はなわも創価学会員として有名な芸能人の一人です。 はなわの弟で、漫才コンビ・ナイツの塙宣之も創価学会員ということで、両親も含めた、家族で創価学会員なのだと思います。 はなわが創価学会員であることは、所属事務所も認めているそうで、自宅には池田大作名誉会長の「人間革命」が当たり前のように置いてあるそうです。 パパイヤ鈴木 <出典元:> ダンサーで、振付師・タレントの パパイヤ鈴木も創価学会員として知られています。 過去には「グラフSGI」 2001年 10月号にも活動が紹介されるなど、知る人ぞ知る隠れた学会員だということです。 林家こん平 <出典元:> 落語家の 林家こん平も創価学会員として知られています。 パパイヤ鈴木と同じ、「グラフSGI」 2001年 10月号に活動が紹介され、一般的に広く学会員であることが知れ渡ったということです。 実は林家こん平だけでなく、落語の「林家一門」は創価学会員だという噂も流れています。 彦摩呂 <出典元:> 「グルメリポーター」で有名な、タレントの 彦摩呂も創価学会員として有名な芸能人です。 彦摩呂のDVD「心の宝石箱」の説明欄にはこんなことが掲載されています。 明るいキャラクターで人気のグルメリポーター・彦摩呂さん。 先輩からの勧めで創価学会に入会し、「タレントになりたい」との夢を叶えた信仰体験を紹介します。 その他、タレント仲間からのインタビューも収録。 <引用元:> 芸能界の先輩からの勧誘で創価学会に入信するケースが多いようですが、彦摩呂も勧誘で入信したようですね。 現在では創価学会芸術部員として、精力的に活動しているとのことです。 久本雅美 <出典元:> タレントの 久本雅美です。 久本雅美については、今さら話すことがないほど有名な創価学会員です。 選挙の時期には公明党の応援演説もするなど、創価学会芸術部、副芸術部長として、かなり精力的に学会活動を展開している芸能人です。 <出典元:> 久本雅美は芸能界での勧誘活動も熱心のようで、久本雅美の勧誘で創価学会に入信した芸能人も多いということです。 星野康二 <出典元:> スタジオジブリの代表取締役会長で、ドワンゴの社外取締役でもある 星野康二も創価学会員として知られています。 学歴は創価大学文学部卒、結婚した嫁は創価大学の後輩ということで、筋金入りの創価学会員です。 創価大学入学後、「池田大作に対する、不当な非難・中傷の嵐が吹き荒れる」と感じた星野は「必ずや池田大作の偉大さを証明してみせる! 国際社会で戦える力ある人材に成長しよう! 」と決意したとされる。 <引用元:> 池田大作名誉会長への信仰心は、昔からかなり強いことで有名とのことです。 細川たかし <出典元:> 演歌歌手の 細川たかしも創価学会員として有名な芸能人です。 「SOKA 」vol. 1 では「題目を唱えると人に負けない強い一念が沸いてくるんです」と発言するなど、熱心な信仰心が紹介されています。 BORO <出典元:> 「大阪で生まれた女」で一世を風靡した、歌手の BOROも創価学会員として知られています。 今日の聖教新聞のBOROさんの体験はすばらしかった!! 彼のポリシーをひとつ。 それは、「首を縦にしか振らない」。 それは断らない。 何か頼まれごとがあった時、 〝自分でお役に立てるなら〟。 一切を受けて立つのが彼の常。 しかも必ず全力投球。 彼の価値観は〝売れる〟より〝伝える〟。 自分の音楽を聴いてくれた人に安らぎや喜び、 何より勇気と希望を届けるために、 自分の歌がある。 何のため-彼は、歌手になった目的を忘れることはなかった。 この体験記事は、永久保存版ですわ。 <引用元:> 聖教新聞にも自身の生き様、体験談を掲載するなど、創価学会芸術部員として精力的に活動しているそうです。 本田博太郎 <出典元:> 俳優の 本田博太郎も創価学会員として知られている芸能人です。 「SOKA 」vol. 8 で『私の好きな御書の一節は「妙とは蘇生の義なり」』と発言し、熱心な信仰心が紹介されています。 芸能人・有名人創価学会員 ま行 松井絵里奈 <出典元:> タレントの 松井絵里奈も創価学会員で、創価学会芸術部員の一員と言われています。 松井絵里奈はあの 石原さとみの大親友としても有名で、「創価ルネサンスバンガード」というコンサートでは司会を任されるなど、精力的に創価学会のために活動しているそうです。 石原さとみとの縁も、創価学会が引き合わせた縁かも知れませんね。 松本慶子 <出典元:> NHKの契約キャスターである 松本慶子も創価学会員として知られています。 三船美佳 <出典元:> タレントの 三船美佳も創価学会員として知られている芸能人です。 三船美佳の元旦那である高橋ジョージが創価学会員だということもあり、離婚前は夫婦で精力的に学会活動をしていたようです。 三船美佳の母親で、三船敏郎さんの内縁の妻だった喜多川美佳が熱心な創価学会員だったことから、娘も入信。 24歳年上の高橋も学会員だったということで、2人は模範的な学会員夫婦といわれていた。 <引用元:> 三船美佳の創価学会入信のきっかけは、母親の 喜多川美佳の影響のようですね。 森本貴幸 <出典元:> サッカー選手でJリーガーの 森本貴幸も創価学会員として有名です。 以前には「創価新報」で活動を紹介されています。 噂では創価学会には芸術部だけでなく、 スポーツ部というのも存在しているそうで、森本貴幸は 創価学会スポーツ部の一員であるという話もあるそうです。 芸能人・有名人創価学会員 や行 山田花子 <出典元:> お笑いタレントの 山田花子も創価学会員として知られています。 山田花子は創価学会芸術部員としても活動しているそうです。 山田花子の入信のきっかけは、芸能界の先輩からの勧誘とのことで、噂に過ぎませんが、勧誘したのは久本雅美という話です。 山本リンダ <出典元:> 歌手の 山本リンダも創価学会員として昔から有名な芸能人です。 山本リンダは 芸術部女性部長を務めるなど、創価学会の大幹部とも言えるほどの人物です。 <出典元:> 大幹部ですから、当然のように「SOKAチャンネル」でも番組を担当しています。 デビュー曲「こまっちゃうナ」は、100万枚を超える大ヒットを記録。 一躍、国民的アイドルに。 しかし、人気は徐々に低迷。 様々な困難がある中、池田先生の励ましに触れ、実証を示そうと決意する。 すべてのピンチを信心によってチャンスに変えた信仰体験を語る。 <引用元:> 芸能界でのピンチを創価学会への信仰心で乗り越えたという番組内容のようですね。 雪村いづみ <出典元:> 昭和の往年の歌手である 雪村いずみも、創価学会の大幹部として有名な芸能人です。 創価学会副芸術部長を務めるなど、昔から信仰心が厚いことで知られています。 娘である 朝比奈マリアと共に、母娘で創価学会員としての活動をしています。 総括、まとめ <出典元:> いかかでしょうか。 芸能人・有名人で創価学会員と噂されている人はかなり多いということが分かりました。 今回の記事では紹介できていない芸能人・有名人も今後は出てくると思いますので、詳細が分かり次第、その都度掲載していきたいと思います。

次の

創価大学出身の有名人

創価 学会 有名人

目次はこちら• 創価学会とは 創価学会は仏教系(日蓮・法華)の新興宗教です。 新宗教では日本最大の信者数を誇り会員数は非公開ですが、827万世帯と公称しています。 実際には世論調査などを元に試算するとおおよそ 250万人とも言われています。 それでも日本最大の宗教団体で、公明党の支持母体として政局にも大きな影響力を発揮しています。 創価とは価値創造の意味で、創価学会はその名の通り価値の中心に生命の尊厳の確立を置き、それに基づいた万人の幸福と世界の平和の実現を目標としている宗教団体です。 創価学会の有名人 創価学会に有名人が居ても不思議ではありません。 有名人に創価学会が多いのは信者の数が多いので、自然と有名人も多くなります。 週刊文春(2012年5月17日号)による有名人新興宗教入信リスト(最新版)によると、 現在の有名人は46人となります。 ここでは割愛しますが、この記事は有名人の名前の列挙だけでなく個々の有名人について、なぜ信者と言えるのか、どうして信者になったのかが詳しく解説されています。 創価学会の有名人一覧表リスト 創価学会の有名人一覧表リストを紹介します。 実はこの一覧表リストには3つのランク分けがされているので紹介します。 家族が信者である、 家族以外からの勧めで入信、 関係性が認められるという3つです。 最後の関係性が認められるという表現は、関係はあったものの、信者ではないか、または現在は信者としての活動はしていないという意味です。 家族が信者である有名人• 朝比奈マリア• 石原さとみ• 岩隈久志(野球選手)• 岸本加世子• 研ナオコ• 高橋ジョージ• 田中美奈子• 段田安則• 長井秀和• 西村徳文(元千葉ロッテ監督)• はなわ• 塙宣之(ナイツ)• パパイヤ鈴木• 林家まる子• 三船美佳 家族以外からの勧めで入信した有名人• 三代目市川右團次• 上田正樹• 柴田理恵• 島田歌穂• 根津っち• 彦摩呂• 久本雅美• BORO• 山本リンダ• 雪村いづみ 関係性が認められる有名人• 相田翔子(元Wink)• 赤プル(元赤いプルトニウム)• 泉ピン子• 今立進(エレキコミック)• 上戸彩• 遠藤憲一• 木根尚登(TM NETWORK)• 小谷野栄一(野球選手)• 白川和子• 鈴木早智子(元Wink)• 滝沢秀明• 土屋伸之(ナイツ)• 氷川きよし• 藤井康雄(元野球選手)• 松井絵里奈• 松山ケンイチ• 森本貴幸(サッカー選手)• やついいちろう(エレキコミック)• 山田花子• 礼二(中川家) 海外にも創価学会の有名人がいます。 最も有名なのはイギリス俳優の オーランドブルームで、19歳の頃にSGI(創価学会インターナナショナル)に入会したようです。 実際に、SGIの宣伝動画もSGI公式YouTubeチャンネルにアップされています。 続いて、サッカー好きならば誰もが知っている有名人 ロベルトバッジオは熱心な創価学会信者です。 不調で苦しんでいた1987年に創価学会の教えに救われたと公言し、スピーチでは「マエストロ ダイサク・イケダ」と創価学会の名誉会長である池田大作の名を出す事も珍しくありません。 韓国の有名人 韓国にも創価学会の有名人はいます。 2012年には池田大作氏の著書「ありがとう、韓国」が大ヒットし、週間ベストセラー入りした事もあり、信者の数は100万人とも言われ50人に1人が創価学会とも言われています。 韓国の有名人では 2PMのウヨン、日本でもタレント活動をしていた チョ・ヘリョンでしょう。 創価学会を脱会した有名人 創価学会を脱会した有名人の噂は沢山あります。 しかし、その真相は公表されていませんが、工藤夕貴、杉田かおる、落合夫妻は創価学会を脱会したと言われています。

次の

【最新】創価学会に入っている有名人・芸能人は?ジャニーズも!?

創価 学会 有名人

そこまで気づきながら、自分の立場や、長年にわたって学会で生きてきたことなどへの執着を捨てきれなかった私は、学会から抜ける決断がつかず、苦しみました。 私は立場上、学会員の葬儀において、幾度も葬儀委員長を務めてきた中で"成仏の相"には、一度もお目にかかれなかったことに違和感を感じました。 私の見聞きするだけでも、家族が病人だらけだったり、重機に挟まれて大ケガをするという事故を繰り返している人、手術が成功したと言っていた直後に急死してしまった人。 そういう話があとを絶ちません。 ところが、学会ではそういう話をひた隠しにし、隠しきれないとなると、「本当はもっとひどくなるところを、この程度のケガで済んだ」などと、あたかも功徳であるかのような話にすり替えているのです。 平成17年12月9日付の聖教新聞 地方版 に、「友が語る私の原点」と題する記事が掲載されている。 同記事は、「困難にも打ち勝つ不屈の人には信頼と共感が集まる。 池田名誉会長は『"原点"を忘れない人は強い』と語っている。 広布の道を力強く歩み続ける友に"わが原点"を語ってもらった」として、2名の熱心な活動家のコメントを紹介しているのだが、そのうちの1人は首つり自殺をしている。 平成19年2月4日には、東京都の三宅島で、公明党・三宅村議の浅沼功一郎氏が、石碑の下敷きになり死亡した。 平成18年1月28日には、静岡県の創価学会員・Tさん宅が全焼し、焼け跡からTさんの妻の遺体が発見された。 新潟県の創価学会員・Tさんも、平成16年末に交通事故に遭い、両足切断という大怪我を負って、平成17年8月に亡くなりました。 横浜市のSさんは、平成17年6月、母親によって池田狂に洗脳され、38歳で自殺しました。 平成17年4月には、福島県いわき市内の磐越東線の踏切で、いわき発郡山行きの普通列車と乗用車が衝突する事故が起き、乗用車を運転していた創価学会員・Oさんは死亡。 助手席に乗っていた妻も意識不明の重体となりました。 平成17年2月には、土浦市に住む創価学会員・Sさんが、自転車で道路を横断中、車にはねられて死亡しました。 平成16年8月には、長野県の創価学会員一家3人が焼死する痛ましい事件が発生しました。 外部から侵入した形跡はなく、火災現場からガソリンの入った容器が複数発見されており、ダイニングにはガソリンがまかれた跡があることから、警察では無理心中したものとみています。 平成16年6月には、千葉県館山市で、足の不自由な創価学会員の女性が、海岸沿いに停めた車の中に1時間も放置され、熱中症で死亡するという痛ましい事件が発生しました。 これは、無職の息子が、母親を車内に残したまま釣りに興じている間に熱中症で死亡させてしまったものです。 平成15年9月には、岩手県北上市の創価学会北上会館近くの市道で、横断歩道を渡っていた創価学会員・Kさんが、同じ市内に住む創価学会員・Oさんの車にはねられ、意識不明の重体となりました。 富山県の創価学会員・Yさん一家は、家族全員が熱心な学会員で、Yさんの家は大きく、学会の会合にも使用されていました。 平成14年9月、Yさんのことが、聖教新聞に大々的に載りました。 それは、創価学会の中で大功徳を受けた、という体験談記事でした。 ところがYさんは、聖教新聞に取り上げられた翌日、仕事先でハシゴから落ち、数日間の治療の甲斐もなく亡くなってしまったのです。 平成13年9月には、福岡県京都郡で建築業を営む創価学会員・上田文昌さんが、自宅で息子に殴り殺されました。 平成13年7月には、中国自動車道で、女子中学生(創価学会員・Kさん)が手錠をはめられたまま死亡するというショッキングな事件が発生しました。 死因は、頭部と足にできた大きな傷による失血死で、Kさんは走行中の自動車から高速道路上に出た後、別の車両にひかれたのが目撃されています。 平成12年12月には、愛知県武豊町に住む創価学会員・T(21)と、妻(21)が、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されました。 2人は、自分たちの長女である依織ちゃん(3)を段ボール箱に入れて放置し、食事を与えず餓死させたもの。 おむつもほとんど交換されていなかったといいます。 埼玉県の創価学会員・Yさんは、平成12年、昼時に火事を出して、家は丸焼け。 ご主人は焼死し、奥さんは、大やけどで入院してしまいました。 その奥さんは、退院後、「主人は家のことができない人だから、私が死ぬより主人が死んでよかった」と平然と言い切りました。 平成11年5月14日には、東京都立川市の立川平和会館で、創価学会職員の田代美恵子(女子部副本部長・当時)が、聖教新聞社職員のKさん(支部長・当時)を包丁で刺し、田代容疑者は現行犯逮捕されました。 平成10年11月には、東京・目黒区の創価学会員(支部婦人部長)のHさんが、娘の夫に襲われ、Hさんは逃げようとしてベランダから転落し死亡。 娘さんも意識不明の重体になってしまいました。 新潟県三条市で創価学会の幹部を務めていたKさんは、平成10年4月頃からノイローゼ気味になり、同年11月、眠っていた妻の首を包丁で斬りつけて殺害しようとしました。 妻は、助けを求めて外へ出ていったのですが、その間にKさんは、家に灯油をまいて焼身自殺を図り、自宅は全焼。 その焼け跡から発見されたKさんの遺体は炭化していました。 平成8年10月には、新潟県柏崎市安田のJR信越本線安田駅付近で、貨物列車が脱線事故を起こし、信越本線は翌日の夕方まで不通に。 これにより、本来、信越本線を走るべき青森発・大阪行きの寝台特急「日本海2号」が、信越本線と並行して走る越後線を使って迂回運転したところ、翌日未明、この特急列車が酒に酔って線路に寝ていた創価学会員のAさんをはね、Aさんは即死してしまいました。 平成8年9月には、東京・墨田区の創価学会員の家が夜中に火事になり、5人家族のうち、祖父と妻、中学生の長女が焼死してしまいました。 平成8年6月には、東京・板橋区で、創価学会員の夫が、奥さんを包丁で刺し殺し、自らも後追い自殺をするという傷ましい事件が起きました。 夫妻共に熱心な活動家であったといいます。 平成9年2月には、宮城県で一家4人が焼死する火災事故がありました。 犠牲になったのは、創価学会員のUさん一家でした。 平成7年12月には、福岡県の創価学会員・Kさんの中学3年になる娘さんが、17歳の少年に包丁で刺されて死亡してしまいました。 平成7年4月28日には、福岡県の創価学会員・Sさんが、聖教新聞の配達中に、大型トラックにはねられて死亡してしまいました。 平成5年4月には、函館の創価学会員一家が、池田平和会館に行く途中、車同士が衝突し、夫婦は脳挫傷で死亡。 運転していた息子さんも重傷を負ってしまいました。 平成4年4月には、福井県の圏書記長を務めていた創価学会員・Tさんが、池田文化会館からの帰り道、大型トラックと衝突。 事故に巻き込まれた他の人々は軽傷で済んだのに、Tさん一人だけが頭の骨を折って死亡してしまいました。 平成4年2月には、長崎県の創価学会員(支部指導員)Bさんが、創価学会の会館のトイレの中で倒れて死亡しました。 その葬儀(学会葬)で出棺の際、棺を降ろすリフトのワイヤーが切れ、自動停止装置も作動せず、リフトに乗っていた創価学会員6名が、棺と共に3階から落下し、重傷を負う惨事となりました。 平成3年12月には、創価学会員・Tさんが、不倫相手である男性の運転で走行中、大型トラックと正面衝突し、車は大型トラックの前輪に食い込んで大破。 2人とも死亡しました。 解体作業は何十時間もかかり、遺体の損傷は激しく、Tさんは上半身、相手の男性は下半身しか見つからないほどの大事故でした。 平成3年7月、神奈川県の創価学会員(支部長)Hさんは、新橋駅ホームで、乗車しようと荷物を持ち上げた時に足元がふらつき、線路に転落。 ちょうど入ってきた東海道線の通勤快速にはねられて死亡してしまいました。

次の