ヨギボー 福岡。 人気の「ヨギボー」を買ってみた感想!使い心地と後悔したことをご紹介

ヨギボー 店舗 福岡

ヨギボー 福岡

ヨギボーの基本情報 ヨギボーの大きさは5種類です。 ヨギボーの種類 ヨギボーダブル ヨギボーマックス ヨギボーミディ ヨギボーラウンジャー ヨギボーミニ ヨギボーショート ヨギボーポッド ヨギボードロップ ヨギボーパプル ヨギボーピラミッド ひとり用からソファタイプのものまで。 ベットのような正方形のものもあります。 オプションとして、細長い円柱のヨギボーロールや コの字に近いヨギボーサポートもあります。 我が家はヨギボーマックスを購入。 オプションは買いませんてした。 ちょうどセットで20パーセントオフになるイベントをやっていましたが セットで使うことは少なそう、ころころ転がって移動させるときに大変そう という理由で買いませんでした。 ヨギボーの値段 13,900円から32,800円まで。 だたし、オンラインショップなどだともっと安く買うことが出来ます。 カラー展開は15色 黒やネイビーといった落ち着いた色味から、ピンクや青といった原色、ネオンカラーといった日本の部屋には少々派手に思えるカラーまでそろっています。 屋外で使えるカバーもあります。 でももったいなくで外では使えませんよね。 もちろん、室内でも使用可能です。 小さなお子様やペットが汚しでもいいようにと選ばれる方も多いと店員さんは言っていました! 夏は汗をかくとシミにもなりやすいので、 屋外用にカバーで撥水効果に頼るのもいい案だと思います。 欠点としては、夏の色味しかないこと。 派手な柄物や色ばかりでした。 ちなみに、店頭にあるカタログには、グリーンやレッドは和室にも合うと書いてありました。 ヨギボーロールとコーディネートして色で遊んでも楽しいと思います。 カタログに背中を押されて我が家のヨギボーカラーなライムグリーンです。 実際おいてみても、フローリングにもよくあうし、 地味にもなりすぎず満足しています。 店頭ではタブレット端末を使ってシュミレーションを することができます。 気になるカラーを組み合わせたり実際に生地に触れて お気に入りをみつけてくださいね。 では、本題の注意点について紹介していきます。 ヨギボー注意点 1 ビーズがつぶれてくる これは使っていればしょがないです。 使って半年経ちましたが、まだまだはりがあります。 店頭では1年を目安に、ビーズを足すように言われましたが まだ必要性を感じていません。 そうなんです、へたったらビーズを追加できるので便利ですね! 一方、無印もへたってきます。 我が家の無印は2年選手です。 だいぶへたってきていますがまだまだ使えます。 といった具合。 ただし、こちらはビーズのついかができないので要注意。 2 人気カラーはカバー在庫がない わたしがいった時にも欠品が何色もありました。 ビーズはあるのにカバーがないのはやるせないですよね。 また、カバーの値段も高いので、ベット用のボックスシーツをかけて使うという 友人もいます。 補足しますと、ヨギボーのカバーは色移りする可能性があると記載されています。 ボックスシーツなら、手軽に洗濯できますね。 一方、無印はカバーの在庫は十分にあります。 ヨギボーに比べてカラーの種類は少ないです。 無印らしい展開でデニムなんてものまでありました。 筆者はこちらのカラーの方が気に入りました。 3 持って帰るのが大変 送料を払えば自宅に届けてもらえます。 そこをケチった我が家。 普通車の助手席を倒し、2列目までいっぱいいっぱいにのせました。 そして、車まで運ぶ際の周囲の視線!!大量のレーザービームのような視線に耐えなければなりません。 一方、無印は多少の視線はありますが、車で持って帰ることは可能。 一人じゃ小さいしケンカになるよね、って2人以上っで座れるサイズ一択でした。 しかし、これが掃除の際少々大変なんです。 立てて移動させていますが、足の浮いたソファーだったらなとこの時ばかりは思います。 一方、無印では一人用サイズなので移動は簡単です。 簡単といってもヨギボーと比べてなのでそりゃ、足の浮いたソファーだったらなとは思いますよ。 5 販売店が少ない ヨギボーの販売店はまだまだ少ないです。 実際に触れるタイミングが少ないのは大変ですね。 また、店員さんがガンガン話しかけてきます。 もちろん、断ったりすれば済む話てす。 入店してすぐに、「座ってくださいー。 」とヨギボーをセットしてきます。 買う気満々だったからかもしれませんが。 一方無印はほぼ放置です。 店員さんを呼びに行って「これください。 」というまで 声をかけられませんでした。

次の

Yogibo Store イオンモール八幡東店 北九州ではここだけのヨギボー実店舗‼️

ヨギボー 福岡

読みたい所をクリック• ヨギボーの欠点(デメリット)に対する感想 私がヨギボーマックスを5年以上使い続けてきて感じた欠点と、他の購入者の声でよく見かける欠点について感じたことを書きました。 購入するヨギボーの種類や使用環境によってメリットやデメリットは変わってくるので一概には言えませんが、参考にしていただけたらと思います。 ヨギボーは使っているとへたってくる ヨギボーにもいろいろな種類がありますが、クッションやネックピローなどではなく、「Yogibo Max・Yogibo Midi・Yogibo Mini」のような座るタイプのヨギボーで感じる最大の欠点はへたりです。 実際に我が家でも購入後1年くらいで徐々にパンパンに張った感じがなくなってきて、2年目くらいにはだいぶへたりが出てきました。 へたってくるとビーズ部分が分散し、お尻が床に着く感覚になって痛いんです。 座っていてお尻が沈んでくると、一回ヨギボーを立ててビーズの偏りを無くせばしばらくは使えるんですけどね。 購入当時のような魔法のような座り心地にはなりません。 これがヨギボーを使っていて感じる一番の欠点です。 これは他のビーズクションやソファーでも同じこと まぁでも素材がビーズのクッションなので、毎日座っていれば重さでビーズが潰れてへたってくるのは当然なんですよね。 これはヨギボーに限らず他のビーズクッションでも同じこと。 ヨギボー購入前に安価なビーズクッションを使ったことがありますけど、より劣化具合が顕著でしたから。 それに革のソファーだって座る部分や背もたれ部分が剥がれたりしますよね。 なので、ヨギボーだからへたりが出て座り心地が悪くなるってことじゃなく、毎日使う物ならどれも同じです。 ヨギボーはへたりを復活できる 毎日座り続けているとビーズがへたるだけじゃなくカバーが伸びるんですよね。 でもヨギボーが他の商品と違うところは簡単にへたりを復活できるところです。 具体的には ヨギボーのカバーを洗濯して取り付け直すだけで結構弾力が復活します。 もしそれでもへたりが解消できなくなってきたら、詰め替え用のビーズを購入して補充することができます。 安価なビーズクッションってビーズだけを購入して補充することってないと思いますが、ヨギボーはそれが可能です。 私が愛用しているヨギボーMAXなら約1,000gほど補充に使います。 補充ビーズは1,500gで4,800円 税抜 なので、1個買って半分余るくらいですね。 その半分は取っておいて次回1,500g購入すれば2,000gになって2回使うことができます。 へたったから買い直すのではなく、ビーズを補充して使うことでコスパも良くなります。 ヨギボーは値段が高い? よく欠点としてあげられるのがヨギボーは値段が高いということ。 ソファータイプのヨギボーの種類と価格は以下の通りです。 Yogibo Max(大) Yogibo Midi(中) Yogibo Mini(小) 長さ 約170cm 約125cm 約85cm 幅 約70cm 約70cm 約70cm 重さ 約8kg 約5. 9kg 約4. 2kg 価格 29,800円 税抜 25,800円 税抜 19,800円 税抜 価格の感じ方は人それぞれ、個人的には品質にあった価格だと思う はっきりいって価格の感じ方は人それぞれなので、一概には言えません。 一番の大きいヨギボーマックスだと約3万円。 これを高いと思う人もいれば、安いと思う人もいるわけで。 ちなみに同じようなサイズのビーズクッションを楽天で探したら約1万5千円でありました。 半額ですね。 こういったビーズクッションと比べると割高なので、そういったものと比較している人は高いと感じるかもしれません。 ただ 個人的な使用感としては安価なビーズクッションと比べると座り心地が全然違います。 なので品質の違いで値段の差はあるかなと思います。 またビーズクションだから高いというイメージもあると思いますが、普通のソファーで3万円ならそこまで高くは感じませんよね。 ニトリで170cm(3人掛け)のソファーを見るとそれぐらいの価格以上しますからね。 カバーの人気色は欠品している ヨギボーマックスの場合、色は17色あります。 部屋のインテリアに合わせると青やグリーン、ブラウンあたりが人気でしょうか。 ちなみに我が家はアクアブルーを使っています。 手に入りにくいってことは人気で売れている証拠 人気で欲しい色のヨギボーが手に入らいないというのは欠点ではありますが、それは裏を返せば人気で売れているという証拠なんですよね。 実店舗だと売り切れがあるかもしれませんが、公式サイトを見ると1~3営業日で出荷予定になっているので、もし実店舗で売り切れならネットで買えばいいかなと思います。 なので、これも別に欠点というほどではないかなと。 ヨギボーの種類によっては大きすぎて持って帰れない うーん、これは欠点というか大きな商品ならなんでもそうですよね。 送ればいいだけ。 送料も高くない 普通ソファーを抱えて電車に乗る人なんていませんから。 車に積めないなら送ってもらえばいいだけかと。 もし送ってもらう場合、ヨギボーマック1点で全国3,300円(税抜)です。 ちなみに離島だと18,000円(税抜)になります。 もし IKEAでソファーを購入した場合の送料は、3,000円なのでほとんど一緒かなと。 まぁこれも感じ方は人それぞれで、送料のために欲しい商品を諦めるのかどうかですね。 わたしが住む宮崎県にはヨギボーの店舗がないので公式サイトで買いましたが、送料が欠点だとは思わずサクッと買いました。 購入後はしばらく臭い ヨギボーで使われている素材なのか独特な匂いがします。 これを欠点とあげられている人もいるようですね。 匂いはすぐ気にならなくなる 確かに購入した時は匂いがしていた記憶があります。 ただどんな匂いだったかまでは覚えていません。 使っていたら自然と匂いも消えるので、そこまで気にするに必要はないと思いますね。 だって車でも新車だったら独特な匂いがしますし、新品の洋服だって素材の匂いがすることありますよね。 それと同じです。 大きいと場所を取る うーん、これは欠点ではないですね。 場所を取るなら小さいヨギボーを買えばいいだけ。 逆に立てたり移動も楽なのでソファーより応用がきくと思いますけどね。 ヨギボーに座ると立ち上がるのが大変 ヨギボーはビーズ素材なので、座ると体が沈んで包み込まれるので立ち上がりにくいのでしょう。 動きたくなくなるが売り 個人的にはこれは欠点ではなくメリットだと思っています。 そもそもヨギボーの売りは、快適すぎて動けなくなる魔法のソファーですからね。 そこが嫌なら立ち上がりやすい普通のソファーを買ったほうがいいかと思います。 ラッピング対応はしてくれない 腰の悪い両親に、一緒に座れるラブチェアとして彼氏彼女にヨギボーをプレゼントしたいと思っている人もいるでしょう。 しかしヨギボーはラッピングはしてもらえません。 またメッセージカードの添付もできません。 どうせ送るならきれいにラッピングしてメッセージも添えて渡したいところですが、それは対応してもらえないのでプレゼントする場合はラッピングキットを購入して自分で包装しないといけません。 プレゼントをする場合は、ヨギボーとラッピングキットを購入して自宅に送ってもらう。 自宅でラッピングしてプレゼント先に持っていく、もしくは郵送する。 という流れになります。 Yogiboギフトカードがある ヨギボー本体を直接プレゼントするとなると手間もコストもかかるので、代わりにギフトカードをプレゼントするのもありです。 ヨギボーには、5000円、1万円、3万円、5万円のギフトカードがあるので、それをプレゼントして好きなヨギボーを選んでもらうといいでしょう。 冬に使うときは注意が必要 ヨギボーを冬に使うときは火の気に注意が必要です。 火事という意味ももちろんありますが、中身のビーズは60度以上になると溶けたり変色する恐れがあります。 ストーブやヒーター近く、コタツに入れての使用には注意してください。 床暖房やホットカーペットはOK 60度といったらかなりの高温なので、よっぽど暖房器具に近づけない限り問題はないでしょう。 ポカポカ温かい床暖房やホットカーペットは60度にはならないのでそういった使い方であれば問題はありません。 個人的には欠点よりもメリットの方が大きいのでヨギボーを使い続けている 私も含め購入者が感じる欠点に対して5年以上愛用している立場から感想を書いてみました。 これはどんな商品にも言えることですが、デリットよりもメリットのほうが大きければ「買い」なわけです。 で、 私が5年以上もヨギボーマックスを使い続けているということは、紹介した欠点よりもメリットの方が大きいから。 それだけです。 はっきり言っておすすめなので、購入に迷っている、検討している人は、ぜひ動きたくなくなる魔法の座り心地を試してみてください。

次の

【ヨギボー購入の前に要チェック】知られざる3つの欠点とは!?

ヨギボー 福岡

店員さんも明るくて丁寧、ゆっくり選ぶことができました!! 購入した商品 事前にしらべたところ「ショップの在庫には限りがあって希望のカラーやサイズの取り扱いが無かった」という口コミが多々見受けられましたが、こちらのお店の取り扱いは豊富でしっかりと選べました。 子供が実際に座って色を確かめ欲しがったのがワインレッドのMax。 でも大きい。 大きすぎる…。 ベッドにもチェアにもリクライニングにもなるのは嬉しいのですが、とにかくあの大きさは存在感がありました。 自立してくれるのもポイント高いんだけど… 幸いなことに子供は持ち帰りたいと言うではありませんか!すかさずMaxは車に載らないことを理由に1サイズダウンしてMidiを購入することで納得してもらいました。 こうして、ワインレッドのMidiを購入して持ち帰りました。 嬉しくてたまらない様子 一人で持ちたいと 笑 実際に使ってみた感想 良かった点• 気になる匂いはありませんでした。 大きさの割には軽いので移動がラクです。 撥水タイプではないカバーを買ったので手触りが良いです。 部屋の雰囲気に合うカラーだったので気に入ってます。 体重のかかったところが良い感じに沈むので座り心地が良いです。 動きたくなくなります。 形を自由に変えられるので便利です。 自立するので使わない時は部屋の隅っこに置けるので、とても助かります。 長く使ってビーズがヘタっても詰め替えが出来るので嬉しいです。 ソファーにしてみました。 ご満悦です お昼寝にも 後悔したこと• 1サイズ小さいタイプにしましたが、やはり大きくて場所を取ります。 犬の毛がつきやすいです。 洗い替えや部屋の模様替え様に予備のカバーが必要ですが、1枚9,800円とお高いです。 使い心地が良いので他のカラーやサイズを思わず揃えたくなりますが、価格的に折合いがつきません…• 身体が沈んで立ち上がりにくいです。 動きたくなくなるのか、動けなくなるのか、人によると思います。 その他 購入すると【 インナー及びアウターカバー1年保証、修理のサービス】がついています。 通常使用の範囲内で縫い目の破損やビーズ漏れ、ジッパー不具合があった場合には 交換してもらえます。 犬もダメにしてしまうクッション.

次の