新型プリウス 値引き 相場。 新型ハリアー値引き額の相場2020年版!ハイブリッドの実例も

プリウスPHV値引き相場情報2020年7月!安く買う交渉テクニック

新型プリウス 値引き 相場

・目標値引き総額 30万円 ・本体値引き 27万円 ・オプション値引き 3万円程度 ・納 期 1~2か月 2018年末のマイナーチェンジで、不人気だったスタイルを一新しプリウス人気が復活しています。 外観的にはかなりのビックチェンジでしたが、マイナーチェンジ後の商談でも値引きはそれほど締め付けられていません。 オプションと合わせて、 トータル30万円引きあたりが目標ポイントです。 ホンダ インサイト、スバル インプレッサなどライバルとの競合はもちろんすべきですが、 トヨタ系列4店でプリウス同士を競合させる方が効果的です。 プリウス値引き商談に入る前の準備 1. ライバル車種を2車以上選定します。 プリウスのライバル、日産リーフ、ホンダインサイト、スバルインプレッサ、マツダ3あたりとぶつけます。 2.それぞれの車種が、近所の どこのディーラーで取り扱っているか確認します。 ショールームで現車を 実際の目で確認する• プリウスを 実際に試乗してフィーリングを確認する• 欲しい グレードの選定と見積書の取得• 下取車の査定額を出してもらう 第1回商談ではいい人に徹しましょう!初回から値引きを強く要求したり、無理を言うと 営業マンはドン引きです。 「 いい人だから助けてあげたい。 」と営業マンに思わせると、良い条件も出やすくなります。 初回商談では、 良い上客、いい人を装いましょう。 予算の範囲内か聞かれても、安いとか高すぎて無理だとは言わないように心がけます。 ローンを利用する場合は、準備があるので 早めに営業マンに伝えておきます。 値引きについて最初から ガツガツ行くのはマイナスです。 (本性は2回目以降から現しましょう)• 他車も気になっていることをさりげなく伝えます。 プリウスの未使用車・中古車情報 トヨタの販売戦略もあり、残念ながら プリウスの未使用車はあまり市場に出ていません。 プリウスの場合は未使用車ではなく、高年式で低距離走行距離の車両を探してみるがよいでしょう。 好みの色やグレードが見つかれば、新車のように納車まで数か月待つことなく、かつ安い値段で、高年式の1台に巡り合えるかもしれません。 プリウスをライバル車と競わせよう 価格帯的にはホンダインサイト、スバルインプレッサG4とマツダ3セダンなどがライバルです。 プリウスのライバルはプリウス、つまりトヨタの異なる販売店同士で競わせることもとても大切です。 当然ですが商談ではライバル車と下取り車をうまく使って最大値引きを引き出す作戦になります。 燃費ではプリウスに分がありますが、ホンダらしい2モーターのスポーツハイブリッド「SPORT HYBRID i-MMD」の動力性能は明らかにプリウスを上回っています。 同じトヨタディーラーと競合させる プリウスのライバルはプリウス プリウスはトヨタの販売店4系統すべてで取り扱っている車種です。 これらはそれぞれが独立した会社なので、 すべてのお店で競合させることが可能です。 基本的なアフターサービスは同じなので、オークションではないですが競わせて一番良い条件を出したディーラーで購入するとよいです。 新しいトヨタモビリティの動きに注目! 2020年から、トヨタ系の4販売会社が統合して「トヨタモビリティ」という1つのディーラーになります。 (東京は一足早く2019年から実施済み) これまでの4系列販売では販売車種が限られており、例えばカローラは「トヨタカローラ店」でしか買えませんでした。 これからはトヨタモビリティで、すべてのトヨタ車を買うことが可能です。 経営母体をしっかり調べて、トヨタ車同士を競合させることも検討しましょう! さらに新型プリウスの目標値引きマル秘テクニック プリウスを少しでも安く買うために、商談にあたり知っておくと有利なことが2つあります。 それぞれの期末までに何台新車を「登録」するか、ディーラーは本社から厳しいノルマが課されているのです。 この時期はディーラーでも 社外秘の特別な値引きキャンペーンを実施していて、通常時期よりも特別な値引きが出やすくなります。 ディーラーに行く前に、ネットで車の無料一括査定で今すぐ査定してもらい、愛車の下取り価格が適正かどうか判断できるようにしましょう。

次の

新型プリウスPHVの値引き相場と値引きの限界点をリサーチ!

新型プリウス 値引き 相場

今回は、2018年にマイナーチェンジした新型プリウスの値引き相場についてお届けします。 2018年12月17日に、新型プリウスがマイナーチェンジされて発売開始となりました。 今回のマイナーチェンジでは、ユーザーの声に耳を傾け、不満に感じていた部分に着手してくれているようで、特に外観デザインの変更が注目されています。 これまでのデザインが好きではなかった方も、新型になって少し興味を取り戻しつつあるのではないでしょうか? 購入を検討するにあたって気になるのは、やはり値引き金額や値引き相場ではないでしょうか? それでは、2018年にマイナーチェンジされた新型プリウスの値引き相場についてご紹介していきますので、最後までお見逃しなく! 【目次】• 発売直後は値引きなし販売が常識? プリウスに限らず発売直後から半年くらいは、値引きが厳しいのが現実です。 3月くらいまで初回発注の納車がかかってってしまうかもしれないので、それが落ち着いてから、値引きが少しづつ緩んでくるのではないかと思います。 値引きに成功する場合もある? モデルチェンジ後の普通新型車の値引きは、多くて5万円程度ですから、発売直後で、利益の薄い新型プリウスでは、もっと厳しい状況が予想されます。 よって新型プリウスの値引き相場も、本体とオプションの合計で『5万円』と考えます。 しかし、300万円以上の高額車ですから、それ以上の値引きが欲しいものです。 本体の値引きが、かなり渋いと思いますので、今回だけはオプション値引きやオプションサービス主導で、相場以上の金額の値引きを引き出すように考えていきましょう。 具体的には、本体で3万円程度、オプション割引きとオプションサービスで、4~5万円の値引き相当を狙い、値引き限界額を『7万円』と考えて交渉していきます。 モデルチェンジの後の新型車は、どんな車も値引きは厳しいんですね。 最初は注文が殺到するから、値引きしなくても売れるから、値引きは必要ないってことですね。 プリウスは人気の注目車だから、他の車より値引きが難しいようですね。 新型発売後は値引きアップ傾向に! 前モデルのプリウスの値引きは、現在の相場で『40万円程度』となっていました。 普通、新型モデルが発売されると、旧モデルは値引きが急速に進行するのですが、プリウスにおいても同様の事が予測されます。 では、その進行が早まるのはいつになるのかを考えてみます。 まずは、区切りでもある3月位から動き出すのではないかと予想しました。 新型の納車も一旦落ち着き、販売の先行きが見えたところで手を緩めるのではないかと考えます。 3月までは、一応、新旧の両者の販売を取りますが、もちろんメインは新型です。 ある時期で、はっきりと目標を定める為にも区別化すると思うので、それを3月と見切ります。 ここで、いきなり値引きがドンと増えるのではなく、ここからの値引きのされ方が急勾配になって現れてくるとであろうと考えます。 ですから、これに伴って、中古車の金額にも反映されますので、3月を起点に中古車では1か月遅れた4月頃から、価格下落に勢いがついてくるだろうと思われます。 もし、そうした車を狙っている方は、3月まで様子を見て、買いに転じる機会を窺うのが得策でしょう。 発売後に連動してすぐに、価格には敏感に反応しないようで、3月程度のタイムラグがあるはずです。 その期間を待っていれば美味しい獲物にありつけるかもしれません。 残念なのは、消費税と自動車関連の助成金等の行方がはっきりしない事で、4月からの変更となれば、値引きと消費税でお得感は帳消しになってしまいます。 ただし、現在の報告では、新規購入については、どちらにも有利になるような法案を考えているようなので、あたたかく見守っている状況です。 購入を検討中の方は、この辺りからも目を離さないように注意していただければと思います。 値引き相場は10万円アップ!? グレードにもよりますが、現時点での前モデルのプリウスの値引き相場は『約40万円』です。 これが3月より急に進んで、6月までには『50万円以上』の値引き相場になると予想します。 前車の評判があまり良くなかっただけに、ここまでは急速に進むかもしれません。 ですが、この辺りから普通の相場変動に戻るのではないかと考えます。 前のモデルが安くなるのなら、安くなるのを待って古いモデルを買う手もありますね。 新型が出たからって、次の日から急に古い車が安くなる訳ではないんですね。 中古車の値段にも影響したり、ディーラーで抱えている旧車も新古車のように流れて行くようになりそうですね。 2018年にマイナーチェンジした新型プリウスの値引き交渉はオプションを攻めるのがオススメ?! 新型プリウスに装着できるオプションには• メーカーオプション• ディーラーオプション の2つがあります。 メーカーオプションは、メーカーで車が組み立てられる過程で装備されるオプションの事です。 サンルーフや本革シート、ボディカラーなどの、車の本体に何か施工しなければならないオプションは組み立てる時点で装備しないと後からどうすることも出来ません。 つまり、メーカーオプションはあとから外したり追加したりすることが出来ない、注文時にのみ設定できる特別なオプションとなっているのです。 一方、ディーラーオプションは各販売店で装備するオプションの事です。 カーナビやドライブレコーダー、フロアマット、ドアバイザーなどがディーラーオプションになっています。 ディーラーオプションは後から注文して取り付けることも出来るので、お金を貯めてから装着するという事も出来るのが嬉しいですよね! まずは車両本体値引きを交渉しよう! まずは、車両本体価格からの値引きを交渉してみて下さい。 新型プリウスの場合は、おそらく断られるか、数万円だけという場合が多いと思います。 営業マン的にもそのあたりが限界だと考えられるので、車両本体であまり粘らない様にしてくださいね。 車両本体価格からの値引きが詰まってくれば、このタイミングで付けたいオプションを設定してオプションからの値引き(サービス を交渉していきます。 メーカーオプションは、車両本体価格と同じような扱いで値引きが難しい場合が多いので、ディーラーオプションを狙ってみて下さい。 ディーラーオプションからはオプション金額の1割から3割の値引きが可能となっています。 10万円分オプションを付けたとしたら、3万円を目標にサービスして貰ってください。 オプション値引きの交渉では「一歩引く」事が重要?! オプション値引きでは、一歩引いて『自分は買わなくてもいいんだぞ』という雰囲気で交渉しましょう。 営業マンはお約束の言葉で『車両本体価格から限界まで値引いているのでオプションからは値引きできません』という事を言ってくるでしょう。 そう言ってきたら『じゃあ諦めます』と、一歩引いてみてください。 余程売れ行きのいい営業マン以外であれば、1台でも売れるチャンスを逃したくないので誘いに乗ってくれるでしょう。 一度値引きに乗ってきたら、3割を目安にどんどんと交渉していってくださいね。 他店ではこれくらい値引いてくれたと言ってみるのも効果的ですよ! 値引き以外のサービスで実質値引きを獲得しよう! 値引きしてもらって、実際の購入金額を減らすのも当然重要なことになりますが、値引き以外でも無料サービスをしてもらうことで実質的な値引きを獲得することが出来ます。 ガソリン満タン納車 ディーラーでは、基本的にガソリンを沢山保管してはいけないというルールがある為に、販売する車に沢山ガソリンを入れておくことはありません。 その為、納車時にはガソリンはほとんど入っておらず、いきなりエンプティランプが点灯しているなんて場合もあるようです。 特に普通車を購入する方は、ガソリン満タン納車してもらうことで1回の給油分5千円程度を浮かせることが出来ます。 車を納車された後の楽しみで初給油という事もあるかもしれませんが、ここは節約の為にもガソリン満タンで納車してもらいましょう。 交渉のタイミングは、車両本体値引き、オプション値引きがまとまって後は契約するだけというタイミングです。 ラストに数千円のサービスをするだけで契約してもらえるとなれば営業マンも喜んでサービスしてくれることでしょう。 端数の切捨て 契約金額に端数がある場合は、100円の位までならカットをお願いしても良いでしょう。 1000円の位までカットをお願いすると最大で9千円になるので大きな痛手となります。 1000円以内の誤差ならディーラー的にも問題ないでしょうから、気持ちよくカットしてもらいましょう。 基本的に値引きは車両本体価格だけだと思っていましたが、オプションからもかなり値引きが狙えるんですね。 交渉中に『じゃあ諦めます』と言って『そうですか、わかりました』とでも言われてしまったら冷や汗をかいてしまいそうです。 交渉事なので強気になりすぎずに、人と人の交渉をするように心がけていきたいと思います。 新車・中古車を買う時の下取り車を高く売る方法は? 新車・中古車を安く買うには、値引きをしてもらうのが圧倒的に早いですが、あなたに下取り車があるのならば、その車を下取りに出せば更に安く買えますよね。 しかし、ディーラーの下取り金額に騙されてはいけません!!! ここで注意すべき事は、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」という事。 また、 値引きは限界です。 その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください! と言ったセールストークに誤魔化され、あやうく損するといった場面も見受けられます。 やっぱり、1円でも高く下取りに出したいですよね? そのためにも、ある程度の今あなたの乗っている車がいくらで売れるのか相場を知っておく必要があるのです。 そんな時に役立つのが、 になります。 そこで、下取りに出したい車を一括査定してもらって買取価格の相場を知ってその見積書を提示して、それより高くしなければ下取りに出しませんと あなたの下取り車を高く売るために交渉する最大の武器となります。 私もディーラーに車を下取りに出した時、ラブ4の初めの提示金額は40万と言われました。 そこで、車買取査定サイトから無料査定をしてもらった結果、57万円という買取金額が出て唖然としました。 初めから相場以上の金額で対応してくれよと思いながらも、車買取査定サイトを知らなくては損するのは当たり前ですね。 だからこそ、下取り買取金額を出してもらう前に、利用していくのを忘れないようにして下さいね。 かんたん車査定ガイドでは、 1分ほどの入力で申し込み後、買取相場が表示されます。 ディーラーの下取り買取価格と比較したい方・すぐに相場を知りたい方は、無料ですぐに利用できるのでお早めに利用してくださいね。 もちろん新型も魅力的ですが、現行のプリウスが好きだという方も居るでしょう。 そんな方には、新型発売後に旧型となった現行プリウスは値引きも沢山ゲットできると期待できるのでオススメです。

次の

【トヨタ・プリウス】値引き額・新車価格の相場はいくら?-最安値を引き出す方法とは

新型プリウス 値引き 相場

各グレードの新車価格・燃費が分かります。 各グレードの主要装備が分かります。 直近の値引き実例を紹介します。 車両本体 値引き目標 オプション込 平均値引き 納期 2019年1月号 30万円 33. 3万円 1-2ヶ月 2019年2月号 30万円 33. 6万円 1-2ヶ月 2019年3月号 30万円 34. 0万円 1-2ヶ月 2019年4月号 30万円 32. 3万円 1-2ヶ月 2019年5月号 30万円 33. 2019年1月号• トヨタ4系列の販売店すべてで取り扱っている• 当然ながら四つ巴の争いに持ち込むこと• ネッツ店とカローラ店が緩くなる傾向がある• オプション込み値引き40万円の大台に乗ることも 2019年2月号• ライバルはジェイド• ただしこれをぶつけても反応は鈍い• トヨタ4系列をまわって同士討ちに持ち込むこと• オプション込み値引き35万円で合格• 大都市部では40万円超の例も報告されている 2019年3月号• 買い頃、たたき頃!• 以前は20万円引き程度でストップとなった• 最近はここからスタート• オプション込み値引き30万円を超える• 大都市部では40万円前後になることも• トヨタ同士の競合を• とくにネッツ店とカローラ店が狙い目 2019年4月号• トヨタ4系列のディーラーすべてで販売• すなわち四つ巴の争いに持ち込むことが可能• とくに大衆車をメインにしているネッツ店とカローラ店が攻めやすい• HV車ながら緩い• オプション込み値引き35万円以上を狙いたい 2019年5月号• トヨタのHV車は安売りしないという印象• トヨタ4系列で販売しているので四つ巴の争いに持ち込むこと• トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店での同士競合• 7人乗りはジェイド、5人乗りはアテンザワゴンと競合• 本体値引きは伸び悩んでいる•

次の