学戦都市アスタリスクss。 学戦都市アスタリスク3期情報まとめ!アニメの続きについても紹介

学戦都市アスタリスクとは (ガクセントシアスタリスクとは) [単語記事]

学戦都市アスタリスクss

CV: 概要 リーゼルタニアという国の第一王女にして、星導館の学園序列5位。 細剣型の煌式武装(ルークス)である《アスペラ・スピーナ》を保有し、自由自在に炎を操ることから『華焔の魔女(グリューエンローゼ)』という二つ名が与えられている。 碧色の瞳と鮮やかな薔薇色の髪が特徴的な並外れた容姿を持つ美少女だが、堅物かつプライドの高さ故にまともな友人が1人もいない。 主人公・との出会いは、部屋で着替えている最中に自分の落としたハンカチを届けに来た彼に窓から勝手に入って来られるという最悪のものだった。 そのことで激怒し彼と決闘騒ぎを起こしたが、その際のドサクサに紛れ自分を狙ってきた狙撃手から放たれた矢から彼から身を挺して守ってもらったことがきっかけで、笑顔を見せるなど彼に急速に心を許すようになった。 アスタリスクに来た目的は統合企業財体の影響によって資金難に陥った祖国の孤児院を立て直すことであり、《星武祭(フェスタ)》の制覇を狙っている。 彼女の祖国・リーゼルタニアは過去に祖国で発見された物質が原因で統合企業財団の傀儡国家となっており財産の使い道などは統合企業財団の意のままにされている。 そのため富の配分が行き渡らない人々が出て格差が生じるなどの問題が発生している。 富の配分が行き渡らない対象には彼女が育った孤児院も含まれており過去に孤児院は借金のカタに彼女の当時の親友で今では《孤毒の魔女(エレンシュキーガル)》の二つ名を持つ桁違いの実力者・オーフェリア・ランドルーフェンが売られてしまうという悲劇にも見舞われた。 元は《星脈世代(ジェネステラ)》では無かったオーフェリアは売られた先で《大博士(マグナム・オーパス)》の異名を持つヒルダ主導の人体実験の被検体にされ後天的に《星脈世代》、それも強大な《魔女(ストレガ)》となった。 ただし、後天的な《星脈世代》であるため能力を抑え込むことが出来ない暴走状態にあり危険な状態と思われ、ユリスには心配されている。 オーフェリアを破滅から救うこともユリスの大きな目標と言えるだろう。 このことからヒルダには強い憎しみを抱いており、彼女が所属しているアルルカントにもいい感情を抱いていない。 余談だがこのユリスの立場がヒロイン オーフェリア を救うために行動する主人公らしいと言われており冗談半ばに「ユリスが主人公でオーフェリアはユリスの嫁 ヒロイン 」と呼ばれることも まぁ、実際ユリスは作者によって「第2の主人公」と称されているのだが…… 関連イラスト.

次の

学戦都市アスタリスク ss クロス/オリ主/転生/八幡/おすすめ二次創作小説まとめ!

学戦都市アスタリスクss

学戦都市アスタリスクのおすすめ二次小説、ssをまとめて紹介していきたいと思います。 学戦都市でぼっちは動く ~文化祭の一件で学校の嫌われ者になった比企谷八幡。 転校先は悪名高いレヴォルフ黒学院。 魔術師として桁違いの才能を持つ彼の運命は…… 引用元 学戦都市でぼっちは動く 相手にされなくなった1人の主人公。。 比企谷八幡も登場、やはり俺の青春ラブコメはまちがっているとのクロス的な感覚で読めます。 全33話にて。 アンチ要素を含みながらの構成。 通称アスタリスクに 特待生枠での転入を斡旋され、二人の少年が やって来た。 その内の一人、蒼き翼・・・・変わった力を 扱う少年黒鉄大和 くろがねやまと)は 蒼き翼と共にアスタリスクの空を舞う。 ヒロインが一人だけではなく、何人も登場するという不思議な感覚で楽しめる。 フリーダムいきまーす的なかっこいいSFさもあります。 まだ序盤にてのお話なので1話より。 短編です。 学戦都市のサイヤ人 ~さて、一応自己紹介から始めようか。 俺の名前は柏木かしわぎ優すぐる、好きな物はドラゴンボールだ。 「おぬし、一体誰に向かって挨拶をしているのだ?」 「気にしないでください。 こう言うのは様式美ってやつですから」 引用元 学戦都市のサイヤ人 まさに最強設定。 ドラゴンボールと学戦都市のコラボしましたクリティカルなバトルが展開されていきます。 クロスオーバーですね。 ドラゴンボールっていえばクリリンとか悟空、孫ご飯を想像しますが、今のところはこの作品には登場していないようだ。 まだ1話のみなので今後に期待ですね。 学戦都市アスタリスク〜過負荷と魑魅魍魎の主を併せ持つ転生者〜 ~へえ、よくわかったね。 君にはある世界に行ってもらう」 「心を読んだのか?まあいい。 それより、なんで俺なんだ?」 「そんなことかい?理由は簡単。 くじ引き引いて決めたからね」 おい!そんな適当でいいのかよ!? 「いいんだよ。 神様だから。 それに私達神は娯楽に飢えているんだ」 引用元 学戦都市アスタリスク〜過負荷と魑魅魍魎の主を併せ持つ転生者〜 これは転生も入っていますね。 それだけでなく、家庭教師ヒットマン、REBORN! など古い作品とのクロスしているんで懐かしさも感じつつ見れます。 こちらも短編なのですぐにさくっと読み終わってしまうのがちと残念ですかねー。 全3話にての構成。 ファンタジーっぽくて至高には程遠いけどなんとなく期待してしまう。 最後に 今回は学戦都市アスタリスクのおすすめ二次小説を紹介していきました。 これに似たような作品「」や、「」辺りは結構類似しているんで多くの人に楽しめるし、選ばれる作品となっています。

次の

レヴォルフ黒学院

学戦都市アスタリスクss

綾斗とユリス、紗夜と綺凛の両タッグは危なげなく予選を突破し、本戦に突入する。 アルルカントのエルネスタ・カミラ組など、強敵も順当に勝ちあがるなか、綾斗はふとしたきっかけで暴漢に襲われていた少女プリシラを助ける。 最高峰の学園バトルエンタ、武が乱れ翔ぶ第3弾。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。 「学戦都市アスタリスク」の第3巻。 今回から、ついに鳳凰星武祭が開幕。 バトル主体の構成で、サブ戦&メイン戦とキャラの交流を交えてのバランスの取れた構成で、いつもながらの安定感。 しかし、それゆえに無難でもあり、ちょっと盛り上りに欠ける感じはあったかな。 メイン敵キャラである姉妹も魅力的には普通だったし、まあ今回は今後の伏線張りや布石のための、溜め回といったところか。 次回はロボ組との戦闘もあるだろうし、メイン戦が主体になるだろうから、次に期待。 しかし、武闘会形式が本格的に始まると、やはり少年漫画的だなと思ってしまう。 どうやらタッグ戦、チーム戦、個人戦と、計三回は大会をやるようだし、かなり長期を見越しての想定なのだろうな。 なかなか長い付き合いになりそうである。 三巻で学内の大きなイベント『鳳凰星武祭』が開幕。 内容は、大会の予選から本戦の初戦まで。 ネタバレは避けますが、主人公やヒロインたちだけでなく、 今までに出てきた男キャラも参戦している描写があるこの作品は、 好印象。 この作品は、実に『ライトノベル』っぽい作品で、 特別な力を持つ者たちが集まった学園 + その中でも特別な力を秘めた主人公 + ツンデレから幼馴染、綺麗でも少し腹黒の生徒会長のヒロイン + なんか裏に精通している男友達 などテンプレを集めたような作品ではあります。 ですが丁寧に書かれているため、あまり鼻につくこともなく、 楽しめています。 これにしかないオリジナリティーがより出てくれば満点だと思います。 今回も発売してすぐ購入しました。 タッグ戦の鳳凰星武祭が開催され、戦闘がメインです。 個性豊かな新キャラがかなり増えています。 多数のチームが参加している為、当然強さの差もあり、 歴然とした実力差で短時間で終わる試合もありますが その中で各学園のスタイルや能力がよく描かれていた と思います。 戦闘ばかりでなく戦いの間に、キャラ同士がちゃんと コミュニケーションを取る場面も良かったです。 また、今までは通常武器より1ランク上の性能を持つ レア武器(?)といった印象の純星煌式武装でしたが、 今回はそれらが秘めた『特徴』が話に絡んでいました。 こういった設定がより良いスパイスになると思います。 レヴォルフの暗躍や、ちょっとした台詞のやり取りから 匂わされる伏線等、次回も楽しみです。

次の