羽生結弦ブログシエナ。 羽生結弦効果に警備員も驚き「たくさん来ています」

ガンディのフィギュアスケート分析記録

羽生結弦ブログシエナ

ロシアのスケート専門家でブロガーのYulia Krivikhina(Yulena)さんによるORIGIN徹底解析です。 ORIGINを構成、音楽、振付、技術的要素といったあらゆる観点から解析し、各エレメンツ前後に散りばめられたステップ、ターン、振付要素に至るまで、プログラムのあらゆる細部をミクロ単位で詳述している驚異的な分析です。 非常に長く、難解なので何度かに分けて翻訳または抄訳していきます。 Heartfelt thanks to Yulia and Fay for Super-analysis and Super-translation!💛 羽生結弦: 原点回帰 Yulia Krivikhinaの分析 「この曲を選択することは自分自身に挑戦するだけでなく、プルシェンコさんにも挑戦することを意味しています。 でも彼のイメージに呑まれ、ただの彼のイミテーションだと思われるようではいけません」 「彼を超えようとは全く思っていません。 彼のスケートの原点に戻るという意味である。 ユヅル曰く Figure Skating Life第15号, 2018月10月10日発売 、プログラムには彼が愛するスポーツで彼が大切にしている全てが詰まっている。 ORIGINは得点を稼ぐための技術要素だけでなく、幾つかの振付のニュアンスには2度のオリンピックチャンピオンの経験と、自身の競技に対する賛辞が反映されている。 プログラムの振付はシェイリーン・ボーンが手掛けた。 シェイリーン・ボーンのインタビューはシエナさんがご自身のブログで翻訳して下さっていますので、リンクを貼らせて頂きます。 シエナさん、モモ博士さん、いつも素晴らしい翻訳と記事をありがとうございます! しかしながら日本の神話(古事記)はシェイリーンのビジョンであり、ユヅルにはユヅルのプログラムに対する解釈があるはずである。 彼はロシアで、おそらくプロシェンコの前のこのプログラムを滑る。 だからそこでいい演技がしたいと言った。 彼のグランプリ初戦も彼にとって思い出の場所。 彼の最初の海外試合の開催地、ヘルシンキだった。 だから彼はここでも当時を思い出しながら滑りたかった。 、リズムが絶え間なく変化する音楽構造を強調する複雑な振付パターンを描く壮麗なプログラムが生まれた。 プログラム構成 最初のプログラムの技術構成には4回転ジャンプ4本(内2本が後半)、3アクセル2本が含まれていた: 4Lo, 4T, CCoSp, StSq, 3Lo, 4S3T, 4TEu3S, 3A2T, ChSq, 3A, FCSSp, FCCoSp 彼は構成を上げる予定で、最終的に4Loの代わりに非常に野心的な4Aを入れるつもりだった。 ユヅルは彼のグランプリ初戦ヘルシンキ大会で既に構成を上げてみせた: 4Lo, 4S, FCCoSp, StSq, 3Lo, 4T, 4T3A SEQ, 3F3T, 3AEu3S, ChSq, FCSSp, CCoSp 構成と振付パターンの変更は、ダブルジャンプを使わずに3アクセルのコンビネーションジャンプを後半に2本入れたいというユヅルの希望によるものだった。 プログラムには後半に配置されたユニークなシークエンスジャンプ4T3A 5つ目のジャンプ要素 が含まれている — 男子シングルにおける革新的な高難度エレメントである。 3トゥループはプログラム後半に3F とのコンビネーションとして跳ぶ(6つ目のジャンプ要素で難しい入り)。 ユヅルがこのコンビネーションを最後に実施したのはジュニア時代である。 3AEu3Sが最後のジャンプになり、難しい入りから実施された。 4Sは前半に移動し、単独4T と入れ替わった。 2本のコンビネーションスピンの配置、基本ポジションの幾つかの難度の高いバリエーションも変更された。 フライング足替えコンビネーションスピンFCCoSpはステップシークエンスの前に実施され、足替えコンビネーションスピンCCoSpはプログラム最後の要素になった。 従って、ジャンプシークエンス(基礎点x0. 8)における基礎点の損失は、2Tを3Fに置き換え、4T3A、3F3T、3AEu3Sをプログラム後半(ボーナス1. 1倍)に実施することで最小限に抑えられている。 ジャンプ以外のエレメンツが全てレベル4と仮定した場合の最大基礎点は91. 43点である。 これらの入れ替えによって、プログラムの振付パターンとトランジションが変わった。 コンビネーションジャンプ3本の配置が再編成されたことにより、コレオシークエンスは2本のコンビネーション 3F3Tと3AEu3S を繋ぐトランジションの組み合わせに変わった。 華麗なイナバウアーは新しいコレオシークエンスの冒頭、3連続コンビネーションジャンプと最後の2本のスピンの間に配置された。 つまり4T3A SEQ で開始するプログラム後半は実質上、全体が一つの連続するコレオシークエンスになっている。 音楽のテンポの変化がこのギッシリ詰め込まれたフットワークを一層難しくしている。 現在、羽生結弦はプログラムの中で高難度の技術構成と振付の複雑で豊かなフットワークを融合させている唯一のスケーターである。 各エレメンツは彼のプログラム構成に完璧に組み込まれており、その奥深い音楽表現は彼のスケートの見どころであり、彼の誇りである羽生結弦のプログラムを特別なものにしている。 スタンダードを下げず、己のスタイルを貫き続けている彼に心から感謝したい。 「彼のスケーティングを通して実際に彼のクオリティを見ることになるでしょう。 より速いフットワーク、スピードなど色々なレベルにおいて。 そして彼の成熟。 多くの経験を積んだ今の彼には表現することが沢山ある。 そして2017年にはユリアさんによるヘルシンキ世界選手権のホープ&レガシーの分析をベースに多国籍ファンチームが動画を制作してくれました。 いずれも素晴らしい内容で、その知識と努力と情熱にひれ伏すしかありません。 英訳して下さる方にも感謝です!.

次の

ガンディのフィギュアスケート分析記録

羽生結弦ブログシエナ

ロシアのスケート専門家でブロガーのYulia Krivikhina(Yulena)さんによるORIGIN徹底解析です。 ORIGINを構成、音楽、振付、技術的要素といったあらゆる観点から解析し、各エレメンツ前後に散りばめられたステップ、ターン、振付要素に至るまで、プログラムのあらゆる細部をミクロ単位で詳述している驚異的な分析です。 非常に長く、難解なので何度かに分けて翻訳または抄訳していきます。 Heartfelt thanks to Yulia and Fay for Super-analysis and Super-translation!💛 羽生結弦: 原点回帰 Yulia Krivikhinaの分析 「この曲を選択することは自分自身に挑戦するだけでなく、プルシェンコさんにも挑戦することを意味しています。 でも彼のイメージに呑まれ、ただの彼のイミテーションだと思われるようではいけません」 「彼を超えようとは全く思っていません。 彼のスケートの原点に戻るという意味である。 ユヅル曰く Figure Skating Life第15号, 2018月10月10日発売 、プログラムには彼が愛するスポーツで彼が大切にしている全てが詰まっている。 ORIGINは得点を稼ぐための技術要素だけでなく、幾つかの振付のニュアンスには2度のオリンピックチャンピオンの経験と、自身の競技に対する賛辞が反映されている。 プログラムの振付はシェイリーン・ボーンが手掛けた。 シェイリーン・ボーンのインタビューはシエナさんがご自身のブログで翻訳して下さっていますので、リンクを貼らせて頂きます。 シエナさん、モモ博士さん、いつも素晴らしい翻訳と記事をありがとうございます! しかしながら日本の神話(古事記)はシェイリーンのビジョンであり、ユヅルにはユヅルのプログラムに対する解釈があるはずである。 彼はロシアで、おそらくプロシェンコの前のこのプログラムを滑る。 だからそこでいい演技がしたいと言った。 彼のグランプリ初戦も彼にとって思い出の場所。 彼の最初の海外試合の開催地、ヘルシンキだった。 だから彼はここでも当時を思い出しながら滑りたかった。 、リズムが絶え間なく変化する音楽構造を強調する複雑な振付パターンを描く壮麗なプログラムが生まれた。 プログラム構成 最初のプログラムの技術構成には4回転ジャンプ4本(内2本が後半)、3アクセル2本が含まれていた: 4Lo, 4T, CCoSp, StSq, 3Lo, 4S3T, 4TEu3S, 3A2T, ChSq, 3A, FCSSp, FCCoSp 彼は構成を上げる予定で、最終的に4Loの代わりに非常に野心的な4Aを入れるつもりだった。 ユヅルは彼のグランプリ初戦ヘルシンキ大会で既に構成を上げてみせた: 4Lo, 4S, FCCoSp, StSq, 3Lo, 4T, 4T3A SEQ, 3F3T, 3AEu3S, ChSq, FCSSp, CCoSp 構成と振付パターンの変更は、ダブルジャンプを使わずに3アクセルのコンビネーションジャンプを後半に2本入れたいというユヅルの希望によるものだった。 プログラムには後半に配置されたユニークなシークエンスジャンプ4T3A 5つ目のジャンプ要素 が含まれている — 男子シングルにおける革新的な高難度エレメントである。 3トゥループはプログラム後半に3F とのコンビネーションとして跳ぶ(6つ目のジャンプ要素で難しい入り)。 ユヅルがこのコンビネーションを最後に実施したのはジュニア時代である。 3AEu3Sが最後のジャンプになり、難しい入りから実施された。 4Sは前半に移動し、単独4T と入れ替わった。 2本のコンビネーションスピンの配置、基本ポジションの幾つかの難度の高いバリエーションも変更された。 フライング足替えコンビネーションスピンFCCoSpはステップシークエンスの前に実施され、足替えコンビネーションスピンCCoSpはプログラム最後の要素になった。 従って、ジャンプシークエンス(基礎点x0. 8)における基礎点の損失は、2Tを3Fに置き換え、4T3A、3F3T、3AEu3Sをプログラム後半(ボーナス1. 1倍)に実施することで最小限に抑えられている。 ジャンプ以外のエレメンツが全てレベル4と仮定した場合の最大基礎点は91. 43点である。 これらの入れ替えによって、プログラムの振付パターンとトランジションが変わった。 コンビネーションジャンプ3本の配置が再編成されたことにより、コレオシークエンスは2本のコンビネーション 3F3Tと3AEu3S を繋ぐトランジションの組み合わせに変わった。 華麗なイナバウアーは新しいコレオシークエンスの冒頭、3連続コンビネーションジャンプと最後の2本のスピンの間に配置された。 つまり4T3A SEQ で開始するプログラム後半は実質上、全体が一つの連続するコレオシークエンスになっている。 音楽のテンポの変化がこのギッシリ詰め込まれたフットワークを一層難しくしている。 現在、羽生結弦はプログラムの中で高難度の技術構成と振付の複雑で豊かなフットワークを融合させている唯一のスケーターである。 各エレメンツは彼のプログラム構成に完璧に組み込まれており、その奥深い音楽表現は彼のスケートの見どころであり、彼の誇りである羽生結弦のプログラムを特別なものにしている。 スタンダードを下げず、己のスタイルを貫き続けている彼に心から感謝したい。 「彼のスケーティングを通して実際に彼のクオリティを見ることになるでしょう。 より速いフットワーク、スピードなど色々なレベルにおいて。 そして彼の成熟。 多くの経験を積んだ今の彼には表現することが沢山ある。 そして2017年にはユリアさんによるヘルシンキ世界選手権のホープ&レガシーの分析をベースに多国籍ファンチームが動画を制作してくれました。 いずれも素晴らしい内容で、その知識と努力と情熱にひれ伏すしかありません。 英訳して下さる方にも感謝です!.

次の

蒼い月は彼方

羽生結弦ブログシエナ

NHK ねほりんぱほりん 「羽生結弦選手 に出会って人生が変わった人」の再放送が 24 金 23:15~23:45、NHK総合で流れるみたいです。 もう何度めの再放送だろう? そのくらい、このときは神回だったことは納得で 羽生結弦選手に限らず、推しのいる人には響きますね! それから浅田真央さんのサンクスツアーは 8月15、16日の滋賀公演から再開すると発表されました。 新型コロナウィルスの影響で延期されてましたが 滋賀県民限定で開催されることになります。 8月16日の公演は、ライブ配信をおこない 視聴チケットは2500円で記念品が付くそうです。 こちら、 いよいよアイスショーが再開されることになり まず、真央ちゃんが新しい一歩を踏み出すわけですね! 昨日は、オンライン羽生結弦展にて 若杉和希記者による写真解説講座の第3回目が 16時より公開されました。 今回は、2月7日に韓国でおこなわれた四大陸選手権から ショート「バラード第1番」の写真で トリプルアクセルの後に、すっと手をあげた瞬間になります。 平昌オリンピックから2年ぶり、同じ韓国の地で 「バラード第1番」は再演されました。 平昌で撮影したときよりもシャープで 動きがしなやかになっていて、しかも力強くて よどみなくつながっていくようで 別のプログラムといっていいんじゃないかという演技だったと。 音と動きが完ぺきにあっていて ずっと見ていたいな、ずっと滑ってくれてたらいいのになと 撮りながらもそう思ってしまうショートでした。 とても生き生きとしていて力強く だけどスッと時間が止まったように見える瞬間がある 不思議な演技だったと。 その印象を、この1枚に閉じ込められたかなと思います。 歓声や音楽、氷を削る音がスッと消えて 真っ白な世界に羽生結弦選手だけが降りてきたような そんなイメージになっているんじゃないかと。 そして写真をよく見ると指の先や、髪の毛の1本1本まで 意識がいってるんじゃないかと思わせる 美しさがあると思います。 トリノGPFや全日本で味わった悔しさに 自分でしっかり向き合って、嚙み砕いて、また向き合って… それで出てきた答えがやっぱり強くあろう、美しくあろう やっぱり羽生結弦のスケートをやろう… そんな答えだったのかな。 終わった後に手を叩いて 天井に向かって、なにかをつぶやいたのだけど その呟くシーンを前の試合でもみたことがあって 「ありがとう」といってる印象があったそうです。 でも、このときは口の動きをみていると 「ただいま!」と言ったんじゃないかと思って。 それをみながら「おかえり、おかえり羽生くん!」と 思いながらシャッターを切ったのを覚えています。 最後に、四大陸は新型コロナウィルスの影響があり スポンサーリンク そういうことに気を遣うことなく 純粋にフィギュアスケートを楽しめるように 早くなったらいいのにと若杉和希記者は結びます。 こちら、 羽生結弦選手が演技が終わった直後に なにか呟くシーンは、確かに多くが目撃してるでしょう。 きっと四大陸では、若杉和希記者の推測どおりに 「ただいま!」だったのかもしれませんね~ あと思い出すのは、16-17シーズンの国別で 羽生結弦選手は演技直後に天を仰ぐように顔を向け あのときは「ごめんなさい…」といったような~ プリンスさんの命日だったこともあり 思い通りの演技じゃなかったことを詫びた記憶が残り… でも、四大陸では「ただいま!」であれば 羽生結弦選手自身の納得のいく演技であったことが伝わり 現に、この時は世界歴代最高得点を叩き出していますからね~ そして韓国では、羽生結弦選手のベストプログラムというべき 「バラード第1番」と「SEIMEI」の組み合わせで どちらも2度演じているというのが縁の深さを感じられ 感慨深いものがありますね… でも四大陸がおこなわれた頃は 新型コロナウィルスの影響により 世界中の情勢が、こんなにも一変してしまうとは まだまだ全然考えもしなかったけど。 カナダのオンタリオ州は 緊急事態宣言を7月29日まで延長したそうで… 参考にしました、 羽生結弦選手と紀平梨花選手は もしかしたら8月になるまでクリケットクラブに行くことも できないままだろうか? ドンドン時間だけが過ぎてしまいますね… 羽生結弦選手はせっかく2シーズンぶりに 新プログラムに取り組むつもりだったのに いったい、どうなってしまうんだろう? 振付だけでも済んでないかな~? フィギュアスケートにおいて 観客を入れた大きな国際大会は四大陸で止まってしまい これが最後の試合として、まだしばらく我慢の時が続きそうで 若杉和希記者の願いがどうか届きますように! とっても貴重な、羽生結弦選手の現役時代が こんな風に過ぎていくことに切なさが胸に迫ります… なにがおこなわれたか! 噂の助走なし3A! ノービス時代! 今や世界中の… 日の丸を愛おしむ 漫画を超えた! みなさま、アップをありがとうございます! すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

次の