立体 マスク 作り方 きれい。 立体マスクの作り方とキレイにできるコツ6点

【家にある材料で完成】手作り立体マスクの作り方☆型紙ダウンロードで即作れる!|ハンドメイドでもの作り

立体 マスク 作り方 きれい

表裏を分けずに同じ柄で作ってももちろんOK! ・市販の立体マスク 市販の立体マスクは、型紙を取る用として使います。 ・裁縫道具 チャコペン・ まち針・ はさみなどを準備しましょう。 ・アイロン 要所要所でアイロンをかけると仕上がりが綺麗になります。 端の耳元の部分は 定規でまっすぐ引いてください。 マスクの型紙を作って、ハサミで切ります。 その場合は、耳元の部分を さらに横に3cm追加したものを型紙にしてくださいね。 型紙に合わせ、1周ぐるりとチャコペンで出来上がり線を書きます。 さらにここから縫い代の線を追加! 鼻周りとあご周りは +1cm、耳元は +3cmの縫い代を取ります。 縫い代線が書けたら裁ちばさみで2枚一緒に裁断します。 型紙を外し、2枚のガーゼがずれないように待ち針を刺しなおします。 同様に裏布になるガーゼ生地も印をつけて裁断します。

次の

【家にある材料で完成】手作り立体マスクの作り方☆型紙ダウンロードで即作れる!|ハンドメイドでもの作り

立体 マスク 作り方 きれい

立体布マスクの型紙【大人用大きめサイズ】 あまり見たことがない形で違和感があるかもしれませんが、この形が1番簡単に立体布マスクが作れる!と私は思いました(笑) 型紙は下の 「大人用大きめマスクの型紙はこちらから」をクリックするとPDFファイルが開きます。 型紙には1cmの縫いしろが含まれています。 パソコンをお使いの方は表示されたページをA4サイズで 「余白なし」で印刷をして使ってくださいね。 余白があると型紙が小さく印刷されちゃいます。 スマホをお使いの方はPDFファイルを保存して印刷してください。 プリンターをお持ちでない場合は、コンビニエンスストアのマルチコピー機を使って印刷(A4サイズ、拡大・縮小なしで印刷してください)することができます。 その上に型紙を置き、布地がズレないようにまち針を均等に打ちます。 (実際に使う型紙に切り込みはありません) 型紙がついたまま布地を裁ちます。 不安な方はチャコペンでしるしをつけたあと型紙をはずし、まち針を打ってから布地を裁ってください。 ミシンを使う場合は縫い始めと終わりに返し縫いをしてください。 縫いしろを割る方法もありますが、倒すだけで大丈夫です。 画像では上下逆(上になっている方がアゴ側、下になっている方が鼻側です)になっていますが、あとから布地を表に返すので、鼻側を少し(3cmぐらい)あけて縫ってください。 縫い終わったら、布地を表に返す作業をします。 縫わずにおいた部分から指を中に入れ、1番遠い部分の布をつまみ外へ出します。 完全に出さなくて大丈夫です。 2番目に遠い部分、3番目に…と順番にひっぱっていくと、生地がぐちゃぐちゃにならずに表に返せます。 角の部分もしっかり引き出すと、形がきれいに見えます。 ノーズフィッターを入れない方は 上側(鼻側)になる方のカーブの端を縫います。 終わったら同じように下側(アゴ側)も端を縫います。 ノーズフィッターを入れたい方は ノーズフィッターを入れたい方は1度端を縫った時に、 「縫わずにおいた部分」でミシンを止めてください(糸を切ります) 上側の縫った部分の下(ノーズフィッターの幅にもよりますが、だいたい0. 7cmぐらいで作るといいかと思います)のところを今度は縫っていきます。 同じく 「縫わずにおいた部分」辺りでミシンを止めます。 ノーズフィッターを通して形を整えたら、そのまま端まで縫いきってください。 まち針で止めた部分も縫ったら鼻側は終わりですが、下側(アゴ側)も忘れずに端を縫ってください。 ノーズフィッターを入れるとこんな感じに仕上がります。 指でしっかり押さえるか、アイロンをかけてください。 マスクを半分に折って、反対側のゴムを通す部分の幅を決めます。 幅が決まったら、指でしっかり押さえるか、アイロンをかけてください。 端を縫います。 実際にやってみて「前に作ったやり方よりも工程が少なくて簡単じゃん!」に変わりました(笑) マスクを作らないといけないけれど、作る工程を考えたら重い腰が上がらない、たくさん作らないといけないから大変!と思われている方にピッタリ!な作り方だと思います。 パッと形を変える時が面白いので、ぜひ!チャレンジしてみてください!.

次の

【布マスクを手作りしよう!】蒸れずに快適な付け心地!布マスクの簡単な作り方

立体 マスク 作り方 きれい

表裏を分けずに同じ柄で作ってももちろんOK! ・市販の立体マスク 市販の立体マスクは、型紙を取る用として使います。 ・裁縫道具 チャコペン・ まち針・ はさみなどを準備しましょう。 ・アイロン 要所要所でアイロンをかけると仕上がりが綺麗になります。 端の耳元の部分は 定規でまっすぐ引いてください。 マスクの型紙を作って、ハサミで切ります。 その場合は、耳元の部分を さらに横に3cm追加したものを型紙にしてくださいね。 型紙に合わせ、1周ぐるりとチャコペンで出来上がり線を書きます。 さらにここから縫い代の線を追加! 鼻周りとあご周りは +1cm、耳元は +3cmの縫い代を取ります。 縫い代線が書けたら裁ちばさみで2枚一緒に裁断します。 型紙を外し、2枚のガーゼがずれないように待ち針を刺しなおします。 同様に裏布になるガーゼ生地も印をつけて裁断します。

次の