サッカーまとめヌルポ。 サカサカ10【サッカーまとめ速報】

カルチョまとめブログ

サッカーまとめヌルポ

136. ななしのサカ10• プロだから偉いで完結していない わかりやすく説明するわ ネットに中田英寿と本田圭佑の対談があるから見ればわかりやすいよ この対談で個人のプレーで見ている所や狙い、または意識改革の部分を話している 例えば守備のサボり方、ボランチからのパスの受け方、アシストよりゴールを取る意識など プロになった人、またはプロでなくてもある程度のレベルまでいった人はこうした成功失敗体験をして試行錯誤してプレースタイルを確立したり見つけようとしたりする これは選手の全員が己の主義、主張を持っているといっていい レオが批判してる中島や浅野もそう 何も考えていないのではなくて彼らなりの視点でプレーを選択している レオ信者は海外サッカーを画面越しにみて自分は戦術を理解した、あいつは何も考えてない、監督は何もしていない、プロは頭が悪いと主張する 実際は選手全員が己のプレーをすること、それをチームに活かすこと、個人で活躍することを念頭に試行錯誤している それをまとめるのがいかに難しいか 机上論だけで語るならゲームしてる中学生は全員監督できるだろうね 残念ながら実際はそんな表面的なことの話ではないってこと• 156. ななしのサカ10• 後出しで、起きた事象をそのまま喋った後に、起きてない事象を改善策としてるだけの人やからな。 サッカーオタクほど知識が無い人はその都合の良い講釈は面白く聞けるやろうけど、現場の人は都合よすぎる解釈に傾聴しないってだけよ。 責任もって専門的に携わってきてる人が、言うは易し行うは難しやからやらへんことを、素人っていうのを盾にやってる人やから、そういうおしゃべりが好きな人は見たらええさ。 ホンモノのテリトリーに踏み込みすぎてしまった時に議論じゃなくて論破を目的してまう人やから、エンターテイメントなキャラでしかないのよな。 客は面白がるけど、リアルな現場にメリットがないねん。 だから鈴木惇もああいうプロの対応するのみなわけで。 自己を押し通そうとしてるし。 現場はプレゼン大会ちゃうし。 擦り合わせやねん。

次の

ヌルポアンテナ サッカー

サッカーまとめヌルポ

「明日には、日本中のテレビでこの映像が流されるだろう。 昇格を決めた試合。 オカザキ(岡崎慎司)の記念碑的なスーパーヒールシュートだ!」 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、Webサイトのニュース記事にその映像を付け、そう見出しを打っている。 7月17日、リーガエスパニョーラ第41節。 ウエスカは本拠地エル・アルコラスにヌマンシアを迎え、岡崎の得点などで3-1と下している。 この勝利で、自動昇格圏の2位以内が確定。 昨シーズン、1部から降格したが、1年で戻ることが決まった。 岡崎はウエスカのエースとして、昇格の決め手になっている。 36試合出場、12得点。 チーム得点王で、数字も文句なしだ。 昇格を決めたヌマンシア戦のゴールは、その真骨頂だった。 77分、右サイドに出たパスに走り込んだ味方FWラファ・ミルとの呼吸を合わせる。 岡崎自身もゴールへ向かって走りながら、一度ファーに逃げるような動作で敵の裏をとる。 そして一瞬で、ニアサイドにスペースを見つけ出す。 折り返してきたボールは体の後方に流れたが、体を柔らかく畳み込んで右足のかかとに当て、コースを変えてネットを揺らした。 「Listeza」(利発さ、鋭敏さ) 岡崎の特徴は、スペインではしばしばそう語られる。 ゴールに向かって、明快なプレーができる。 サッカーは人とボールが絶え間なく動き、スペースが広がったり、狭くなったりするスポーツだが、その中で正しい選択ができる。 味方の癖を見抜き、敵の弱点をついて、空間を正しいタイミングで動くことができる。 準備の時点で、ほとんど勝利=ゴールしているのだ。 しかし、岡崎はエゴイストではない。 周りの選手のよさを引き出すことができる。 日本では「がむしゃら」「泥臭い」「献身的」と括られるが、スペインの識者の間では、表現は「スマート」「賢い」「美しい」と語られる。 その利発さによって、どんなチームでも、どんなチームメイトとも呼吸を合わせられるのだ。 公式サイトに特設ページ を開設し、2000円以上の金額から常時募集している。 使途は、「プロサッカーの試合の主催、運営」、「プロサッカー選手、監督、審判などの育成」、 「プロサッカーの試合等を通じた広報普及」、「国際的な交流、事業の実施」、「サッカーをはじめとするスポーツの振興、援助」となる。 なお、Jリーグは公益社団法人として特定公益増進法人に該当するため、寄附者は寄附金控除を受けることが可能となる。 現在、全国56クラブに、約1600人のプロサッカー選手がいるJリーグ。 特設ページによると以下のような「理念実現」に向けて、広く一般に寄附を呼びかけた。 「重要な使命は、選手が常に高みを目指し続けられるフィールドを提供すること、トップレベルのスポーツを身近で楽しむことのできる安心・安全なスタジアムづくり、 そして、一人一人が生涯を通じ心身の健康を育むことのできる町づくりです」を理念に掲げ、 同時に、「スポーツ振興くじ(toto)の対象試合として、くじの売上を通じて、様々なスポーツのタレントの発掘・育成や、地域のスポーツ施設の整備、 総合型スポーツクラブの活動支援につながるスポーツ・インフラとしても、重要な役割を担っています」と説明した。 今回の新型コロナウイルスの災禍によって、「スポーツのある日常が1日でも早く戻ってきてほしいという願いとともに、寄附窓口の開設のご要望をいただきました」と設立の経緯を説明し、 「頂きましたご寄附は、スポーツと地域の未来につながるアシストとして承り、大切に使わせていただきます」としている。 ツーブロックとはヘアスタイルを表す名称の1つで、主にトップよりもサイドや襟足を短めにカットし、段差ができるような髪型を指す。 先日、SNSを中心に、一部の都立高校でツーブロックを禁止する校則が話題となった。 下村氏はツイッターで「ツーブロック禁止より、未だに野球部やサッカー部にある訳の分からない坊主制度をなんとかした方がいい……と高校1年時、坊主にさせられた俺が語る」と自分の経験を踏まえて語っている。 また、ユーザーから寄せられた意見に返答する形で「坊主にしてもサッカーは上手くならないですし、人間性も磨かれません…。 戦後教育の流れなのか、悪しき習慣以外の何物でもないです…」と指摘し、罰則としての坊主にも「坊主にしても何も変わりません…。 変わるのは髪型だけです 笑 」と言及。 一方で坊主自体を批判しているわけではなく、「自ら進んでの坊主は良いですね」とも語った。 札幌一高と大阪体育大出身の下村氏は、現役時代に対人プレーの強さを持ち味にボランチとして活躍。 C大阪、千葉、山形、湘南、北九州、LB-BRB TOKYO 東京都1部 などに所属し、引退後の2019年シーズンの1年間、湘南でトップチームコーチを務めていた。 現在31歳の吉田は今冬に7年半在籍したイングランドのサウサンプトンを離れ、サンプドリアに期限付き移籍。 新天地でここまでリーグ戦9試合に出場しているなか、保有権を持つサウサンプトンが6月に契約満了を発表していた。 そんななか、かつてMF香川真司(サラゴサ)が2019年2月から約半年間プレーしたトルコのベジクタシュが日本人DFに白羽の矢を立てたようだ。 クロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダ、DFビクトル・ルイスの退団を受けて、ベジクタシュはCBの補強に乗り出しているという。 18日、トルコメディア「TRTスポーツ」が「ベジクタシュが吉田麻也と基本合意に達した」と伝えれば、同「futbolarena」も「31歳の日本人ストッパー吉田麻也と合意」と報じている。 イタリア・セリエAもシーズンの佳境を迎えるなかで吉田の移籍話が浮上。 日本代表で確固たる地位を築くなか、来季はトルコで新たな船出を切るのだろうか。

次の

カルチョまとめブログ

サッカーまとめヌルポ

最新記事一覧• 07月22日 03:12• 07月22日 03:10• 07月22日 03:10• 07月22日 03:00• 07月22日 02:58• 07月22日 02:57• 07月22日 02:50• 07月22日 02:41• 07月22日 02:40• 07月22日 02:30• 07月22日 02:15• 07月22日 02:12• 07月22日 02:12• 07月22日 02:10• 07月22日 02:05• 07月22日 02:05• 07月22日 02:05• 07月22日 02:01• 07月22日 02:00• 07月22日 02:00• 07月22日 01:57• 07月22日 01:42• 07月22日 01:35• 07月22日 01:30• 07月22日 01:30• 07月22日 01:26• 07月22日 01:20• 07月22日 01:19• 07月22日 01:18• 07月22日 01:16• 07月22日 01:16• 07月22日 01:12• 07月22日 01:12• 07月22日 01:11• 07月22日 01:10• 07月22日 01:09• 07月22日 01:05• 07月22日 01:00• 07月22日 01:00• 07月22日 00:57• 07月22日 00:56• 07月22日 00:51• 07月22日 00:50• 07月22日 00:45• 07月22日 00:45• 07月22日 00:42• 07月22日 00:40• 07月22日 00:39• 07月22日 00:33• 07月22日 00:30.

次の