バイオリン 高いやつ。 エボニーVSボックスウッド(ツゲ)~ヴァイオリンのフィッティング~

エボニーVSボックスウッド(ツゲ)~ヴァイオリンのフィッティング~

バイオリン 高いやつ

はじめまして。 34歳にしてバイオリン歴3ヶ月の超初心者です。 今は通っている教室でレンタルしてるのですが、最初の3ヶ月限定なのでそろそろ購入を考えなければいけません。 購入は教室経由でお願いするつもりです。 希望の金額を伝えれば、お店の人が何台か持ってきてくれるみたいなんですが・・・ その金額で悩んでいます。 私としては、年齢的にも何度も買い替えることはしたくないので、 とりあえずではなくて一生使っていけるもの(将来はアマオケに入るのが目標なので、そこで通用するくらいのもの)が欲しいと考えてます。 教室ではバイオリンと弓とで30万くらいのものを勧められていますが、先生は予算に合ったものを・・・という曖昧な感じです。 それはそうなんですが。。。 みなさんはおいくらくらいの楽器を使ってますか? 最低このくらいは出した方がいいって金額はありますか? ユーザーID: 6971831048 少し弾けるようになると、絶対に買い換えたくなります。 本当は自分の未熟さを楽器のせいにしているだけですが(苦笑)。 私のまわりの大人になって始めた人達はみんなそうです。 ちなみに私の場合、最初の楽器は弓と中古ケースを含めて10万円くらいでした。 2、3年するとみんな「いい音が出ないのは安い楽器のせいだ」と思い込んで(笑)、楽器と弓を買い換えます。 次の楽器ですが、2、30万円では前のと大して変わらないといわれているので、 もっと高いのを買っていると思われます。 そのへんは、個人の経済状態によりますが・・・ 断言しますが、絶対に一度は買い換えたいと思うと思いますので、最初から30万円はおすすめしません。 しばらくして、少しは音がまともに出てきた、音色が解るようになってきたという時までは、 安いので我慢しつつ、お金を貯めましょう。 ちなみに、バイオリンは使っても0円になる訳ではないので、次の楽器の足しにはなりますよ。 ちなみに、私も大人から始めて、楽器を買い換え、弓も買い換え、アマオケやってます。 ユーザーID: 9369984033• 一生もの 使っている楽器はドイツ製の1800年代前半のマニュファクチュア 手工業製 もので、小型車1台分位の値段 20年前。 音大卒ではないアマチュアとしては十分なレベルの楽器です。 これでは不満っっと言うためには相当上達しないといけません 笑。 総額30万で、といえば楽器店 もちろん弦楽器専門店じゃなくてはだめ が楽器本体が15から30万円クラスのものを4ー5個位持って来てくれると思います。 その中から "必ず先生に試奏してもらって" 選びましょう。 15万円の楽器が40万円の楽器より良い音がすることはよくあります 楽器の値段は音色ではなく仕入れ価格で決まるので。 でもこれを判断できるのは相当な技量が必要。 ぜひ先生に商品券などのお礼を包んで、楽器の選定をお願いしましょう。 これがもっとも"お買い得"な楽器を購入する方法です。 ユーザーID: 9315167451• 30万円でした 欧州駐在時に、出会ったバイオリンが当時のレートで30万円相当でした。 バイオリン開始年齢もトピ主さんとほぼ同時で、当時のことがなつかしく思い出されます。 1年間レンタルし、 1.自分がバイオリンを続けていこうと思った。 2.先生に1年間みていただいて、つかっていけるバイオリンだと判断していただいた。 という段階で、購入しました。 30万円で、弓、ケース込です。 5年後、どうも弓の不具合がめだつようになり 弾きにくさが、どうにも・・)思い切って、30万円相当の弓を買いなおしました。 それは、もう弾きやすかったですよ〜・・・ 次は、いつか楽器を買いなおす時期が来るんだろうなぁ、と思いながら、 私のレッスンは事情により途絶えました。 現在、中学生の娘がそのバイオリンと弓を使用しております。 幼稚園から習っているので、レベル的には中級だと思いますが、 まだまだこの楽器で十分学ぶ余地は残っているな、と思います。 買い替えの経験もふくめて、ご参考になれば・・・・ ユーザーID: 1633952867• 自慢ではないのですが すみません、決して自慢ではないし、演奏の腕もおよそ人に聞かせるほどの腕前ではありません。 もちろんただの趣味で音大を出たわけでもないです。 家も普通のサラリーマン家庭です。 小さい頃から続けていて親が熱心だったのと、押し付けではなかったのですが尊敬する先生が優秀な方で、この先生になら一生ついて行けると思い、親が購入してくれました。 320万(楽器200万・弓120万)です。 親は私が小さいうちからこつこつと積み立て、フルサイズに買い替える時までにこの金額を揃えてくれたそうです。 とても感謝しています。 一時は不動産を除いて我が家で一番高価なモノでした(車よりも!)。 楽器の値段は数字だけじゃなく、この音色でこの値段、というバランスを自分で納得出来るかどうかだと思います。 特にバイオリンは同じ値段でも出来不出来がありますから、絶対に音を聞いてから決める方が良いと思います。 あと、バイオリンの音は弓が良ければ同じ楽器でも格段にいい音がしますので、弓をケチるくらいなら楽器の方を節約して下さい。 良い楽器と出会えるといいですね。 ユーザーID: 4219593999• 趣味・教育・教養ランキング• タイムリーなトピ こんにちは。 私は小学校6年生まで才能教育でヴァイオリンを習ってましたが、 鈴木ヴァイオリン教本8巻おえたとこで練習がいやでいやで やめてしまいました。 が、20年以上たった今、どういうわけかまた弾きたくなって、 今日会社帰りにヴァイオリンを見に行きました。 どうせすぐ飽きるかもと思って、5万9千円の初心者セットでいいかなと 思い、試し弾きしたら、、、、、 音がでないしきたない。。。。。 たしかにブランクがあるからだけれども、分数ヴァイオリンで弾いている頃に聞いたこともない音色でした。。。。 でも、お店の人はうまいんですね。 順々に値段の高いヴァイオリンをだしてくる。。。 そうすると音も格段にちがってくる。 そして高いヴァイオリンがほしくなるんですね〜。 てことで、初心者セットの購入は見送りました。 悩みますね〜〜〜。 ユーザーID: 0781988686• 参考になれば 色々なご意見ありがとうございます。 周囲にバイオリン経験者がいないので、とても参考になります。 そうですよね。 私もいずれ買い換えたくなるような気がするので、1台目から高価なものは???とも思っていました。 今レンタルしている楽器は、バイオリンだけで7万位のもの、教室で使用している楽器は2台あって、バイオリンだけで20万位のものとセット(バイオリン、弓、ケース)で7万位のものだそうです。 でもやっぱり価格に比例して弾きやすくなるんですよね。 なので初心者だからといってあまりに安いものも避けたいような気がします。 先生も、将来アマオケに入って他の楽器の音を聞いたら買い換えたくなるかもしれませんね〜なんて言ってました。 教室経由で購入すれば、先生が試奏してくれるみたいなんですが、正直今はどんな音がいい音なのかも解らないですし、あまりに漠然としすぎているような。 技術だけでなくバイオリンについてもっと勉強してから気に入ったものを買った方がいいのかもしれませんね。 その頃には今よりもどんなものが欲しいのかが見えてきてるでしょうし。。。 やっぱりもう少し価格を下げる方向で、検討してみようと思います。 ユーザーID: 6971831048• 初心者のバイオリン 私は中高年からバイオリンを始められた方々を応援しているトンボです。 現在楽器修理を修行中ですが、今まであちこちから購入したり、譲ってもらったりして修理して弾けるようにした楽器が10台以上あります。 いいものではスズキの特2、特1などで、50年くらいたったものもあります。 特2は当時大卒の初任給の2倍くらいしたものです。 昔は現在より楽器の値段が高めでしたから、今買えば20〜30万位のレベルだと思います。 私はそれらの楽器を手に入れた(壊れた状態での)金額+修理にかかった費用(すべてで3万〜6万くらい)で欲しい方にお譲りしています。 いきなりいい楽器でというのは冒険だと思いますが、やっぱりいい楽器は音がでやすいのです。 もし試してみたい気持ちがおありでしたら、お貸ししますよ。 実際に高い楽器を購入するのは最低1年たって、バイオリンはどういうものか分かってからの方がいいと思います。 マキさんという人が管理人をしているサイトです。 仲間がたくさんできますよ。 私も書き込みをしています。 ユーザーID: 6407637728• 最初は弓を良いものにして,10〜15万くらい(練習用500番クラス)でよいのかな・・などと思ったりするのですが,どうでしょう? いろいろお店を見て,「音」「クセ」「響き」の聞き分け&見分けが出来る頃に「色」「板」等,自分好みの物を購入しても遅くないと思います。 実際,4〜5万の楽器に50万の弓を合わせるのと,50万の楽器に安めの弓を合わせるのでは前者の方が音が良かったりします。 思ったよりも格段に安い組合せもあるし,各段に高い組合せもあります。 それほど音のバランスは組み合わせ次第で様々ですよ。 なので今回はほどほどの物にして,アマオケに入れる位になったら改めて一生ものを探すことをオススメします。 私が一生ものの一本(笑)を購入する時は,提示した「買値」の倍〜半額まで様々揃えて,利き音で選んだ物を私の提示価格で売ってくれるそうなので,まだ「欲しい」とは言えません(笑) ユーザーID: 4481991249• バイオリン、ついに買ってしまいました!!散々悩んだあげく、もっとレベルアップしてバイオリンについてもわかってきたら絶対新しいのが欲しくなるだろう。。。 だからといって今レンタルしているも楽器よりはいいものを。。。 ということで中途半端かとは思いましたが、教室にはバイオリンと弓とで15万円くらいでとお願いしました。 私のお願いの仕方が曖昧だったのか、バイオリンは8万5千〜20万円、弓は2万〜5万円、ずいぶんたくさん用意していただいて・・・時間も限られていたので、大変でした。 先生の試奏を聞いて、バイオリンの音色ってこんなに違うものなんだ〜と勉強になりました。 やっぱり20万円の音は一番響きがいい感じがしてよかったのですが、予算オーバーってことで見た目も気に入った16万円のものにしました。 弓は、先生曰く3万と5万の違いがよくわからない?とのことだったので3万円のものにしました。 高価とは言えませんが、自分の楽器って本当にうれしいものですね。 これから練習と貯金に励みたいと思います。 みなさん、ありがとうございました。 ユーザーID: 6971831048• おめでとうございます!! 末永く可愛がってあげてください! 先生に試奏していただいて購入できたとのこと。 きっと素晴らしい楽器を手に入れることができたことでしょう。 なんだか自分のことのように嬉しいです 笑。 専門家に弾き比べされることを前提に楽器を持ってきているので、すべての楽器の駒、ペグ、魂柱が調整済みで、良い弦が張ってあったはず そうしないと正当な評価ができない。 バイオリンが一般的になったことは良いことですが、こういう基本的な調整もできない楽器店が多すぎ。 大手楽器販売店でさえ、駒の調整すらできないことも珍しくないです。 そもそも駒も削れないのに、バイオリンを売る資格があるのか疑問ですが 笑。 ほんの20年前までは、一般楽器店でバイオリンは扱っておらず、先生に弦楽器専門店 または楽器工房 をご紹介いただいて、一緒に弾き比べをして選んでいただくのが当然でした。 バイオリンを試奏しないで購入するのは、試着しないでウエディングドレスを購入するのと同じくらいリスキーな行為。 だって弦楽器なんですから ユーザーID: 9315167451• まだ買ってもいないバイオリンの名前を考え中 こんにちは。 ちょうどタイムリーだったのでレスをしました。 35歳、バイオリン歴1年2ヶ月。 サイレントバイオリンを愛用しています。 でもやっぱりちゃんとした楽器が欲しくて 1年かけて貯金をしてそこそこのバイオリンなら買えるくらいのお金を貯めました。 今週末、レッスンを受けているお店で弦楽器フェアが開催され いい物との出会いがあったら思い切って買ってしまおうと思っていたので ずっと興味深くトピを拝見していました。 トピ主さんの購入報告がとても嬉しそうで、こちらも気合いが入ってきました。 ところで…これは独り言ですが 私はバイオリンの音が高いのと低いのとどちらが良いか迷っています。 好きな曲は悲哀のある感じのもの、単に音だけなら高い方が好きです。 …迷いますねぇ。 ユーザーID: 3134648301• 名前はたま ほたるさん、楽器ご購入おめでとうございます。 楽器を手に入れたら、次の悩みは弦ですよ。 自分の楽器には、どれが合うのかいろいろ試してみるのです(結果、経済的な事情もあり、今は一番安くて長持ちするやつを使ってますが)。 弦や弓毛の張替、楽器のメンテナンスで、それなりにお金もかかります。 お互い気長に練習を続けましょう。 和魂さん、ところで今私が使っている楽器の名前はたまです。 何故かというと、背中がしましま(トラ猫柄)だからです。 最初の楽器には縞がなくて、猫好きとしては、縞のある楽器が欲しくてたまらなくなったのです。 そして、自分の実力を過信して買い換え〜・・・。 まあ、楽器買い換えの理由で、こんなのもあるって事で。 私は、今度楽器を買い換える時は、発弦(音?)のいい楽器にします。 たまはいまひとつ良くないような・・・(フレンチなので、なんとなくフランス語っぽい?)。 ちなみに、プロの方は基本的に大きい音の出る楽器がいいと言う方が多いですね。 大きな会場でもすみずみまで聞こえるという意味だと思います。 ユーザーID: 9369984033.

次の

バイオリン練習のための譜面台は何が良い?

バイオリン 高いやつ

入門用バイオリン選びの注意点 まず入門用バイオリンはその加工法、製法に注意する必要があります。 入門用バイオリンの製法は プレス品と 手工品に分類することができます。 プレス品のバイオリンは入門用のみの製法と考えて問題ないと思います。 プレス品の最大の利点は 低価格なことです。 バイオリン本体+弓+ケースのセットで8千円程度で売られているものもあります。 高いもので5万円程度でしょう。 とにかく 安く購入したいのであればプレス品のバイオリンですね。 デメリットとしては、時間がたつにつれ音が悪くなっていくことです。 プレス品は時間とともにプレスしていたものが元に戻ろうとしてくるため、 最適な状態を保つことができないのです。 購入時は問題ないのですが、数年後には音程が取りにくいなど問題が出てきます。 3年を目処に買換えが必要になってくるでしょう。 しかし3年もバイオリンを続けているのであれば、 もっと早い段階で 新しいバイオリンが欲しくなっていると思います。 手工品のバイオリンは機械と職人さん又は職人さんのみが彫って仕上げたものです。 実際には機械で荒彫りし仕上げを職人さんで製作したものは半手工品と呼ばれます。 半手工品のバイオリンの価格は5万円~ 手工品のバイオリンの価格は15万~数億円です。 手工品のバイオリンは 音の劣化はありません。 しかし、安い手工品のバイオリンでは、やはり数年で 新しいバイオリンが欲しくなってくると思います。 一生もののバイオリンは20万円以上が目安です。 入門用バイオリン。 プレス品、手工品どっちがいいの? バイオリンは上達とともに、より良い物が欲しくなってきます。 入門用のバイオリンであれば予算やデザインで決めて問題ないと思います。 続けていれば結局良い物が欲しくなりますから。 ですがやっぱり 手工品をオススメします。 バイオリンをメンテナンスに出す時、サブのバイオリンとして 使用することも可能になりますから。 中古のバイオリンはどうなの? 中古のバイオリンは安く手に入れることができるので魅力的です。 しかし、記事をしっかり読んでいただいた方には明白ですが、 中古のプレス品は買わないほうがいいです。 手工品の場合でもしっかりと調整してあるものを購入しましょう。 バイオリンは調整しだいで音や演奏のしやすさがまったく変わってきます。 中古のバイオリンを購入する際は注意しましょう。 バイオリンと一緒に買うべきもの 松脂 バイオリン、弓、ケース、松脂は基本的にセットに含まれているので問題ないですが、 松脂はちゃんとしたものを 別に購入した方がいいです。 私が購入したバイオリンにセットでついていた松脂は、 新品の弓毛に試しに塗ってみたところ、15分以上こすり付けても まったく 音が出ないというものでした。 後から購入した松脂は1分もかからず塗れて音もちゃんと出ました!! 初心者は音が出やすい弦への食いつきがよい物がオススメです。 初心者にとっては必要でしょう。 しかし、 肩当は人によって合う合わないがあるものなので、 とりあえずはセットについているのであれば必要はないかもしれません。 安いセットには調子笛がついていますが、初心者が音でチューニングするのは難しいです。 チューナーの方が便利で確実です。 クリップ式でメトロノーム機能がついたものが何かと便利です。 安いセット品はスチール弦がついていると思います。 スチール弦はキンキンとした音が出ます。 クラシックをやりたい方はやわらかい音の ナイロン弦をオススメします。 E線は切れることがあるので多めに必要です。 信頼できるお店で購入しましょう!! プレス加工品のオススメ 私の初めてのバイオリンもこれです。 最近のコメント• に より 最近の投稿• アーカイブ• 1 メタ情報•

次の

ヤマハのサイレントバイオリン YSV104の評価!驚くほど静かで練習に最適でした

バイオリン 高いやつ

こんばんは、yuukiです。 突然ですが、次の2つの写真を見比べてください。 違う感じがしませんか?しかし、どちらも同じヴァイオリンです。 光の具合や弦が違うのもありますが、どうしてこんなに違う雰囲気に見えるのでしょうか? 答えはフィッティングの素材です。 エボニー(黒檀)からボックスウッド(ツゲ)に変えています。 フィッティングとは? 弦楽器のフィッティングというのは、あご当て、テールピース、ペグ、エンドピンの事を指します。 写真で写っているのはテールピース(弦を結んでいる所)とあご当てですね。 フィッティングは色々素材があり、それぞれ肌ざわり、音の雰囲気が変わります。 中でも ・ボックスウッド ・エボニー ・ローズウッド の三種類がよく使われます。 他にも ・スネークウッド ・フェルナンブーコ 等の珍しい素材が使われることがあります。 ざっくりと、上の三種類の説明をします。 (スネークウッド、フェルナンブーコ等の詳細はググってください) エボニーの特徴 一番ヴァイオリンのフィッティングではメジャーな素材で、材質のバラつきが少なく、ある程度安価でありながら材質が安定しています。 特に良質のエボニー材は真っ黒で綺麗な艶があります。 手触りも滑らかです。 音はやや堅く、大きな音が一直線に飛ぶようになるイメージです。 ローズウッドの特徴 見た目が独特で綺麗です。 材質がややバラつきが多く、良質なものを入手することがやや難しいようです。 音の傾向はどちらかと言うとエボニーっぽい感じと言われています。 素材としてもエボニーと似ています。 アレルギーが出ることがあるため、注意が必要となります。 ローズウッドアレルギーは人によっては重篤な症状が出るため、検査してから使ったほうが良いです。 余談ですが、私の先生で、ローズウッドアレルギーが酷く、ステロイドを服用する程になってしまったことがある方がいます。 私はボックスウッド派 タイトルに関して、結論から言うと私はボックスウッド派です。 一番大きな理由としては、あご当ての部分がエボニーだと痛くなる感じ?がするからで、そもそもエボニーだと気になって練習できません。 ちょっと感じもあるので、アレルギーがあるのかも? 似た材でブラックウッドというやつもあるのですが、それは完全にアレルギーでした。 そういうわけで、あご当てはボックスウッドにしています。 テールピースもバランスを考えてボックスウッドにしています。 サブヴァイオリンは全部ボックスウッドです。 メインの方はペグとエンドピンが、穴の都合上ローズウッドになっているのですが、そのうち治してもらってボックスウッドにしようと思っています。 皆さんはどっちが好みでしょうか?.

次の