ビット コイン 半減 期。 ビットコインの半減期について、みんなが持っている3つの誤解|Ark|note

「半減期後、ビットコインは前代未聞の領域へ」BTCは100万ドル到達さえも可能に

ビット コイン 半減 期

ビットコインの半減期と総量 さて、ビットコインの半減期が間近となっていますが、そもそもビットコインの半減期とは、1ブロック生成毎のマイニング報酬(発行ビットコイン量)が半分になるという意味です。 ビットコインは、1ブロックごとのマイニング報酬という形で新規に発行されています。 半減期は、21万ブロックの生成毎に訪れる設計となります。 1ブロックの生成 Proof of Work には約10分の時間がかかるようにマイニングの難易度が調整されています。 210万分は年換算で 3.99年となりますので、 半減期は約4年周期となっています。 次に、ビットコインの当初のマイニング報酬は50BTCとなります。 また、21万ブロックの生成ごとに半減期が訪れますので、ビットコインの発行量は以下の数式に従って増加していきます。 さらに、nを無限大にするとビットコインの総量は2100万に収束することがわかります。 つまり、 半減期によるマイニング報酬の収束によりビットコインの発行上限は2100万となっているのですね。 5万となる予定です。 S2Fモデル ビットコインの時価総額を予測するために、Stock-to-Flow S2F といった考え方があるようです。 Stockとは、既存のビットコイン総量に相当し、Flowとは年間のビットコインの発行量に相当します。 さらに、ビットコインの時価総額とS2Fにもかなり強い相関関係があるようです。 つまり、S2Fが高い程、時価総額が高くなる傾向があるようです。 S2FはPERと同様に現在の年間産出量で既存総量に達するのに必要な何年を示します。 ちなみに、金のS2Fは62倍となるので、現在の採掘量で既存総量に達するには62年の期間が必要となるようです。 ビットコインの半減期毎のS2Fの計算結果は以下となります。 半減期ごとのS2F 上記より、2020年5月には三回目の半減期が訪れますので、S2Fは55. 9倍となります。 ちなみに、PlanB氏のブログでは、ビットコインの時価総額とS2Fとの間の相関関係は以下の近似式により算出可能のようです。 ビットコインの時価総額=EXP 14. 3 また、ビットコイン価格とビットコインの時価総額の関係は以下となります。 半減期毎のビットコイン価格 上記より、今回の三回目の半減期よりS2Fモデルによるビットコインの予測価格は 約7万ドルとなります。 現在のビットコイン価格は1万ドルですので、PlanB氏の相関関係モデルによれば、半減期後のビットコイン価格は7倍の上昇余地があることになります。 しかしながら、この相関関係モデルでは、7回目の半減期を迎えた場合のビットコイン価格は8億7000万ドルとなってしまうので、このモデルはちょっと無理があるようにも感じてしまいます(何らかの修正が必要となるのか?)。 まとめ ビットコイン価格の予測モデルについては色々な考え方がありますが、実際に自分で計算してみると楽しかったり、非常に勉強になったりします。 予測モデルはあくまでも参考程度にして、やはり自分の信念や考えに基づいて投資判断をするのがよいかと思います。 例えば、デジタル・ゴールドと言われているビットコインの時価総額は現在1810億ドル程度となります。 一方、金の時価総額は現在8兆4000億ドル程度となります。 現在では、コロナショックに起因して世界中で大量の法定通貨が供給されていることを考えれば、金やビットコインの価格は上昇しやすいと考えるのが自然です。 この場合、金価格が2倍となり金の時価総額が17兆ドルとなる確率と、ビットコイン価格が2倍となってビットコインの時価総額が3600億ドルとなる確率のうち、どちらの確率が高いと思いますか? 答えは歴然としています。 このため、金に投資する個人投資家はビットコインへの投資を検討する余地があるのです。 本日の記事はここまでとします。

次の

ビットコイン半減期が4年ぶりに到来、価格上昇の要因と今後の展望【ブロックチェーン講座】

ビット コイン 半減 期

マイニングとは、BTCなどの仮想通貨()取引に不正や誤りがないことを確認する作業です。 マイニングによって承認された取引のみがブロックチェーンへ記録され、以降データの改ざんや不正が不可能な状態として保持され、信頼性を担保します。 マイニングを行う人・団体のことをマイナーと呼びます。 それは、 ビットコインのインフレを抑止するためです。 ビットコインには、発行量を調整する管理者がいません。 ビットコインの総発行量は21,000,000BTCと決まっています。 総発行量に到達するまで、 マイニングをすればするほどビットコインが新規発行されるわけです。 例えば、日本の法定通貨である「円」は、日本という国が総発行量をコントロールしています。 あまりにも「円」の流通が増えすぎるとインフレを起こしてしまうからです。 つまり「円」の価値が下がってしまうということですね。 (関連記事) 半減期はプログラムとして組み込まれている ビットコインも法定通貨と同じで、一気に流通枚数が増えてしまうと、ビットコインの価値が暴落してしまう恐れがあります。 そこで、マイニングという仕組みの中には、徐々に新規発行枚数を減らしていくというプログラムが組み込まれているのです。 プログラムによってビットコインの採掘速度を調整することで、インフレによるビットコインの価格下落を防いでいるということですね。 マイニング報酬の推移 ビットコインが誕生した当初(2009年ごろ)、マイニング報酬は50BTCでした。 誕生したばかりのビットコインは、まず流通をうながし、 存在を知ってもらわなければなりません。 ある程度の枚数が発行された4年後、 2012年に最初の半減期を迎え、マイニング報酬は当初の半分である 25BTCとなりました。 さらに4年後の2016年、 マイニング報酬はさらに半減し12. 5BTCとなり、現在2019年も継続しています。 次回の半減期ではマイニング報酬は6. 25BTCになります。 半減期で価格はどうなる? これまでに2回の半減期を迎えてきたビットコインですが、当時の価格変動を知ることは、今後ビットコインをどのように取引するかを左右する情報になり得ます。 3-1. 過去のビットコインの半減期 過去、BTCの半減期では以下のようにマイニング報酬が半減しました。 5BTC 最初の半減期は価格にほぼ変化なし (参照) 2012年、最初の半減期を迎えたビットコインは、 価格に大きな変動はありませんでした。 要因はいくつか考えられますが、主な理由は ビットコインの知名度が低かったことでしょう。 ユーザーが少なければ取引も行われず、市場変動の幅も小さくなりますよね。 ちなみに、最初の半減期を迎えた 2012年のビットコイン価格は1,000円程度でした。 その後、世界最大の仮想通貨取引所であったMt. Goxはハッキング被害により閉鎖するなど、日本でもビットコインの情報が広まり、日本国内にも仮想通貨取引所が複数開設されました。 2回目の半減期では高騰 2回目の半減期は、価格に大きな変化をもたらしました。 (参照) 初回の半減期から4年後の2016年、ビットコインは2回目の半減期を迎えます。 日本でも仮想通貨が一部に浸透しはじめ、取引量も増えてきたころです。 1BTCの価格は45ドル(約6万円)を超えていました。 半減期というタイミングはユーザー心理を大きく動かし、半減期の2016年7月よりも2ヶ月前の5月から、大きな変動が見られたのです。 半減期の2ヶ月前に過去最高値をつけたビットコインは、その後急落しましたが、 半減期前より高い価格で推移しています。 (関連記事) 5. 予想より早く採掘され尽くすかもしれない ビットコインは半減期を繰り返して、 採掘されつくすのは今から140年ほど後になると予測されています。 しかし もっと早く尽きてしまう可能性が出てきました。 コンピューターの進化と共に採掘速度は速まり、それ はビットコインの価格にも影響をおよぼす可能性があるのです。 予測は現在のハードウェアスペックが基になっている ビットコインの1ブロック生成時間は、現在のハードウェアスペックに基づいて計算されています。 しかし、コンピューターのスペックが進歩すれば、 ビットコインの総発行枚数を採掘する速度は上がり、予想よりも早く枯渇するかもしれません。 マイニングマシーンの性能アップの可能性 マイニングに利用されるCPUは、技術の進歩とともにその速度を増しているため、将来的に「1ブロックの生成時間10分」という速度は速まる可能性もあります。 量子コンピューター開発の報道で価格暴落も 例えば近年、次世代のコンピューターと言われる 量子コンピューターが実用化され、ビットコインのマイニングに利用されれば、ブロック生成は今よりも速くなる可能性もあるのです。 2019年10月23日には グーグルが量子コンピューター開発につながる実証に成功したことが報道され、ビットコイン価格が暴落しました。 コインテレグラフ| 量子コンピューターはマイニングだけでなく、 セキュリティの要でもある「」を脅かす可能性もあり、市場は敏感に反応しています。 ビットコインの総発行枚数すべてが市場に出回った時、その価格にも何かしらの影響をおよぼすかもしれません。 まとめ マイニング報酬が半減する「ビットコインの半減期」は、価格が変動するかもしれないという期待と不安が入り混じる時期でもあります。 前回の半減期には大きく価値を上げたビットコインですが、次の半減期に同様の動きをするかどうかはだれにも断言できません。 乱高下する仮想通貨市場に不安を感じ、一時期よりも取引ユーザーが離れている可能性もありますし、一度大きく下落したビットコインに対して新規に参入するユーザーがいるかもしれません。 2020年と予測される半減期に向けてどう動くべきか、最新の情報を常に取得し判断することが大切です。

次の

ビットコイン半減期と価格から考えるトレード戦術【2021年は暴騰?】

ビット コイン 半減 期

この記事では、「ビットコインの半減期とは何か」を理解したうえで、2020年5月に起こる予定の3回目の半減期にどう備えていけば良いかお伝えします。 そもそもビットコイン(BTC)とは何?• なぜ半減期が起こるの?• 3回目のビットコイン半減期はいつ?• 3回目のビットコイン半減期で価格は上がるの?• 1回目と2回目のビットコイン半減期では、価格はどう動いたの?• 3回目のビットコイン半減期に向けてやっておくべきことは?• 全ての半減期が終わったらビットコインはどうなるの? 仮想通貨トレーダーにとって見逃せないイベント、3回目のビットコイン(BTC)の半減期が迫ってきています。 時期としては、 2020年5月に起こると予想されています。 ビットコインの半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分になるタイミングのことです。 半減期に注目が集まる理由は、半減期を迎える仮想通貨は価格が上がる可能性が高いからです。 過去のビットコイン半減期や他のアルトコインの半減期でも、価格が大幅に上昇したケースが多数あります。 しかし半減期で気を付けなければならないのは、 ビットコインを仕込むタイミングです。 半減期直前に慌てて買っても遅い可能性があります。 過去のケースを見ても、半減期を迎える1~2カ月前からじわじわと価格が上がるケースがほとんどです。 「ビットコインの半減期を前に、何をしたら良いか分からない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。 【最新】4月30日時点でビットコインの価格は21. それと並行して「日本」「米国」「グローバル」共にGoogleトレンドによる人気度の動向も4月30日に上昇していることが分かります。 <日本> 出典: 日本ではビットコインの価格上昇と並行して4月30日にかけて「ビットコイン 半減期」の検索数が上昇。 <米国> 出典: 米国では4月29日から30日にかけて「bitcoin halving」の検索数が上昇していることが分かります。 <グローバル> 出典: グローバルも米国同様に「bitcoin halving」での検索数が高まりました。 このまま5月中の半減期にかけて価格がどのように変動していくのかは分かりませんが、今後の動きに注目しておきましょう。 ビットコインの半減期とは?仕組みを解説 3回目のビットコイン(BTC)半減期に向けて何をすべきか。 それについてお伝えする前に、まずはビットコインと半減期の仕組みについてお伝えします。 これは、「なぜ半減期の前に、仮想通貨の価格が上がるのか」に関わる部分なので、しっかり理解しておきましょう。 もう仕組みは十分に理解しているという方はこの章を飛ばして、 『』からお読みください。 そもそもビットコイン(BTC)とは ビットコイン(BTC)は、 約2,000種類ある仮想通貨市場の中でもっとも大きい時価総額を持つ仮想通貨(暗号資産)です。 ビットコインおよび仮想通貨は、国家や銀行など特定の機関に依存しない分散管理型の通貨として、「」と名乗る人物が発案したものです。 2008年10月に同氏が発表した論文を基にして、2009年1月にオープンソースのソフトウェアが作られ、ビットコインが誕生しました。 ビットコインには特定の発行者や管理者が存在しないため、通貨の新規発行や取引承認にユーザーがかかわることで合意が形成されます。 取引情報を記録する方法にはの技術が使われていて、新しいブロックをブロックチェーンにつなぐことをといいます。 マイニング(採掘)により新しいブロックを生成したユーザーは、報酬として新規発行したビットコインをもらうことができます。 このマイニング報酬が半分になることを「半減期」といいます。 半減期とはマイニング報酬が半分になる時期のこと ビットコインにおける「半減期」とは、マイニング(採掘)報酬が半分になるタイミングのことをいいます。 ビットコインの当初のマイニング報酬は、1ブロック生成するごとに「50BTC」でした。 それが1回目(2012年)の半減期で25BTCになり、2回目(2016年の半減期)で12. 5BTCになり、現在は12. 5BTCです。 2020年5月に予想されている3回目の半減期を過ぎると、マイニング報酬は6. 25BTCとなります。 4回目の半減期ではさらに半分…と、これを繰り返し、33回目の半減期(約120年後)を迎えるとマイニング報酬が0になります。 半減期はビットコインの発行量をコントロールしている ビットコインに半減期という仕組みがある理由は、発行量をコントロールするためです。 前述した通りビットコインには中央銀行などの管理団体がないため、そのままでは流通量を調整することができません。 そこで設けられたのが、半減期という仕組みです。 ビットコインには、 当初から2,100万枚という発行上限数が決められています。 もし半減期がなければ、どんどんマイニングが進み、すぐに上限を迎えてしまう可能性があります。 また、 マイニングが進みすぎてしまい世の中に需要を上回る量が流通してしまうと、インフレを起こしかねません。 半減期は、新規発行のペースを緩やかにするとともに、 急激なインフレを防ぐ役割を担っているのです。 また、コインチェック勉強会でもビットコインの半減期について動画で解説しているので、興味のある方はご視聴してみてください。 25分過ぎから解説しています。 ビットコインの3回目の半減期は2020年5月(予想) 半減期の仕組みを理解したところで、いよいよ本題に入っていきましょう。 今年起こる3回目のビットコイン(BTC)半減期は、今のペースでマイニングが進めば、 2020年5月頃と予想されています。 時期が大きくずれる可能性は低いですが断定はできないため、予想時期として紹介しています。 半減期が訪れるタイミングは、21万ブロックが生成された時と決められています。 99543年=約4年で半減期が来る計算です。 これまでの半減期のタイミングを見ると、4年より少し早く半減期が来ていることが分かります。 ビットコイン誕生:2009年1月• 1回目の半減期:2012年11月• 2回目の半減期:2016年7月• 3回目の半減期: 2020年5月【予想】 3回目のビットコイン半減期のタイミングまでの残り時間を知りたい場合は、BINANCEの のページが参考になります。 半減期までの残り日数・時間・分・秒数と、現在のブロック、半減期までのブロック数を見ることができます。 2020年のビットコインの半減期により考えられる影響 今回のビットコイン(BTC)半減期によって、一体どのような影響が考えられるでしょうか。 2つの影響について、解説していきます。 半減期前後の価格変動が予想される 過去のビットコイン半減期や、半減期の仕組みを持つ他のアルトコイン(ライトコイン、モナコインなど)の半減期を振り返ってみると、 半減期の前後でいずれも価格変動が起こっています。 ビットコインの1回目(2012年)の半減期は、まだビットコイン自体の認知度が低く、価格上昇は顕著には見られませんでした。 しかし2回目(2016年)は、目に見えて価格が上昇しています。 今回3回目もビットコインへの認知が高まったタイミングでの半減期なので、「価格が上昇するのではないか」という予測が多いようです。 過去2回の半減期における価格変動については、 『』を参考にしてみてください。 しかし一方で、価格上昇に懐疑的な声もゼロではありません。 マイニング報酬が半減することでマイナー(採掘者)が減り、価格が下がるのではないかという予測もあります。 また、すでに上昇分の価格が折り込み済みで、価格は大きく変動しないだろうとする考え方もあるようです。 小規模の個人マイナーが少なくなる 3回目の半減期により、マイニング報酬は現在の12. 5BTCから6. 25BTCへと半減します。 報酬が半減することにより収益性を確保できなくなるマイナーは、半減期以降に撤退する可能性があります。 特に、大規模なマイニング施設を持たない個人マイナーへの影響は大きいと予想されます。 こうした弱小マイナーが締め出されることにより、市場のボラティリティ(価格変動率)が小さくなる可能性があります。 参考にしたい過去のビットコインの半減期 3回目のビットコイン(BTC)半減期を前に、参考にしたい過去の半減期について振り返ってみましょう。 1回目は2012年11月 ビットコインが初めて半減期を迎えたのは、2012年11月のことでした。 当時はまだビットコインを保有している人が少なかったため、半減期前後に価格が高騰するなどの目立った動きはありませんでした。 2回目は2016年7月 参考: ビットコインが2回目の半減期を迎えた2016年7月。 1回目と比べてビットコインの認知度が上がっていたこと、半減期を前にして市場が盛り上がっていたことから、価格は大幅に上昇しました。 ビットコインの価格推移グラフを見ると、2016年7月9日に起こった半減期に向けて、5月末頃から価格が大きく上昇しているのが分かります。 価格でいうと、5月には4万円台だった価格が、半減期を迎えた日には7万円台になり、その後は安定して推移しました。 注目すべきは、 半減期当日よりも前に価格のピークが訪れている点です。 半減期を迎えたのは7月9日ですが、価格のピークはその前の6月17~19日頃で、価格は8万円以上に高騰していました。 その後、利益確定のためか、一度価格は急落しています。 このケースでは、半減期の約1カ月半前から価格がじわじわ上がり始め、半減期の半月前にもっとも価格が上がり、少し値を下げてからまた上昇し、その後価格が安定しています。 半減期のおよそ1カ月半前から価格が上がり始めたこと、ピークが半減期の半月前頃に来ていること。 この2点は、2020年5月に迫っている3回目の半減期に向けて念頭に置いておきたい事実です。 ビットコイン半減期に向けてやっておくべきこと ビットコイン(BTC)の2回目の半減期の様子から考えると、「3回目も価格上昇が期待できるのでは」と考える投資家は多いことでしょう。 それでは、半減期に向けてどんな行動をしておけば良いでしょうか。 上がるのを見越して買いたいなら早めに買うべし 「半減期には価格が上がる可能性が高い」と判断し、「買う」と決めたなら、早めに行動に移すことをおすすめします。 半減期を振り返った時に、長期的に見て価格が上昇していても、短期的に切り取ると価格が下がっている期間がある場合があります。 価格が上昇し始めるのは半減期の数カ月前からの可能性があるので、注意が必要です。 ここで再度、ビットコインの2回目の半減期を見てみましょう。 参考: 半減期に価格が上がることを見越して、2016年6月頭までに買っている方は、価格上昇の恩恵を受けることができているはずです。 しかし、仮に2016年6月中旬のピーク時にビットコインを購入していたら、半減期が起こった時点ではそれよりも価格が下がってしまっています。 これを考えると、やはり、価格が上がり始める前に仕込んでおくことが重要であることが分かりますね。 できれば、半減期に向かって価格が上がり始める前のタイミングで購入するのがおすすめです。 半減期前の1~2カ月は値動きを気にするべし 半減期前にビットコインを買い増す方も、すでにビットコインを保有していて価格が上がったら利益確定したいと言う方も、 半減期前の数カ月は値動きを細かくチェックすると良いでしょう。 また先ほどの2回目のビットコイン半減期の例になりますが、半減期の前には大きな価格変動が起こりがちです。 ある程度価格が上がった時点で一度価格が急落する可能性もあります。 価格が〇円以上になったら(または〇円を下回ったら)を受け取る設定を行うなど、価格変動に備えておくことをおすすめします。 全てのビットコイン半減期が終わったらどうなる? 最後に、ビットコイン(BTC)の行く末についての情報をお伝えしておきます。 ビットコインの半減期が繰り返されて発行枚数の上限が来たらビットコインはどうなってしまうのか、気になる方もいるかもしれませんね。 ビットコインの半減期は全部で33回行われ、発行枚数が上限に達した時点で新たに発行されることはなくなります。 つまり、全てのビットコインが世に出回った状態となります。 そのタイミングが来るのは、今のペースのままだと 2140年頃だといわれています。 マイニング自体はなくなりませんが、2140年以降はマイニング報酬はゼロとなり、トランザクション手数料(コインを移動させるための取引手数料)のみがマイナーの利益となります。 発行上限に達したビットコインがどうなるかは意見が分かれるところです。 希少価値が高まり価格が上昇するという予測もあれば、逆に価格が安定して使いやすい通貨になるという意見もあります。 ビットコインの半減期に備えよう この記事では、• そもそもビットコイン(BTC)とは何?• なぜ半減期が起こるの?• 3回目のビットコイン半減期はいつ?• 3回目のビットコイン半減期では価格は上がるの?• 1回目と2回目のビットコイン半減期では、価格はどう動いたの?• 3回目のビットコイン半減期に向けてやっておくべきことは?• 全ての半減期が終わったらビットコインはどうなるの? ということをお伝えしました。 この記事で、ビットコインの半減期についての理解が深まったなら、嬉しく思います。 いよいよ、ビットコインの3回目の半減期が、2020年5月に迫ってきています。 半減期での価格上昇を見込んでいる方は、 なるべく早めに動くことをおすすめします。 なぜならば、 半減期で価格が上がる場合、数カ月前から価格が動き出すからです。 まだ仮想通貨取引所の口座を開設していないなら、早めに検討してみてはいかがでしょうか。 仮想通貨取引所であるCoincheckでは無料で口座を開設できます。 商号:コインチェック株式会社• 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号• 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会• 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】• 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。 お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。 その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。 お問い合わせ:• 手数料について:• 売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。

次の