瀧内 公 美。 泷内公美 (豆瓣)

瀧內公美=瀧内公美 KUMI TAKIUCHI

瀧内 公 美

記者蕭采薇/綜合報導 現年30歲的日本女星瀧內公美,以新作《火口的二人》橫掃日本多個獎項,她更在片中豪邁全裸,激情尺度堪稱從影之最。 全片將近20幕性愛場面全部真槍實彈,不論客廳、房間、浴室、暗巷,甚至是移動的巴士都可以高潮一遍,也讓她開玩笑說:「我幾乎沒有換衣服的問題,因為本來就沒有穿衣服。 」更直呼:「我在床上學到很多。 (圖/采昌提供) 改編直木賞作家白石一文同名著作、被譽為「一生必看慾望越界之作」的日本話題強片《火口的二人》,實力派影帝柄本佑和演技派女星瀧內公美,大膽詮釋無可自拔陷入情慾衝動的男女禁忌情愛。 兩人撐起全片絕大多數演出,更大膽而濃密地演活分手戀人久別重逢,並無可自拔陷入情慾衝動的危險關係。 請繼續往下閱讀... (圖/采昌提供) 由性愛場面大膽,讓很多女星因為抗拒裸露而拒絕演出,也讓導演荒井晴彥在尋找演員時處處碰壁,甚至因此更動角色的年齡設定。 導演最後則透過試鏡方式,找到現在的女主角瀧內公美。 而她毫不扭捏的自然演出,也獲得導演及「床伴」柄本佑的大力稱讚,更一舉奪下橫濱電影節「最佳新人」,以及電影旬報「最佳女主角獎」雙料肯定。 (圖/采昌提供) 面對大量性愛場面,瀧內公美開玩笑說:「拍床戲需要體力,如果犯了一個錯誤就可能會受傷。 」然而根據導演荒井晴彥透露,他先後鎖定二階堂富美、安藤櫻接演女主角,卻因為兩人以不願裸露、檔期因素而婉拒接演,最後才透過試鏡找到瀧內公美,也讓他肯定自己最終並沒有看錯人。 《火口的二人》即將在4月1日在台上映。

次の

瀧内公美 プロフィール|吉住モータース

瀧内 公 美

記者蕭采薇/綜合報導 現年30歲的日本女星瀧內公美,以新作《火口的二人》橫掃日本多個獎項,她更在片中豪邁全裸,激情尺度堪稱從影之最。 全片將近20幕性愛場面全部真槍實彈,不論客廳、房間、浴室、暗巷,甚至是移動的巴士都可以高潮一遍,也讓她開玩笑說:「我幾乎沒有換衣服的問題,因為本來就沒有穿衣服。 」更直呼:「我在床上學到很多。 (圖/采昌提供) 改編直木賞作家白石一文同名著作、被譽為「一生必看慾望越界之作」的日本話題強片《火口的二人》,實力派影帝柄本佑和演技派女星瀧內公美,大膽詮釋無可自拔陷入情慾衝動的男女禁忌情愛。 兩人撐起全片絕大多數演出,更大膽而濃密地演活分手戀人久別重逢,並無可自拔陷入情慾衝動的危險關係。 請繼續往下閱讀... (圖/采昌提供) 由性愛場面大膽,讓很多女星因為抗拒裸露而拒絕演出,也讓導演荒井晴彥在尋找演員時處處碰壁,甚至因此更動角色的年齡設定。 導演最後則透過試鏡方式,找到現在的女主角瀧內公美。 而她毫不扭捏的自然演出,也獲得導演及「床伴」柄本佑的大力稱讚,更一舉奪下橫濱電影節「最佳新人」,以及電影旬報「最佳女主角獎」雙料肯定。 (圖/采昌提供) 面對大量性愛場面,瀧內公美開玩笑說:「拍床戲需要體力,如果犯了一個錯誤就可能會受傷。 」然而根據導演荒井晴彥透露,他先後鎖定二階堂富美、安藤櫻接演女主角,卻因為兩人以不願裸露、檔期因素而婉拒接演,最後才透過試鏡找到瀧內公美,也讓他肯定自己最終並沒有看錯人。 《火口的二人》即將在4月1日在台上映。

次の

瀧内公美 プロフィール|吉住モータース

瀧内 公 美

直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画 『火口のふたり』が8月23日(金)より全国公開となる。 本作は、主演に『きみの鳥はうたえる』、『アルキメデスの大戦』など数々の話題作に出演している 柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』で大胆な演技を披露し、現在OA中のTBSドラマ「凪のお暇」にも出演している 瀧内公美を迎え、日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦の監督第3作目となる、男と女の不確実な愛を描いた<R18>衝撃作。 そしてこの度、大胆かつ濃密なラブシーンが多いということから、劇場で上映がNGとなった幻の予告編映像が解禁となった。  柄本佑演じる賢治が、瀧内公美演じる直子を玄関先で、後ろから抱きしめ激しく求め合うカット、ベッドの上で濃密に抱き合うカットなどが、新たに追加。 さらに、男性ヌード写真で知られている、野村佐紀子によるモノクローム写真もKEYアイテムとして登場する本作。 彼らの青春時代を蘇らせる写真のカットでは、学校の教室で下着姿を露わにし、「もっとちゃんと自分の身体の言い分、聞いてあげた方がよかったと思って」という直子のセリフが、官能的な表情と共に綴られている。 さらに直子がめくるフォトアルバムのカットは、本予告とは異なるカット(アルバムの別のページ部分)が使われているなど、新たなシーンが満載の映像となっている。 是非細部までご注目を。 結婚前に昔の恋人と再会し、抑えきれない衝動の深みにはまっていく危ういふたりを描いている本作は、未来を見据えて選んだ結婚と、本当に好きな人との恋愛、どちらが正しい選択なのか?という究極の問いを観る者へ投げかける。 ひとそれぞれの恋愛観によって見方が異なり、近年の大ヒット作『寝ても覚めても』、『愛がなんだ』に続き、鑑賞後に熱い恋愛討論で盛り上がる事間違いなしと早くも話題を呼んでいる。 さらに、柄本佑は、この夏の大ヒット映画『アルキメデスの対戦』で、その高い演技力が再評価され、今年の賞レースにも早くも期待がかかり、一方、瀧内公美は、TBSドラマ「凪のお暇」でマウント女子・足立心役を演じ一躍注目を集めている。 この夏ホットな俳優たちが送る、<R18>大人の愛の物語を、是非劇場で堪能したい。 イントロダクション 直木賞作家・白石一文 初の映画化 身体の言い分に身を委ねる、男と女を描く<R18>衝撃作 原作は直木賞作家・白石一文氏による「火口のふたり」。 2009年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞、2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞し、絶大な支持を得る著者の初の映画化となる。 主演を務めたのは、『きみの鳥はうたえる』などなど、様々な映画で鮮烈な印象を残し第一線で活躍し続ける実力派俳優・柄本佑と、『彼女の人生は間違いじゃない』での演技が評価され、活躍の場を広げている新鋭・瀧内公美。 出演者はこの2人のみ。 監督はキネマ旬報脚本賞に5度輝き、数々の作品で男と女のエロティシズムを表現してきた脚本家・荒井晴彦。 抑えきれない衝動の深みにはまり、どうしても離れられないふたりの姿は「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを、観る者へ突きつける。 身体の言い分に身を委ねる男と女の不確実な愛を描いた<R18>衝撃作が誕生した。 ストーリー 十日後に結婚式を控えた直子は、故郷の秋田に帰省した昔の恋人・賢治と久しぶりの再会を果たす。 新しい生活のため片づけていた荷物の中から直子が取り出した1冊のアルバム。 そこには一糸纏わぬふたりの姿が、モノクロームの写真に映し出されていた。 蘇ってくるのは、ただ欲望のままに生きていた青春の日々。 「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」 直子の婚約者が戻るまでの五日間。

次の