バイアグラ 偽物。 バイアグラの本物、正規品を通販!偽物を見分けよう!

【バイアグラ体験談ブログ】イースト駅前クリニックでED治療薬を買って、実際に使ってみた

バイアグラ 偽物

偽造バイアグラの見分け方|溶解検証【浜松町第一クリニック】• 個人輸入で購入したバイアグラ錠 バイアグラを個人輸入代行業者から入手した場合、そのほとんどが偽物・模造品であり健康被害も出ている危険な方法だという話は絶えません。 そこで本物か偽物かを見極めるため、実際に個人輸入業者からバイアグラを購入してそのバイアグラがどのように水に溶けていくか、それぞれ数ヵ国のパターンで実験してみました。 インターネット上にある個人輸入代行業者の通販サイトの中から本物らしきバイアグラを扱っていそうな業者(安すぎない・ホームページの作りが良い)で実際に注文し、届いた薬が以下になります。 本物のバイアグラは当院で処方しているもので、医薬品の大手卸売会社であるアルフレッサ株式会社から仕入れた正規品です。 個人輸入で入手したバイアグラ錠の詳細 検証対象 個人輸入で入手したバイアグラ5種類と、当院で処方している本物のバイアグラの詳細(発送元・原産国・容量・箱・ケース)は以下の通りです。 【発送元】日本 【原産国】日本 【 容量 】50mg 【発送元】日本 【原産国】日本 【 容量 】50mg• 【発送元】アメリカ合衆国 【原産国】フランス 【 容量 】100mg• 【発送元】中国 【原産国】アメリカ合衆国 【 容量 】100mg• 【発送元】アメリカ合衆国 【原産国】不明 【 容量 】50mg• 【発送元】香港 【原産国】アメリカ合衆国 【 容量 】50mg• 【発送元】シンガポール 【原産国】不明 【 容量 】50mg 通販で購入したバイアグラをそれぞれ水に浸し溶解検証 個人輸入代行業者が運営するインターネットの通販サイトで購入したバイアグラを、それぞれ水に浸して時間の経過とともに、どのように溶解していくかを観察してみました。 国内の純正バイアグラと比較してどのような違いがあるかもわかりやすく画像で説明します。 それぞれのバイアグラ錠の溶解時間 溶解検証した結果 【アメリカ発送のバイアグラ】 100mg・50mgともに外側のコーティングから中身の白い成分が溶け出しています。 溶け出し方が国内純正品バイアグラと似ています。 溶解時間はアメリカ50mgと正規品50mgがほぼ同じ。 アメリカ100mgは用量が多い分少しだけ溶解時間が長く感じました。 4分後以降は溶けていく状態は同一に見えました。 【シンガポール発送のバイアグラ】 錠剤の溶解速度が国内純正品と比べて早く、シンガポール1分後の状態と純正品2分後の状態が同じであることが写真から分かるかと思います。 外側のコーティングが溶けて中身の白い成分が水に溶け出す様子は純正品と似たところがありましたが、3分後以降の溶解の仕方には写真を見てわかる通り純正品よりも溶けにくい感じでした。 【香港発送のバイアグラ】 溶解速度は純正品に比べて遅く、外側のブルーのコーティングが溶ける様子は誰が見ても純正品とは違うのが明らかです。 30分後には中身の成分も溶け出しますが、純正品とは違い溶け出した白い成分の粉末がダマになっており、明らかに成分が違う物が混入しているように見えます。 【中国発送のバイアグラ】 こちらも香港バイアグラと同じで、溶解速度・コーティングの溶け出す様子が純正品とは全く異なっているのが見てわかります。 恐ろしいことに60分・120分経過しても錠剤の原型は残ったままでした。 さらに中身の成分が純正品は真っ白なのに対して、中国発送のバイアグラは黄色がかっていました。 溶解検証を終えて薬剤を入れたシャーレを水洗いする際に、中国発送バイアグラだけシャーレに成分がこびり付いていて、手でこすらないと落ちないくらいでした。 総評 今回の検証は、インターネットの通販サイトを運営している個人輸入代行業者を介して購入したバイアグラを、誰でも簡単に本物か偽物かを見分ける方法はないだろうか?と思い「ただ水に浸す溶解による比較」を思い付き行ってみました。 結果、 水に入れてみることで溶解の仕方に明らかに違いが出るバイアグラは偽物であると断言できますが、違いがあまりないバイアグラに関しては本物かどうかを見極めることは難しいと感じました。 若干の溶解の違いは製造国の違いなのか?用量による違いなのか?巧妙に作られた偽物なのか?専門機関にて成分分析でもかけなければ判断が難しいからです。 では、成分分析までやってみればいいのでは?と思い色々な専門機関に依頼をしたところ、ただ単に断られたり、分析結果非公表の約束がなければできなかったり(それでは意味がない)という返答ばかりでした。 非常に残念ですが今回の検証はここまでとなります。 結論、水による溶解で明らかに偽物であるバイアグラは判断可能であるため、見た目が怪しかったり不安な方はやってみる価値は十分にあります。 しかし本物に近しい溶解だった場合は判断が難しいので、安心して服用するには、やはり医療機関で国内正規品のバイアグラを処方してもらうのが無難でしょう。 しかし、以下の「個人輸入したバイアグラを処方するクリニックに注意」でも述べますが 最近では個人輸入したバイアグラを処方するクリニックも存在するので注意が必要です。 今回入手したバイアグラは、通販サイトを見て「値段が高め」「連絡先明記」「インターネットでよく見る個人輸入業者」を満たしているところで注文しました。 にも関わらず明らかな偽物も含まれることから、個人輸入でのバイアグラの入手は非常にリスキーであることがお分かり頂けるのではないでしょうか。 個人輸入したED薬を処方するクリニックに注意 現在、全国に複数院展開している男性専門クリニックが粗悪な医薬品が混じる個人輸入で入手したED治療薬を処方しているようです。 そのようなクリニックに行かないためにする方法は意外と簡単です。 バイアグラ錠の発売元であるファイザー株式会社が提供する「ED-info. net」内にあるに掲載されている医療機関を選べば問題ありません。 病院検索サイトは正規品のバイアグラ錠を処方している医療機関を患者様が探せるようにとファイザー社が提供しているものです。 この病院検索サイトには、 粗悪な個人輸入の薬を取り扱っているような医療機関はファイザー社の審査が通らず掲載されておりません。 病院/クリニックに行く前に必ず調べてから行くようにしましょう。 【】 【】.

次の

本物のバイアグラを見極めよう!偽物との違いや見分け方について

バイアグラ 偽物

偽造バイアグラの見分け方|溶解検証【浜松町第一クリニック】• 個人輸入で購入したバイアグラ錠 バイアグラを個人輸入代行業者から入手した場合、そのほとんどが偽物・模造品であり健康被害も出ている危険な方法だという話は絶えません。 そこで本物か偽物かを見極めるため、実際に個人輸入業者からバイアグラを購入してそのバイアグラがどのように水に溶けていくか、それぞれ数ヵ国のパターンで実験してみました。 インターネット上にある個人輸入代行業者の通販サイトの中から本物らしきバイアグラを扱っていそうな業者(安すぎない・ホームページの作りが良い)で実際に注文し、届いた薬が以下になります。 本物のバイアグラは当院で処方しているもので、医薬品の大手卸売会社であるアルフレッサ株式会社から仕入れた正規品です。 個人輸入で入手したバイアグラ錠の詳細 検証対象 個人輸入で入手したバイアグラ5種類と、当院で処方している本物のバイアグラの詳細(発送元・原産国・容量・箱・ケース)は以下の通りです。 【発送元】日本 【原産国】日本 【 容量 】50mg 【発送元】日本 【原産国】日本 【 容量 】50mg• 【発送元】アメリカ合衆国 【原産国】フランス 【 容量 】100mg• 【発送元】中国 【原産国】アメリカ合衆国 【 容量 】100mg• 【発送元】アメリカ合衆国 【原産国】不明 【 容量 】50mg• 【発送元】香港 【原産国】アメリカ合衆国 【 容量 】50mg• 【発送元】シンガポール 【原産国】不明 【 容量 】50mg 通販で購入したバイアグラをそれぞれ水に浸し溶解検証 個人輸入代行業者が運営するインターネットの通販サイトで購入したバイアグラを、それぞれ水に浸して時間の経過とともに、どのように溶解していくかを観察してみました。 国内の純正バイアグラと比較してどのような違いがあるかもわかりやすく画像で説明します。 それぞれのバイアグラ錠の溶解時間 溶解検証した結果 【アメリカ発送のバイアグラ】 100mg・50mgともに外側のコーティングから中身の白い成分が溶け出しています。 溶け出し方が国内純正品バイアグラと似ています。 溶解時間はアメリカ50mgと正規品50mgがほぼ同じ。 アメリカ100mgは用量が多い分少しだけ溶解時間が長く感じました。 4分後以降は溶けていく状態は同一に見えました。 【シンガポール発送のバイアグラ】 錠剤の溶解速度が国内純正品と比べて早く、シンガポール1分後の状態と純正品2分後の状態が同じであることが写真から分かるかと思います。 外側のコーティングが溶けて中身の白い成分が水に溶け出す様子は純正品と似たところがありましたが、3分後以降の溶解の仕方には写真を見てわかる通り純正品よりも溶けにくい感じでした。 【香港発送のバイアグラ】 溶解速度は純正品に比べて遅く、外側のブルーのコーティングが溶ける様子は誰が見ても純正品とは違うのが明らかです。 30分後には中身の成分も溶け出しますが、純正品とは違い溶け出した白い成分の粉末がダマになっており、明らかに成分が違う物が混入しているように見えます。 【中国発送のバイアグラ】 こちらも香港バイアグラと同じで、溶解速度・コーティングの溶け出す様子が純正品とは全く異なっているのが見てわかります。 恐ろしいことに60分・120分経過しても錠剤の原型は残ったままでした。 さらに中身の成分が純正品は真っ白なのに対して、中国発送のバイアグラは黄色がかっていました。 溶解検証を終えて薬剤を入れたシャーレを水洗いする際に、中国発送バイアグラだけシャーレに成分がこびり付いていて、手でこすらないと落ちないくらいでした。 総評 今回の検証は、インターネットの通販サイトを運営している個人輸入代行業者を介して購入したバイアグラを、誰でも簡単に本物か偽物かを見分ける方法はないだろうか?と思い「ただ水に浸す溶解による比較」を思い付き行ってみました。 結果、 水に入れてみることで溶解の仕方に明らかに違いが出るバイアグラは偽物であると断言できますが、違いがあまりないバイアグラに関しては本物かどうかを見極めることは難しいと感じました。 若干の溶解の違いは製造国の違いなのか?用量による違いなのか?巧妙に作られた偽物なのか?専門機関にて成分分析でもかけなければ判断が難しいからです。 では、成分分析までやってみればいいのでは?と思い色々な専門機関に依頼をしたところ、ただ単に断られたり、分析結果非公表の約束がなければできなかったり(それでは意味がない)という返答ばかりでした。 非常に残念ですが今回の検証はここまでとなります。 結論、水による溶解で明らかに偽物であるバイアグラは判断可能であるため、見た目が怪しかったり不安な方はやってみる価値は十分にあります。 しかし本物に近しい溶解だった場合は判断が難しいので、安心して服用するには、やはり医療機関で国内正規品のバイアグラを処方してもらうのが無難でしょう。 しかし、以下の「個人輸入したバイアグラを処方するクリニックに注意」でも述べますが 最近では個人輸入したバイアグラを処方するクリニックも存在するので注意が必要です。 今回入手したバイアグラは、通販サイトを見て「値段が高め」「連絡先明記」「インターネットでよく見る個人輸入業者」を満たしているところで注文しました。 にも関わらず明らかな偽物も含まれることから、個人輸入でのバイアグラの入手は非常にリスキーであることがお分かり頂けるのではないでしょうか。 個人輸入したED薬を処方するクリニックに注意 現在、全国に複数院展開している男性専門クリニックが粗悪な医薬品が混じる個人輸入で入手したED治療薬を処方しているようです。 そのようなクリニックに行かないためにする方法は意外と簡単です。 バイアグラ錠の発売元であるファイザー株式会社が提供する「ED-info. net」内にあるに掲載されている医療機関を選べば問題ありません。 病院検索サイトは正規品のバイアグラ錠を処方している医療機関を患者様が探せるようにとファイザー社が提供しているものです。 この病院検索サイトには、 粗悪な個人輸入の薬を取り扱っているような医療機関はファイザー社の審査が通らず掲載されておりません。 病院/クリニックに行く前に必ず調べてから行くようにしましょう。 【】 【】.

次の

バイアグラジェネリックはスギ薬局で買える?

バイアグラ 偽物

「バイアグラ、使ってみようかな」と1度は考えたことがある男性は多いのではないでしょうか。 インターネットで「バイアグラ 通販」と検索すると、たくさんの個人輸入代行サイト出てきます。 これらのサイトを使用すれば、処方箋無しでバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬を簡単に買うことができるのです。 病院に行かずとも、購入できることは非常に魅力的ですね。 でも、本当に安全なのでしょうか。 日本では、危険性があるから医師の処方箋が必要な薬ではないのでしょうか。 そこで、今回は通販で購入するバイアグラなどのED治療薬に危険性はないのか。 偽物が混じっている可能性がないのかなどをお話します。 バイアグラとは? そもそもバイアグラとは何なのか、なぜ日本では処方箋が必要なのかをお話ししていきましょう。 バイアグラはファイザー社が開発・販売のED治療薬です。 シルデナフィルと呼ばれる化学物質を含み、ペニスへの血液流入量を増加させることで勃起状態を作り出しています。 また、化学的な作用で強制的に血液を送り出すため、心臓に負担がかかり、心臓発作を引き起こす可能性もあります。 最悪の場合、死に至ることもあるのです。 このような副作用があるからこそ、バイアグラなどの勃起薬は処方箋が必要な医薬品に分類されています。 偽物に注意 誤った服用方法をすると、最悪の場合死に至るバイアグラ。 ただ、前述したようにネット検索するとたくさんの個人輸入代行サイトが出てきます。 これらのサイトから購入するバイアグラは安全ということなのでしょうか。 答えは、「いいえ」です。 病院で処方されるバイアグラとは比較にならないほど危険です。 個人輸入やネット通販されているバイアグラには偽物が多く混じっています。 つまり、そもそもバイアグラでも、レビトラでも、シアリスでも、ジェネリックでも、勃起薬でもない薬が混じっている可能性があるのです。 アメリカの調査では、22の通販サイトからバイアグラを購入したところ、77%もの商品が正規のバイアグラに比べ30%〜50%の有効成分配合量だったとのことです。 さらにいくつかの偽物には、プリンター用のインクや記載されていない原料が検出されたとも報告しています。 偽物が多い理由 なぜインターネットで購入可能なバイアグラには偽物がそんなにも多いのでしょうか。 いくつか理由を考えてみました。 正規品に比べて値段が安い 1つ目の理由が個人輸入で購入するバイアグラの圧倒的な安さでしょう。 ED治療クリニックとして東京を中心に8医院を経営している浜松第一クリニックでは、50mgバイアグラ錠を一粒1,500円で販売しています。 一方で、ネット上では日本で認可されていない100mgのバイアグラが一粒2,000円程度で販売されています。 正規品のおよそ6割の値段です。 さらに、クリニックの診察料などもかからないので実質の費用は半額程度になるでしょう。 性行為の度にバイアグラを服用することを考えると、小さな差ではありません。 そのために、格安で購入できる個人輸入バイアグラへのニーズが高いのです。 病院に行くのが億劫 2つ目の理由が病院に行くことを億劫に感じている患者が多いことだと言われています。 日本には現在、1,100万人程度のED患者がいます。 その数は、徐々に増えており、特に20代30代の若年層のED患者の増加が顕著だと言われています。 この年代はインターネットで物を買うことに抵抗がありません。 むしろネットで購入できるものはネットで購入する人が多いくらいです。 ファッションと同様にバイアグラもネットで簡単に購入できることに対するニーズが高いことは十分に考えられます。 また、ED治療のために病院に行くことが恥ずかしいと感じている人も多数います。 このような精神的な枷もまた、個人輸入のバイアグラに対するニーズを作り出しているのでしょう。 何が含まれているかわからないため、どのような副作用が発生するのか明言できませんが、危険であることに間違いはありません。 正規品バイアグラには、次のような副作用があります。 顔面紅潮• 胸やけ・胃の不快感• めまい 正規品のバイアグラの副作用についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、バイアグラを服用する前に1度チェックしてくださいね。 偽物のバイアグラの場合、正確な配合成分は不明です。 最悪の場合、死に至る可能性も考えられます。 実際、急患で尋ねてきた途端に意識消失した方もいらっしゃるとのことです。 40代の男性患者が救急外来を訪ねたとたん、意識消失したという。 CT検査などをしたところ、血糖値が急激に下がって低血糖を起こしていることがわかった。 この方が服用していたのは偽物のバイアグラだったとのことです。 バイアグラの偽物の製造現場 偽物のバイアグラの多くはアジア諸国の劣悪な環境で作られています。 2013年にファイザー社が公開した偽バイアグラの製造工場の様子はこちら。 pfizer. aspx 錠剤にバイアグラの青色をつけるために使われていたインクはプリンター用のものでした。 さらに殺虫剤の成分なども含まれていたようです。 工業製品に使われる物だけでなく、生き物を殺す成分を口に含む可能性があることを考えると非常に恐ろしいですね。 安全なバイアグラを手に入れる方法 さて、ここまで個人輸入のバイアグラには偽物が含まれている可能性をお話してきました。 偽物の危険性も伝わったかと思います。 では、安全に勃起力を取り戻すためにはどうすれば良いのでしょうか。 病院で処方箋をもらう 正規品のバイアグラは病院で出してもらうことができます。 泌尿器科や内科などに加え、最近では勃起不全(ED)の専門外来なども増えてきました。 前述した浜松第一クリニックなどがまさしく専門外来ですね。 もちろん、通販に比べお値段はかかりますが、ほぼ間違いなく正規品を手に入れることが可能です。 重篤な健康被害を受ける可能性を考えると、妥当な金額ではないでしょうか。 バイアグラ以外の方法を試す バイアグラに興味を持っていると言うことは精力や勃起力の向上させたいと考えている方かと思います。 実は、バイアグラ以外にも勃起力を取り戻す方法はあるのです。 そもそも、バイアグラは勃起をさせる薬であり、精力を回復させるための薬ではありません。 精力を回復するには、体質を改善することが唯一の方法なのです。 そのために必要なことは、定期的な運動や十分な睡眠など生活習慣の改善、亜鉛やアミノ酸など必要な栄養素を毎日摂ることです。 より健康的な形で勃起力を取り戻す方法をSTERONではご紹介しています。 まとめ:通販で絶対に買わないこと 通販で購入できるバイアグラは偽物の可能性が非常に高く、何が成分に使われているかわかりません。 服用すると重大な健康被害を受ける可能性があり非常に危険です。 「病院に行くのが億劫」「できるだけ安くすませたい」。 そのような気持ちは理解できますが、安全に力強い勃起を手に入れるには、病院で正規品を購入するか、体質改善で強い勃起力を実現できる身体を作ることです。 今よりも良い性生活を安全な形で実現してくださいね。

次の