スマホ の 画面 を テレビ に 映す ケーブル。 スマホ画面をテレビで見る視聴方法&接続ケーブルのオススメはコレ!【Android、iPhone】

スマホをテレビに接続して画面を映す設定方法!有線・ワイヤレス

スマホ の 画面 を テレビ に 映す ケーブル

iPhoneの画面をテレビに映し出すには、「有線(ケーブル)でつなぐ」方法と、「無線でつなぐ」方法の2つがあります。 有線は接続がラク。 対して無線は、ケーブルの長さなどに影響されないので、ゲームなど複数人で1台のスマホを使って遊ぶ際に便利ですよ。 有線(ケーブル)でつなぐ パソコンやレコーダー、ゲーム機などでも使われている、デジタル家電の映像と音声をデジタルテレビに送るためのケーブル「HDMIケーブル」を使って、iPhoneとテレビをつなげます。 ただ、iPhoneにはHDMIケーブルをつなげられる端子がありません。 そのため、専用アダプタ「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を用いてHDMIケーブルと接続する必要があります。 接続してしまえば、細かな設定は一切必要なく、iPhoneとテレビをつなぐだけでテレビ画面にiPhoneの画面を表示できます。 iPhone +専用アダプタ+HDMIケーブル+テレビの順でつなげればOK 無線でつなぐ 「Apple TV」(8,856円/アップル)という専用の無線アダプタを経由させ、iPhoneとテレビを接続します。 まず「Apple TV」とテレビをHDMIケーブルで接続し、Wi-Fiにつなぎます。 次にiPhoneも同じWi-Fiにつなげ、画面の下部を上にスワイプ。 すると「コントロールセンター」が出るので「AirPlay」をタップし、「ミラーリング」をオンにしましょう。 これでiPhoneの画面をテレビに映すことができるようになります。 ちなみに「Apple TV」は単体でも利用できます。 iTunesで販売されている映画やミュージックビデオを購入・視聴したり、「Netflix」「バンダイチャンネル」などの動画配信サービスの視聴もできますよ。 Androidの場合 Android スマホも、接続がラクな「有線(ケーブル)でつなぐ」方法と、ケーブルがわずらわしくない「無線でつなぐ」方法、2つのやり方でスマホの画面をテレビに映し出すことができます。 有線(ケーブル)でつなぐ 「HDMIケーブル」を使います。 スマホ本体にHDMI端子がある機種は、直接HDMIケーブルでテレビと接続できます。 HDMI端子がない機種は、専用アダプタを用いて、スマホのMicro USB端子とテレビのHDMI端子を接続します。 専用アダプタは「MHL変換アダプタ」などの名称で、1,500円~3,000円程度で販売されています。 無線でつなぐ スマホとテレビ、双方が、「Miracast」(画面の情報を無線で通信するための規格)に対応している場合は、Wi-Fiでダイレクトに接続し、スマホの画面情報をテレビに転送することができます。 テレビが「Miracast」に対応していない場合は、「Wireless Display Adapter」(7,538円/マイクロソフト)、「Miracastレシーバー LDT-MRC02」(オープン価格/エレコム)など、様々なメーカーから販売されている「Miracasアダプタ」を用います。 (スマホは「Miracast」に対応している必要があります) MiracasアダプタとテレビをHDMIケーブルで接続し、Wi-Fiでアダプタとスマホを接続すればOK。 ケーブルでつないだときと同じように、スマホの画面をテレビに映し出すことができます。 大画面ならではの鮮明さと迫力で楽しめる 写真を大画面で楽しむ テレビに接続したら、さっそく写真や動画を見てみましょう。 スマホのアルバムアプリから写真を選択すると、テレビにも表示されます。 最近のスマホカメラは4K撮影に対応していたりと、画質がとてもいいので、テレビ画面に映しても画質が荒くなることはほとんどありません。 むしろスマホで見るより鮮明に見られるところが、大画面ならでは。 家族みんなで、スマホで撮った写真を振り返るのにぴったりです。 撮影動画はもちろん、映画やドラマも! 写真だけでなく、動画も再生できます。 自分で撮った動画はもちろん、「dTV」や「hulu」などの動画配信サービスの作品もテレビで見ることができます(別途申し込みが必要です。 映画やドラマは、スマホだと画面が小さくて疲れてしまうことがありますが、テレビなら問題なく楽しめますよね。 もちろんYouTubeの動画を見ることもできますよ。

次の

スマホ画面をテレビに映す方法

スマホ の 画面 を テレビ に 映す ケーブル

まずはiPhoneでテレビを観る方法について解説します。 iPhoneでテレビを観たい方には、以下のような選択肢があります。 外付けのフルセグ・ワンセグチューナーを接続する iPhoneは世界同一規格で作られているため、ワンセグなどのテレビチューナーが搭載されていません。 そのため、リアルタイムでテレビを視聴したいなら、外付けのフルセグ・ワンセグチューナーを使用する必要があります。 外付けのチューナーは、Lightning(iPhone 5から採用されているコネクタ)を使って接続するタイプと、Wi-Fiを使って接続するタイプの2種類。 Lightningを使用するタイプは、端末に直接取り付けるため若干持ちにくくなる可能性はあるものの、テレビを観ながら他の通信も可能です。 Wi-Fiで接続するタイプは、他の通信ができなくなったりチューナーとの接続が切れてしまったりする可能性があります。 テレビ番組が配信されているアプリを利用する スマートフォンアプリの中には、以下のようなテレビ番組の配信を行っているものがあります。 リアルタイム視聴はできなかったり、視聴できる番組も限られたりとデメリットはありますが、外出先でもさまざまなテレビ番組を楽しむことができます。 TVer 民法テレビ局が連携した公式テレビサイト「TVer」のアプリです。 基本無料で、放送終了から約7日間はその番組が見放題となります。 ABEMA(旧AbemaTV) サイバーエージェントとテレビ朝日によって展開されるPC・スマートフォン向けの動画配信サービスです。 ニュース・音楽・バラエティ・アニメをはじめとした約20チャンネルを無料で視聴可能。 オリジナル番組の配信も行っています。 日テレ無料TADA 日テレ無料TADAは日本テレビが運営する動画配信サービスです。 日本テレビで放送された番組を、無料で視聴することができます。 テレビ番組が配信されている動画配信サービスを使用する テレビ番組を観る方法として、「Amazonプライム・ビデオ」「Hulu」「Netflix」といった動画配信サービスを活用するのも一つの手です。 月額500円~2,000円ほどで利用可能。 見逃した番組だけでなくオリジナルコンテンツや映画なども視聴できるので、テレビ番組だけでなく映画なども頻繁に観たい方におすすめです。 レコーダーと連携する 最近発売されているレコーダーでは、Wi-Fiなどを経由してスマートフォンと連携し、専用のアプリを使えば録画したテレビ番組を視聴できます。 非常に便利な機能ではありますが、端末によってリアルタイムの番組視聴が可能な範囲や外で録画した番組を観る方法が変わるため、注意が必要です。 メーカーや端末ごとに接続方法や対応アプリが異なります。 使いたい方は、メーカーのサイトを確認してみましょう。 続いては、Androidスマートフォンでテレビを観る方法をご紹介します。 フルセグ・ワンセグ搭載のスマートフォンはアプリを起動して視聴可能 Androidスマートフォンでは、「Galaxy」「Xperia」「AQUOS」の一部端末にフルセグやワンセグのテレビチューナーが搭載されています。 はじめから搭載されている端末であれば、ワンセグアプリやテレビアプリを起動し、エリア設定やチャンネル設定を行うことでテレビを視聴することが可能になります。 外でもテレビが観たいなら、スマートフォンを購入する際にフルセグ・ワンセグが搭載されている端末を選ぶのも手でしょう。 フルセグやワンセグの外付けテレビチューナーを利用する Androidスマートフォンでも、フルセグ・ワンセグのチューナーが搭載されていない端末も増えています。 そういった場合は、iPhoneと同様に外付けのテレビチューナーを利用する必要があります。 端子につなぐタイプの場合はiPhoneと端子の形状が違うため、誤って購入しないように注意しましょう。 テレビ番組が配信されているアプリや動画配信サービスを利用する iPhoneと同様に、「TVer」「ABEMA(旧AbemaTV)」「日テレ無料TADA」をはじめとしたテレビ番組が視聴可能なアプリや「Amazonプライム・ビデオ」「Hulu」「Netflix」などテレビ番組が配信されているサービスを利用することで、外出先でもさまざまなテレビ番組が楽しめます。 テレビ番組が観られるアプリは基本無料のものも多いので、「とりあえず見逃してしまった番組を観たい」という方はアプリ、「番組だけではなく映画などいろいろなコンテンツを思いっきり楽しみたい」という方は有料の動画配信サービスを利用するのがおすすめです。 レコーダーと連携する 専用のアプリを使って録画したテレビ番組を視聴できるレコーダーもあります。 こちらも基本的な機能はiPhoneと変わりませんが、接続方法などが一部変わるため各メーカーや端末のサイトを確認しておきましょう。 スマートフォンでテレビを観る方法とセットで「スマートフォンの画面をテレビに映す方法」も知っておくと、以下のような楽しみ方も可能です。 ・撮影した写真や動画をみんなで楽しむ ・大画面でアプリゲームを楽しむ ・動画配信サービスをテレビの大きな画面で楽しむ テレビのモニターを使うことで「画面が小さい」というネックが解消され、スマートフォンの使い方がより広がるでしょう。 スマートフォンとテレビを繋げる方法 有線接続 テレビとスマートフォンをケーブルで繋ぐ方法です。 ケーブルを繋ぐだけなので接続が簡単で、細かい設定も必要ありません。 また、ケーブルで繋ぐことで画質も安定しやすくなります。 ケーブル自体は数千円ほどで手に入りますが、iPhoneとAndroidでは対応するケーブルが異なるため、購入の際は注意が必要です。 無線接続 「Apple TV」「Chromecast」「Amazon Fire TV Stick」「Miracast」などの専用の機器を使用して、テレビとスマートフォンを接続する方法です。 無線なのでスマートフォンを手元で操作しやすく、初期設定が完了すればケーブルを接続する必要がありません。 ただし、初期費用が掛かることや接続の設定が必要な点には注意しましょう。

次の

スマホ画面をテレビ・パソコンに映す方法と注意点

スマホ の 画面 を テレビ に 映す ケーブル

スマホとテレビを接続する2つの方法 スマホとテレビを接続すれば、できることの幅は広がり、楽しみ方も増えるでしょう。 しかし、テレビ接続の魅力を知っても、そもそもどうやってスマホとテレビを繋げればよいのか、方法が分からず悩む人も少なくありません。 スマホとテレビを接続する方法は、大きく2つに分けられます。 どちらの方法でも接続はできますので、自分に合ったやり方を選ぶことが大切です。 方法1. ケーブルを使って有線接続する 専用のケーブルを使えば、スマホとテレビは有線接続が可能です。 有線接続はもっとも基本的な方法であり、直感的な操作で接続できるため、比較的やりやすいでしょう。 スマホやネットの操作に不慣れな場合は、ケーブルを接続するだけの有線接続がおすすめです。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! 有線・無線接続のメリットとデメリット スマホとテレビを接続するなら、有線接続がもっとも基本的な方法です。 基本的な方法であるため、接続も難しくはなく、誰でもおこないやすいですが、メリットとデメリットの両方があるので注意しなければなりません。 それぞれのポイントを把握して、有線接続の魅力と弱点を知りましょう。 有線接続のメリット・デメリット 有線接続は基本的な方法でありながら、複数のメリッがあります。 また逆にどんなデメリットがあるかを詳しく知って、有線接続ならではの魅力を理解しましょう。 画質が安定している 有線接続最大のメリットは、画質が安定している点にあります。 有線接続の場合、スマホとテレビ間でのデータ通信にネットワークを利用しませんので、ネット環境がなくても接続ができます。 オフライン接続のため、画像が乱れることもなく、安定した出力を保てるのが大きな魅力でしょう。 ネットを利用したコンテンツを映し出す場合でも、必要なのはスマホのネット環境だけです。 スマホで問題なく受信できれば、テレビに繋げても通信不備は出ませんので、品質が環境に左右されづらいのが有線ならではの強みです。 費用があまりかからない 有線接続の場合、専用ケーブルの購入が必要ですが、実はワイヤレスと比べると、費用はあまりかかりません。 ケーブルの費用はかかるものの、それほど高くはなく、数千円程度の出費で、テレビ接続できるのもメリットのひとつです。 使用頻度がそれほど高くないのであれば、費用をかけて接続環境を整えるのはもったいないため、たまにしか使わないなら、有線接続がおすすめでしょう。 また、頻繁に使用する場合でも、費用の安さをとって有線接続を選ぶのも問題はなく、費用をかけずに環境を整えて長く使えば、コスパもよくなります。 接続が簡単 有線接続はスマホとテレビをケーブルで繋ぐだけで使えますので、接続が非常に簡単です。 細かい設定は不要で、ケーブルさえあれえばすぐに接続できるため、早く使いたい人にもおすすめでしょう。 スマホは機種ごとに操作の方法が違い、接続の設定も異なります。 ネットに自信がなく、スマホの使い方もよく分からないのであれば、直感的な操作で接続ができる有線がおすすめです。 有線接続には複数のメリットがありますが、反面デメリットもあるので注意しなければなりません。 メリットだけにひかれてケーブルを購入すると、後悔する可能性もあります。 デメリットも正しく理解した上で、本当に有線接続を選ぶべきか、よく考えてみましょう。 ケーブルの対応機種が減っている 有線接続はケーブルを繋げるだけで簡単に接続できますが、すべての機種で有線接続に対応しているわけではありません。 最近はワイヤレス接続が主流になりつつあり、ケーブル対応の機種も減っています。 テレビはもちろん、スマホもケーブル対応機種は減っているので注意が必要です。 スマホとテレビ両方が対応していなければ、有線接続はできません。 条件に合う機種を持っていなければ、接続はできず、スマホやテレビを買い替える必要が出るため、余計なコストがかかり、デメリットはさらに大きくなるでしょう。 毎回接続するのが面倒 有線接続は、使用するたびに毎回ケーブルを繋げなければならず、手間がかかって面倒に感じることも多いでしょう。 ケーブルをテレビに差しっぱなしにしておけば、スマホに繋げるだけですぐに使用できますが、ケーブルは長いものが多く、出しっぱなしにしていると見栄えがよくありません。 使用するたびにしまう場合も、差しっぱなしにする場合でも面倒は多く、管理がしづらいことはデメリットでしょう。 配線が邪魔になる 多少見栄えが悪くても、ケーブルを差しっぱなしにして使うことは可能ですが、繋いだままだと配線が邪魔になる可能性もあります。 テレビ線は細かいため絡まりやすく、さらにレコーダーや周辺機器があれば、テレビ周りの配線はさらに複雑になります。 それらの配線と絡まれば、どれがどの線か分かりづらくなり、無理に引っ張れば断線することもあるので注意が必要です。 また、ケーブルで繋がっているため、接続中はスマホを使用できる範囲にも制限が出ます。 移動ができず、手元での操作がしづらくなり、使用面でも配線が邪魔になることは多いでしょう。 ワイヤレス接続のメリットとデメリット ワイヤレス接続にもメリットとデメリットがあるため、有線接続と比べて何が違うのか把握しておくことが大切です。 ワイヤレス接続と有線接続では、メリットとデメリットが逆になっていることが多いです。 どちらのメリットを取るかは自由であり、人によって魅力的に感じるほうは異なります。 自分に合ったメリットを見つけるためにも、ワイヤレス接続の特徴を正しく理解しましょう。 スマホを手元で操作しやすい ワイヤレス接続はネット環境があれば接続できるため、電波の届く範囲ならどこでもスマホを操作できます。 手元の操作でもケーブルが邪魔になることはなく、接続中も移動して使用できます。 使用時の制限が少ないため、よりストレスフリーに使えるのが、ワイヤレスならではの魅力でしょう。 電波の範囲内なら接続は可能なため、1階のテレビに接続して、2階でスマホを操作することも可能です。 遠隔操作ができるため、サプライズ演出にも活躍できるでしょう。 対応機種が多い スマホのテレビ接続はワイヤレスが主流になりつつあるため、それぞれ対応機種は増えています。 最新機種であれば、スマホ、テレビともにワイヤレス接続に対応しているものが多いため、わざわざ対応機種に買い替える必要がありません。 テレビ接続用に機種を選ぶ必要性が低いため、通常どおりに使っていて、ある日思い立ってテレビ接続がしたいとなったときにも、すぐに接続できることが多いです。 通信が不安定になりやすい ワイヤレス接続はネット環境があればどこでも接続できますが、反面通信が不安定になりやすいです。 常にオンラインでの接続になるため、通信環境に品質が影響されやすく、映像を映しても画像が乱れる、映像がストップするといった不具合が出る可能性があります。 また、動きの激しいゲームの場合、通信環境によっては画面が遅れて表示され、まともにプレイできないこともあります。 通信環境は使用している電波やモデムによっても左右されるため、環境が整わないところでは、接続が難しいこともあるので注意しなければなりません。 費用が高い ワイヤレス接続の場合、接続の方法や使用用途によっては費用が高くつくこともあります。 動画配信サービスのコンテンツを利用する場合、専用の機器の購入が必要な場合もあります。 ただスマホの画面をテレビで映してみたいという興味だけであれば、コストは高いためおすすめできません。 使用する目的が明確に決まっており、それなりの頻度で使う場合は、ワイヤレス接続を検討しましょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! スマホとテレビを有線接続する方法 スマホをテレビに有線接続する場合、専用のケーブルを購入してそれぞれに繋ぐだけですが、実は接続時にはいくつかのポイントや手順があります。 また、スマホといっても種類は多く、どの機種を接続するかで接続の方法や必要なものは異なるので注意が必要です。 ここではiPhoneとAndroidの方法をご紹介しますので、それぞれの違いに注目しながら、有線接続をマスターしましょう。 iPhoneをテレビに有線接続する方法 iPhoneは大手キャリアで販売されており、スマホユーザーの中ではもっともシェアが高い機種でしょう。 シンプルで簡単な操作がiPhoneの特徴であり、有線接続もandroidより簡単に接続できます。 接続の方法やポイントを知り、手順を正しく把握してスムーズに接続しましょう。 変換アダプタとHDMIケーブルを用意 通常有線接続の場合、専用ケーブルがあれば接続は可能ですが、iPhoneの場合はケーブルだけではなく、変換アダプタも必要です。 有線接続はHDMIケーブルを使用しますが、ケーブルのままではiPhoneには接続はできません。 変換アダプタはHDMIケーブルとiPhoneを繋げるために必須のものですので、必ず用意しましょう。 Androidをテレビに有線接続するには AndroidもiPhoneに並ぶ人気機種のひとつであり、使用している人も多いでしょう。 Androidの場合、iPhoneよりも接続が複雑になるので注意が必要です。 機種によって接続に必要なものも異なるため、どの機種を使用しているか確認して、必要なものを適切に揃えましょう。 充電器の差込口の形を確認する Androidで有線接続をするには、まずは充電器の差し込み口の形を確認しなければなりません。 androidの差し込み口は台形のUSB micro-Bか、楕円形のUSB Type-Cです。 有線接続が可能なのは、USB micro-Bのみなので手持ちの機種をよく確認しておきましょう。 有線接続に対応していないUSB Type-Cは、2016年以降主流になったタイプです。 新型モデルを使用している場合は、有線接続には対応していない場合が多いでしょう。 MHLケーブルでスマホとテレビを接続 androidはMHLケーブルでテレビと接続しますが、それぞれの対応状況による応じて、どのように接続するかは異なります。 androidのMicro USBにMHLケーブルを繋ぎ、テレビの対応箇所にケーブルを差し込めば接続は完了です。 テレビがMHLに対応しておらず、HDMIしかない場合は、変換アダプタを使用します。 おすすめのHDMI変換アダプタを紹介 有線接続の際にはHDMI変換アダプタが必要な場合が多いですが、種類が多いためどれを使用すればよいのか悩む人も多いでしょう。 接続さえできれば問題ないと考える人もいますが、実はどの変換アダプタを使用するかで、テレビに映し出せる画質は異なります。 接続するケーブルやスマホのデータだけではなく、変換アダプタによって画質は左右されます。 lightningケーブルに対応しており、かつ映像を高画質で楽しめるものを紹介しますので、購入時の参考にしましょう。 テレビだけではなく、パソコンやプロジェクターにも接続でき、面倒な設定は必要ありません。 写真や動画、アプリにYouTubeまで、あらゆる用途で使用できるため、活用の幅は広いでしょう。 対応機種も幅広く、iPhoneからiPad、iPadにも幅広く対応しています。 HDMIケーブルとUSB充電端子を接続し、スマホに表示される「信頼」のメッセージを選べば、30秒程度で児童接続されるのも大きな特徴です。 おすすめのMHLケーブルを紹介 有線接続には変換アダプタだけではなく、ケーブルも必要です。 ケーブルは種類によって対応する機種が違い、テレビでもどの端子に接続できるかは異なるので注意が必要です。 使っているスマホだけではなく、テレビの差し込み口も確認した上で、ケーブルは選ばなければなりません。 おすすめのケーブルを参考にして、使い勝手のよいものを購入しましょう。 エレコム microHDMIケーブル ハイスピード 2. 0m 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! スマホとテレビを無線接続する方法 スマホをワイヤレス接続する方法は、大きく4つに分けられます。 方法ごとに必要なものは違い、対応機種も異なるので注意が必要です。 それぞれの特徴を知って、どれがもっとも自分に適しているか考えてみましょう。 Apple TVを使う Apple TVはテレビに接続して使用する、セットトップボックスです。 Apple TVを接続すれば、iTunesや動画配信サイトを利用でき、ワイヤレスでiPhoneとテレビを繋げられます。 iPhoneだけではなく、iPadでも接続できますので、Apple製品の接続なら、Apple TVが基本的な方法と言えるでしょう。 AppleTVを準備する AppleTVを使用するには、まずはAppleTVの機器とiPhone、HDMIケーブル、WiFi環境が必要です。 ワイヤレス接続の場合、映し出す画質や映像のなめらかさは通信環境にも影響するため、WiFiは通信速度が速いものを準備しておきましょう。 AppleTVとテレビをケーブルでつなぐ AppleTVはテレビに差し込むには、HDMIケーブルを介さなけえればなりません。 AppleTVとテレビ、それぞれにHDMIケーブルを差し込めば、準備は完了です。 HDMIに対応していれば、ケーブルはどんなものでも使用できますが、ケーブルの品質によって画質や音質は違ってくるので注意しましょう。 よりこだわって映像を楽しみたいなら、使用するHDMIケーブルも質の高いものを選ぶことが大切です。 AirPlayで映像をテレビにストリーミング AppleTVとケーブルの接続が完了すれば、iPhoneのAirPlayからAppleTVをタップして、ミラーリングをオンにしましょう。 コントロールセンターは、画面を下から上にスライドすれば表示されます。 バージョンによっては画面ミラーリングと表示されますので、それをタップすれば、AppleTVを検出となりますので、対応するものを選択すれば接続は完了です。 接続できない場合は、機器の電源がオンになっていない、ケーブルがきちんと差し込まれていない、電波が悪いなどが考えられますので、それぞれ確認しましょう。 Miracastを使う MiracastはAndroidに搭載された映像伝送技術です。 この機能を使えば、androidからデータを飛ばしてテレビと接続ができます。 Miracastを使うには、これに対応した端末が別途必要です。 Androidとワイヤレス対応のテレビ、Miracastの端末の3点が必要になることは覚えておきましょう。 Miracastアダプタで接続 AndroidにはMiracastが搭載されていますが、テレビは対応していない可能性もあります。 この場合は、Miracastアダプタが必要になりますので、事前に対応しているか確認しておきましょう。 Miracast対応のテレビなら、アダプタなしで接続可能です。 Androidの設定をおこなう Miracastが使えるよう、スマホ側の設定をしますが、機種によって設定方法は異なるので注意しましょう。 Xperiaは設定のXperia接続設定からスクリーンミラーリングを選択し、デバイスを選びます。 GalaxyはSmartViewかクイック接続から接続できますので、使用している機種に合わせて、接続をおこないましょう。 Chromecastを使う Chromecastは、AppleTVと同じく、テレビに端末を差し込んで使用するタイプです。 ミラーリング機能はandroidのスマホのみの対応となっており、専用のアプリから出力しなければならないので、操作がやや面倒です。 専用アプリは必要なものの、androidのワイヤレス接続でテレビに直接差し込めるタイプはChromecastがもっとも主流ですので、これを利用する人も多いでしょう。 Fire TV Stickの使い方~Androidの場合~ Androidの場合、Fire TV Stickの設定は非常に簡単で、テレビとスマホの設定もシンプルです。 簡単に接続できますが、設定方法は機種によって違いますので注意しなければなりません。 テレビの設定をおこなう FireTV Stickをテレビに差し込めば、リモコンのホームボタンを押し、ミラーリングを選択します。 ミラーリングを選択すれば、スマホ側での操作待ちの状態に切り替わりますので、テレビでの操作はこれで終了です。 スマホの設定をおこなう Androidは機種ごとにスマホの設定方法が異なりますが、基本的には設定のミラーリングやワイヤレスの項目から接続可能です。 デバイスを検出できれば、それを選択して接続は完了です。 それぞれ電波が通っていることを確認して、設定からデバイスを探しましょう。 Fire TV Stickの使い方~iPhoneの場合~ iPhoneはandroidに比べれば接続までの工程が多いですが、作業自体が難しいわけではありません。 若干手間はかかるものの、手順に沿って進めれば接続は簡単ですので、ひとつひとつ丁寧に設定していきましょう。 アプリを購入する iPhoneはFireTVstickとのミラーリングにはアプリが必要です。 iPhoneかFireTVstick上、どちらかで購入すればよいので、操作しやすいほうでアプリを購入しましょう。 ただし、iPhone上で購入する場合は、Amazonのアカウントと紐づけされていなければならないので注意が必要です。 アプリを起動 アプリを購入すれば、FireTVstickのホーム画面からアプリを起動します。 起動すれば接続の設定が英語で表示されますが、特に操作をする必要はありません。 接続先のデバイス名が表示されており、iPhone側の設定でこれを選ぶ必要があるため、デバイス名だけは確認しておきましょう。 iPhoneの設定をおこなう FireTVstick上でアプリを起動すれば、iPhoneのコントロールセンターから、ミラーリングをオンにし、接続するデバイスを検出します。 デバイスを選択すれば、iPhoneの画面がテレビに映し出されますので、これで設定は完了です。 ミラーリング用のアプリは、インストールさえしていれば次回以降は起動するだけでOKですので、初期設定さえ済ませれば、次回からはスムーズに使用できるでしょう。 最新iPhoneを公式Webサイトから今すぐ予約・購入! スマホをテレビに接続してできること スマホをテレビに接続することは可能ですが、そもそもなぜテレビと繋げる必要があるのか疑問に思う人もいるでしょう。 テレビに接続しなくても、スマホは単体で使用でき、画像や動画も十分に楽しめます。 スマホを使用する上ではテレビへの接続は必須ではありませんが、繋げることでできることの幅が広がるのは確かです。 スマホをテレビに接続してできることはひとつではありませんので、何ができるかを知って、その魅力を理解しましょう。 テレビ接続によってできることを知っていれば、スマホの可能性はさらに広がります。 撮影した写真や動画をみんなで楽しむ 撮影した写真や動画をみんなで楽しもうと考え、スマホをテレビに接続したいと考える人は多いでしょう。 テレビに接続すれば、大画面で写真や動画を楽しめますので、より多くの人と思い出を共有できます。 スマホで撮影したデータは綺麗なため、大画面で拡大しても問題なく鑑賞できます。 スライドショーのように自動で流すこともできるため、思い出の写真をフォルダにまとめて、流しっぱなしにすることも可能です。 家族が集まったときに昔の思い出を振り返ったり、友人が集まったときのホームパーティで余興に使ったりと、写真や動画の鑑賞だけでも、できることは多いでしょう。 スマホゲームを大画面で楽しむ スマホはテレビに接続すれば、アプリを大画面で映し出すこともできます。 スマホのゲームもテレビに映し出せば大迫力で楽しめるため、ゲームをすることが多い人にも、テレビ接続はおすすめです。 スマホアプリでも高解像度でクオリティの高いゲームは多く、テレビに映してプレイですれば、据え置きのハードのように楽しめるでしょう。 テレビに映すことで大画面で楽しめるのはもちろん、テレビのスピーカーから音が出るため、音響もよくなり、さらに迫力はアップします。 アクションやレース、シューティングゲームで臨場感を楽しみたいなら、テレビに接続してプレイがおすすめです。 大画面で動画配信サービスを楽しもう スマホでは動画配信サービスのコンテンツが充実しており、テレビでは観られない番組も数多く放映しています。 U-NEXTやHulu、FODプレミアムが有名ですが、これらの動画配信サービスのコンテンツは、テレビに接続して大画面で楽しむことも可能です。 いつでも好きなときに番組が観られて便利ではあるものの、画面の小ささに不満を感じている人も多いでしょう。 テレビに接続すれば、画面の大きさや迫力といった問題点を解消でき、コンテンツを心おきなく楽しめます。 テレビに映すことで複数人でも共有できますので、家族や友人が集まったときに使うのもおすすめです。 圧倒的な見放題作品量• 新作も1,200円分視聴可能• 無料お試し期間中も600ポイントを貰える• 電子書籍サービスも充実• 映画館チケットもお得に U-NEXT 月額料金 1990円 税抜 見放題作品数 90,000本以上 無料お試し期間 31日間 ダウンロード再生 可能 は2007年にサービスを開始した国内動画配信サービスの老舗サービスです。 14万という業界トップクラスの映像見放題作品数と、70誌に渡る雑誌が読み放題になります。 毎月付与されるポイントを使えば、PPV作品も3つ程度は視聴できます。 は他サービスに比べても作品を配信するタイミングが早いので、他のサービスではまだ配信されていない新作品も楽しめるかもしれません。 またサービス内で使えるポイントは、 大手映画館で使えるチケットに交換できるのもユニークです。 家でも見たいけど、たまには映画館で映画を見たいと思う方にはおすすめです。 画像はHDで、対応デバイスも一通り揃っているので、サービスとして不便を感じることはあまりないでしょう。 本アカウントの他に無料でアカウントを3つ作れるので、同時に4つのデバイスで視聴できるのも魅力的です。 ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの映画・動画が見放題• 特別映像が見れたり、壁紙やスタンプなどのデジタルコンテンツが楽しめる• また、Disney DXアプリではディズニーやピクサー公式の携帯電話の着せ替え機能や、作品のトリビアといった記事の閲覧、特別映像が見れたり、ディズニーホテル優待など会員限定の特典を受けられます。 日本テレビ系の見放題作品が豊富• 933円で50,000本が見放題 hulu 月額料金 933円 税抜 見放題作品数 50,000本以上 無料お試し期間 14日間 ダウンロード再生 可能 はアメリカ発のサービスですが、国内では動画配信サービスの先駆け的存在です。 海外ドラマのラインナップは他のサービスと比べても優れており、 海外ドラマ好きにおすすめです。 国内の事業を日本テレビが買収したため、国内見放題作品も充実しています。 国内のキー局の人気番組も一通り揃っているため、 テレビ好きで見逃し配信用に使いたい方にもおすすめです。 特にアニメのラインナップにも力を入れているため、子供とも一緒に楽しめるサービスになっています。 プランは月額933円のプランのみです。 PPV作品もなく全て見放題なので、シンプルにサービスを利用できます。 対応デバイスは一通り揃っていますが、複数デバイスでの同時視聴ができないため、家族で分けて使いたいと方には使い勝手が悪いかもしれません。 ダウンロード機能もないため、スマホに落として移動中に視聴するという使い方にも向いていません。 他のサービスよりは短いですが、無料期間が2週間設定されています。 FODプレミアム 出典:• フジテレビ系の見放題作品が豊富• 毎月最大1,300円分のポイントを受け取れる• ドラマやバラエティ番組を見逃した場合でも「見逃し配信」を行っているので、好きな時間に視聴できるという特徴があります。 は、月々888円 税抜 の低価格で映画、ドラマ、バラエティ、アニメ、さらには雑誌などのコンテンツを楽しむことができます。 の月額会員になると、毎月100ポイントが自動で付与されます。 さらに8のつく日はFODプレミアムのマイページからポイント取得ボタンをクリックすると、 全員に400ポイントがプレゼントされます。 また、AmazonアカウントでFODプレミアムに登録すると、FODプレミアムの月額コース利用料金が1ヶ月間無料になる特典があります。 多ジャンルを観たいという方にはぴったりのサービスですね。 dTV 出典:• 月額料金が500円で見放題を楽しめる• 31日の無料お試し期間 dTV 月額料金 500円 税抜 見放題作品数 120,000本以上 無料お試し期間 31日間 ダウンロード再生 可能 はドコモが運営しているサービスですが、ドコモユーザーでなくても利用できます。 厳密にはドコモとavexの合弁会社が運営してるのです。 国内の動画配信サービスでは最もユーザー数が多いサービスとなっています。 その魅力はなんといっても、 月額500円というコスパのよさと、その価格で12万を超える見放題作品が揃っている点です。 一部はPPV作品なので視聴には追加での課金が必要ですが、無料でも十分に楽しめる圧巻のラインナップとなっています。 avexが関わっているため音楽ジャンルが強く、 MVはもちろんライブ映像なども充実しています。 他にも人気のドラマや映画のスピンオフ作品を作るなど、オリジナルコンテンツにも力を入れています。 対応デバイスはゲーム機意外は一通り揃っている他、dTVターミナルといった専用の視聴デバイスも用意しています。 デバイスに動画をキャッシュ保存しておけば、オフライン環境でも視聴できるので、移動中などに楽しみたい人にとっては魅力的ですね。 Amazon Prime Video 出典:• 月額408円~利用可能• 話題のオリジナル見放題作品が豊富• prime musicで音楽も聴き放題• prime readoingで対象の本、漫画、雑誌が読み放題• Amazonプライム会員の特典が利用可能 amazonプライム・ビデオ 月額料金 408円 年会費として年4,900円を支払う場合 500円 税抜き 見放題作品数 10,000本以上 無料お試し期間 30日 ダウンロード再生 可能 はその名の通り、アマゾンプライムの1コンテンツです。 アマゾンプライムに登録している人であれば、追加料金なしで楽しめます。 逆に非アマゾンプライム会員の方は、アマゾンプライムに登録すれば、動画だけでなくアマゾンミュージックなど他のサービスも利用できるのが魅力です。 アマゾンプライムは年会費で払えば月額408円になります。 プライムビデオのオリジナル見放題作品には人気の作品もあり、「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」はシリーズ化され、お笑い好きには見逃せない作品となっています。 Amazon Prime Videoは圧倒的なコスパの高さとオリジナル見放題作品が魅力的です。 Netflix ネットフリックス 出典:• Netflixはオリジナル作品が豊富• 海外作品が豊富 Netflix 月額料金 800円 税抜き 見放題作品数 非公開 無料お試し期間 30日 ダウンロード再生 可能 Netflixは海外発のサービスで、2015年9月に日本でもサービスを開始しました。 世界的に人気のサービスのため、海外の映画やドラマが充実しています。 サービス開始当初は、他のサービスに比べて国内見放題作品のラインナップが弱い印象がありましたが、徐々にその弱点も克服しています。 黒を基調とした背景は、映画館を彷彿とさせ、お気に入りの動画を探すのが楽しくなってきます。 トップ画面で作品にカーソルをのせると、ダイジェストが流れるので、好きな雰囲気の作品かどうかがわかりやすいです。 オリジナル見放題作品にも力を入れており、芥川賞受賞作品「花火」の実写化したのが話題になりましたね。 料金プランは3つ用意されています。 月額800円のプランは画質がSDで同時に1デバイスでしか再生できません。 画質にそこまでこだわらない方であればこちらで十分でしょう。 月額1200円のプランは画質がHDにランクアップされ、同時に再生できるデバイスも2つに増えます。 家族でデバイスを分けて使いたい方におすすめです。 月額1800円のコースは4K画質に対応し、同時に4つのデバイスで同時再生が可能です。 また追加課金 PPV作品 がなく、配信されている全ての作品がないのも魅力的です。 国内のテレビメーカーからは一通り、対応テレビがラインナップされており、ネットに繋がるテレビがあれば、PCがなくてもテレビで動画を楽しめます。 テレビ以外のデバイスにも一通り対応しています。 無料お試し期間が1ヶ月あるので、試してみましょう。 毎月新作映画が観れる• 映画料金が700円割引• テレビでも視聴可能 au ビデオパス 月額料金 562円 税抜 見放題作品数 10,000本以上 無料お試し期間 30日間 ダウンロード再生 可能 は、auが公式に提供する動画配信サービスです。 au ビデオパスという名前ではありますが、auユーザーでなくても加入できます。 基本の定額見放題プランは、月額562円 税込 で利用可能です。 映画やドラマ、アニメまで全て見放題であり、約1万作品を楽しめる点が大きな魅力です。 また毎月最新作を1本視聴できる540円相当のコインが付与されるので、幅広い作品を楽しむことができます。 必要なときだけ支払うレンタルは、定額制ではなく、観たいときだけ単発での利用が可能です。 使った分しか費用が発生しないので、頻繁に視聴しない方にはおすすめです。

次の