ドリュウズ 育成論。 【勝てない人におススメ】ドリュウズの育成論・対策まとめ【ポケモンサンムーン】

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ドリュウズ 育成論

ドリュウズの基本データ HP 110 タイプ じめん こうげき 135 はがね ぼうぎょ 60 特性 すなかき とくこう 50 すなのちから とくぼう 65 夢特性 かたやぶり すばやさ 88 ドリュウズの特徴 特性「すなかき」で先制 「すなかき」は天候がすなあらし状態の時、自身のすばやさを2倍にする特性です。 効果が発動すれば、 本来ドリュウズのすばやさの種族値で先制することができないウインディやドラパルト、スカーフロトムなどを抜くことができます。 すなあらし状態にするには、 特性「すなおこし」のポケモンをドリュウズと共に採用するか、ダイマックスわざ 「ダイロック」の追加効果ですなあらしを発生させるかの2つがメインの手段です。 特性「すなおこし」を持つポケモン… バンギラス 、 カバルドン 、 ギガイアス 特性「かたやぶり」で相手の特性を無視できる ドリュウズの夢特性である「かたやぶり」は、相手の特性を無効化して攻撃することができます。 通常の特性のドリュウズでは相性が良くないロトム系統 の「ふゆう」や、トリックルームを展開されてしまうと厄介なミミッキュ の「ばけのかわ」を無視して攻撃することができるため、非常に強力です。 タイプ一致のダイマックス技が強力 ドリュウズのタイプであるじめんとはがねはダイマックスするとそれぞれ 「ダイアース」「ダイスチル」となり、自身を含めた味方の耐久を上げることができます。 ドリュウズの比較的早いすばやさから繰り出されるダイアース、ダイスチルはドリュウズの突破をより困難にします。 耐久が上がっているドリュウズに対して中途半端な火力の弱点技を打たれると じゃくてんほけんを発動させることができるので、じゃくてんほけんと相性が良いです。 ドリュウズの技 有用な攻撃技 じしん タイプ一致技。 味方を巻き込むので注意。 10まんばりき タイプ一致技。 単体技なので使いやすいが命中率が95と不安。 アイアンヘッド タイプ一致技。 扱いやすく、怯みも強力。 いわなだれ 怯みが強力。 ダイロックのベースとしても。 ロックブラスト きあいのタスキを所持するバタフリーに対して有効。 かわらわり リフレクター、ひかりのかべ対策に。 ダイナックルのベースとしても。 つのドリル 一撃必殺技。 アーマーガアを狙う時はこちら。 じわれ 一撃必殺技。 サマヨールを狙いたい場合はこちら。 有用な補助技 つるぎのまい こうげきランクを上昇させ、全抜きも狙える。 まもる 大事に扱いたい場合に。 みがわり 「いかく」を無効化できる。 トゲキッスが このゆびとまれや あくびでサポートをして、ドリュウズが つるぎのまいや ダイマックス技で攻める組み合わせとなっています。 特性「すなおこし」を持つポケモン 「すなおこし」ですなあらし状態にすることで、ドリュウズの特性 「すなかき」を活かすことができます。 しかし、ドリュウズの特性が「かたやぶり」であるケースもあり、様々な型を警戒する必要があります。 ドラパルト シーズン1では ドラパルトが使用率1位、ドリュウズが使用率2位であり、汎用性が高い組み合わせです。 トゲキッスとも組み合わせることで、 トゲキッス+ドリュウズ 、 トゲキッス+ドラパル ト という強力な並びを2パターン作ることができます。 ドリュウズの対策 ウインディ 特性「いかく」によるこうげきダウンと おにび、 ほのお技の攻撃が有効です。 ドリュウズよりもすばやさが早いので、上からおにびを狙うことが可能です。 ただし、特性「すなかき」には逆にドリュウズが先制するので注意しましょう。 カットロトム ドリュウズの特性が「かたやぶり」であってもじめん技を等倍で受けることができ、 おにびで弱体化を狙えます。 アーマーガア アーマーガアは ドリュウズのタイプ一致技であるじめん・はがねタイプを半減以下で受けることができます。 てっぺきでより安定して受けることも可能で、 ボディプレスというドリュウズに対する優秀な打点をもっています。 ドリュウズと一緒に採用がみられるバンギラスにも強いこともメリットです。 ドサイドン トリックルーム下でドサイドンの「じゃくてんほけん」を発動させて ダイアースで一撃で倒すことを狙います。 また、ダイマックスや特性「ハードロック」により、ドリュウズからのダイアースを受けきることもできます。 ギャラドス みず・ひこうタイプであるギャラドスはアーマーガアと同様にドリュウズのメインウェポンを半減以下で受けることが可能です。 また、特性 「いかく」でドリュウズの火力を下げることもできます。 さいごに ダブルバトルにおけるドリュウズの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 13 目次 1. はじめに2. 寄稿される方へ3. 上位リスト3. Wolfey3. […][…]• 2020. 04 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. ドラパルト3. トゲキッス3 […][…]• 2020. 14 レンタルチームID: 0000 0006 5FDV 2J 目次 1. はじめに2. コンセプト3. […][…]• 2019. 07 目次 1. はじめに2. ダブルって?シングルとの違いは?3. 初心者はまず何をすればいいの?3. 1 […][…]• 2020. 27 目次 1. ジュラルドンの基本データ2. ジュラルドンの特徴2. 「はがね」「ドラゴン」タイプ2 […][…].

次の

【ダブル】ドリュウズの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ドリュウズ 育成論

「ガラルサニーゴ」や「ドヒドイデ」などの受けポケモンには、「じわれ」の1撃必殺を狙うことができるため、倒すのが難しい相手に放てる技となっています。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 「じわれ」との選択肢。 飛行タイプの「アーマーガア」などを意識する場合はこちら。 ただし「ゴーストタイプ」に無効なため注意。 相手の方が素早さの高い場合でも、技「がんせきふうじ」を選択することで素早さダウンを狙えるので 対面で勝ちやすい状況を作り上げられるのが魅力といえます。 「ばけのかわ」「ふゆう」などの特性を無視できるので、 「ミミッキュ」や「ウォッシュロトム」などのポケモンに対して有効です。 「きあいのタスキ」と「すなかき」を組みわせることで、素早さが2段階上昇した「ギャラドス」や「トゲキッス」に、先手をとって反撃可能です。 また、特性を「すなかき」で育成する場合は、ダイマックスと相性のよい、「つるぎのまい」や「いわなだれ」を採用するのがおすすめです。 ダイマックスとの相性もよく、攻撃を上げて相手を倒しやすくなる。 相手の攻撃を完全に防げる、「ダイウォール」を使用した戦いが可能。 「がんせきふうじ」に比べて、「ダイロック」の威力を高めることができる。 「きあいのタスキ」などの影響を受けずに倒せる。 ただし攻撃回数は安定しないので注意。 ダイマックスをすれば、ダイマックスしたウォッシュロトムの「ダイストリーム」も耐えることができます。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 ドリュウズの役割と立ち回り 特性を活かして戦うアタッカー 「ドリュウズ」の持つ特性「かたやぶり」「すなかき」はどちらも強力です。 ランクバトルの環境や、ドリュウズに持たせたい役割で使い分けましょう。 特に 「ミミッキュ」の「ばけのかわ」を無視して攻撃できる点が非常に強力なため、現環境ではミミッキュキラーとして活躍することができます。 元の素早さの負けている相手にも、「ダイロック」による 砂嵐で、素早さを逆転させる立ち回りが強力です。 「カバルドン」などのポケモンで、予め天候を変えておくと、より立ち回りやすくなります。 一撃必殺で不利状況を打開できる ドリュウズは「つのドリル」と「じわれ」を覚えることができ、一撃必殺技で不利な状況を打開できるポケモンです。 運要素が強すぎますが、こちらが完全に不利な場面でもワンチャンスにすがって技が出せるのがドリュウズの強みと言えます。 ドリュウズと相性の良いポケモン ドリュウズの退き先になれるポケモン 「ドリュウズ」の攻撃を、タイプ相性で受けられるポケモンがおすすめです。 ドリュウズの苦手なポケモンに負担をかけて、ドリュウズに有利な対面を作りましょう。 また、 飛行タイプはドリュウズの苦手な地面技を無効にし、お互いの弱点をカバーできるので、相性補完に優れています。 ドリュウズで「ダイロック」を使用せずとも、先手を取りやすくなるので、 ダイマックスターンを有効活用できます。

次の

ドリュウズの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドリュウズ 育成論

ドリュウズ 種族値 HP 110 攻撃 135 防御 60 特攻 50 特防 65 素早 88 じめん はがね 合計種族値 508 特性 すなかき 天気がすなあらしのとき、素早さのステータスが2倍になる すなのちから 天気が「すなあらし」の時、自分のいわ・じめん・はがねタイプの技の威力が1. 3倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない 隠れ特性 かたやぶり 攻撃する時、相手の特性の影響を受けない。 攻撃後に効果が表れる特性は影響を受ける ドリュウズの特徴 ドリュウズの長所 砂嵐の状況下で力を発揮 天候「すなあらし」状態であれば、ドリュウズの特性「すなかき」「すなのちから」が最大限の効果を発揮します。 特性によって「すなあらし」の天候ダメージを受けなくなり、「すなかき」であれば素早さが2倍、「すなのちから」であれば特定タイプ じめん・はがね・いわ の攻撃威力が1. 3倍になります。 相手の特性を無視できる ドリュウズの隠れ特性「かたやぶり」は、名称の通りかたやぶりな特性で、相手ポケモンの特性を無視して攻撃することが可能です。 強力なポケモンの1体であるミミッキュの特性「ばけのかわ」を無視して攻撃することができます。 「ダイロック」によって自ら砂嵐を起こせる ダイマックス時のいわタイプ技「ダイロック」は、天候を「すなあらし」に変更することができます。 そのため、ドリュウズがいわタイプ技を覚えていれば、「ダイロック」によって自ら天候を変更し、自身特性を最大限発揮させる運用が可能となりました。 ドリュウズの短所 耐久力が低い ドリュウズは種族値のほとんどをHASに配分されており、弱点タイプも4種類 ほのお・みず・じめん・かくとう と多めで耐久力が低くなっています。 Hの種族値と半減タイプが豊富なので、紙耐久ではありませんが、ローブシンのタイプ一致「マッハパンチ」で確1なくらいの耐久力です。 「やけど」や「こんらん」に弱い タイプ相性によって、状態異常「どく」「まひ」になりにくいが、「やけど」「こんらん」には耐性がありません。 ドリュウズが「やけど」状態であれば火力を発揮することができず、「こんらん」状態では自傷ダメージによってHPのほとんどんを削ってしまいます。 受けが成立していても、つのドリルで一撃必殺を狙ってくることが多いので起点にするのはリスキーなので早めに処理するのに越したことはないです。

次の