川重 テクノロジー。 会社概要

川崎重工業

川重 テクノロジー

(MHI)・と共に重工大手三社の一角を成している。 概要 [ ] 会社の歴史は19世紀のより始まっており、東京築地の川崎築地造船所に端を発している。 のによる造船活況、そして、の、戦後のと日本の近代史・産業史とともに存続してきた日本を代表する総合重機械産業として知られる名門企業である。 のや、の製造もおこなう国内有数のでもあり、防衛装備受注金額では2015年度の防衛中央調達額でを抜いて日本第1位、世界第28位に位置した。 神戸を拠点とする有数の関西系企業でもある。 かつてはの主要企業であった経緯から、・とも関係がある。 本社はのであり、海岸に東京本社も設置している。 に相当するミッションステートメントには「の頂点へ」と記されており、超高度な技術力の錬磨を推奨する社風を展開する。 過去の歴史をさかのぼれば、日本で初めてやの製造を行うとともに、の初飛行からわずか15年で航空機工場を設立、戦後はなどに代表されるコンシューマープロダクツへの進出を成功させている。 近年では、航空機の機体・エンジンの両方と、宇宙機器の開発・製造を担う航空宇宙産業としてその名を轟かせている。 に代わり閣議決定されたに従い、潜水艦や航空機の売り込みを図るなど防衛装備品の海外輸出検討も積極的に行っている。 一方、1969年に世界初の会社を設立したとの協力での国産化に成功して以来 、重工業では珍しく、日本国内でに次ぐ第2位、世界で第4位のロボット産業として存在感を確立している。 この成長著しいロボット産業分野で、日本のロボット生産金額は2018年度に1兆円を超えたが、それら日本のロボットメーカーで構成する会長職を2018年5月にから引き継いでいる。 また、やに至るの一端を担う業容の重点化、すなわちを行っており自社の製造業としての高度知識集約産業化を強力に進めている。 さらに、の確立を見越したチェーンの技術確立にいち早く取り組んでおり特筆に値する。 これらの歴史は従来製品の延長だけで満足せず、新たなる分野での「の頂点」を目指す社風の成果とされる。 内において設立されている返仁会(会)や会と同じく、理工系国家最高資格の、国家最高称号・学位である取得を社内で積極的に推進し、資格取得者から構成する川重技術士会(約140名)や取得者で構成される川重博士会(約120名)を設立している。 さらに自社内の社報で・取得者を定期的に公開しており「の頂点へ」という気風を強力に後押ししている。 なお、同社の会長・社長経験者は、神戸の会頭職と同時に、の副会頭職を務める場合が多い。 さらに、その社業が陸海空のインフラ全般に及び社会経済の発展に貢献していることから、や、鉄道システム輸出組合などの会長・理事長を務める場合が多い。 また、経営指標において特筆すべき成果が認められる場合にの副会長職を務めている。 名称・ロゴマーク [ ] 現在はKawasakiを図案化した 「フライングKカワサキ」を川重グループで使用している。 かつて、川崎の川を図案化した 「リバーマーク」を制定し、時代から長年、社章・社旗・オートバイを除く製品等で用いていた(も独自マーク制定迄はリバーマークを使用していた)。 オートバイ部門は1960年代からフライングKカワサキを使用していた(それ以前はリバーマーク。 一部車種はを使用)。 川重製オートバイの海外認知度向上により、日本国内でもフライングKカワサキが鉄道車両等オートバイ以外の製品・サービスにもよく使われるようになり、2007年にフライングKカワサキを川重グループの新たなコーポレートマークに制定した。 ただし、リバーマークが全く使われなくなったわけではなく、2015年発売のNinja H2Rなど一部の製品では、エンブレムとしてリバーマークが使われている。 2016年1月7日、創立120周年を記念しリバーマークを基にした「120周年ロゴマーク」を発表。 1年間限定であるがリバーマークが復活した。 広報活動等で使用される。 主要事業・製品 [ ] 製造する商品は多岐にわたる。 同社は製造製品の分野ごとのをとっており、(平成23年)現在では以下のカンパニーで構成されていた。 グループ連結での売上構成は、海洋事業9. 2018年4月1日、社内カンパニーを7から6に改編した。 航空宇宙カンパニーとの航空エンジン事業を統合し、となった。 のエネルギー関連事業とプラント・環境カンパニーを統合し、 エネルギー・環境プラントカンパニーとなった。 精密機械カンパニーの 名称を精密機械・ロボットカンパニーに変更した。 船舶・海洋 [ ] 詳細は「」を参照 精密機械・ロボットカンパニー [ ] 精密機械ビジネスセンターとロボットビジネスセンターからなる。 川崎重工業のロボットビジネスセンターでは JSK と共同で人型ロボット(後述)を開発中。 RHP Robust Humanoid Platform 『2017国際ロボット展 iREX 2017 』(東京ビッグサイトにて2017年11月29日から2017年12月2日まで開催された国際ロボット展)にて人間型のバージョン4「RHP Robust Humanoid Platform 」を展示。 身長174cm、重量83kg、全32自由度の成人男性サイズの。 Kaleido(カレイド) 翌年の『World Robot Summit 2018 WRS 2018 』(東京ビッグサイトにて2018年10月17日から2018年10月21日まで開催されたロボット展)にてバージョン5「Kaleido(カレイド)」を公開。 軸構成を見直して軽量化・スリム化、バージョン4と同サイズで10kgほどの軽量化に成功、全30自由度(2軸削減)。 「Kaleido(カレイド)」は万華鏡 kaleidoscope に由来しており、「用途にあわせて姿を変え、無限の可能性を持つ」ことを意味、一般公募にて名称を募集した(募集期間:2017年11月29日から2017年12月31日まで)。 Kaleido(漢字表記:華麗人) 『2019 国際ロボット展 INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2019(iREX2019)』(東京ビッグサイトにて2019年12月18日から2019年12月21日まで開催されたロボット展)にて新型バージョン6「Ver. 6 身長178cm、体重85kg 」を公開。 全32自由度(Ver. 5より2軸増加)。 最新型の「Kaleido Ver. 詳細は「」を参照 建設機械 [ ] 2009年分社化により、になった。 川崎重工業の子会社であったが、2015年に株式譲渡によりの子会社となった。 現在扱っている製品。 除雪機械• トーイング• 用 かつて扱っていた製品• - よりを受ける。 - 一時期、TEREX社のモデルを販売していた。 - 米国HUBER社と技術提携して製造、販売していた。 - 一時期販売していた。 沿革 [ ]• (11年) - により「川崎築地造船所」として設立。 (明治19年) - の官営の払い下げを受ける。 (明治29年) - 株式会社を設立(資本金200万円)。 が初代社長に就任。 (明治39年)5月 - 運河分工場(後の兵庫工場)を開設。 事業に進出し、、、の製作を開始。 (明治41年)6月27日 - 清国大連に支店を設置。 (明治44年) - 国産化第1号完成 (1B1形タンク=180形)。 (7年) - 兵庫工場に科を設置。 (大正8年) - 部を分離し、株式会社を設立。 (3年) - 部門を分離し、株式会社を設立。 (昭和12年) - 部門を分離し、株式会社を設立。 (昭和14年) - 川崎重工業株式会社に商号変更。 (昭和24年)5月 - ・・に。 (昭和25年)8月 - 部門を分離して、株式会社(現・株式会社)を設立。 (昭和41年) - 、、運搬機械などのメーカーであった横山工業株式会社を合併。 (昭和44年) - 川崎車輛・川崎航空機工業を。 (昭和47年) - 株式会社を合併。 (昭和50年) - 米国での生産を開始。 (昭和61年)3月31日 - 宇都宮工場(、現:)を閉鎖、翌4月1日にアイ・ケイ・コーチ(旧:川重車体工業、現:ジェイ・バス)に生産拠点として譲渡。 (昭和63年) - 米国での生産を開始。 翌年、をともない と共同事業。 (3年) - を挟むの掘削に成功。 (13年) - に移行。 米国に専用工場を完成。 (平成14年) - 造船部門を、株式会社へ分社。 油圧部門を、として分社、独立。 (平成15年)4月 - との部門統合会社を設立。 (平成17年) - 建設部門を分離し、株式会社を設立。 を買収。 (平成18年)• から(旧:)の全株式を取得。 関連会社の川重防災工業(現:エア・ウォーター防災)の株式をが取得し同社のとなる(翌年春、同社はエア・ウォーターの完全子会社となる)。 環境部門がカワサキ環境エンジニアリング(株)として分社独立• (平成19年)• と旧のをうけ、国土交通省よりに基づき45日間の業務停止命令を受ける。 カワサキヘリコプタシステム(現:)の株式を系の同業大手・へ売却。 カワサキプラントシステムズ(株)とカワサキ環境エンジニアリング(株)が合併し、新たにカワサキプラントシステムズ(株)として発足• 次期固定翼哨戒機(XP-1)試作1号機・次期輸送機(XC-2)試作1号機ロールアウト• (平成20年)4月 - 神戸製鋼との破砕機部門統合会社の全株式を取得。 (平成21年) - 部門をとして分社独立。 (平成22年)10月 - 、、の3社と合併・再統合。 (平成25年) - シスメックス(株)と医療用ロボットの開発に向けたマーケティング会社(株)メディカロイドを設立。 (株)KCMを日立建機グループに譲渡。 (平成30年)4月 - 、航空関連分野、エネルギー関連分野について、事業分野に沿って3カンパニーを2カンパニーに改編。 社内カンパニーは7から6となった。 歴代経営者 [ ]• 創業者• 十一代• 十二代• 十三代• 十四代• 十五代• 十六代 事業拠点 [ ] 生産拠点 [ ] 西神戸工場• (、製造)• 敷地面積:864ヘクタール、数:約1,000人• 坂出工場(川崎町、コンテナ船・製造)• 岐阜工場(川崎町、製造・修理)• 敷地面積:276ヘクタール、数:約2,900人(名古屋第一・第二含む)• 名古屋第一工場(、航空機部品製造)• 名古屋第二工場(愛知県、航空機部品製造)• 西神工場(高塚台、部品製造)• 敷地面積:220ヘクタール、従業員数:約150人• 神戸工場(、・・製造・修理・)• 敷地面積:68ヘクタール、従業員数:約1,600人• 西神戸工場(櫨谷町、油圧機器製造)• 播磨工場(、鉄構製品・・・・製造)• 敷地面積:328ヘクタール、従業員数:約630人• 明石工場(川崎町、・・・製造)• 敷地面積:210ヘクタール、従業員数:約3,200人• 加古川工場(兵庫県、二輪・四輪、ジェットスキー用のエンジン鋳造品製造) 関係会社 [ ] 以下の一覧は、川崎重工業の平成28年度に記載された内容に基づく。 有価証券報告書に記載された関係会社は、報告書中の連結の作成において連結対象とした関係会社である。 関係会社の事業内容は有価証券報告書に記載されたの名称と一致させた。 02 航空宇宙事業 100 日飛興産 株 その他の事業 100 間接100 ガスタービン・機械事業 83. 53 株 カワサキマシンシステムズ 100 プラント・環境事業 100 精密機械事業 100 カワサキロボットサービス 株 100 川重商事 株 その他の事業 70 株 カワサキライフコーポレーション 100 Kawasaki Rail Car, Inc. 車両事業 100 間接100 Kawasaki Heavy Industries U. A Inc. その他の事業 100 Kawasaki Motors Corp. , U. Inc. 精密機械事業 100 間接100 Kawasaki Motors Manufacturing Corp. , U. A Inc. 精密機械事業 100 Canadian Kawasaki Motors Inc. 100 Kawasaki do Brasil Industria e Comercio Ltda その他の事業 100 Kawasaki Precision Machinery U. Ltd. 精密機械事業 100 Kawasaki Robotics UK Ltd. 100 Kawasaki Heavy Industotries U. Ltd. その他の事業 100 Kawasaki Motors Europe N. 38 Kawasaki Robotics Korea, Ltd. 100 Kawasaki Gas Turbine Asia Sdn. Bhd. ガスタービン・機械事業 100 PT. Corporation 50 Kawasaki Motors Enterprise Thailand Co. ,Ltd. 100 Kawasaki Motors Pty. Ltd. 100 India Kawasaki Motors Pvt. Ltd. 100 Wipro Kawasaki Precision Machinery Pvt. Ltd. 精密機械事業 74 Kawasaki Heavy Industries India Pvt. Ltd. 精密機械事業、その他の事業 100 間接0. 14 以上の他に49個の連結子会社がある。 主たる持分法適用関連会社 プラント・環境事業 24. 81 株 メディカロイド 精密機械事業 50 ENSEADA INDUSTRIA NAVAL S. 船舶海洋事業 31. 09 南通中遠川崎船舶工程有限公司 50 大連中遠川崎船舶工程有限公司 34 安徽海螺川崎工程有限公司 プラント・環境事業 49 安徽海螺川崎節能設備製造有限公司 49 安徽海螺川崎装備製造有限公司 50 上海海螺川崎節能環保工程有限公司 49 間接49 上海中遠川崎重工鋼結構有限公司 45 以上の他に8個の持分法適用関連会社がある。 海外展開 [ ] アメリカ進出 川崎重工業は日本企業のでも最も早期に米国に進出している。 リンカーン工場は、日本式の型の生産体制のモデルケースとして広く取り上げられた。 またにリンカーン市にかけあって工場員のを防ぐなど、型の労働管理の象徴とも考えられた。 中国への技術移転 2011年6月30日に開業した中国の - を結ぶ中国版新幹線「」には日本となどの技術が使われており、日本からは川崎重工業、、などの企業連合が技術供与した。 だがその後、中国側が「独自開発」を主張し、米国や日本などで技術を申請する方針を打ち出した(川崎重工業は中国で特許を取得していない)。 さらに同幹部は「供与した技術は中国国内での使用に限ることになっている。 きちんと契約を守る大人の国になってほしいと思うが、(中国側の動きを)もう少し見守りたい」と述べた。 中国への技術供与には終始慎重だったの社長は、2011年6月29日の会見で、「新幹線技術は国内のメーカーとの技術陣の長い期間にわたる汗と涙の結晶」と述べた上で、技術供与した川崎重工業に対して「技術立国に恥じない対応をしてもらいたい」と語り、特許侵害には断固対処するよう求めた。 また、海外初の生産拠点も川崎重工は中国に設置している。 の造船事業 第3四半期に221億円のを計上。 ブラジル政府の協力要請を受け、から相次いで発見された開発に向けて現地の建設大手3社が設立したに3割出資して合弁事業に参画したことに伴い、から船2隻と推進プロペラ装置の製作にあたった。 翌年にペトロブラスや建設会社などが絡む大規模な・スキャンダルが発覚。 この余波でエンセアーダへのドリルシップ建造工事への入金および川崎重工への支払いも止まったが、2015年11月まで工事中断に合意せず損失処理を行わなかった。 急速な安による掘削事業の悪化もあり、エンセアーダへの出資金、貸付金の28億円とドリルシップ関連の、の評価損192億円を計上した。 不祥事 [ ] 労働災害 [ ] に入社(一旦退職し、のちに再入社)し、にと診断された神戸工場のグループ長(当時55歳)が、首吊りした。 同社は、1件も受注できない中で450億円の大きな商談を任せ、この男性が失敗したとして、男性を社内で「金食い虫」と糾弾し続けてきた。 神戸東が自殺と職務との関連性を認めず、不認定としたことを受けて、遺族の妻は遺族補償給付金などの不支給処分取り消しを求めに提訴。 、同地裁(裁判長・)は、男性が仕事で大きな重圧を受けていたとして労災を認め、神戸東労働基準監督署の処分を取り消した。 判決は「時間からは、直ちに業務が過重だったと認められない」、「業務による心理的負荷が強かった。 自殺は、業務に内在する危険が現実化した」と言及。 子会社での賭博問題 [ ] 同社子会社ので、2009年頃から、社内のにおいて、参加者らが賭けを行っていたことが明らかになった。 同社の社長ら幹部が関与していた疑いが指摘されている。 陸上自衛隊ヘリ開発を巡る談合 [ ] の観測用()をベースにした次期多用途ヘリコプターの開発計画(UH-X)を巡る疑惑がに浮上。 受注に当たって同社とその関連企業、及びがを排除しようとしたとして、の家宅捜索を受けた (当時の川重担当者はになった)。 この談合問題については、川崎重工業の株主らがに同社の社長ら経営陣を相手取り、談合当時の取締役だった村山社長らが同社に談合による損失を賠償するよう、総額46億2,600万円の支払いを求めるをに起こした。 、同地裁(裁判長・)は「男性は判決を受けられる資格『原告適格』を喪失した」として訴えを却下した。 新幹線N700系電車の台車トラブル [ ] 詳細は「」を参照 提供番組 [ ]• () 脚注 [ ]• 二輪車では川崎重工としては名乗らず、むしろこちらを使用している。 「川崎」は創業者のの姓が由来であり、とは無関係で工場の立地もない。 2018年12月28日閲覧。 - carcast・2016年3月18日• 2018年1月31日、川崎重工業、2018年5月25日閲覧• IEEE Spectrum、2017年9月26日閲覧• マイナビニュース、2017年11月30日閲覧• 川崎重工業、2017年11月20日閲覧• マイナビニュース、2018年10月19日閲覧• 川崎重工業、2017年11月29日閲覧• 川崎重工業株式会社、2019年12月16日閲覧• 川崎重工業株式会社、2019年12月16日閲覧• 「川重会長 中国版新幹線和諧号に法的手段を示唆」(msn産経ニュース2011. 4 18:27配信)• SnkeiBiz 2011. 29 18:16配信• SankeiBiz 2012. 25 8:15配信• 読売新聞 2013年1月8日• 2012年12月6日, at the. 毎日新聞 2014年6月23日• 神戸新聞 2019年9月17日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ユニフォームスポンサー。 ホームゲームで随時「カワサキDay」が開かれ、最も活躍した選手にカワサキ製オートバイが贈られる。 - 川崎の全面協力のもとで製作。 - 川崎のオートバイを主にカスタマイズして販売しているフランスのオートバイメーカー。 - 2代目の銀傘(1951年~1982年)を製作した。 - ホヴァリングサッカーステージの設計・製作を担当した。 その縁で、かつては外野フェンスに広告を掲出していたことがあった。 - 2015年シーズンより、ライトスタンドの上に広告を掲出している。 なお、広告の掲出開始後、からを受注したことが発表された。 - 潜水艦などを製造していた泉州工場へのアクセス路線として開通した。 ・ - ・制作の特撮テレビ映画。 キカイダーとキカイダー01、それぞれの愛車である サイドマシーンと ダブルマシーンを供給している。 外部リンク [ ]• (日本語)• - チャンネル• - 1958年製作のPR映画。 カラー38分。 Webサイトより• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

材料評価

川重 テクノロジー

(MHI)・と共に重工大手三社の一角を成している。 概要 [ ] 会社の歴史は19世紀のより始まっており、東京築地の川崎築地造船所に端を発している。 のによる造船活況、そして、の、戦後のと日本の近代史・産業史とともに存続してきた日本を代表する総合重機械産業として知られる名門企業である。 のや、の製造もおこなう国内有数のでもあり、防衛装備受注金額では2015年度の防衛中央調達額でを抜いて日本第1位、世界第28位に位置した。 神戸を拠点とする有数の関西系企業でもある。 かつてはの主要企業であった経緯から、・とも関係がある。 本社はのであり、海岸に東京本社も設置している。 に相当するミッションステートメントには「の頂点へ」と記されており、超高度な技術力の錬磨を推奨する社風を展開する。 過去の歴史をさかのぼれば、日本で初めてやの製造を行うとともに、の初飛行からわずか15年で航空機工場を設立、戦後はなどに代表されるコンシューマープロダクツへの進出を成功させている。 近年では、航空機の機体・エンジンの両方と、宇宙機器の開発・製造を担う航空宇宙産業としてその名を轟かせている。 に代わり閣議決定されたに従い、潜水艦や航空機の売り込みを図るなど防衛装備品の海外輸出検討も積極的に行っている。 一方、1969年に世界初の会社を設立したとの協力での国産化に成功して以来 、重工業では珍しく、日本国内でに次ぐ第2位、世界で第4位のロボット産業として存在感を確立している。 この成長著しいロボット産業分野で、日本のロボット生産金額は2018年度に1兆円を超えたが、それら日本のロボットメーカーで構成する会長職を2018年5月にから引き継いでいる。 また、やに至るの一端を担う業容の重点化、すなわちを行っており自社の製造業としての高度知識集約産業化を強力に進めている。 さらに、の確立を見越したチェーンの技術確立にいち早く取り組んでおり特筆に値する。 これらの歴史は従来製品の延長だけで満足せず、新たなる分野での「の頂点」を目指す社風の成果とされる。 内において設立されている返仁会(会)や会と同じく、理工系国家最高資格の、国家最高称号・学位である取得を社内で積極的に推進し、資格取得者から構成する川重技術士会(約140名)や取得者で構成される川重博士会(約120名)を設立している。 さらに自社内の社報で・取得者を定期的に公開しており「の頂点へ」という気風を強力に後押ししている。 なお、同社の会長・社長経験者は、神戸の会頭職と同時に、の副会頭職を務める場合が多い。 さらに、その社業が陸海空のインフラ全般に及び社会経済の発展に貢献していることから、や、鉄道システム輸出組合などの会長・理事長を務める場合が多い。 また、経営指標において特筆すべき成果が認められる場合にの副会長職を務めている。 名称・ロゴマーク [ ] 現在はKawasakiを図案化した 「フライングKカワサキ」を川重グループで使用している。 かつて、川崎の川を図案化した 「リバーマーク」を制定し、時代から長年、社章・社旗・オートバイを除く製品等で用いていた(も独自マーク制定迄はリバーマークを使用していた)。 オートバイ部門は1960年代からフライングKカワサキを使用していた(それ以前はリバーマーク。 一部車種はを使用)。 川重製オートバイの海外認知度向上により、日本国内でもフライングKカワサキが鉄道車両等オートバイ以外の製品・サービスにもよく使われるようになり、2007年にフライングKカワサキを川重グループの新たなコーポレートマークに制定した。 ただし、リバーマークが全く使われなくなったわけではなく、2015年発売のNinja H2Rなど一部の製品では、エンブレムとしてリバーマークが使われている。 2016年1月7日、創立120周年を記念しリバーマークを基にした「120周年ロゴマーク」を発表。 1年間限定であるがリバーマークが復活した。 広報活動等で使用される。 主要事業・製品 [ ] 製造する商品は多岐にわたる。 同社は製造製品の分野ごとのをとっており、(平成23年)現在では以下のカンパニーで構成されていた。 グループ連結での売上構成は、海洋事業9. 2018年4月1日、社内カンパニーを7から6に改編した。 航空宇宙カンパニーとの航空エンジン事業を統合し、となった。 のエネルギー関連事業とプラント・環境カンパニーを統合し、 エネルギー・環境プラントカンパニーとなった。 精密機械カンパニーの 名称を精密機械・ロボットカンパニーに変更した。 船舶・海洋 [ ] 詳細は「」を参照 精密機械・ロボットカンパニー [ ] 精密機械ビジネスセンターとロボットビジネスセンターからなる。 川崎重工業のロボットビジネスセンターでは JSK と共同で人型ロボット(後述)を開発中。 RHP Robust Humanoid Platform 『2017国際ロボット展 iREX 2017 』(東京ビッグサイトにて2017年11月29日から2017年12月2日まで開催された国際ロボット展)にて人間型のバージョン4「RHP Robust Humanoid Platform 」を展示。 身長174cm、重量83kg、全32自由度の成人男性サイズの。 Kaleido(カレイド) 翌年の『World Robot Summit 2018 WRS 2018 』(東京ビッグサイトにて2018年10月17日から2018年10月21日まで開催されたロボット展)にてバージョン5「Kaleido(カレイド)」を公開。 軸構成を見直して軽量化・スリム化、バージョン4と同サイズで10kgほどの軽量化に成功、全30自由度(2軸削減)。 「Kaleido(カレイド)」は万華鏡 kaleidoscope に由来しており、「用途にあわせて姿を変え、無限の可能性を持つ」ことを意味、一般公募にて名称を募集した(募集期間:2017年11月29日から2017年12月31日まで)。 Kaleido(漢字表記:華麗人) 『2019 国際ロボット展 INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2019(iREX2019)』(東京ビッグサイトにて2019年12月18日から2019年12月21日まで開催されたロボット展)にて新型バージョン6「Ver. 6 身長178cm、体重85kg 」を公開。 全32自由度(Ver. 5より2軸増加)。 最新型の「Kaleido Ver. 詳細は「」を参照 建設機械 [ ] 2009年分社化により、になった。 川崎重工業の子会社であったが、2015年に株式譲渡によりの子会社となった。 現在扱っている製品。 除雪機械• トーイング• 用 かつて扱っていた製品• - よりを受ける。 - 一時期、TEREX社のモデルを販売していた。 - 米国HUBER社と技術提携して製造、販売していた。 - 一時期販売していた。 沿革 [ ]• (11年) - により「川崎築地造船所」として設立。 (明治19年) - の官営の払い下げを受ける。 (明治29年) - 株式会社を設立(資本金200万円)。 が初代社長に就任。 (明治39年)5月 - 運河分工場(後の兵庫工場)を開設。 事業に進出し、、、の製作を開始。 (明治41年)6月27日 - 清国大連に支店を設置。 (明治44年) - 国産化第1号完成 (1B1形タンク=180形)。 (7年) - 兵庫工場に科を設置。 (大正8年) - 部を分離し、株式会社を設立。 (3年) - 部門を分離し、株式会社を設立。 (昭和12年) - 部門を分離し、株式会社を設立。 (昭和14年) - 川崎重工業株式会社に商号変更。 (昭和24年)5月 - ・・に。 (昭和25年)8月 - 部門を分離して、株式会社(現・株式会社)を設立。 (昭和41年) - 、、運搬機械などのメーカーであった横山工業株式会社を合併。 (昭和44年) - 川崎車輛・川崎航空機工業を。 (昭和47年) - 株式会社を合併。 (昭和50年) - 米国での生産を開始。 (昭和61年)3月31日 - 宇都宮工場(、現:)を閉鎖、翌4月1日にアイ・ケイ・コーチ(旧:川重車体工業、現:ジェイ・バス)に生産拠点として譲渡。 (昭和63年) - 米国での生産を開始。 翌年、をともない と共同事業。 (3年) - を挟むの掘削に成功。 (13年) - に移行。 米国に専用工場を完成。 (平成14年) - 造船部門を、株式会社へ分社。 油圧部門を、として分社、独立。 (平成15年)4月 - との部門統合会社を設立。 (平成17年) - 建設部門を分離し、株式会社を設立。 を買収。 (平成18年)• から(旧:)の全株式を取得。 関連会社の川重防災工業(現:エア・ウォーター防災)の株式をが取得し同社のとなる(翌年春、同社はエア・ウォーターの完全子会社となる)。 環境部門がカワサキ環境エンジニアリング(株)として分社独立• (平成19年)• と旧のをうけ、国土交通省よりに基づき45日間の業務停止命令を受ける。 カワサキヘリコプタシステム(現:)の株式を系の同業大手・へ売却。 カワサキプラントシステムズ(株)とカワサキ環境エンジニアリング(株)が合併し、新たにカワサキプラントシステムズ(株)として発足• 次期固定翼哨戒機(XP-1)試作1号機・次期輸送機(XC-2)試作1号機ロールアウト• (平成20年)4月 - 神戸製鋼との破砕機部門統合会社の全株式を取得。 (平成21年) - 部門をとして分社独立。 (平成22年)10月 - 、、の3社と合併・再統合。 (平成25年) - シスメックス(株)と医療用ロボットの開発に向けたマーケティング会社(株)メディカロイドを設立。 (株)KCMを日立建機グループに譲渡。 (平成30年)4月 - 、航空関連分野、エネルギー関連分野について、事業分野に沿って3カンパニーを2カンパニーに改編。 社内カンパニーは7から6となった。 歴代経営者 [ ]• 創業者• 十一代• 十二代• 十三代• 十四代• 十五代• 十六代 事業拠点 [ ] 生産拠点 [ ] 西神戸工場• (、製造)• 敷地面積:864ヘクタール、数:約1,000人• 坂出工場(川崎町、コンテナ船・製造)• 岐阜工場(川崎町、製造・修理)• 敷地面積:276ヘクタール、数:約2,900人(名古屋第一・第二含む)• 名古屋第一工場(、航空機部品製造)• 名古屋第二工場(愛知県、航空機部品製造)• 西神工場(高塚台、部品製造)• 敷地面積:220ヘクタール、従業員数:約150人• 神戸工場(、・・製造・修理・)• 敷地面積:68ヘクタール、従業員数:約1,600人• 西神戸工場(櫨谷町、油圧機器製造)• 播磨工場(、鉄構製品・・・・製造)• 敷地面積:328ヘクタール、従業員数:約630人• 明石工場(川崎町、・・・製造)• 敷地面積:210ヘクタール、従業員数:約3,200人• 加古川工場(兵庫県、二輪・四輪、ジェットスキー用のエンジン鋳造品製造) 関係会社 [ ] 以下の一覧は、川崎重工業の平成28年度に記載された内容に基づく。 有価証券報告書に記載された関係会社は、報告書中の連結の作成において連結対象とした関係会社である。 関係会社の事業内容は有価証券報告書に記載されたの名称と一致させた。 02 航空宇宙事業 100 日飛興産 株 その他の事業 100 間接100 ガスタービン・機械事業 83. 53 株 カワサキマシンシステムズ 100 プラント・環境事業 100 精密機械事業 100 カワサキロボットサービス 株 100 川重商事 株 その他の事業 70 株 カワサキライフコーポレーション 100 Kawasaki Rail Car, Inc. 車両事業 100 間接100 Kawasaki Heavy Industries U. A Inc. その他の事業 100 Kawasaki Motors Corp. , U. Inc. 精密機械事業 100 間接100 Kawasaki Motors Manufacturing Corp. , U. A Inc. 精密機械事業 100 Canadian Kawasaki Motors Inc. 100 Kawasaki do Brasil Industria e Comercio Ltda その他の事業 100 Kawasaki Precision Machinery U. Ltd. 精密機械事業 100 Kawasaki Robotics UK Ltd. 100 Kawasaki Heavy Industotries U. Ltd. その他の事業 100 Kawasaki Motors Europe N. 38 Kawasaki Robotics Korea, Ltd. 100 Kawasaki Gas Turbine Asia Sdn. Bhd. ガスタービン・機械事業 100 PT. Corporation 50 Kawasaki Motors Enterprise Thailand Co. ,Ltd. 100 Kawasaki Motors Pty. Ltd. 100 India Kawasaki Motors Pvt. Ltd. 100 Wipro Kawasaki Precision Machinery Pvt. Ltd. 精密機械事業 74 Kawasaki Heavy Industries India Pvt. Ltd. 精密機械事業、その他の事業 100 間接0. 14 以上の他に49個の連結子会社がある。 主たる持分法適用関連会社 プラント・環境事業 24. 81 株 メディカロイド 精密機械事業 50 ENSEADA INDUSTRIA NAVAL S. 船舶海洋事業 31. 09 南通中遠川崎船舶工程有限公司 50 大連中遠川崎船舶工程有限公司 34 安徽海螺川崎工程有限公司 プラント・環境事業 49 安徽海螺川崎節能設備製造有限公司 49 安徽海螺川崎装備製造有限公司 50 上海海螺川崎節能環保工程有限公司 49 間接49 上海中遠川崎重工鋼結構有限公司 45 以上の他に8個の持分法適用関連会社がある。 海外展開 [ ] アメリカ進出 川崎重工業は日本企業のでも最も早期に米国に進出している。 リンカーン工場は、日本式の型の生産体制のモデルケースとして広く取り上げられた。 またにリンカーン市にかけあって工場員のを防ぐなど、型の労働管理の象徴とも考えられた。 中国への技術移転 2011年6月30日に開業した中国の - を結ぶ中国版新幹線「」には日本となどの技術が使われており、日本からは川崎重工業、、などの企業連合が技術供与した。 だがその後、中国側が「独自開発」を主張し、米国や日本などで技術を申請する方針を打ち出した(川崎重工業は中国で特許を取得していない)。 さらに同幹部は「供与した技術は中国国内での使用に限ることになっている。 きちんと契約を守る大人の国になってほしいと思うが、(中国側の動きを)もう少し見守りたい」と述べた。 中国への技術供与には終始慎重だったの社長は、2011年6月29日の会見で、「新幹線技術は国内のメーカーとの技術陣の長い期間にわたる汗と涙の結晶」と述べた上で、技術供与した川崎重工業に対して「技術立国に恥じない対応をしてもらいたい」と語り、特許侵害には断固対処するよう求めた。 また、海外初の生産拠点も川崎重工は中国に設置している。 の造船事業 第3四半期に221億円のを計上。 ブラジル政府の協力要請を受け、から相次いで発見された開発に向けて現地の建設大手3社が設立したに3割出資して合弁事業に参画したことに伴い、から船2隻と推進プロペラ装置の製作にあたった。 翌年にペトロブラスや建設会社などが絡む大規模な・スキャンダルが発覚。 この余波でエンセアーダへのドリルシップ建造工事への入金および川崎重工への支払いも止まったが、2015年11月まで工事中断に合意せず損失処理を行わなかった。 急速な安による掘削事業の悪化もあり、エンセアーダへの出資金、貸付金の28億円とドリルシップ関連の、の評価損192億円を計上した。 不祥事 [ ] 労働災害 [ ] に入社(一旦退職し、のちに再入社)し、にと診断された神戸工場のグループ長(当時55歳)が、首吊りした。 同社は、1件も受注できない中で450億円の大きな商談を任せ、この男性が失敗したとして、男性を社内で「金食い虫」と糾弾し続けてきた。 神戸東が自殺と職務との関連性を認めず、不認定としたことを受けて、遺族の妻は遺族補償給付金などの不支給処分取り消しを求めに提訴。 、同地裁(裁判長・)は、男性が仕事で大きな重圧を受けていたとして労災を認め、神戸東労働基準監督署の処分を取り消した。 判決は「時間からは、直ちに業務が過重だったと認められない」、「業務による心理的負荷が強かった。 自殺は、業務に内在する危険が現実化した」と言及。 子会社での賭博問題 [ ] 同社子会社ので、2009年頃から、社内のにおいて、参加者らが賭けを行っていたことが明らかになった。 同社の社長ら幹部が関与していた疑いが指摘されている。 陸上自衛隊ヘリ開発を巡る談合 [ ] の観測用()をベースにした次期多用途ヘリコプターの開発計画(UH-X)を巡る疑惑がに浮上。 受注に当たって同社とその関連企業、及びがを排除しようとしたとして、の家宅捜索を受けた (当時の川重担当者はになった)。 この談合問題については、川崎重工業の株主らがに同社の社長ら経営陣を相手取り、談合当時の取締役だった村山社長らが同社に談合による損失を賠償するよう、総額46億2,600万円の支払いを求めるをに起こした。 、同地裁(裁判長・)は「男性は判決を受けられる資格『原告適格』を喪失した」として訴えを却下した。 新幹線N700系電車の台車トラブル [ ] 詳細は「」を参照 提供番組 [ ]• () 脚注 [ ]• 二輪車では川崎重工としては名乗らず、むしろこちらを使用している。 「川崎」は創業者のの姓が由来であり、とは無関係で工場の立地もない。 2018年12月28日閲覧。 - carcast・2016年3月18日• 2018年1月31日、川崎重工業、2018年5月25日閲覧• IEEE Spectrum、2017年9月26日閲覧• マイナビニュース、2017年11月30日閲覧• 川崎重工業、2017年11月20日閲覧• マイナビニュース、2018年10月19日閲覧• 川崎重工業、2017年11月29日閲覧• 川崎重工業株式会社、2019年12月16日閲覧• 川崎重工業株式会社、2019年12月16日閲覧• 「川重会長 中国版新幹線和諧号に法的手段を示唆」(msn産経ニュース2011. 4 18:27配信)• SnkeiBiz 2011. 29 18:16配信• SankeiBiz 2012. 25 8:15配信• 読売新聞 2013年1月8日• 2012年12月6日, at the. 毎日新聞 2014年6月23日• 神戸新聞 2019年9月17日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ユニフォームスポンサー。 ホームゲームで随時「カワサキDay」が開かれ、最も活躍した選手にカワサキ製オートバイが贈られる。 - 川崎の全面協力のもとで製作。 - 川崎のオートバイを主にカスタマイズして販売しているフランスのオートバイメーカー。 - 2代目の銀傘(1951年~1982年)を製作した。 - ホヴァリングサッカーステージの設計・製作を担当した。 その縁で、かつては外野フェンスに広告を掲出していたことがあった。 - 2015年シーズンより、ライトスタンドの上に広告を掲出している。 なお、広告の掲出開始後、からを受注したことが発表された。 - 潜水艦などを製造していた泉州工場へのアクセス路線として開通した。 ・ - ・制作の特撮テレビ映画。 キカイダーとキカイダー01、それぞれの愛車である サイドマシーンと ダブルマシーンを供給している。 外部リンク [ ]• (日本語)• - チャンネル• - 1958年製作のPR映画。 カラー38分。 Webサイトより• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

川崎重工業

川重 テクノロジー

JIS G 0577 ステンレス鋼の孔食電位測定方法• JIS G 0579 ステンレス鋼のアノード分極曲線測定方法• JIS G 0580 ステンレス鋼の電気化学的再活性化率の測定方法• JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品• JIS K 7017 繊維強化プラスチック—曲げ特性の求め方• JIS K 7078 炭素繊維強化プラスチックの層間せん断試験方法• JIS K 7086 炭素繊維強化プラスチックの層間破壊じん(靱)性試験方法• JIS K 7164 プラスチック-引張特性の試験方法• JIS K 7165 プラスチック-引張特性の求め方 カタログ・動画• 技術論文•

次の