吉田 茂 鶴瓶。 笑福亭鶴瓶が戦後の総理大臣・吉田茂に SPドラマ『アメリカに負けなかった男』を観て考えたこと|Real Sound|リアルサウンド 映画部

生田斗真に泣かされた……吉田茂を演じた鶴瓶が語った撮影秘話

吉田 茂 鶴瓶

吉田茂のプロフィール 吉田茂元首相は、 1878 年 9 月 22 日、東京都の出身です。 実父は板垣退助の側近の竹内綱でしたが、竹内綱の友人だった吉田健三の養子となって、竹内姓から吉田姓に変わることになりました。 旧制学習院高等学科、東京帝国大学法科大学を卒業し、外務省に入省。 その後、外交官として、吉田茂元首相は、奉天総領事、駐スウェーデン公使、外務次官、駐イギリス大使などを歴任し、外交の第一線で活躍していきます。 太平洋戦争後は、外務大臣、貴族院議員となり、 1946 年、内閣総理大臣に就任しました。 1947 年には、衆議院議員選挙で、自身が総裁を務める日本自由党が日本社会党に敗北し、退陣。 しかし 1948 年、衆議院議員選挙で、自身が総裁を務める民主自由党が圧勝したことによって、内閣総理大臣に再登板をはたします。 内閣総理大臣在任中には、日本国憲法の施行、サンフランシスコ平和条約、日米安保条約の発効、教育基本法、労働関係調整法、労働基準法、労働組合法、警察法、自衛隊法、防衛庁設置法の施行など、内政、外交あわせ、多大な実績を残しています。 その一方で、 1953 年には、「バカヤロー」と発言し、衆議院解散となった、バカヤロー解散でも有名に。 そして 1954 年、吉田茂元首相は退陣し、長期政権に幕を下ろしたのでした。 政界引退後も悠々自適の生活を送った吉田茂元首相は、 1967 年 10 月 20 日、 89 歳で激動の生涯を閉じています。 吉田茂の内縁の妻こりんの本名や経歴 このように、日本の憲政史上、トップクラスの大物政治家だったといえる、吉田茂元首相。 当然、その閨閥も華やかなもので、妻で、麻生太郎財務大臣(元首相)の祖母でもある吉田雪子さんは、牧野伸顕の娘でした。 ところが、吉田茂元首相は、吉田雪子さんに戦前に先立たれてしまい、内閣総理大臣在任中は、娘の麻生和子さんがファーストレディーの代わりを務めていたのです。 一方で、吉田茂元首相は、吉田雪子さんと死別した後、すぐに、内縁の妻を迎えることに。 それが、この記事で取り上げる、そして、ドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理吉田茂~』に登場する、こりんさんです。 こりんさんは、本名を坂本喜代子といい、 2003 年 2 月に、 96 歳で大往生しています。 そのため、生年は 1906 年か 1907 年となりますね。 2020 年 2 月現在も健在だったら、 113 歳でした。 こりんさんの経歴ですが、芸者で、花柳流の名取としても活躍していました。 吉田茂元首相が吉田雪子さんと死別すると、しばらくは内縁の妻という扱いでしたが、数年後には堂々と再婚しています。 以後、こりんさんは、最後まで吉田茂元首相の身の回りの世話をして、活躍しました。 後妻という立場だったものの、娘の麻生和子さんとも、関係はとくに悪くはなかったようです。 吉田茂の内縁の妻こりんの実際の画像と子供の有無 吉田茂元首相の後妻ということもあって、こりんさんの実際の画像、子供はいたのかも気になります。 しかし、もともと内縁の妻だったこともあって、画像を見つけることはできませんでした。 子供は、少なくとも吉田茂元首相とのあいだにはいなかったようですね。 もしいたとしたら、 2020 年 2 月現在、最低でも 50 代くらいになっていたことになります。 吉田茂元首相の孫の麻生太郎財務大臣より若かった可能性もありますから、そうだったらいろいろ微妙だったでしょうね。 吉田茂元首相に、後妻をめぐるエピソードがあったことは、そこまで知られていません。 それだけに、ドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理吉田茂~』は注目です。 吉田茂元首相役は笑福亭鶴瓶さん、こりん役は松嶋菜々子さんが演じますので、ぜひ見逃さないようにしましょう。

次の

笑福亭鶴瓶&生田斗真「アメリカに負けなかった男」がアンコール放送!

吉田 茂 鶴瓶

落語家・笑福亭鶴瓶(68)が31日、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」(日曜後4・00)に出演し、新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議の議事録が作られていない問題に疑問を投げかけた。 新型コロナ関連の話題で鶴瓶は「この間ビックリしましたね。 あの人らの議事録を付けていないという」と切り出した。 国の重要な会議にもかかわらず、発言者を明記した詳細な記録を残していないことが判明。 後々の検証に支障が出る可能性もあるため、野党などから批判が出ている。 鶴瓶は「そんなもん、ウソやろ、絶対。 そんなもん、あるよ。 何を信じてええのか分からん」と政府への不信感をあらわにした。 さらに「責めるつもりでやるわけじゃなく、ちゃんと本当に議事録を残しとかな。 あの内閣はホントにそういうの残ってないな。 また謝らはるで、あの人は。 『私の責任』や言うて」と、怒りの矛先を安倍晋三首相に向けた。 この日はちょうど、戦後に米国からの独立を目指して戦った当時の首相・吉田茂の人生を描いたドラマ「アメリカに負けなかった男からバカヤロー総理吉田茂~」(後7・54)がテレビ東京で放送される。 吉田首相役で主演の鶴瓶は「あの時の吉田茂を見ていただいたら。 日本をアメリカから独立させた、気骨が出てる。 僕やけどね、やってるのは」と、告知もまじえつつ訴えた。

次の

鶴瓶 安倍政権への怒りまじえ主演ドラマ告知、「気骨が出てる」吉田茂首相を熱演― スポニチ Sponichi Annex 芸能

吉田 茂 鶴瓶

池上彰が昭和の総理大臣の人物像&オモシロ昭和史をわかりやすく解説「まるで漫才のよう!?」池上&鶴瓶の丁々発止のやりとりがたっぷり楽しめます テレビ東京では2月23日(日)夜9時から、 「歴代総理からわかる!池上彰のオモシロ昭和史」を放送します。 「自分でも吉田茂に似ていてびっくりしました」というドラマの衣装で登場した笑福亭鶴瓶。 「池上さんにモノを教えるのは気持ちいいですね」と言っていたのですが、実は池上が既に知っていたことを知った瞬間、愕然としていました。 番組では吉田茂に関することの他、総理退陣会見の際に新聞記者と激しいバトルを繰り広げた佐藤栄作、尋常高等小学校卒の経歴から総理大臣に上り詰め、今の政策にも大きな影響を及ぼしている田中角栄など、「癖は強いが魅力的」な歴代の総理大臣を紹介しながら、改めて懐かしの音楽とともに昭和という時代のニュースと文化を掘り下げていきます。 この番組を見れば、総理大臣、昭和史への理解を深めることができ、更に翌日放送のドラマの予習もできます。 過去の首相の振る舞いを見ると、日本という国をどのように発展させればいいのか、貧しかった日本の現実と格闘した歴代総理の様子が見えてきます。 笑福亭鶴瓶コメント 吉田茂が日本を独立させる話、長い間政権を持っていた話は学生時代知りませんでした。 改めて、昔の総理は頭もいいし、努力もしたし、すごい人が多かったと思います。 今回、そんな歴代の総理をたどっていくのを見ることができ、とても面白かったです。 野口雄史 統括プロデューサー(テレビ東京 報道番組センター)コメント 昭和25年生まれの池上彰さん、そして昭和26年生まれの笑福亭鶴瓶さん。 同世代で初共演となるお二人の丁々発止のやりとりは見逃せません。 スタジオにいて、何度も声を出して笑ってしまいました。 昭和の歴代総理のオモシロエピソードや、意外な昭和史について、わかりやすく、楽しく、学べます。 ぜひ日曜日の夜、ご覧ください!.

次の