ぜんざい 蒲生。 蒲生茶廊ZENZAI (ゼンザイ) (鹿児島市/カフェ)

浜地 克徳 | スケッチ作家・蒲生茶廊 Zenzai 店主

ぜんざい 蒲生

11月の鹿児島旅からはや1ヶ月が経とうとします。 いよいよ今回完結です。 いつもながらおさらいします。 「」からはじまり、「」、「」とまできて最後の〆が、こちら! 姶良市蒲生町にある癒しの武家屋敷カフェ「」さんです。 〆といってもこの時点で14時前、、、Chanaanでパン食べたのが早目だったので、少し遅めのランチです。 間に合うか、、 間に合うのか、、ぎりぎりか、どうか、ランチ、、外観のたたずまいが素敵です。 狙いは「曲げわっぱランチ」(有名みたいです)。 暖簾にもzenzaiのロゴがかわいらしいですね。 でも今日の狙いは「曲げわっぱランチ」。 結果は「薬膳お粥セット」。 ランチ時間の14時には間にあったんですが、やはり人気の「曲げわっぱランチ」はこの日は終わってました。 ただ辺りを見回すと「曲げわっぱランチ」食べているお客さんがいる、、、タッチの差だったか、、残念。。 こちらも次回の楽しみに。 それでも「薬膳お粥セット」おいしかったです。 優しいお味で、ミニぜんざいも付いてて得した気分に! 使っている器はこのセットのためのオリジナルデザインなんだそうです、こだわりもすごいですね。 お粥を食べ、箸休めで小鉢などをつまみながら会話を楽み、午後のひとときゆっくりと息をつく、なんだか上品な気持ちにさせてくれます。 樹齢は1,500年あまり「蒲生のクス」 その後、目と鼻の先にある「」で国指定特別天然記念物の「蒲生のクス」を鑑賞。 「昭和63年度に環境庁の巨樹・巨木林調査によって、日本一の巨樹であることが証明された。 」とありますね。 日本一なんですね、確かに大きい、推定樹齢が1500年ってことは古墳時代とかそのあたり、思わぬ歴史発見でした。 クスが大きい、人が小さい。 鹿児島の旅これにて終了。 鹿児島の旅4部作• 蒲生のZENZAIで午後のひとときを満喫、最後に食べるのはランチかぜんざいか それではまた次回お会いしましょ。

次の

なごみ空間!鹿児島のおすすめ古民家・町屋5選

ぜんざい 蒲生

蒲生茶廊Zenzai 〒899-5302 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2425 営業時間 11:00〜16:30LO (ランチ〜14:00) 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 ¥1,000 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「蒲生茶廊Zenzai」近くの施設情報.

次の

ZENZAI (ゼンザイ)

ぜんざい 蒲生

蒲生茶廊zenzai 江戸時代から続く武家屋敷を利用した珍しい和カフェです。 和風のリラックスした雰囲気のなか、 ヘルシーなランチやぜんざい等のスイーツが楽しめます! ZENZAIのメニュー ランチ スイーツ ほかにも、様々な種類のぜんざいや、かき氷、わらびもちなどの、和スイーツが充実しています! 特製ぜんざい 妻の注文した「特製ぜんざい」です。 味のほうですが、ふっくら炊き上がった小豆がいっぱい入っていて、ほっこり懐かしい味です。 トッピングの桜の花の塩漬けが良い香りを出していました。 付け合わせは梅干しでした。 サムライのパフェ!? 「SAMURAIパフェ」(レギュラーサイズ)を食べました。 「侍」のかわいい旗が乗っています。 海外の方とか喜びそうですね! 甘さ控えめな大人のパフェです。 感動! レギュラーサイズ(860円)の他にミニサイズもあります。 ランチのデザートとして食べる場合はミニにするといいかも。 SAMURAIパフェの各層を解説すると、 ・トッピングは、オレオクッキー、ポッキー、バナナ ・ラムレーズン入りバニラアイス(最高に美味しい) ・ホイップクリーム&コーンフレーク ・コーヒーゼリー ・チョコレートアイス ・チョコレートムース 今回はスイーツのみ食べましたが、次はランチも挑戦します! お土産のクッキー 大豆の優しい味がしました! バターを使わず、素材を丸ごと使っている超ヘルシーなクッキーです。 なんだか実家に帰省した感覚です。 食後の散歩も素敵です。 ^^ アクセス 鹿児島市から車で約1時間半。 鹿児島空港から車で約40分。 営業時間 11:00-17:00(ランチは2時まで) 定休日 月曜日 電話 0995-52-1164 住所 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2425 地図.

次の