コロナ ウイルス イルミナティ カード。 コロナウィルスを予言していた!?「イルミナティカード」とは

新型コロナウイルスも予言したイルミナティカード

コロナ ウイルス イルミナティ カード

イルミナティカードとは、アメリカのゲーム会社「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」から1995年に発売されたカードゲームです。 秘密結社「 イルミナティ」をモチーフにしており、いくつかの陣営に分かれて自分の勢力を大きくしていくことがゲームの目的です。 カードは全種類で550枚ありますが、その中のいくつかは1995年に発売されたにも関わらず、未来に起こる大きな事件や災害が描かれており、イルミナティカードの未来 予言として、都市伝説ファンから根強い人気をもちます。 単なる嘘やこじつけとも言えそうですが、発売元のゲーム会社にはアメリカ政府の強制捜査が行われたことがあり、嘘やこじつけで済ますには、色々と不審な点が多いのも事実です。 中には日本の未来について予言されたカードもあるということで、どんな予言なのか気になりますよね。 詳しく解説していきます。 イルミナティカードの遊び方についても知っておきましょう。 イルミナティカードで遊ぶ際には、2つのサイコロとゲーム用の通貨を準備します。 イルミナティカードには、「クトゥルフ従者」「マスメディア」「バミューダトライアングル」などいくつかの陣営があります。 プレイヤーはそれぞれ自分の秘密結社陣営を選択し、その陣営ごとに違う勝利条件を達成したものが勝者となります。 イルミナティカードの端には複数の矢印が描かれており、「支配する矢印」と「支配される矢印」があります。 自分のターンにサイコロを振り、条件を満たすことで、場のカードを自分の支配下に加えていき、 自分のカードの「支配する矢印」に対象カードの「支配される矢印」をくっつけていくことで、自分の勢力を拡大していくというのがイルミナティカードの遊び方において特徴的な点です。 それぞれの秘密結社は世界征服や世界金融支配など異なる目的を持っており、中には世界中に災害や混乱をまくようなものもあります。 イルミナティカードのゲーム目的は単純に相手を倒すというものではなく、他の秘密結社 対戦相手 を侵略していきながらお金の供給源や国防のコマとして使い、結果的にお互いのプレーヤーがそれぞれの異なった勝利条件をを達成していきます。 遊ぶ際にプレイヤー同士が資金などを取引するための相談ができるというのも、水面下で陰謀を練る秘密結社のようで楽しいですね。 イルミナティカードは911テロを予言していたと言われています。 イルミナティカードにTerrorist Nukeというものがあるのですが、Terrorist Nukeに描かれているのは、アメリカで2001年に起きた911事件そのものです。 911といえば、世界貿易センタービルに2台の航空機が衝突して2つのビルが炎上、倒壊したことで有名ですが、イルミナティカードには911の時にビルが炎上した様子に似たイラストが描かれています。 またカードの左を下に向けて横にして見た時に数字の9と11が発見できます。 Terrorist Nukeのイルミナティカードが作られた時は1995年。 911の事件は2001年です。 イルミナティカードは2016年に誕生したトランプ大統領の当選も予言したといわれています。 「Enough is Enough」というイルミナティカードの中央にはトランプ大統領によく似た顔が描かれています。 トランプ大統領の「Enough is Enough」のカードにはワシントンD. Cを連想させるひし形の形が刻まれていることから、トランプがアメリカの行政に対してあるいはアメリカの行政の中心から、Enough is Enough(もううんざりだ!いい加減にしろ!)というメッセージを発信している2020年の現在を予言していたと言えそうです。 「Enough is Enough」のイルミナティカードに描かれたトランプ大統領は、何に対して「いい加減にしろ!」と主張しているのでしょうか? イギリスの公妃ダイアナもまた、イルミナティカードに描かれた人物の一人です。 背後に描かれているのはダイアナを写真に撮ろうとフラッシュをたくマスコミです。 ダイアナ妃は1996年に夫のチャールズ皇太子と離婚したのち、1997年にパリで乗っていた車が事故を起こし、死んでしまいます。 ダイアナが死ぬことになった事故の原因は、執拗に追いかけてくるマスコミの車をまくために、ドライバーがトンネル内で猛スピードを出し、追突してしまったからです。 ダイアナが描かれたイルミナティカード「Princess Di」はマスコミの追跡によって死ぬことになるダイアナの未来を暗示しているかのようです。 あるいは、ダイアナ妃が亡くなることすらも、あらかじめ仕組まれた陰謀だったのかもしれません。

次の

【イルミナティカード】中止・延期を予言!?東京オリンピック2020で起こる大災害とは?

コロナ ウイルス イルミナティ カード

イルミナティカードとは、アメリカのゲーム会社「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」から1995年に発売されたカードゲームです。 秘密結社「 イルミナティ」をモチーフにしており、いくつかの陣営に分かれて自分の勢力を大きくしていくことがゲームの目的です。 カードは全種類で550枚ありますが、その中のいくつかは1995年に発売されたにも関わらず、未来に起こる大きな事件や災害が描かれており、イルミナティカードの未来 予言として、都市伝説ファンから根強い人気をもちます。 単なる嘘やこじつけとも言えそうですが、発売元のゲーム会社にはアメリカ政府の強制捜査が行われたことがあり、嘘やこじつけで済ますには、色々と不審な点が多いのも事実です。 中には日本の未来について予言されたカードもあるということで、どんな予言なのか気になりますよね。 詳しく解説していきます。 イルミナティカードの遊び方についても知っておきましょう。 イルミナティカードで遊ぶ際には、2つのサイコロとゲーム用の通貨を準備します。 イルミナティカードには、「クトゥルフ従者」「マスメディア」「バミューダトライアングル」などいくつかの陣営があります。 プレイヤーはそれぞれ自分の秘密結社陣営を選択し、その陣営ごとに違う勝利条件を達成したものが勝者となります。 イルミナティカードの端には複数の矢印が描かれており、「支配する矢印」と「支配される矢印」があります。 自分のターンにサイコロを振り、条件を満たすことで、場のカードを自分の支配下に加えていき、 自分のカードの「支配する矢印」に対象カードの「支配される矢印」をくっつけていくことで、自分の勢力を拡大していくというのがイルミナティカードの遊び方において特徴的な点です。 それぞれの秘密結社は世界征服や世界金融支配など異なる目的を持っており、中には世界中に災害や混乱をまくようなものもあります。 イルミナティカードのゲーム目的は単純に相手を倒すというものではなく、他の秘密結社 対戦相手 を侵略していきながらお金の供給源や国防のコマとして使い、結果的にお互いのプレーヤーがそれぞれの異なった勝利条件をを達成していきます。 遊ぶ際にプレイヤー同士が資金などを取引するための相談ができるというのも、水面下で陰謀を練る秘密結社のようで楽しいですね。 イルミナティカードは911テロを予言していたと言われています。 イルミナティカードにTerrorist Nukeというものがあるのですが、Terrorist Nukeに描かれているのは、アメリカで2001年に起きた911事件そのものです。 911といえば、世界貿易センタービルに2台の航空機が衝突して2つのビルが炎上、倒壊したことで有名ですが、イルミナティカードには911の時にビルが炎上した様子に似たイラストが描かれています。 またカードの左を下に向けて横にして見た時に数字の9と11が発見できます。 Terrorist Nukeのイルミナティカードが作られた時は1995年。 911の事件は2001年です。 イルミナティカードは2016年に誕生したトランプ大統領の当選も予言したといわれています。 「Enough is Enough」というイルミナティカードの中央にはトランプ大統領によく似た顔が描かれています。 トランプ大統領の「Enough is Enough」のカードにはワシントンD. Cを連想させるひし形の形が刻まれていることから、トランプがアメリカの行政に対してあるいはアメリカの行政の中心から、Enough is Enough(もううんざりだ!いい加減にしろ!)というメッセージを発信している2020年の現在を予言していたと言えそうです。 「Enough is Enough」のイルミナティカードに描かれたトランプ大統領は、何に対して「いい加減にしろ!」と主張しているのでしょうか? イギリスの公妃ダイアナもまた、イルミナティカードに描かれた人物の一人です。 背後に描かれているのはダイアナを写真に撮ろうとフラッシュをたくマスコミです。 ダイアナ妃は1996年に夫のチャールズ皇太子と離婚したのち、1997年にパリで乗っていた車が事故を起こし、死んでしまいます。 ダイアナが死ぬことになった事故の原因は、執拗に追いかけてくるマスコミの車をまくために、ドライバーがトンネル内で猛スピードを出し、追突してしまったからです。 ダイアナが描かれたイルミナティカード「Princess Di」はマスコミの追跡によって死ぬことになるダイアナの未来を暗示しているかのようです。 あるいは、ダイアナ妃が亡くなることすらも、あらかじめ仕組まれた陰謀だったのかもしれません。

次の

新型肺炎 (コロナウイルス)はイルミナティカードが予言していた?

コロナ ウイルス イルミナティ カード

イルミナティカードとは、アメリカのゲーム会社「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」から1995年に発売されたカードゲームです。 秘密結社「 イルミナティ」をモチーフにしており、いくつかの陣営に分かれて自分の勢力を大きくしていくことがゲームの目的です。 カードは全種類で550枚ありますが、その中のいくつかは1995年に発売されたにも関わらず、未来に起こる大きな事件や災害が描かれており、イルミナティカードの未来 予言として、都市伝説ファンから根強い人気をもちます。 単なる嘘やこじつけとも言えそうですが、発売元のゲーム会社にはアメリカ政府の強制捜査が行われたことがあり、嘘やこじつけで済ますには、色々と不審な点が多いのも事実です。 中には日本の未来について予言されたカードもあるということで、どんな予言なのか気になりますよね。 詳しく解説していきます。 イルミナティカードの遊び方についても知っておきましょう。 イルミナティカードで遊ぶ際には、2つのサイコロとゲーム用の通貨を準備します。 イルミナティカードには、「クトゥルフ従者」「マスメディア」「バミューダトライアングル」などいくつかの陣営があります。 プレイヤーはそれぞれ自分の秘密結社陣営を選択し、その陣営ごとに違う勝利条件を達成したものが勝者となります。 イルミナティカードの端には複数の矢印が描かれており、「支配する矢印」と「支配される矢印」があります。 自分のターンにサイコロを振り、条件を満たすことで、場のカードを自分の支配下に加えていき、 自分のカードの「支配する矢印」に対象カードの「支配される矢印」をくっつけていくことで、自分の勢力を拡大していくというのがイルミナティカードの遊び方において特徴的な点です。 それぞれの秘密結社は世界征服や世界金融支配など異なる目的を持っており、中には世界中に災害や混乱をまくようなものもあります。 イルミナティカードのゲーム目的は単純に相手を倒すというものではなく、他の秘密結社 対戦相手 を侵略していきながらお金の供給源や国防のコマとして使い、結果的にお互いのプレーヤーがそれぞれの異なった勝利条件をを達成していきます。 遊ぶ際にプレイヤー同士が資金などを取引するための相談ができるというのも、水面下で陰謀を練る秘密結社のようで楽しいですね。 イルミナティカードは911テロを予言していたと言われています。 イルミナティカードにTerrorist Nukeというものがあるのですが、Terrorist Nukeに描かれているのは、アメリカで2001年に起きた911事件そのものです。 911といえば、世界貿易センタービルに2台の航空機が衝突して2つのビルが炎上、倒壊したことで有名ですが、イルミナティカードには911の時にビルが炎上した様子に似たイラストが描かれています。 またカードの左を下に向けて横にして見た時に数字の9と11が発見できます。 Terrorist Nukeのイルミナティカードが作られた時は1995年。 911の事件は2001年です。 イルミナティカードは2016年に誕生したトランプ大統領の当選も予言したといわれています。 「Enough is Enough」というイルミナティカードの中央にはトランプ大統領によく似た顔が描かれています。 トランプ大統領の「Enough is Enough」のカードにはワシントンD. Cを連想させるひし形の形が刻まれていることから、トランプがアメリカの行政に対してあるいはアメリカの行政の中心から、Enough is Enough(もううんざりだ!いい加減にしろ!)というメッセージを発信している2020年の現在を予言していたと言えそうです。 「Enough is Enough」のイルミナティカードに描かれたトランプ大統領は、何に対して「いい加減にしろ!」と主張しているのでしょうか? イギリスの公妃ダイアナもまた、イルミナティカードに描かれた人物の一人です。 背後に描かれているのはダイアナを写真に撮ろうとフラッシュをたくマスコミです。 ダイアナ妃は1996年に夫のチャールズ皇太子と離婚したのち、1997年にパリで乗っていた車が事故を起こし、死んでしまいます。 ダイアナが死ぬことになった事故の原因は、執拗に追いかけてくるマスコミの車をまくために、ドライバーがトンネル内で猛スピードを出し、追突してしまったからです。 ダイアナが描かれたイルミナティカード「Princess Di」はマスコミの追跡によって死ぬことになるダイアナの未来を暗示しているかのようです。 あるいは、ダイアナ妃が亡くなることすらも、あらかじめ仕組まれた陰謀だったのかもしれません。

次の