決済代行btob。 【BtoB向け】決済手数料が安い! クレジットカードやQR決済の代行会社ランキング4選

決済代行サービス比較30選|各サービスの対応決済手段や特徴まとめ

決済代行btob

集金代行サービスとは 集金代行サービスとは企業に代わって、サービスや商品の利用料金を回収するサービスで、月額で料金が発生するビジネスで利用されています。 毎月発生する請求書作成や入金管理などの請求業務のアウトソースを検討している方もいるのではないでしょうか。 今回は集金代行の種類をまとめながら、おすすめの集金代行・架け払い決済代行サービスを紹介していきます。 初期費0円・最安水準のスコア後払い 特徴 プラン詳細 初期費用0円(無料) 手数料最安水準 2,000社以上の導入実績 CVR改善で売上UP 初期費用:0円 手数料:2. 集金代行• ファクタリング• 決済代行• 掛け払い・請求代行 集金代行ではBtoC取引(店舗や会員などのスクール)で利用されることが多いサービスで、定額サービスを提供している企業が導入することが多いです。 請求先が多いと集金業務も手間がかかりますが、代行サービスの導入で業務コストの削減が可能です。 ファクタリングでは手数料を差し引いた売上を現金かすることが可能で、ベンチャー企業などの企業に利用されています。 手数料や与信審査などは集金代行サービスによって異なります。 ではECサイトなどさまざまな決済方法を導入している企業が個人に対して請求を行う業務を代行することができるサービスです。 集金代行では未回収リスクゼロの保証があるため、導入している企業も多いです。 ・ではBtoBの取引を行う企業が導入をしているサービスです。 1ヶ月間の取引をまとめて請求することが可能ですが、請求書発行業務などさまざまな業務を代行することができます。 掛け払い決済サービスの詳細はこちら。 集金代行と決済代行の違い 集金代行(収納代行)と決済代行の違いですが、大きく分けると「対応決済」の違いがあります。 決済代行 集金代行 クレジットカード決済、キャリア決済、コンビニ決済 口座振替、後払い決済、プリペイドカード決済など 電子・モバイル決済も含む 主にコンビニ決済 請求業務を効率化する観点では同様ですが、対応している決済方法が異なります。 集金代行は企業同士で取引を行う際に導入されることが多いサービスで、請求書発行や集金回収の代行を行います。 決済代行ではEC事業者が個人や企業との取引を行う際に代金を回収するサービスです。 対応している決済方法は上記のようにやに対応していることが多いです。 集金代行(収納代行)の仕組み 集金代行(収納代行)の仕組みですが、企業が提供している商品やサービスを購入した顧客に振込表を送付、もしくは決済番号を発行し、顧客はコンビニや口座振込で決済をします。 その後、企業から顧客に商品を提供し、集金代行会社から企業に入金を行うのが仕組みです。 決済代行の仕組み 決済代行の仕組みはEC事業者と決済期間の間に決済代行会社が入ることで、一括して契約を行うことが可能です。 また売上入金を一括して管理することが可能で、契約の手続きも全て任せることができます。 集金代行サービスの3つのメリット (1)集金・代金回収コストの削減 集金代行サービスを導入することで集金・代金回収コストの削減することが可能です。 企業が行う場合は人件費や交通費などさら費用が必要です。 しかし集金代行サービスを導入することでそういった回収コストが無くなるメリットがあります。 (2)簡単手続きで集金業務を合理化 集金業務には「口座振替」と「コンビニ決済」の2種類があります。 口座振替の場合、顧客と口座振替依頼書の簡単な手続きをするだけで集金が可能となり、コンビニ決済の場合は顧客の住所がわかれば振込表を作成すれば良いため、業務を合理化できます。 (3)スムーズに確実な資金回収 企業のみで集金を行う場合、資金計画を細かくたてなければいけなくなります。 また通常は自社で金額の集計を行いますが、集金代行サービスを利用することでに企業の口座に入金され、現金にふれる機会が減少するため数え間違いも減り回収効率もあがります。 EC事業者におすすめの集金代行サービス手数料比較4選 初期費用0円・手数料最安水準のスコア後払い• 初期費用0円で利用スタート• リスク保証型決済• 業界最安値水準の決済手数料 では 初期費用0円で利用ができる 通販大手のニッセングループのノウハウから生まれた後払いサービスです。 リスク保証型決済なので、事業者がリスクを背負うことはありません。 また 業界最安値水準の決済手数料で、加盟店に合わせて「請求書送付方法」と「請求書Type」など4つのプランから選択できます。 また各種 ECカートシステムとも連携しているため、スムーズに利用可能ですぐに CVR改善にも期待ができます。 月額費用 手数料 請求書発行料金 0〜45,000円 2. com• 後払いの未払いリスク100%保証• 代金回収業務は一切不要• 導入実績20,000店舗以上 後払い. comは導入実績20,000店舗以上あります。 後払いの未払いリスクを100%保証しており、安心して契約をすることが可能です。 月額費用は無料プランから45,000円のプランがあります。 代金回収業務は一切不要なので業務負担を改善することができます。 月額費用 手数料 請求書発行料金 0円~45,000円 2. 導入41,500企業以上の実績• 後払いニーズに対応で売上UP• 4種類のプランがあり、取引額に応じたプランを選択することができます。 リアルタイム与信が可能なAPI• 2種類の選べる請求書• 業界最低水準の料金 GMO後払いはリアルタイム与信が可能なAPIです。 2種類の選べる請求書があり、合わせた選択をすることができます。 また業界最低水準の料金で、月額費用が1,000円で利用することができるため、是非検討してみてください。 月額費用 手数料 請求書発行料金 1,000円 4. 小売・サービス業界におすすめ集金代行システムの手数料比較10選 株式会社アプラス• 業界40年超の歴史と7,300社の実績• 年間決済件数は業界最大級• ニーズに合わせた多彩な提案力 株式会社アプラスは業界40年超の歴史と7,300社の実績を持っている集金代行サービス会社です。 年間決済件数は業界最大級で、ニーズに合わせた多彩な提案力があります。 低価格で導入することが可能、導入を検討している企業にはおすすめです。 専用Webサイトの無償振供• 請求件数1件から利用可能• 導入後も充実のサポート リコーリース株式会社は専用Webサイトの無償振供を行っており、無料で利用することが可能です。 請求件数1件から利用可能することができるため、試しに利用をしてみたいという企業にもおすすめです。 導入後も充実のサポートがあるため、検討をしてみてください。 1度のお手続きで、集金業務が自動化• 確実で安定した入金が実現• 集金業務にまつわる労力や経費も大幅にダウン SMBCファイナンスサービス株式会社は顧客から定期・継続的な代金を回収するサービスを提供しています。 1度のお手続きで、集金業務が自動化することが可能です。 確実で安定した入金が実現することが可能で、集金業務にまつわる労力や経費も大幅にダウンさせることができます。 導入しやすいシンプルな料金設定• 安心の「Daigasグループ」の総合ファイナンス会社• 専門スタッフによるサポートをご用意 大阪ガスファイナンス株式会社は導入しやすいシンプルな料金設定となっています。 また安心の「Daigasグループ」の総合ファイナンス会社なので、信頼して導入することができます。 さら専門スタッフによるサポートを用意しているため、おすすめです。 他の決済手段と比べて安価な手数料でご利用• 一連の作業は専用のWEBサイト上で操作• 口座振替データはExcel、CSV、全銀ファイル形式の中から選択 楽たす回収 — 株式会社ミロク情報サービスでは他の決済手段と比べて安価な手数料でご利用することができます。 一連の作業は専用のWEBサイト上で操作することができるため、業務の手間を省くことが可能です。 さら口座振替データはExcel、CSV、全銀ファイル形式の中から選択することができるため、ニーズに合わせることが可能です。 用途に合わせて選択いただける集金プランをご用意• 複数の支払先からご希望の支払先が選択可能• 集金にかかる手間、人員、コストの大幅削減が可能 株式会社ジャックスでは用途に合わせて選択いただける集金プランをご用意しています。 複数の支払先からご希望の支払先が選択することが可能で、集金にかかる手間、人員、コストの大幅削減が可能なため、導入を検討してみてください。 入金消し込みなどの煩雑な集金事務を大幅に軽減• 負担していた振込手数料より非常に割安• 簡単なお手続きで集金が可能 株式会社カワイアシストでは入金消し込みなどの煩雑な集金事務を大幅に軽減することができます。 負担していた振込手数料より非常に割安で、小規模の取引にもおすすめです。 簡単なお手続きで集金が可能なため、業務コストを最小限に抑えることができます。 リース期間を設定することにより、計画的な損益管理が可能• 支払リース料は定額であり、一時期に多額の資金は不要• 金融機関の借入枠を温存させることが可能 芙蓉総合リース株式会社ではリース期間を設定することにより、計画的な損益管理が可能です。 支払リース料は定額であり、一時期に多額の資金は不要なため、資金管理もしやすいのが魅力です。 さら金融機関の借入枠を温存させることが可能です。 導入費用(イニシャルコスト)0円• 割安な毎月の利用料金(ランニングコスト)• シンプルで使いやすい安心サポート 株式会社シーエスエスでは導入費用(イニシャルコスト)0円で利用することが可能です。 そのため、小規模の企業にもおすすめで、割安な毎月の利用料金(ランニングコスト)なので、導入しやすいのが特徴です。 またシンプルで使いやすい安心サポートがあるのが魅力です。 パッケージソフト型とホスト接続型の2種類の導入プラン• 集金にかかる手間・人員・コストを大幅に削減• 振込や集金に比べ入金率が格段に向上 ヤマトクレジットファイナンス株式会社はパッケージソフト型とホスト接続型の2種類の導入プランに分かれています。 月額5,000円で口座振替サービスを利用することが可能です。 集金にかかる手間・人員・コストを大幅に削減することが可能で、振込や集金に比べ入金率が格段に向上するため、導入することを検討してみてください。 月額費用と手数料も合わせて紹介をしますので、導入を検討する際は比較をした上で参考にしてください。 BtoB決済・請求業務の効率化で未回収リスクをゼロに「掛払い. com」• BtoB取引の新規開拓を劇的に加速• 業務負担・ストレスを削減する• リスクゼロで掛売り対応が可能 掛払い決済代行サービス「掛払い. com」では月額・初期費用が無料で利用が可能なBtoB向けの後払いサービスです。 BtoB取引の新規開拓を劇的に加速させることが可能になり、業務負担・ストレスを削減することができます。 またリスクゼロで掛売り対応が可能になるためおすすめです。 月額費用 手数料 請求書発行料金 無料 1. 時間的・心理的な負荷を軽減• あらゆるタイプの法人を顧客化できる• コストを最小限にした上で、請求書払いを提供できる NP掛け払いでは月額費用が12,000円から導入することが可能です。 初期費用は無料なので導入しやすいのが魅力で、時間的・心理的な負荷を軽減することができます。 あらゆるタイプの法人を顧客化することが可能で、コストを最小限にした上で、請求書払いを提供できます。 月額費用 手数料 請求書発行料金 12,000円~ 1. 大手企業も導入できるセキュリティ水準• 誰にでも簡単に操作• 最適な導入方法を提案 Paid(ペイド)では月額費用は無料で導入することが可能で、大手企業も導入できるセキュリティ水準なので信頼することができます。 誰にでも簡単に操作をすることが可能で、業務をシンプルにすることができます。 さら最適な導入方法を提案してくれるのがPaid(ペイド)のおすすめポイントです。 月額費用 手数料 請求書発行料金 無料 お問い合わせ お問い合わせ 詳細はこちら: MF KESSAI(MF決済)• 自動与信で与信業務が一切不要• 督促・消込などの面倒な業務が全て不要• 新規取引でもリスクを恐れず掛売りが可能 MF KESSAI(MF決済)では月額費用や手数料は1度見積をしなければいけません。 MF KESSAI(MF決済)の特徴は自動与信で与信業務が一切不要で、督促・消込などの面倒な業務が全て不要です。 さら新規取引でもリスクを恐れず掛売りが可能なのでおすすめです。 月額費用 手数料 請求書発行料金 お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ 詳細はこちら: クロネコ掛け払い• 買い手企業への与信から請求書発行、集金などを代行• 請求業務の効率化と未回収リスクゼロ• 1,200社以上の導入実績 クロネコ掛け払いでは買い手企業への与信から請求書発行、集金などを代行しています。 請求業務の効率化と未回収リスクゼロにすることが可能で、既に1,200社以上の導入実績があるため、検討をしている企業におすすめの集金代行サービス会社です。 信用調査の代行• ビジネスチャンスを逃すことなく新規取引先を拡大• 信用調査の代行を行い、安心して取引を行うことができます。 またビジネスチャンスを逃すことなく新規取引先を拡大化することができるため、販売機会を逃さずに済みます。 月額費用 手数料 請求書発行料金 無料 お問い合わせ お問い合わせ 詳細はこちら: 請求管理ロボ• 請求・集金・消込・催促の作業を全て自動化• 経理業務の負担を減らすことが可能• 4つの決済手段を一元管理 請求管理ロボは月額費用が80,000円~250,000円と高いため、取引額が多い企業におすすめです。 導入をすることで、請求・集金・消込・催促の作業を全て自動化することができるようになり、経理業務の負担を減らすことが可能です。 さら4つの決済手段を一元管理することができるので検討してみてください。 提供しているサービス内容や費用なども異なります。 集金代行サービスを導入することで自社の業務コストを削減することが可能になり、決済業務を効率化することができます。 またコア業務に専念することができるという点でも導入をした方が良いです。 今回紹介をしたように集金代行サービスを導入する際は自社に適した選定を行う必要があるため、導入をする前に公式HPできちんと確認をしてください。 ぜひ今回紹介をした内容を参考に企業に導入する集金代行サービスを選んでみてはいかがでしょうか。

次の

【BtoB向け】決済手数料が安い! クレジットカードやQR決済の代行会社ランキング4選

決済代行btob

B2B決済カード 店舗での卸・仕入決済にご利用いただけます。 B2B決済カード お取引先さまに対して、提携のB2B決済カードを発行し、お取引先さまに代わってオリコが仕入代金を一括立替払いいたします。 キャッシュレスでお取引きできるので、現金管理などの負荷やリスクが軽減されます。 B2B決済カードの特徴• 決済はキャッシュレス お取引きに現金は必要ありませんので、現金管理などの負荷やリスクが軽減されます。 お取引きはすべてカード1枚で 提携のB2B決済カードを発行します。 顧客の即時決済が実現します。 お取引先さまの囲い込みを実現 ご指定のマーケット(貴社)のみのご利用となりますので、カードをキーとしたお取引先さまの囲い込みが期待できます。 指定マーケットでセキュリティUP ご指定以外でのマーケット(貴社以外)ではご利用できませんので利用枠減少の心配がなく、会員お取引先さまのセキュリティが高まります。 B2B決済カードの仕組み• 店頭にてカード提示。 カード決済処理。 カード決済承認後、お取引先さまへ納品。 オリコへ立替請求。 オリコからお取引先さまへ請求書発行。 お取引先さま指定口座より請求金額振替。 オリコから一括して貴社にお立替え。

次の

決済代行サービス徹底比較!導入に失敗しないポイントは?|ferret

決済代行btob

ECサイトやネットショップにおける最終的な目的は、商品購入手続きを完了させることに他なりませんが、その重要な役割を担うのが決済機能です。 オンライン決済にまつわる機能をすべて自社でまかなうのは手間やコストがかかり、セキュリティリスクもあるため、決済代行会社が提供する決済サービスをうまく活用することが肝要です。 今回は、決済代行会社が行っている決済代行サービスの内容や、導入すべきおすすめの決済方法についてご紹介します。 決済代行サービスとは? ECサイトにおける決済方法は、クレジットカード決済、代金引換、コンビニ決済、キャリア決済、PayPalなど、さまざまな種類が存在します。 これらの決済方法をまとめて代行してくれるのが、決済代行会社が行っている決済代行サービスです。 決済代行サービスを利用しないとどうなる? もし仮に決済代行サービスを利用せず、自社で決済システムを用意する場合、どのような業務が発生するでしょうか。 クレジットカード決済の場合、VISA・MasterCard・JCBなど複数のブランドに対応する必要があるので、それぞれのクレジットカード会社から個別に審査を受け契約しなければなりません。 申請書類や審査基準は各社で異なり、審査に要する期間もまちまちです。 無事審査が通り、ECサイトをオープンした後もユーザーのクレジットカード情報や個人情報を自社で厳重に管理していかなければならず、もし情報漏えいを引き起こしてしまったら、莫大な賠償金や社会的信用の失墜を招きます。 またユーザーからのニーズが高い「後払い」を自社で導入した場合はどうでしょうか。 後払いは、商品発送後に入金がされないという未回収リスクが付きまとい、督促業務のコストも発生します。 決済代行会社のサービス内容 決済代行会社のサービスを利用すれば、これらの煩雑な業務から開放され、コスト削減やセキュリティリスクの回避を実現することができます。 それでは決済代行サービスにはどのような種類があり、利用するとどのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。 クレジットカード決済 クレジットカード決済の導入にあたっては、5大カード会社(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)の対応は必須でしょう。 決済代行サービスを利用すれば、 5大カード会社の審査や契約を個別に行う必要は無く、1セットの申請書類を用意すれば代理申請してくれます。 小規模ECサイトや個人事業主の場合、審査が下りにくいケースがありますが、決済代行会社を通せばスムーズに審査をパスできるようアドバイスを受けられるというメリットもあります。 また各クレジットカード会社で異なる入金サイクルや手数料を一括管理でき、入出金管理業務の効率化を図ることも可能です。 なお決済代行サービスを使ってECサイトにクレジットカード決済を導入する際には、主に3種類の接続方式(リンク型、モジュール組込型、データ伝送型)から選択します。 リンク型 決済画面を用意する必要がなく、決済代行会社が用意した決済画面を利用する形式で、導入が最も簡単な方式です。 モジュール組込型 自社で決済画面を用意し、そこに決済代行会社から提供されたプログラムを組み込むことで実装します。 データ伝送型 暗号化に対応したサーバーを自社で構築し、ユーザーから取得したクレジットカード情報を決済代行会社に連携する方式で、大規模ECサイト向きといえます。 接続方式は自社の商材やトランザクション量、サイト規模に応じて選ぶようにしましょう。 コンビニ決済 コンビニ決済もクレジットカード決済と同様に、複数のコンビニ会社を利用できるよう準備する必要がありますが、決済代行サービスを利用すれば、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップなどの主要なコンビニと個別に契約する必要がなく、契約手続きが大幅に簡素化できます。 現在、決済代行会社によってさまざまな種類のコンビニ決済サービスが展開されています。 最も一般的な方式は、注文後にユーザーに決済番号を通知し、ユーザーがコンビニで支払いを完了した後に商品を発送する「ペーパーレス先払い方式」です。 その他、商品到着後に送付される請求書を使ってコンビニや銀行で支払う「後払い方式」を提供している決済代行会社もあります。 この場合は未回収リスクが無い「リスク保証」が付与されており、代金回収業務や督促業務は決済代行会社が行ってくれます。 掛売り(BtoB) 企業同士の取引においては掛売りが一般的ですが、決済代行サービスを利用することで、掛売りにまつわる各種リスク(未払い、支払い遅延、貸し倒れ等)をすべて保証してくれます。 また与信管理、請求業務、入金確認、督促といった業務をすべてアウトソーシングできる点も、BtoB-ECを運営している事業者にとっては大きなメリットと言えるでしょう。 代表的な決済代行会社 代表的な決済代行会社は、GMOペイメントゲートウェイ、ペイジェント、ネットプロテクションズなどが挙げられますが、他にも大小さまざまな会社が特徴的な決済代行サービスを展開しています。 導入必須の決済方法 決済代行会社の選定にあたり、まず自社のECサイトに導入する決済方法を決めておく必要があります。 そこで、経済産業省の「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を参考に、ユーザーがどんな決済方法を選んでいるか見ていきましょう。 調査の結果、クレジットカード払いが63. 圧倒的支持を受けているクレジットカード決済は当然のこと、クレジットカードを所有していない若年層やお年寄りのニーズをカバーするために、コンビニ決済と代金引換も導入しておく必要があります。 決済代行サービスを活用しよう あらゆるユーザー層がECサイトで買い物をするようになった昨今、多くのユーザーニーズを満たす決済方法を自社で用意するのは現実的ではありません。 またEC事業者にとっても代金の未回収リスクやセキュリティリスクを回避でき、安心してサイト運営を実現してくれる決済代行サービスは、今やECサイト運営に欠かせない存在といえるでしょう。 決済代行会社を選定する際には、各社のサービスのメリット・デメリットを比較し、自社の商材やターゲット顧客に合わせて、最適な代行サービスを選ぶことが大切です。 そしてECサイトの事業拡大や売上拡大に合わせて決済手段を追加できるよう、将来を見越して決済代行会社を選定するようにしましょう。 meti. pdf.

次の