ハムラアキラ 出演者。 ハムラアキラのキャスト相関図に年齢や役柄!主役はシシドカフカで不運な探偵役!|drama papillon

ハムラアキラの再放送はいつ?ネット配信や見逃したフル動画を見る方法!

ハムラアキラ 出演者

概要 [ ] 葉村晶の初登場作は『小説中公』1994年7月号の『海の底』である。 のV・I・ウォーショースキー、のキンジー・ミルホーンなどの女性私立探偵物が日本でブームとなっていた頃で、自分でも書いてみたいと考えた若竹が短編の依頼を受けたのを機に書き上げた。 日本では私立探偵という職業にリアリティを与えられないため、職業はフリーターとなった。 にシリーズ第1作として刊行された短編集『 プレゼント』には、小林警部補と部下の御子柴のバディを主人公とし葉村晶は登場しない短編(「冬物語」、「殺人工作」、「プレゼント」)が含まれ、最後の「トラブル・メイカー」で初めて両者が顔を合わせる構成となっている。 当初は単発の予定であったものの、葉村晶のキャラクターが予想外の好評を博したことから何度か登場させるうちに別の方面からも女探偵を主人公とした作品の依頼が舞い込み、葉村を興信所の調査員にして登場させることとなった。 また、葉村晶で1冊の単行本を作ろうという話しが持ち上がった際には、別の女性主人公の物語を何編か葉村晶に置き換えて書き直し、短編集『 依頼人は死んだ』が刊行された。 にはシリーズ初の長編となる『 悪いうさぎ』が刊行され 、長編賞の候補となった。 そこで「古本屋をやりながら探偵をするというのは面白い」と晶がミステリ古書店のアルバイトになるという設定が生まれ、翌に13年ぶりとなる新作長編『 さよならの手口』でシリーズが再開した。 作品リスト [ ] この節のが望まれています。 プレゼント• 1996年5月、、• 依頼人は死んだ• 2000年5月、、• 2003年6月、、 収録作品 初出 濃紺の悪魔 『週刊小説』1998年9月4日号 詩人の死 『小説TRIPPER』1997年冬季号 たぶん、暑かったから 『オール讀物』1993年11月号 鉄格子の女 『ポンツーン』1998年11月号 アヴェ・マリア 『小説NON』1995年2月号 依頼人は死んだ 『別冊文藝春秋』228号(1999年7月) 女探偵の夏休み 『週刊小説』1999年8月20日号 わたしの調査に手加減はない 『小説NON』1999年2月号 都合のいい地獄 書き下ろし 悪いうさぎ• 2001年10月、文藝春秋、• 2004年7月、文春文庫、 暗い越流• 2014年3月、、• 2016年10月、、 収録作品 初出 蠅男 『』2009年 vol. さよならの手口• 2014年11月、文春文庫、 静かな炎天• 2016年8月、文春文庫、 収録作品 初出 青い影 『別冊文藝春秋』317号(2015年5月) 静かな炎天 『別冊文藝春秋』319号(2015年8月) 熱海ブライトン・ロック 『別冊文藝春秋』318号(2015年6月) 副島さんは言っている 『別冊文藝春秋』320号(2015年10月) 血の凶作 書き下ろし 聖夜プラス1 『別冊文藝春秋』321号(2015年12月) 錆びた滑車• 2018年8月、文春文庫、 不穏な眠り• 2019年12月、文春文庫、 収録作品 初出 水沫隠れの日々 『オール讀物』2017年8月号 新春のラビリンス 『オール讀物』2019年3・4月合併号 逃げだした時刻表 『オール讀物』2019年7月号 不穏な眠り 『オール讀物』2019年12月号 登場人物 [ ] 葉村晶(はむら あきら)〈26 - 〉 本作の主人公。 4人姉妹の末っ子としてオマケのように育てられたため、クールでニヒルな性格。 疑問に思ったことや興味を思ったことはとことん調べ上げ、白黒つけるまでは諦めないが、それ故にトラブルに巻き込まれやすい災難体質。 当初はフリーターとして職を転々としながら、フリーのルポライターとしての執筆活動も続けていたが、好奇心を満たしてくれる長谷川探偵調査所での調査の仕事を気に入り、3年ほど在籍する。 退職後も、所長に請われ契約調査員として様々な調査に携わる。 長谷川が引退して事務所を閉鎖した後は「MURDER BEAR BOOKSHOP」のバイト店員となり、店の2階の「白熊探偵社」で探偵業を続ける。 この頃には、探偵業は天職であると考えるようになる。 小林舜太郎(こばやし しゅんたろう) 所轄の刑事課勤務の警部補。 御子柴(みこしば) 小林の部下の刑事。 長谷川(はせがわ) 長谷川探偵調査所の所長。 淡白な性格で面倒くさがり屋。 正義感の強い熱血漢ではないが、犯罪行為に手を染めることもない。 パチンコが唯一の趣味。 震災後は年齢を理由に引退し、事務所も閉鎖した。 村木義弘(むらき よしひろ) 長谷川探偵調査所の調査員。 葉村の元同僚にして、探偵の先輩。 かつては警察官だったが、事件が起きてからでしか捜査出来ないことに嫌気が差して探偵になった。 話を聞きだすのが上手く、粘り強い性格のため調査員としての能力は高く、長谷川探偵調査所は彼の働きでもっていると言われていた。 長谷川探偵調査所閉鎖後は妻が経営する飲食店のマスターとなった。 桜井肇(さくらい はじめ) 大手調査会社「東都総合リサーチ」の調査員。 長谷川探偵調査所で手が足りなくなった時に応援として加わるため、晶とも面識がある。 立村珠洲(たちむら すず) 晶の三姉。 葉村家で「姫」として育てられたためわがままで、晶に対しては傍若無人な態度で接する。 悪い男に入れあげては金の無心にやって来るなど、晶を翻弄する。 相場みのり(あいば みのり) 晶の中学時代からの友人。 マンションを購入した矢先に夫を亡くしたため、晶にルームシェアを持ちかける。 柴田要(しばた かなめ) 釜浦署の刑事。 巡査長。 晶に妻の浮気調査を依頼した過去があり、それが弱味となって晶から度々情報提供させられている。 富山泰之(とやま やすゆき) ミステリ専門書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」店主。 晶を書店のバイトとして雇い、さらに書店の2階を探偵事務所代わりに使うことを提案。 かつては大手出版社で、ミステリー雑誌編集長を務めていた。 岡部巴(おかべ ともえ) 晶が暮らすシェアハウス「スタインベック荘」の大家。 当麻茂(とうま しげる) 警視庁の警部。 所属は明かそうとしない。 郡司翔一(ぐんじ しょういち) 当麻の部下。 テレビドラマ [ ] ハムラアキラ 〜世界で最も不運な探偵〜 ジャンル 原作 若竹七海 脚本 木田紀生 演出 大橋守 増田靜雄 中村周祐 出演者 音楽 国・地域 言語 製作 制作統括 三鬼一希 撮影地 スタジオ 他 編集 平野一樹 製作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 22:00 - 22:49 放送枠 放送分 49分 回数 全7回 『 ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』(ハムラアキラ せかいでもっともふうんなたんてい)と題しての制作でテレビドラマ化され、の「」枠でからまで毎週金曜日22時00分 - 22時49分に放送されていた。 全7回。 主演はで 、本作がドラマ初主演となる。 撮影は2019年10月下旬からのスタジオや、名古屋近郊で行われた。 キャスト [ ] 主要人物 [ ]• 葉村晶(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、「白熊探偵社」の調査員) -• 岡田正太郎(の、) -• 村木義弘(元・警官の探偵) -• 速見治松(影山東署の刑事) -• 柴田要(影山東署の刑事) - 古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」関係• 野々村(常連客、リサイクル店店主) -• 柿崎(常連客、サラリーマン) -• アケミ(常連客、勤務) -• 浅川(アルバイト、大学生) -• 富山泰之(店主) - ゲスト [ ] 第1回• 葉村珠洲(晶の3番目の姉) -• 生沢努(生沢メイの夫) -• 生沢メイ(晶の同級生) - 第2回• 糸永静男(町内会長) -• 山際誠(村木の調査対象者) - 依頼人• 鈴木・夫 -• 鈴木・妻 -• 須藤明子 -• 角野史郎 -• 糸永静江(糸永静男の母親) - 第3回• 中山慧美(依頼人) - 依頼人の大学時代のゼミ仲間• 野口環 -• 由良香織 -• 西条華子 -• ミワ(喫茶店「大きな古時計」店主) -• 戸田猛(香織の元夫) - 第4回• 濃紺の男 -• 松島詩織(フラワー・スタイリスト) -• 城都(探偵、村木の部下) - 第5回・第6回・最終回• 平ミチル -• 平貴美子 -• 山辺秀太郎 -• 滝沢美和 -• 柳瀬綾 -• 平義晃 -• 滝沢喜代志 -• 辻亜寿美 -• 野中則夫 -• 水地佳奈 -• 大黒重喜 - スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 - 、木田紀生• 音楽 -• 演出 - 大橋守、増田靜雄、中村周祐• 探偵業考証 - 堀江俊通• 警察考証 -• 撮影 - 深野岳志、菅信吉• 編集 - 平野一樹• 制作統括 - 三鬼一希• 制作・著作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 第1回 1月24日 トラブルメイカー 黒沢久子 大橋守 第2回 1月31日 静かな炎天 第3回 2月 07日 わたしの調査に手加減はない 木田紀生 増田靜雄 第4回 2月14日 濃紺の悪魔 黒沢久子 第5回 2月21日 悪いうさぎ X 大橋守 第6回 2月28日 悪いうさぎ Y 中村周祐 最終回 3月 06日 悪いうさぎ Z 大橋守 前番組 番組名 次番組• 2020年1月15日閲覧。 文藝春秋BOOKS. 2019年10月24日. 2020年1月24日閲覧。 プレスリリース , , 2016年12月1日 , 2020年1月24日閲覧。 2019年10月27日. 2020年1月10日閲覧。 クランク・イン! ハリウッドチャンネル. 2020年1月24日. 2020年1月25日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2019年10月24日. 2020年1月25日閲覧。 文藝春秋BOOKS. 2020年1月25日閲覧。 若竹七海「あとがき」『暗い越流』光文社、2014年、235頁。 インタビュアー:「本の話」編集部. 文藝春秋BOOKS. 2020年1月25日閲覧。 石井千湖 2014年12月17日. 2020年1月25日閲覧。 2019年11月26日. 2020年1月10日閲覧。 2020年1月23日. 2020年1月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - 文藝春秋による特設サイト• - NHK ドラマ10 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の

【ハムラアキラ】の最終回までの視聴率とあらすじ一覧

ハムラアキラ 出演者

このご時世、NHKだからできる最大限のハードボイルドをしてくれてたと思う。 日本のハードボイルド探偵大好きだからそれだけで100点満点。 ぜ~んぶ、報われたようでまったく報われてないところ、最高... このご時世、NHKだからできる最大限のハードボイルドをしてくれてたと思う。 日本のハードボイルド探偵大好きだからそれだけで100点満点。 ぜ~んぶ、報われたようでまったく報われてないところ、最高。 こだわり抜いたビジュアルとシルエットが、とにかく絵になる。 最後3部作になったのはちょっと長かったな…とも思ったんだけど、ラスボスが3回分かけて描くだけのクソ野郎だったのでOK。 そうだ、NHKのドラマ10枠は7話完結だった、、、個人的には、このドラマ独特の暗めの空気感のおかげか、ミステリー小説を読んでるような感覚になるのが好きだったなあ。 組長、警視、組対のラインナップには笑ったけど、私はこのドラマの間宮くん、警視庁警視の岡田管理官がたまらなく好き、、、あの若さで管理官、超エリート、、、コナンで言ったら黒田管理官(義眼のイカついおじさん)と同じ階級なんて信じられる?私は信じられない。 トレンチコートを黒いジャンバーに変えて。 冷静で真実を見つけたいという熱意も伝わってきて魅力的。 シシドカフカさん淡々と... 主人公の羽村晶という探偵を一言で表すとハードボイルドという言葉を選びたい。 トレンチコートを黒いジャンバーに変えて。 冷静で真実を見つけたいという熱意も伝わってきて魅力的。 シシドカフカさん淡々と話すセリフにも小さな抑揚をつけられる素晴らしい女優さんです。 1話で羽村晶と家族の確執、姉すずとの関係が描かれ、晶が抱える闇というよりは影を知り、人物像に興味を持ちました。 2話から4話は単発の作りで登場人物像をしっかり見せてレギュラーキャストを認知してこれました。 5話から最終回の7話を連続仕立てにし、悪いうさぎXYZとして少しづつ新たな事実を出し、誘拐事件から大きな事件へと上手く繋げられていきました。 ただ、私はここでつまづいてしまいます。 誘拐事件に関わる美和、綾、佳奈、ミチル。 若い女優さん達が一度に現れ誰が誰だか?そしてその親達。 68会と名乗るおじさん6人と奥さん。 ごっちゃになってしまい、物語の繋がりが今一つ理解出来なかったんです。 それぞれ大鶴義丹さんだったり、羽場裕一さんだったり、木下ほうかさんだったり有名な役者さん達だったので登場人物は理解出来るのですが、誰が誰の娘でという事が最後の最後でようやく繋がった所で事件解決。 なので5話6話の内容が理解出来てなかったです。 放送終了後ホームページを見たところ、きちんと相関図が出されており、失敗したなと思いました。 コレを先に見ていたらすごく面白かったとわかるから。 勿体ないことしてしまいました。 そして筒井真理子さん、綺麗な女優さんの涙で化粧がぐちゃぐちゃになってアイラインの黒い涙の跡が頬いっぱいの姿はホラー級でオンエアしたNHKと筒井真理子さんの本気が伝わって来ました。 尊敬です。 物語の作りは本当に良かったし、田中要次さんの怪演から何からベテラン役者さん達が若い役者さん達の底上げをし、梅雀さんがシリアス部分の後味をまろやかにする。 正直、4話まで津田寛治さんの出番が少なく無駄使いだなと思ったんですが、5話からのゲストキャストが豪華すぎて驚きと共に納得です。 シシドカフカさんの強く優しくかっこいい、ハードボイルドな探偵をまた見たいなと思います。 続編を願うドラマでした。 NHK金10、シシド・カフカ主演の探偵ドラマ。 私はただこの文言だけで今期一番期待していた。 だってNHKのドラマシシド・カフカが探偵でしょ?絶対かっこいいじゃん、見る〜〜!!!私の思考回路はい... NHK金10、シシド・カフカ主演の探偵ドラマ。 私はただこの文言だけで今期一番期待していた。 だってNHKのドラマシシド・カフカが探偵でしょ?絶対かっこいいじゃん、見る〜〜!!!私の思考回路はいつだって単純明快なので、たったそれだけで楽しみだった。 そして待ちに待った初回。 最高〜〜〜〜〜えええ〜〜最高〜〜!! 主演のシシド・カフカが最高なことは知っていた。 だけど役に合いすぎるよ〜〜!!!ハードボイルドな探偵役のシシド・カフカ。 え?シシド・カフカは葉村晶を演じるために生まれたのでは?いや、葉村晶シリーズはシシド・カフカのために書かれた小説なのでは……? 頭抱 それだけではない。 岡田管理官はドラマオリジナルのキャラクターだが、推理の聞き手としてその存在意義を十二分に発揮してる。 間宮祥太朗といえば、 少なくとも私の中では 少しウザくてうるさい熱血男の役というイメージが先行しがちだが、その全てを削ぎ落としたような冷静沈着な役が誠に絶妙であった。 つまり間宮祥太朗は岡田管理官を演じるために生まれ、岡田管理官もまた間宮祥太朗に演じてもらうために生まれたキャラクターなのですね? 頭抱 それから、ハムラを囲むしろくま探偵社の面々の愛くるしさと、温かいような冷たいような刑事達。 いらない存在も描写も一つもなく、なんか今日妙に単調だなと思った回ですら、それすらも展開の材料として後半に畳み掛けてくる推理ドラマとしての面白さ。 そして特筆すべきは、葉村と岡田のみが登場する場面の映像美である。 まるで異世界にいるかのような、現実から切り離されたような映像効果に、何か聞いてはいけないような話を聞いてしまっているのかと錯覚してしまう。 孤高であることを選ばざるを得なかった葉村の硬い防御壁の中を垣間見るような、後ろめたさの伴う快感があった。 とにかく良かった。 めちゃくちゃ良かった。 口コミを書くにあたり、褒めてばかりじゃ純粋な評価ではないと思って欠点を探したが、7話だけで終わってしまうということ以外に見当たりそうにはない。 ミワの失踪事件はやっぱり68会の狩猟ゲームだった。 24時間にげれたら200万円。 ミワはウサギの仮面をつけて真相を探るために参加して、なんとミワと気付かずに父親が撃ち殺して楽しそうに笑ってたわ。 とりあえず、山辺さんちのしょうちゃんこと岡田警視が裏切り者じゃなかったのは嬉しい。 んで彼は確かに山辺の子供だけど認知すらされていない…彼も闇が深いな。 父親に手錠をかけて逮捕し、今が地獄だけどだから頑張れるって。 良かったな。 ハムラも「世界で最も不運な探偵」と言うけど、そばには愉快な仲間たちもいて全然不幸ではない。 これで物語が終わるなんてもったいなさすぎる!ハムラはまた白熊探偵社の看板をつけたし、シーズン2に期待します! 先週に続き、女子高生失踪の行方を追うハムラアキラ。 今回はアケミさんも活躍しましたね。 家出少女として危うく過ごしていた時期に、富山オーナーが本屋に招き入れてくれて良かった。 人生って出会う人によって変わってくるよなぁ…なんて漠然と考えていました。 この失踪事件はつまり、子供たちの世界(家出少女)と、親たちの世界(68会)を、「狩猟」と「お金」が繋いでいるということでしょうか。 家出少女は狩猟ゲームで生き延びれたら大金をもらえる。 ミワは本当に殺されるゲームだとは知らずに、カナのためを思って68会に斡旋してしまっていたとか? 実は韓国ドラマ「トラップ」をちょうど見終わり、狩猟する財閥や権力者たちのグロさを見ていたので、それとちょっとリンク。 財閥が行きつくところは狩猟なのかな。 そしてついでに井頭愛海ちゃんって子役出身の女優キム・ユジョンちゃんに似てると思う(笑) さてさて。 岡田警視が68会メンバーの息子だとは予想外でしたが、ついに来週は最終回!これ以上、ハムラを苦しめたくないからバッドエンドだけは避けてほしい!来週も期待してます! 新しい依頼はお金持ちの家から、家出した高2の娘ミワの行方を友達のミチルから聞き出してほしいという依頼。 そこに二人の友達のアヤが殺される事件も発生。 さすがこれから3話かけてやるだけあって、登場人物が多い。 ミチルは「大人にも事情があるように子供にも事情がある」って言ったり、外ではウィッグかぶってて家はお金持ちで両親甘々でいい子ちゃんだったり、なんかリアル。 そしてお父さんが木下ほうか!出オチのように、絶対事件に絡んでると思うな(笑) とりあえず、精神崩壊してるのか何なのか謎すぎるミワの母親が面倒くさいなと思ってたら、私を責めてるの?と母親から言われたハムラが「いえ、面倒くさいなと思ってるだけです」って言ったのが爽快!シシドさんのあの表情とトーンは絶品!!!かっこいー! 闇抱えてそうな岡田警視も怪しい山部という男と密会してるし…。 大人の世界と子供の世界それぞれに何かがあって、それをつなぐのが麻薬?なんなの?どんな恐ろしくてリアルな展開が待ち受けているのか、早く続きが見たい! いろんなサイコをやらせたら日本では右に出る者がいない俳優こと野間口徹の新作サイコパス。 今回も最高でした。 基本的にはハッピーエンドが好きだけど、全体の出来がよい物語はその限りではない。 いろんなサイコをやらせたら日本では右に出る者がいない俳優こと野間口徹の新作サイコパス。 今回も最高でした。 基本的にはハッピーエンドが好きだけど、全体の出来がよい物語はその限りではない。 (未来世紀ブラジルのオリジナル版とかね) すべてのできごとをきっちり最後まで描ききらない、見ている側に想像させる作りは、最近の民放ドラマじゃあまりやってくれないタイプだから、モヤモヤは残るしゾクゾクする話だったけど、最高としか言いようがない。 2週間ボディガードする依頼の回。 依頼主の女性は二重人格か妄想なのか言動に一貫性がなくて、問い詰めたら悪魔の仕業だと。 途中の展開が少しホラーちっくで鳥肌、結局依頼主は死んでしまいました。 悪魔というか犯人とハムラが対峙。 その男はこの世は地獄だと思ってる。 そして彼女の死はこの地獄から抜け出す手伝いをしただけだと言う男にハムラは、あんたは本当はいい人なんだね可哀想、だけどあんたも悪に染まることない地獄は終わらないよ…と伝えたけど、結局その男は目の前であっさり飛び降りてしまった。 その男は、児童虐待とかDV事件とかを担当して人を裁いて救ってきた裁判官。 行き着くところはそこだったのか…。 幻想めいていた回でしたが真相は悲しいというか切ないというかなんとも言えない気持ち。 今回も満足でした。 爆発するような怪演がもてはやされがちな松本まりかさんの、 表情を抑えた、でも内に秘めたものがあふれ出してくる演技がとてもよかった。 特に、4人でプリクラ(この言い方ももう古いな)を撮った... 爆発するような怪演がもてはやされがちな松本まりかさんの、 表情を抑えた、でも内に秘めたものがあふれ出してくる演技がとてもよかった。 特に、4人でプリクラ(この言い方ももう古いな)を撮ったところ。 嬉しさ、楽しさのようなものと、なんだかわからない遠慮みたいなものとが入り交じった、とてもとても絶妙な表情。 見てるうちは、派手なタイプの友人たちに引けを感じてなのかな、と思ってたけど、最後でそうじゃないのがわかって、余計にあの表情に「うわっ…」と思わされる。 ザ・悪女!サイコパスでござい!みたいな役が続いたことあったけど、こういう役もどんどん彼女にやらせてほしい。 見たいのですもっと。 今回は金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」の『みんなちがって、みんないい』がキーワードで、大学のゼミの同期でつくった独女会の1人が7年前に自殺してて、その真相を調べる依頼。 自殺した香織は不妊と夫の浮気に悩んでたけど、ハムラに依頼してきた慧美は、友達の不幸を聞いて優越感に浸るタイプ。 悩んで泥沼に落ちる香織を見るのが楽しかったのに、立ち直っていく姿にイラつくとかすごくリアル。 そして環が自分を好きだと香織が気づくシーン…。 優しい香織が「そんな目でずっと私を見てたの?」って言った後めっちゃ拒絶。 八つ当たり。 同性愛を理解してもらえない苦しさが見てて切なかったな。 とても重いけど、結論が出ないラストの余韻もまたよかった。 来週も期待してます。 ひっそり見てた1話、思っていた以上にちゃんとハードボイルドしてていいなと思っていましたが、2話もすごかった。 とにかく長谷川初範のすごさ、これに尽きる。 後味は悪いといえば悪いけど(... ひっそり見てた1話、思っていた以上にちゃんとハードボイルドしてていいなと思っていましたが、2話もすごかった。 とにかく長谷川初範のすごさ、これに尽きる。 後味は悪いといえば悪いけど(ハードボイルド探偵ものはそれも定番だし)、長谷川初範の演技に圧倒されて、珍しく録画してたの2回も見ちゃった。 そんなにセリフは多くないのに、あれだけいろんなものが伝わってくるの、単純にすごい。 シシドカフカさんはシルエットだけで絵になるので、それはそれで見ているだけで楽しい~。 世界で最も不運な探偵、ハムラアキラ。 今週はツイているのかツイていないのか不思議な展開で、まぁ何かあるとは思ってたけどそうきたか、な結末。 なんで真冬に真夏の設定なのか最初から気になってたけどそういうことだったのね。 張り切りすぎてないちょうどいい伏線と回収がオシャレ。 先週の流れだと、警視庁の超エリートの岡田(間宮祥太朗)と一緒に事件を解決してくのかと思ったけどそうでもない。 物語りはもちろん、ハムラの声のトーン、登場人物のキャラ、音楽、全体のバランスがやっぱり好き。 それにしてもシシドカフカさんは美人で演技うまいし、間宮祥太朗さん、まつ毛ながい!岡田はまだ敵か味方かいまいち謎だけど、二人の関係性がどうなってくのかも楽しみです。 『家族と書いてりふじん(理不尽)と読む』 第1話から刺激的な言葉も飛び出しましたが、放送前から抱いていた期待に違わず面白いドラマでございました。 シシド・カフカさんが演じる主人公・葉村晶... 『家族と書いてりふじん(理不尽)と読む』 第1話から刺激的な言葉も飛び出しましたが、放送前から抱いていた期待に違わず面白いドラマでございました。 シシド・カフカさんが演じる主人公・葉村晶は、ミステリー専門書店のオーナーが冗談で始めた<白熊探偵社>の調査員。 何かと災難に巻き込まれる彼女は、「世界で最も不運な探偵」と面白がられている・・・。 というのが、物語の設定。 冒頭から顔を潰された女性の遺体が発見されてハードな内容を想起させられましたが、そこまでグロテスクな描写もなく安堵。 ただし、アキラという人物に関しては、ハードな人生を送ってきた主だということを第1話からしみじみと感じさせられる展開に。 それでも、ストーリーとしてはとても興味深いものでした。 何より、シシド・カフカさんの演技や雰囲気を最大限に活かしている独創的な世界観は、他のドラマにはない良さがあって観ていて楽しいですね。 シシド・カフカさんはドラマ出演もされますが、元々はドラマーとして活躍しているアーティスト。 そのせいか、セリフや間合いのテンポが自分にはとても心地よく感じる演技をされます。 アーティストの方って、ゴリゴリに演劇をやってきた人間からするととても興味深い表現をされたりするんです。 古くは玉置浩二さんや山崎まさよしさんなどもそうでしたし、最近では昨年「左ききのエレン」に出演されていた石崎ひゅーいさんとか「べしゃり暮らし」などの渡辺大知さんも自分の目にはとても魅力的に映りました。 音楽での自己表現って、お芝居とはまた違ったものがあるからなんだろうなあと感じてます。 そんなこともちょっと頭に入れつつ、シシド・カフカさんの魅力を是非楽しんでいただけたら面白さが少しアップするかも?(だったら、いいな。 ) その独特な世界観の中、アキラに関わる警視庁のエリート管理官・岡田役として登場するのが間宮祥太朗さん。 間宮さんもまた、冷徹で感情を表に出さない役柄で物語の雰囲気に合っております。 敵なのか?味方なのか? まだ、ちょっとわからないですね。 その他、書店と探偵事務所のオーナーには中村梅雀さん、刑事役に津田寛治さんや板橋駿谷さん、書店の常連さんに松尾貴史さんや中村靖日さん・・・と一癖も二癖もあるユニークな俳優陣がドラマを支えます。 第1話には登場しませんでしたが、舞台では有名な俳優さんで自分もファンである池田成志さんもアキラの先輩探偵として登場してくるので楽しみ! ゲストのMEGUMIさんと村上淳さんのクズっぷりもなかなかでしたし、内容だけでも結構な「不運」に見舞われた第1話。 今後アキラが巻き込まれる災難がどんなものになるのか、充分に興味を持たせてもらえました。 民放の連ドラをJ-POPに例えるなら、このドラマはR&Bみたいな感じかな? 感じ方は人それぞれですが、どこか日本の作品離れしているような?でも、昭和の雰囲気も感じるような?不思議な魅力のドラマです。 なんだこのドラマ、控えめに言っておもしろい。 ハムラアキラ演じるシシドカフカさん、怪しさ満点だったけど実はエリート警視の間宮翔太朗さん、探偵事務所兼本屋のオーナーをはじめとする個性的な顔ぶれ、登場人物たちが総じてキャラが魅力的で、気負ってない演技も良い。 探偵のハムラを探偵事務所に雇ったんじゃなく、ミステリー専門の本屋のアルバイトに探偵がやってきたから、探偵事務所を立ち上げた。 という設定も好み。 物語は、ハムラの殺人事件を軸に、MEGUMIさん演じる自己中なハムラの姉と、村上淳さん演じるハムラの幼なじみの旦那とかが絡む事件でしたが、殺人を扱いながらも展開がライトでちょうど良い。 そこに共感できる言葉とか黒い羊とか…あぁ…好きだ。 これからは舞い込んでくる事件をハムラと間宮とかがタッグ組んで謎解きしてく感じなのかな。 個人的に今期ベスト1のドラマかもしれない。 来週も期待します!.

次の

シシド・カフカ ドラマ初主演!ハードボイルドな女探偵を演じる ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」 |NHK_PR|NHKオンライン

ハムラアキラ 出演者

概要 [ ] 葉村晶の初登場作は『小説中公』1994年7月号の『海の底』である。 のV・I・ウォーショースキー、のキンジー・ミルホーンなどの女性私立探偵物が日本でブームとなっていた頃で、自分でも書いてみたいと考えた若竹が短編の依頼を受けたのを機に書き上げた。 日本では私立探偵という職業にリアリティを与えられないため、職業はフリーターとなった。 にシリーズ第1作として刊行された短編集『 プレゼント』には、小林警部補と部下の御子柴のバディを主人公とし葉村晶は登場しない短編(「冬物語」、「殺人工作」、「プレゼント」)が含まれ、最後の「トラブル・メイカー」で初めて両者が顔を合わせる構成となっている。 当初は単発の予定であったものの、葉村晶のキャラクターが予想外の好評を博したことから何度か登場させるうちに別の方面からも女探偵を主人公とした作品の依頼が舞い込み、葉村を興信所の調査員にして登場させることとなった。 また、葉村晶で1冊の単行本を作ろうという話しが持ち上がった際には、別の女性主人公の物語を何編か葉村晶に置き換えて書き直し、短編集『 依頼人は死んだ』が刊行された。 にはシリーズ初の長編となる『 悪いうさぎ』が刊行され 、長編賞の候補となった。 そこで「古本屋をやりながら探偵をするというのは面白い」と晶がミステリ古書店のアルバイトになるという設定が生まれ、翌に13年ぶりとなる新作長編『 さよならの手口』でシリーズが再開した。 作品リスト [ ] この節のが望まれています。 プレゼント• 1996年5月、、• 依頼人は死んだ• 2000年5月、、• 2003年6月、、 収録作品 初出 濃紺の悪魔 『週刊小説』1998年9月4日号 詩人の死 『小説TRIPPER』1997年冬季号 たぶん、暑かったから 『オール讀物』1993年11月号 鉄格子の女 『ポンツーン』1998年11月号 アヴェ・マリア 『小説NON』1995年2月号 依頼人は死んだ 『別冊文藝春秋』228号(1999年7月) 女探偵の夏休み 『週刊小説』1999年8月20日号 わたしの調査に手加減はない 『小説NON』1999年2月号 都合のいい地獄 書き下ろし 悪いうさぎ• 2001年10月、文藝春秋、• 2004年7月、文春文庫、 暗い越流• 2014年3月、、• 2016年10月、、 収録作品 初出 蠅男 『』2009年 vol. さよならの手口• 2014年11月、文春文庫、 静かな炎天• 2016年8月、文春文庫、 収録作品 初出 青い影 『別冊文藝春秋』317号(2015年5月) 静かな炎天 『別冊文藝春秋』319号(2015年8月) 熱海ブライトン・ロック 『別冊文藝春秋』318号(2015年6月) 副島さんは言っている 『別冊文藝春秋』320号(2015年10月) 血の凶作 書き下ろし 聖夜プラス1 『別冊文藝春秋』321号(2015年12月) 錆びた滑車• 2018年8月、文春文庫、 不穏な眠り• 2019年12月、文春文庫、 収録作品 初出 水沫隠れの日々 『オール讀物』2017年8月号 新春のラビリンス 『オール讀物』2019年3・4月合併号 逃げだした時刻表 『オール讀物』2019年7月号 不穏な眠り 『オール讀物』2019年12月号 登場人物 [ ] 葉村晶(はむら あきら)〈26 - 〉 本作の主人公。 4人姉妹の末っ子としてオマケのように育てられたため、クールでニヒルな性格。 疑問に思ったことや興味を思ったことはとことん調べ上げ、白黒つけるまでは諦めないが、それ故にトラブルに巻き込まれやすい災難体質。 当初はフリーターとして職を転々としながら、フリーのルポライターとしての執筆活動も続けていたが、好奇心を満たしてくれる長谷川探偵調査所での調査の仕事を気に入り、3年ほど在籍する。 退職後も、所長に請われ契約調査員として様々な調査に携わる。 長谷川が引退して事務所を閉鎖した後は「MURDER BEAR BOOKSHOP」のバイト店員となり、店の2階の「白熊探偵社」で探偵業を続ける。 この頃には、探偵業は天職であると考えるようになる。 小林舜太郎(こばやし しゅんたろう) 所轄の刑事課勤務の警部補。 御子柴(みこしば) 小林の部下の刑事。 長谷川(はせがわ) 長谷川探偵調査所の所長。 淡白な性格で面倒くさがり屋。 正義感の強い熱血漢ではないが、犯罪行為に手を染めることもない。 パチンコが唯一の趣味。 震災後は年齢を理由に引退し、事務所も閉鎖した。 村木義弘(むらき よしひろ) 長谷川探偵調査所の調査員。 葉村の元同僚にして、探偵の先輩。 かつては警察官だったが、事件が起きてからでしか捜査出来ないことに嫌気が差して探偵になった。 話を聞きだすのが上手く、粘り強い性格のため調査員としての能力は高く、長谷川探偵調査所は彼の働きでもっていると言われていた。 長谷川探偵調査所閉鎖後は妻が経営する飲食店のマスターとなった。 桜井肇(さくらい はじめ) 大手調査会社「東都総合リサーチ」の調査員。 長谷川探偵調査所で手が足りなくなった時に応援として加わるため、晶とも面識がある。 立村珠洲(たちむら すず) 晶の三姉。 葉村家で「姫」として育てられたためわがままで、晶に対しては傍若無人な態度で接する。 悪い男に入れあげては金の無心にやって来るなど、晶を翻弄する。 相場みのり(あいば みのり) 晶の中学時代からの友人。 マンションを購入した矢先に夫を亡くしたため、晶にルームシェアを持ちかける。 柴田要(しばた かなめ) 釜浦署の刑事。 巡査長。 晶に妻の浮気調査を依頼した過去があり、それが弱味となって晶から度々情報提供させられている。 富山泰之(とやま やすゆき) ミステリ専門書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」店主。 晶を書店のバイトとして雇い、さらに書店の2階を探偵事務所代わりに使うことを提案。 かつては大手出版社で、ミステリー雑誌編集長を務めていた。 岡部巴(おかべ ともえ) 晶が暮らすシェアハウス「スタインベック荘」の大家。 当麻茂(とうま しげる) 警視庁の警部。 所属は明かそうとしない。 郡司翔一(ぐんじ しょういち) 当麻の部下。 テレビドラマ [ ] ハムラアキラ 〜世界で最も不運な探偵〜 ジャンル 原作 若竹七海 脚本 木田紀生 演出 大橋守 増田靜雄 中村周祐 出演者 音楽 国・地域 言語 製作 制作統括 三鬼一希 撮影地 スタジオ 他 編集 平野一樹 製作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜 22:00 - 22:49 放送枠 放送分 49分 回数 全7回 『 ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』(ハムラアキラ せかいでもっともふうんなたんてい)と題しての制作でテレビドラマ化され、の「」枠でからまで毎週金曜日22時00分 - 22時49分に放送されていた。 全7回。 主演はで 、本作がドラマ初主演となる。 撮影は2019年10月下旬からのスタジオや、名古屋近郊で行われた。 キャスト [ ] 主要人物 [ ]• 葉村晶(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、「白熊探偵社」の調査員) -• 岡田正太郎(の、) -• 村木義弘(元・警官の探偵) -• 速見治松(影山東署の刑事) -• 柴田要(影山東署の刑事) - 古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」関係• 野々村(常連客、リサイクル店店主) -• 柿崎(常連客、サラリーマン) -• アケミ(常連客、勤務) -• 浅川(アルバイト、大学生) -• 富山泰之(店主) - ゲスト [ ] 第1回• 葉村珠洲(晶の3番目の姉) -• 生沢努(生沢メイの夫) -• 生沢メイ(晶の同級生) - 第2回• 糸永静男(町内会長) -• 山際誠(村木の調査対象者) - 依頼人• 鈴木・夫 -• 鈴木・妻 -• 須藤明子 -• 角野史郎 -• 糸永静江(糸永静男の母親) - 第3回• 中山慧美(依頼人) - 依頼人の大学時代のゼミ仲間• 野口環 -• 由良香織 -• 西条華子 -• ミワ(喫茶店「大きな古時計」店主) -• 戸田猛(香織の元夫) - 第4回• 濃紺の男 -• 松島詩織(フラワー・スタイリスト) -• 城都(探偵、村木の部下) - 第5回・第6回・最終回• 平ミチル -• 平貴美子 -• 山辺秀太郎 -• 滝沢美和 -• 柳瀬綾 -• 平義晃 -• 滝沢喜代志 -• 辻亜寿美 -• 野中則夫 -• 水地佳奈 -• 大黒重喜 - スタッフ [ ]• 原作 -• 脚本 - 、木田紀生• 音楽 -• 演出 - 大橋守、増田靜雄、中村周祐• 探偵業考証 - 堀江俊通• 警察考証 -• 撮影 - 深野岳志、菅信吉• 編集 - 平野一樹• 制作統括 - 三鬼一希• 制作・著作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 第1回 1月24日 トラブルメイカー 黒沢久子 大橋守 第2回 1月31日 静かな炎天 第3回 2月 07日 わたしの調査に手加減はない 木田紀生 増田靜雄 第4回 2月14日 濃紺の悪魔 黒沢久子 第5回 2月21日 悪いうさぎ X 大橋守 第6回 2月28日 悪いうさぎ Y 中村周祐 最終回 3月 06日 悪いうさぎ Z 大橋守 前番組 番組名 次番組• 2020年1月15日閲覧。 文藝春秋BOOKS. 2019年10月24日. 2020年1月24日閲覧。 プレスリリース , , 2016年12月1日 , 2020年1月24日閲覧。 2019年10月27日. 2020年1月10日閲覧。 クランク・イン! ハリウッドチャンネル. 2020年1月24日. 2020年1月25日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2019年10月24日. 2020年1月25日閲覧。 文藝春秋BOOKS. 2020年1月25日閲覧。 若竹七海「あとがき」『暗い越流』光文社、2014年、235頁。 インタビュアー:「本の話」編集部. 文藝春秋BOOKS. 2020年1月25日閲覧。 石井千湖 2014年12月17日. 2020年1月25日閲覧。 2019年11月26日. 2020年1月10日閲覧。 2020年1月23日. 2020年1月24日閲覧。 外部リンク [ ]• - 文藝春秋による特設サイト• - NHK ドラマ10 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の