鶏 胸 肉 唐 揚げ レシピ。 鶏の唐揚げの作り方(レシピ)

鶏の唐揚げの作り方(レシピ)

鶏 胸 肉 唐 揚げ レシピ

鶏肉は芯までスムーズに火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。 まず、鶏もも肉は食べやすい大きさ(3〜4㎝四方くらい)にカットし、生姜は皮ごとすりおろします。 切った鶏肉をボウルに入れ、Aの調味料を加えます(完全に鶏肉が浸からなくてもOKです)。 そこにおろし生姜をぎゅっとしぼって、生姜のしぼり汁だけを加えます。 漬け込み時間は15〜20分です。 途中2〜3度上下を入れ替えるように混ぜてあげます。 20分経ったら漬け汁を捨てますが、漬け汁の残し加減もポイントです。 手や箸で鶏肉を軽く押さえて漬け汁をざっと捨てるだけにすると、1割くらい漬け汁がボウルの底に残ります。 この少し残った漬け汁に片栗粉をしっかり混ぜ合わせることで、衣にも醤油味がついてくれるというわけです。 片栗粉大さじ3〜4を加えてよく混ぜ、手にしっかり絡みつくくらいねっとりすれば準備完了です。 はじめに低めの温度から鶏肉を入れていくのですが、 入れるときに鶏肉の皮を広げ、きれいに身にまとわせてから入れると、仕上がりも食べた時のバランスもよくなります。 そして一度すべての鶏肉を取り出します。 取り出した鶏肉はそのまま4〜5分休めます。 この間に鶏肉にはじんわり火が通ってくれます。 休ませた後、油に鶏肉をすべて戻し入れ、 高温の油でカリッと1〜2分揚げます。 好みでレモンを1〜2切そえて、器に盛り付けて完成です。 じっくり温度が上がるので高温の温度帯は少し低めでいいと思います。 この鶏の唐揚げのレシピは、醤油を多めに入れるのが味の決め手で、ごはんにもよく合う仕上がりになるのですが、醤油によって揚げるときに焦げやすくもなります。 上の作り方を参考に、漬け込み時間、揚げ温度、揚げ時間などを調整して、ぜひ美味しい鶏の唐揚げを作ってみてください!(元々色の濃い醤油や古くなって褐変した醤油などは控えめに!).

次の

リュウジ@料理のおにいさんバズレシピ☆鶏肉料理まとめ

鶏 胸 肉 唐 揚げ レシピ

鶏肉は芯までスムーズに火を通しやすくするため、室温にもどしておくとよりよいです。 まず、鶏もも肉は食べやすい大きさ(3〜4㎝四方くらい)にカットし、生姜は皮ごとすりおろします。 切った鶏肉をボウルに入れ、Aの調味料を加えます(完全に鶏肉が浸からなくてもOKです)。 そこにおろし生姜をぎゅっとしぼって、生姜のしぼり汁だけを加えます。 漬け込み時間は15〜20分です。 途中2〜3度上下を入れ替えるように混ぜてあげます。 20分経ったら漬け汁を捨てますが、漬け汁の残し加減もポイントです。 手や箸で鶏肉を軽く押さえて漬け汁をざっと捨てるだけにすると、1割くらい漬け汁がボウルの底に残ります。 この少し残った漬け汁に片栗粉をしっかり混ぜ合わせることで、衣にも醤油味がついてくれるというわけです。 片栗粉大さじ3〜4を加えてよく混ぜ、手にしっかり絡みつくくらいねっとりすれば準備完了です。 はじめに低めの温度から鶏肉を入れていくのですが、 入れるときに鶏肉の皮を広げ、きれいに身にまとわせてから入れると、仕上がりも食べた時のバランスもよくなります。 そして一度すべての鶏肉を取り出します。 取り出した鶏肉はそのまま4〜5分休めます。 この間に鶏肉にはじんわり火が通ってくれます。 休ませた後、油に鶏肉をすべて戻し入れ、 高温の油でカリッと1〜2分揚げます。 好みでレモンを1〜2切そえて、器に盛り付けて完成です。 じっくり温度が上がるので高温の温度帯は少し低めでいいと思います。 この鶏の唐揚げのレシピは、醤油を多めに入れるのが味の決め手で、ごはんにもよく合う仕上がりになるのですが、醤油によって揚げるときに焦げやすくもなります。 上の作り方を参考に、漬け込み時間、揚げ温度、揚げ時間などを調整して、ぜひ美味しい鶏の唐揚げを作ってみてください!(元々色の濃い醤油や古くなって褐変した醤油などは控えめに!).

次の

鶏の唐揚げの揚げ方のコツ!からっとジューシーに揚げるレシピ [男の料理] All About

鶏 胸 肉 唐 揚げ レシピ

油があわ立ってきてふたたび高温になったら肉を戻します。 そして20秒~30秒ぐらい揚げたら、またザルなどに上げ、そのまま20秒~30秒ほど休ませます。 このとき油が少し高温になりすぎるようなら火を弱めて調節します。 これをさらに3回~5回ほど繰り返し、鶏肉に火が通ったら完成です。 ガイドのワンポイントアドバイス なぜ、何度も揚げたり外に出したりするのか。 まず、最初にすぐに外に出す理由ですが、冷たい生の鶏肉を入れると、油の温度が一気に下がってしまいます。 そのままの低温の状態で、肉にじわじわと火を通すと、おいしいエキスが逃げてしまうのです。 2回目以降は鶏肉がすでに大分温まってきていますので、一回目のように一気に油の温度が下がってしまうことはありません。 2回目以降においても油の温度を高く保つのも大切なのですが、より重要なのはザルなどに上げている間に、肉に余熱で火が通るということです。 この余熱による加熱が、肉の中心部までしっとりとジューシーに仕上げます。 また高温で短時間揚げることで、カリッ、サクッと仕上げることができるのです。 厚い鶏肉を火が通るまでずっと油の中で揚げ続けた場合、皮などが焦げないようにするため、ある程度火を弱めざるを得ません。 しかしそうすると肉の旨みは流れ出て失われ、また中心部に火が通ったときには、周囲の部分は縮んでパサパサになってしまうわけです。

次の