白井家 志村動物園。 白井家の収入源は地主?父親は?志村動物園で家族構成や父さんは?

志村動物園で話題の白井家が馬の違法解体で問題になっていたというのを最近...

白井家 志村動物園

注意:ここで返答するのはあくまで個人的な意見です。 まず、「本当なら逮捕されてる」という点が変です。 この言い方だと、家畜動物の遺骸処理において、いくつかに切り分けて処理を行ったことが、あたかも殺人などの被害者がいる犯罪のように、警察が誰の有無も言わさず逮捕するべき事案である、と言っているようです。 仮に、そういう通報がしつこくあったり、動物愛護団体やらが証拠を集めて通報したとしましょう。 さて、この件でもう一つ注目すべきことは、このテレビ局、他局やその他メディアの反応です。 警察を動かさないように情報操作を行っている可能性が高いことです。 いわゆる「報道しない自由」ともいえます。 この件は全くメディアに取り上げられませんね。 なんでテレビなどで報道されないんでしょうね? テレビ局は死にもの狂いに、ワイドショーとかでも捏造までして視聴率を稼ぐのに、なんでこんなテレビを見る層が興味を引かれそうなネタを報道しないのでしょうか? それを疑問に思いませんか? 繰り返しますが、この件は明らかに視聴率を稼げるネタです。 それをテレビ局が報じないのは、もし報じたら、動物の扱いがおかしい人たちを持ち上げて視聴率を稼ぎ利益で潤っていた自分たちが、強烈な批判に晒され、とんでもない損失を被るからです。 個人的な考えですが、動物ネタは他局でも扱ってるし、過去遡ればとんでもない量の同じネタがあるでしょう。 面白おかしく、動物を撮れば視聴率を稼げますから。 大人しい犬のシリーズが、実は声帯を切られてたとか、各局がさんざ取引していた動物レンタル業者が凄惨な扱いをするネグレストであったりとか(私はそういう業者を直接知っています)。 局同士で絶対に表では出せないという暗黙のルールがあることは想像に易いです。 もう一点。 この件が今は週刊誌で取り上げられて一か月くらいでしょうか? 上述のようにテレビなど主要メディアが取り上げないので、どんどん沈静化していきますね。 テレビ局の思うツボですね。 この件がどうというより、こうしたメディアの思うツボになっていることこそ、問題の本質があると思います。 これらは紛れもなく、見えなくてわかりづらい、メディアによる隠ぺい、情報操作、印象操作、洗脳行為なのですよ。 事実、多くの人は、生まれて目が見え始めてから今の今まで、テレビというシステムに洗脳されているでしょう?(警察とテレビ局もズブズブに癒着しています) ご質問から、そうした人々の傾向を感じたのでちょっと逸れた話をしてしまいました。 メディアによる情報操作の監獄から抜け出していくと、この問題の本質にも迫れると思います。 この件で適用される法律は、廃棄物処理法ですが、この原則に従っていないとは言えないと思います。 以上を踏まえて、 ご質問の、本当かどうかについては、当事者か、決定的証拠を持っている人でもない限り、わかりません。 私も馬の業界の人間ですが、全くわかりません。 飼育の仕方や馬に対する考えからしてたぶん全く違うと思われますので、業界の人ですら想像できない処分方法をしている可能性はあるんじゃないでしょうか(つまり全くわかりません) 他にも同じ件で返信してるので、見ていただければと思います。

次の

白井さん一家の父は?鴻明(こうめい)・迅(じん)・悠流(ゆら)の馬術や凛は?【志村どうぶつ園】

白井家 志村動物園

yahoo. しかし、12月7日に文春により報じられた文春砲がとても信じられない内容で…。 志村動物園での放送中止や打ち切りの可能性も考えられる状況になってきました。 その文春報道の内容はこうです。 「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。 フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。 白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。 人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。 白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」 しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。 フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。 「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ遺体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」 その遺体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。 しかし、今回は動物たちの命に直接関わるような報道内容です…。 ntv. 少なくとも、騒動が収まるまではかなり高い可能性で 直近の放送は中止をすると思います。 私もこの文春の報道内容は過信してはいませんが、世間のイメージはそうはいかないでしょうからね…。 この文春の報道による騒ぎが収まってくれることも重要ですが、 何より白井家のみんなの精神的ダメージが心配です…。 時間が解決してくれればいいのですが、 人一倍動物に対する思い入れが強い方々でしょうから、そこが心配ですね…。 以前から、志村動物園の動物たちの扱いを疑問視する声もありましたから、いずれ復活させるにしてもかなり難しい道のりになるのは間違いないと思います。 今後の詳細については続報を待とうと思います。 白井家のこれまでの文春報道まとめ• 撮影関係者の車が路上駐車• 週末にはファンも車で詰めかける• 近隣の車のナンバーや洗濯物などが全部映っていた(問い合わせ後モザイクに)• 動物の糞尿によるハエの大量発生• 脱走したヤギが畑の農作物を食べてしまう 動物を保護する活動には私も大賛成です。 ただ、こういった近隣への被害がもし本当で管理しきれていないのであれば、管理できる範囲での活動に留めるべきでは、とも思ってしまいますね…。 もちろん、テレビ出演に保護施設のやりくりだったり、やらないといけないことは山積みだとは思います。 でも、そんな状況だからこそ管理できる範囲で出来る限りのことをする、という判断も必要なのかもしれませんね…。 おそらく、あれほど動物たちへの思い入れが深い白井家なので、そんな理屈よりも「動物たちの命」を優先してしまうのかもしれません。 蹄鉄販売に疑惑• 馬の使用済み蹄鉄の販売• 動物のお世話体験会• 馬との撮影会 この3つがチャリティー活動のメインとなっていたそうです。 最初は3000円で販売されていた蹄鉄。 2019年の春頃からラッピングやお礼の手紙などを添えることも始めて注文が増えました。 その後 価格が1万円になりました。 《【幸運の蹄鉄チャリティー販売】「白井家」の馬達のとても貴重な馬蹄を、チャリティー販売することとなりました! 多くの方に知っていただきたいので、シェアしていただけると嬉しいです。 白井家の馬の命とも言われる蹄鉄を、鴻明が一つ一つ磨き、特殊加工でデザインしたもので、時間だけでなく想いがいーっぱい詰め込まれたものです。 この売り上げは、白井家の動物達のための資金に活用させていただきます。 メールの届いた順番で、1件ずつ必ず返信をいたしますので、申し訳ありませんが、お待ちいただけると嬉しいです。 では、疑惑を持たれたのはどこなのか。 「蹄鉄は馬のヒヅメに釘で打ち付けたU字型の保護具です。 白井家の乗馬用の馬は40日ごとに装蹄師が交換しています。 白井家の家で飼育されている馬は現在2頭。 ということは、使用済み蹄鉄が出るのは多くて1カ月に8個、1年で96個。 しかし少なくとも今までに300個以上は売れています。

次の

志村どうぶつ園『白井家』動物37匹を飼う!!じんくん・こうめいくん・ゆらさん動物愛の優しい家族

白井家 志村動物園

浜松学院大学コミュニケーション学部に通いながら とんかつ屋でアルバイト、たまーにモデルの仕事をしています。 鴻明くんの2こ下で兄弟仲良しが伝わってきますね。 ボーイッシュで可愛い! お母さんは「神」と呼ばれていて家族も仲が良さそうで羨ましいです。 だって動物たちの毎日のエサ以外にも医療費が掛かることもあるだろうし、自由にのびのび遊び回れる広大な土地の管理や固定資産税だったり鴻明くんたち子どもの学費も掛かりますよね。 動物達はエサ代だけでもざっと 10万円以上は掛かります。 じゅ、10万円って。。。 汗 エサ以外にも飼育していく費用は掛かりますよね。 長男の鴻明くんも子ども達に英会話を教えている姿が放送されましたよね。 鴻明くんはとんかつ屋でアルバイトをしているので家に給料を入れている可能性は高いです。 でもまだ学生なので、ちゃんとした固定給は 母親の英会話教室の収入のみだと思われますよ。 掛かったとしても静岡県浜松市の評価額は低いのではないでしょうか。 あとは「 天才!志村どうぶつ園」から援助があるとか?? 今後の放送で何かヒントが出てくる可能性もあるので要チェックですね。

次の