スケボー うるさい。 うるさいスケートボードの練習での注意点

この前昼間にスケボーをしていましたそしてなぜか近所の人が警...

スケボー うるさい

ソフトウィール ウィールが柔らかい。 路面の悪い所でも快適に滑れる。 ストリート向け。 ハードウィール ウィールが硬い。 舗装してある場所でしか快適に滑れない。 パーク向け。 上記の通りに分かれています。 静音or快適にクルージングしたいならソフトウィールが向いています。 ソフトウィールに変えよう 僕の場合、「パーク用」「ストリート用」用途によってウィールを使い分けています。 僕も最初はハードウィールでストリートを滑っていたんですが、路面が悪くなりガタガタ道になると「騒音」「滑りにくさ」を感じていました。 極めつけは、ダウンヒルをやっていたとき小石を踏み大転倒したことで、ストリートの時は「ソフトウィール」に変えるようになりました。 ソフトウィールで道路をクルージングすると「マジで気持ちいです!」なにより静音なので人に迷惑もかけなくてすみます。 ソフトウィールは静音 ソフトウィールは滑っていても静音なので、夜でも人目を気にせずクルージング出来ます。 ソフトウィール 静音なので夜でも気にせずクルージングできる• ハードウィール 騒音なので人目を気にしてクルージングする 上記の通り、人目を気にしてクルージングしても気持ち良くないです。 実際僕も、都内をハードウィールでクルージングしていて通報を受けた経験があります。 もちろんソフトウィールに変えてからは、通報はありません。 クルージングに最高 ぶっちゃけ僕がソフトウィールに変えた一番の理由が「滑り心地」これです。 ハードウィールは路面が良い場所なら最高です。 しかしストリートは舗装されていない道路もあります。 小石を踏むだけで影響が出るし、ヒビ割れた道路なんか最悪ですよ。 ガタガタして足の裏が痒くなってきますよ笑 それに比べソフトウィールの滑り心地は最高です。 舗装されていないガタガタ道もスムーズに進めるし、小石を踏んでも関係ありませんよ。 ソフトウィールに乗ったことのない人には、是非体験してもらいたいです。 ソフトウィールのデメリット ソフトウィールの良い所を紹介してきましたが、デメリットもあります。 下記の通りです。 スライド系の技がやりずらいor独特の音が聞こえない• 消耗が激しいor値段が高い 上記の通りです。 それぞれ説明していきます。 スライド系の技がやりずらいor独特の音が聞こえない 「ソフトウィール」の素材はゴムなので、滑走力はあるがスライド系の技がやりにくいです。 スライド系とは、パワースライドなどです。 パワースライド=ブレーキです。 「ソフトウィール」はブレーキが掛けにくいので、初心者がスピードを出し過ぎるとマジで危険なので気おつけましょう。 スケボー独自の音って分かりますか?パークなので良く聞こえるんですが「ハードウィール」がスライドした時の「ギギー」あの独自の音。 実はスケーターには堪らない音なんです。 「ソフトウィール」ではゴムなので、独自の音が出せません。 なので「ソフトウィール」でパークに行くと、一部では「えっ微妙」って思われることがあります。 パークで滑るなら、「ハードウィール」のほうが断然楽しめますよ。 消耗が激しいor値段が高い 「ソフトウィール」は素材がゴムなので擦り減っていくペースが「ハードウィール」に比べ早いです。 擦り減ってウィールが小さくなっていくと滑り心地が悪くなってきます。 僕の場合は、週3日乗って3ヶ月に一回ペースで交換しています。 ぶっちゃけ結構お金かかりますよ。 次に「ハードウィール」に比べ、値段が高いです。 値段の平均は下記です。

次の

スケボーのおすすめ17選。初心者でも乗りこなしやすいモデルをピックアップ

スケボー うるさい

By: スケートボードは主に3種類です。 そのなかでも、最も代表的なのが「ストリート」モデル。 別名「ショートスケート」とも呼ばれており、パークやストリートでも楽しめます。 さまざまなトリック(技)を繰り出せる機能性に優れた一般的な定番モデル。 本格的にスケートボードを楽しみたい方やトリックを重視したい方には、ストリートがおすすめです。 クルーザー By: コンパクトで持ち運びしやすいのが「クルーザー」モデル。 最大の特徴は、高い加速力によるスピードの速さです。 ストリートモデルよりも扱いが難しいですが、上手く乗れば街乗りに取り入れられます。 また、プラスチック素材が使われているモノが多く、耐久性に優れているのも特徴です。 かわいらしい見た目とスピーディな走りから、近年注目を集めています。 スピードを重視するならクルーザーがおすすめです。 ロングスケート By: デッキとは、スケートボードの板のことです。 クルーザーやロングスケートタイプは、基本的にデッキのサイズで選ぶことは少ないため、主にストリートタイプを選ぶ際にサイズが重要になります。 デッキを選ぶときには、身長160cm以下の方は「29. 1インチ以下」、170cm以下の方は「30. 7インチ以下」、180cm以下の方は「32. 2インチ以下」、180cm以上の方は「32. 2インチ以上」のデッキを選びましょう。 自分の身長に合わせた長さを選ぶことで、より滑りやすくなり、上達しやすくなります。 また、初心者の方はそり返しがゆるくて横幅が広いデッキを選ぶと、バランスがとりやすいので安定して滑ることが可能です。 トラックはハイ High orロウ Low から選ぶ By: スケートボードのウィールはいわゆるタイヤ部分です。 ウィールによって硬さやサイズ、幅間などに違いがあるので、スケートボードスタイルによって合わせる必要があります。 53mm以下の小さいウィール(ハードタイプ)は軽いため、トリック向けのサイズです。 57mm以上の大きいウィール(ソフトタイプ)は重いためトリックには不向きですが、速いスピードを出せます。 53~57mmの中間サイズはオールラウンドに使えるので、初心者の方におすすめです。 また、硬めのウィールであればトリックに向いていますが、クッション力が弱いので着地に安定性がありません。 初心者の方は、着地に安定性がある柔らかめのウィールを選ぶようにしましょう。 ベアリングから選ぶ By: スケートボードのウィールのなかには、回転を補助するベアリングが搭載されています。 ベアリング性能が高いほど、スピードが速くなるのが特徴。 ベアリングには性能等級を表す、ABEC(エイベック)があり、主に「3」「5」「7」と数字が大きいほど性能に優れています。 スケートボード初心者の場合はスピードの怖さを感じにくいABEC3がおすすめです。 完成品(コンプリートデッキ)から選ぶ デッキの素材に、耐久性に優れているメープルを使用しているのが特徴のクルーザースケートボードです。 耐荷重は200kg、デッキには滑り止めが施されているため、より安全にスケートボードを楽しめます。 また、ウィールには抵抗性能が高い素材を使用しており、グリップ力が高いため、荒れた路面でもスムーズな乗り心地を得られるのも魅力。 そり返しがゆるく横幅が広いため、初心者でもバランスが取りやすいモデルです。 さらに、高品質なABEC7を使用しているのもポイント。 タイヤ音を抑えられるうえに、トリックの練習がしやすいのも人気の理由です。 なお、デッキサイズは31インチ。 伯爵・初夏・無限など数種類の個性的なデザインがラインナップされています。 ベアリング性能が高いスケートボードを探している方におすすめのモデルです。 ABECは11と高く、ウィールには抵抗力が強いPU素材を使用しています。 地面からの衝撃を吸収しやすいため、コンディションが悪い道でもスムーズに滑れるのが特徴です。 また、デッキ両端の反り返り具合や、デッキの横幅の湾曲具合を、初心者でもバランスが取りやすいように設定しているのもポイントです。 さらに、本製品には収納用のスケボーカバーが付いているので、持ち運びしやすいのも人気の理由。 デッキのサイズは31インチと170〜180cmの方に最適です。 なお、デッキのデザインは、いなずま柄・アメリカ国旗柄・ドクロ柄の3種類から選べます。 サーフィンをしているかのような感覚を楽しめるクルーザースケートボードです。 前輪にフリーキャスター、後輪に固定式のウィールを装着しているのが特徴。 サーフィンのオフシーズンの練習用モデルとしておすすめです。 また、サーフボードに似たデッキデザインも人気の理由。 部屋に飾ればおしゃれなインテリアとしても機能します。 さらに、後輪が2つ付いており安定感もあるため、街乗り用として使用することも可能です。 スケーティングを楽しむだけで、初心者でも、より効率的にバランス感覚を身につけられます。 パークでもスケーティングを楽しめるため、幅広いシーンで使えるモデルとしてもおすすめ。 なお、耐荷重は100kgなので、大人から子供まで楽しめます。

次の

コスパ最強!?スケボー通勤の魅力!法律的にOK?注意点を経験者が教えます

スケボー うるさい

誰もが安全・快適に利用できる公園をめざして では、みなとみらい地区に点在する各公園はどうだろうか。 まずは海に面して続く「臨港パーク」や「カップヌードルミュージアムパーク」「赤レンガパーク」などの管理を行っている、横浜市港湾局みなと賑わい振興部で、その実態をお伺いすることができた。 横浜市港湾局のある産業貿易センタービル 出迎えてくださったのは、賑わい振興課長の鈴木明広(すずき・あきひろ)さん(残念ながら顔写真はNG)。 開口一番、まず鈴木さんから言われたのが「私どもが管理している公園では、すべてスケボーは危険行為として禁止しております」との言葉。 スケボーは公園内での「危険行為」として禁じているという しかし、それでも「やはり海を望む景観が人気なのか、公園内でスケボーに乗っている人がいると、ほかの利用者からの通報もたびたび寄せられる」と話す鈴木さん。 特に「走行時や、ジャンプ時の音がうるさいという声が多いですね」という。 港湾局で管理する公園は観光客も多く訪れる人気スポットばかりだ 港湾局で管理する公園の中でも、最もスケボー違反者が多いのが「カップヌードルミュージアムパーク」だという。 舗装された広い歩道があり、海に沿って長い階段が配置されているなど、スケートボーダーにとっては最高のロケーションなのだろう。 カップヌードルミュージアムパークはこちら 海沿いに長い階段が続くカップヌードルミュージアムパーク 「以前は、公園内に危険行為禁止という看板しか出していませんでした。 そのため、今は、はっきりとスケートボード禁止と掲示するようになりました」と話す鈴木さん。 確かに、園内のあちこちに「スケートボード禁止」の看板が・・・ また、スケボーを含め、自転車の乗り入れや、ノーリードでの犬の散歩といった「危険行為」がないか、毎日、警備員や職員が公園内を巡回(時には警察官を伴うことも)。 鈴木さんいわく「巡回の回数も以前より増えている」という。 ここでは詳しい回数・巡回時間は伏せるが・・・結構な労力だ。 「公園管理側としては施設を壊されてしまうことも辛いです。 それらを修繕するにも、かなりの費用が掛かりますので」と悲しそうに話す鈴木さん。 詳細な金額などは教えていただけなかったが大きな負担が生じるようだ。 防衛策として階段部分にプランターを設置。 大きな効果を発揮している 「巡回中にスケボーに乗っている人がいれば厳重に注意し、もし、その方が施設を壊したとハッキリ分かれば、もちろん弁償もしていただきます。 でも、24時間ずっと広い園内を見張り続けるのは現実的に難しい。 やはり自衛策が中心となってしまうのです」という。 「カップヌードルミュージアムパーク」でも、違反者が続出していた階段部分にプランターを設置。 それによってスケボーに関する苦情も注意も大幅に減ったのだとか。 今後も監視の強化、危険行為禁止の告知を行っていくという 最後に「先にもお伝えしましたが、私どもで管理している公園でのスケボーは一切禁止です。 そう告知はしていても、利用者も多く、一人に注意しても、また別の方が来てスケボーに乗っているというケースも少なくありません。 皆さんに安心して公園を使っていくためには、根気強く伝えていくしかないと思っています」と語った鈴木さん。 しばらくは「監視」と「注意」、そして「自己防衛」を続けることになりそうだ。 みなとみらいに「スケボー・パーク」は作れないの? 注意しても注意してもスケートボーダーが集まってくるみなとみらい。 それならば、いっそのこと、みなとみらいに「スケボー・パーク」を作ることはできないのだろうか。 そのあたりの疑問も含め、お話をお伺いすることにした。 お時間をいただいたのは、横浜市環境創造局公園緑地部南部公園緑地事務所都心部公園担当、担当係長の高村暁子(たかむら・あきこ)さん。 誠実に対応してくださった高村さん こちらの部署でも、やはり管理している公園でのスケボー対策には「頭を悩ませている」という。 特にマリノスタウンに隣接する「高島水際線公園(たかしますいさいせんこうえん)」での被害は深刻だ。 ここに「高島水際線公園」が 帷子川沿いに広々とした歩道が敷かれた「高島水際線公園」 「みなとみらい地区は街全体が新しく、バリアフリー化も進んでいます。 そのため舗道は平らで歩きやすく、また広く設計されているため、スケボーをしやすいのかもしれません」と話す高村さん。 ただし「ここで管理している公園でも、スケボーは一切禁止となっている」という。 「一番の問題は、やはりほかの公園利用者様にとって危険だということ、また、周辺の住民の方々からの騒音に対する苦情も多く、容認するのは難しいのが現状です」 高層ビルに囲まれているため、音が「想像以上に響く」のだとか 高島水際線公園では、毎日、早朝から深夜まで8回の巡回を実施しており、見つけた場合は注意している。 また、住民や利用者からの通報があれば、警備員や担当職員が現地へ向かい、口頭で注意し、撤収してもらっているという。 もちろん園内のあちこちに「スケートボード禁止」との告知もされている それでも「公園内でスケボーをする人はいなくならない」という高村さん。 スケボーで削られ、ボロボロになってしまった階段テラス 角にわざと切り込みを入れ、スケボーができないよう加工した その時の決断について高村さんは「本当に切なかったです。 加工してしまったら、もう元に戻すことはできないわけですから・・・」と残念そうに振り返る。 でも・・・本当にここまでするしかなかったのだろうか。 一部の違反者ために、ほかの利用者に負担をかけたくない その疑問をぶつけた筆者に、高村さんも「この公園に限らず、違反者の多い夜間は公園を施錠すべき、とか、どこか別の場所にスケボー専用のスペースを作るべきといった声があるのは理解している」と話す。 そして「でも、それを実現するのはとても難しい・・・」とも。 (当然だが)公園を利用するのはスケートボーダーだけではない 「やはり公園は24時間365日、誰でも使えるようにしたい」と話す高村さん。 「夜間や早朝しか公園を利用できない人もいますし、健康づくり推進という面でも、公園利用時間に制限をかけるのは望ましくないと思います」という。 では、スケボーの専用パークを作ることはできないのだろうか。 一つひとつの質問にていねいにお答えいただいた 筆者のこの質問に対して、高村さんは「私どもが今、管理している範囲では難しい」と答える。 高層ビルが立ち並ぶみなとみらい地区の場合、どこにパークを作っても騒音の発生源となってしまいます。 ここでは迷惑だから別のところで、と言われても、その別のところが見つからないのです」 このまま「防衛策」を考え続けるしかないのだろうか・・・ 「でも・・・」と、高村さんは続ける。 「2010(平成22)年6月に、新横浜にスケートボードの専用パーク(新横浜公園内のスケート広場)がオープンしたのも、みなさんからの要望の高まりによるものだと思うんですね。 ですから、そういったニーズがさらに高まれば、公園に限らず新たなスポットが誕生する可能性はあると思います」と話す。 その場所がみなとみらいになる可能性は現状ではかなり厳しい。 ただ、一つずつスケートボード専用コースが増えていけば、スケートボーダーたちの「やる場所がない」という不満・悩みの解消につながるのではないだろうか。 取材を終えて 正直、みなとみらいでのスケボー問題がこんなに深刻で、それを解決することがこんなに難しいものだとは思わなかった。 話を聞く限り、行政は(それでも不満を感じる人も多いだろうが)、できる範囲での努力をしていると感じたし、これ以上の取締りを警察や行政に求めるのであれば、法律から変えないとダメだとも感じた。 それはかなり時間もかかるし、簡単なことではない。 そして、一部のマナー違反者のせいで、すっかり「迷惑」「マナーが悪い」というイメージが定着しており、純粋にスポーツとしてスケボーに取り組んでいる人たちには本当に気の毒な環境になってしまっているとも感じる。 この問題はいろんな角度から検証していったほうがいいのかもしれないな・・・とも感じた。 機会があれば、ぜひ引き続き調査してみたい。

次の