クリーピー。 【感想】クリーピー 偽りの隣人 / 好きなだけに不満!映画の作り手もヤバい隣人の手中に!?ネタバレなし

CLIPPYとは?

クリーピー

解説 「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を実写映画化したサスペンススリラー。 「東南角部屋二階の女」で長編監督デビューした池田千尋と黒沢監督が共同脚本を手がけ、奇妙な隣人に翻弄されるうちに深い闇に引きずり込まれていく夫婦の恐怖を、原作とは異なる映画オリジナルの展開で描き出す。 元刑事の犯罪心理学者・高倉は、刑事時代の同僚である野上から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。 そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。 ある日、高倉夫妻の家に西野の娘・澪が駆け込んできて、実は西野が父親ではなく全くの他人であるという驚くべき事実を打ち明ける。 主人公の犯罪心理学者を西島秀俊、不気味な隣人を香川照之が演じるほか、竹内結子、東出昌大ら豪華キャストが集結。 2016年製作/130分/G/日本 配給:松竹、アスミック・エース スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 8人も殺したサイコパスの松岡(馬場徹)を尋問する高倉(西島)。 いきなり逃走した松岡は人質と高倉を刺して射殺される。 その一年後、高倉と妻康子(竹内)は郊外に引っ越し、刑事を辞め大学講師となっていた。 隣人の西野(香川照之)はまさしく変人といった感じ。 高倉夫婦が今後振り回されそうな予感だ。 6年前の失踪事件の残された長女、本田早紀(川口)とばったり会った高倉と野上(東出昌大)はまたマスコミに追い回されてると思われ敬遠される。 マスコミでないとわかった早紀は高倉のインタビューを受ける。 隣の家の誰か・・・というのが断片的な記憶だった。 そして本田家の隣の廃屋となった水田家を捜索した野上は5体もの遺体を発見する。 そんな時、隣人西野の娘・澪(藤野涼子)から高倉に「あの人お父さんじゃありません」と告白される。 そこで高倉は、本田家と水野家の位置関係と、高倉家と西野家の位置関係が似ていることに気付く。 高倉は野上に調査を依頼し、西野を訪れる。 しかし、もう一方の隣人である田中家がガス爆発により全焼。 田中親子と野上刑事が焼死体で発見される。 香川照之の怪演と、西島秀俊の強引で自分勝手な言動によって不気味さが増した。 本当のお父さんじゃない!という所でゾクっときて、香川がある家族に成りすまして乗っ取ってしまう。 ところが自分ではなかなか人を殺せない。 覚せい剤なのかどうかはちょっとわからないけど、言うこと聞く薬物を注射して、その家族を操ってしまうのだ。 中盤から康子も操られ、本物の西野家の人間をビニール真空パックにして埋めることを手伝わされる。 野上の爆死というのも澪にやらせた事件だったのだろうか?ただ、自分の手を汚さないサイコパスという珍しさもあって、終盤の展開には引き込まれてしまう。 最後に高倉も康子も家族としてバンに乗せられ旅をするが、犬が邪魔だといって高倉に射殺させようとしたのが間違い。 香川照之を撃ち殺してしまったのだった・・・ツッコミどころもいっぱいあるし、不毛なラストといい、黒沢映画の真骨頂といったところか。 ただ、「この薬はな」などと言った説明調のものが無かったのが良かったのかもしれない。 もし薬の正体をバラしたら、それこそB級黒沢になっちまうから・・・ 見事な隣人サスペンス! ご近所付き合いも減り、隣人がどんな人なのかも詳しくわからない現代警鐘を鳴らすかのような作品でした。 実際この映画はツッコミどころだらけで、リアリティも低く、とてもあり得ないように見える…けれど、、、 どこか現実的な気もすると考えだすと、もしかして自分の身の回りでも?なんて思えてしまってゾッとします。 サイコパスはどこにいるか分からない。 人を見た目で判断してはいけない。 この映画でもいったい誰がサイコパスなのかわからなくなります。 もちろん、西野と言いたくなるけれど、よくよく考えてみると、全員ヤバイやつ。 みんな何考えてるか分からないく、最後まで結局何だったのか分からない。 未解決とはこういうことなんだなと実感しました。 まあ、なんといっても、「香川照之」の映画。 最初の挨拶で噛み合わないあの会話の気持ち悪さはすごいです。 シリアスなシーンでも全く動揺しない演技も素晴らしかった。 そのうちだんだん、慣れましたが。 2つの事件が繋がりそうで繋がらない。 人間不信になりそうで、心からお勧めできないそんな映画でした。 ネタバレ! クリックして本文を読む 割と賛否両論があるが、個人的に賛否両論の意見を見る前に映画を見ることにした。 レビュー見てからだと、まじで見るもんがなくなってしまったからだ。 なので今回は何も見ずして、これを観た! 結果良かったじゃんけ! 映画としてよかったのだ。 それって普通ありえなくない?なポイントは散見されたが、それがもはや映画だなー、エンタメだなーって感じがしてよかったのだ。 今回の敵は洗脳くんだったが、このコンビはもはや鉄板級にいいな。 演技が良かった。 撮影の雰囲気やテンポがよく、どんどん人が死んでいく。 雰囲気が良いので引き込まれていく感覚がありました。 最近ではホラーフリークが多いようですが、ビビリの僕にはぴったりレベルでしたな!きもすぎす、グロすぎずな感じで良きですね。 もっとこんなやつはボコボコにしてやれ!とも思った最後だった。 ハッピーエンドでとりあえず良き心持ちで週末を迎えられると思う。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

クリーピー 偽りの隣人は実話を元に作られた?あの事件が思い浮かぶ

クリーピー

Contents• 現在は妻と一軒家に引っ越し、大学教授として働いている。 そんな高倉の日常に2つの変化が訪れた。 1つ目は、謎の隣人・西野との接触。 2つ目は、元同僚の刑事・野上と一緒に過去の事件を捜査することになったこと。 この2つの変化によって、高倉の日常は大きく歪んでいくことになる…。 西野との接触 隣の家の西野という主人はなぜかいつも家にいる。 最初は無愛想で印象の悪い男だったが、いつのまにか高倉夫妻はこの男に心を許すようになっていた。 西野には妻と娘がいるというが、いつまでたっても西野の妻の姿は見えない。 高倉はだんだん西野が異常者ではないかと疑うようになる。 そんな中、高倉は中学生の娘・西野澪から耳を疑う言葉を聞く。 「あの人、お父さんじゃありません。 全然知らない人です」 日野市一家3人失踪事件 野上と組んで捜査に当たっていた高倉は、失踪した家族の隣人・水田が怪しいと睨む。 野上が水田家を調べたところ、そこには5人分の遺体があった。 失踪した家族3人と水田夫妻2人。 では、犯人だったはずの「水田」とはいったい誰なのか? 高倉は、日野市の事件が起きた場所の家の配置が、自分の家と同じであることに気づく。 被害者宅=高倉家 水田家=西野家 もし、水田を名乗っていた真犯人が西野(を名乗っている誰か)だとしたら? (今度の標的は自分たちかもしれない?) 西野を調べに行った野上は、遺体になって帰ってきた。 (間違いない、西野は犯罪者だ!) 高倉はそう確信するが、いまだ証拠はない。 西野の真実 西野はいわゆるサイコパスであり、日野市の事件の犯人だ。 西野は他人の家に入り込んでは名前を奪い、家族を支配しつつ表面上では平然と暮らしている。 もちろん、本当の西野主人はとっくにこの世を去っていた。 西野家には秘密の部屋があり、西野妻がゴミのように飼われている。 薬物を打たれ、西野妻は廃人のような状態だ。 西野澪は正気だったが、西野(偽)に支配され絶望しながら生きていた。 西野は異常者ではあるが、自分の手を汚すことを嫌う小心者でもある。 遺体を真空パックに詰める「処理」は澪の役目だった。 ついに西野は、西野妻を拳銃で撃ちぬいて始末した。 拳銃は野上を始末した際に手に入れたものだ。 遺体の処理を澪に押し付けようとしたが、澪は1人では無理だという。 「そうか、わかった」 そういうと西野は、高倉の妻・康子を連れてくる。 西野は康子に薬を使い、すでに自分の支配下に置いていたのだ。 高倉 vs 西野 康子は西野に支配され、かつての西野妻のように廃人となって飼われてしまう。 妻・康子の不在に焦る高倉。 そこに、耐えきれなくなった澪が高倉家に飛び込んでくる。 澪の様子から、高倉は康子の危機を察した。 その時、異常な剣幕で西野が高倉家のドアをたたく音が響く。 西野「澪を返せ!これは誘拐だぞ!」 高倉「澪ちゃん、警察呼んで!」 高倉はドアを開けると、西野と対峙し、いともたやすく身柄を取り押さえる。 近づいてくるパトカーの音。 (これで終わりだ) そう確信した高倉に、澪が告げる。 「高倉さん、私まだ警察呼んでない!」 現れた警察官はあろうことか高倉を取り押さえ、通報者である西野の安否を気遣う。 高倉には、西野がサイコパスだと証明する術がない。 リベンジ 元・警察のコネもあり、高倉の身柄はすぐに解放された。 別室には西野が待機しているという。 (お前の罪を暴いてやる!) しかし、案内された部屋には西野の姿はない。 警察官「家が心配だからと…通報者でしたので…」 上官「馬鹿野郎!」 高倉(康子が危ない!) 高倉と警視庁の谷本は急ぎ西野家へ向かう。 先に西野家に入った谷本が帰ってこない。 ついに高倉は西野家に踏み込み、廃人状態になった康子と秘密部屋を見つける。 康子は完全に正気を失っており、西野の思うままに操られているようだ。 そこへ現れる西野。 手には拳銃を持っている。 西野と言葉を交わし、高倉は西野の異常性を理解した。 「撃ってみろ、どうせお前には撃てない!」 銃を構える西野と、対峙する高倉、そして高倉に寄り添う康子。 一見、西野が優勢のように見えるが、空気を支配しているのは高倉だった。 プスッ。 康子が、高倉の手に即効性の薬物を注射する。 倒れこむ高倉。 ニタリと笑う西野。 康子の心は、依然として西野に支配されたままだったのだ。 場面は移って、西野家の秘密の部屋。 かつて西野妻が飼われていた場所で、今は高倉夫婦が飼われている。 虚ろな目。 康子は澪が持ってきたクラッカーを無心で食べ続けている…。 結末へ 西野「澪、引っ越しだ」 西野は澪と高倉夫妻、そして高倉家の大型犬・マックスを車に乗せて、次の寄生先を探す旅に出る。 「俺たちは家族だ。 高倉さんは…いとこ夫婦ということでいいか」 車を止め、適当なビルから新しい街を眺める西野。 例の配置にある家が見つかったらしい。 西野「ん~、でもやっぱり邪魔かなあ…」 西野は拳銃を取り出し、マックスに狙いを定める。 西野「…」 しかし西野は発砲せず、高倉に拳銃を渡す。 いつもの手だ。 西野は自分の手を汚さない。 西野「バーンと撃っちゃってよ。 意外と大きい音するよ」 西野の支配は絶対だ。 高倉はマックスに銃口を向ける。 高倉「西野、それがお前の落とし穴だ」 バン!バン!バン! 西野の体を銃弾が貫く。 澪「アハ!アハハハハ!アハハハハハハハ!」 狂気のサイコパス・西野のあっけない幕切れだった。 こうして高倉家と澪は西野から解放された。 康子は獣のような声を上げて泣き崩れる。 高倉は康子と抱き留め、遠い目をしていた。 まとめ というわけで以上、映画版クリーピーのネタバレでした! 長くなってしまったので映画の感想や解説は別記事にまとめました。 それにしてもストーリーは本当に映画オリジナルになっていますね。 そもそも原作が長いので、映画の尺を考えると仕方なかったのかもしれませんが。 個人的にはもっと西野のキャラクターや過去を掘り下げてほしかったですね。 しかし、映画「クリーピー」の気持ち悪さ(ほめ言葉)は本当に一級品! 興味を持った方はネタバレでは味わえないゾクリとする感覚をぜひご堪能ください。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の

結末はこれでいい?映画「クリーピー」の感想ネタバレあり・皆の評価が最悪の理由

クリーピー

あらすじ:刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。 だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相は謎に包まれていた。 一方、高倉が妻(竹内結子)と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。 シネマトゥデイ 製作国:日本 上映時間:130分 製作年:2016年 監督・脚本:黒沢清 脚本:池田千尋 キャスト: 西島秀俊 / 竹内結子 / 川口春奈 / 東出昌大 / 香川照之 / 藤野涼子 / 戸田昌宏 / 馬場徹 / 最所美咲 / 池田道枝 / 佐藤直子 / 笹野高史 等 好きなだけに素直に喜べない! 【CURE キュア】【回路】の黒沢清監督最新作【クリーピー 偽りの隣人】を観て来ました。 前作の【岸辺の旅】はファンタジックで不思議なテイストの作品だったけど、今回はどちらかと言うと監督の十八番なテイストなので俄然楽しみにしてました! 感想は、 むむむ!?素直に喜べない…! 鑑賞前、映画評価アプリFilmarksの点数を見て「え、なんかクソ面白そうな題材に豪華キャストを当てた黒沢清最新作なのに点数低くね?おい!どした?」と思ってたんだけど、うーん、観たらそれも納得できる… 『一家失踪事件』『奇妙な隣人』『分かり得ない存在』『心理・マインド』『おぞましさ』『嫌悪感』『気持ち悪さ』などを含んだ、『運悪く触れかねない日常に潜む圧倒的恐怖』を詰め込んで真空パックした本作。 『事実は小説より奇なり』ってことわざもあるし、こういうぶっ飛んだ事件が僕らの知らないところで現実に起きているのも分かるし、この手の題材は大好物なんだけど... ちょっと細かいツッコミどころが多過ぎて「うーん、こりゃ最高!!」とは素直に喜べなかった。 本作、核となる香川照之演じる西野に、映画の作り手たちや周りの登場人物が、西野の異常さを引き立てる為や彼が罪を重ねるのに合わせに行っちゃってるというか、西野の都合の良いように話が運び過ぎている。 = 周りの登場人物が馬鹿ぽく見えかねない危うさだなと。 タイトルCREEPYの意味『むずむずする』『身の毛もよだつ』などの『気持ち悪さ』や、『怖さ』『映画的に面白い展開』を優先しそこで満足しちゃって、細かいディテールや展開がかなりざっくり過ぎで、核となるキャラ西野に対する甘やかしから生まれる「むむむ?」なノイズがかなり多かった。 ネタバレになるから細かくは挙げないけど、ここで言うツッコミどころは『都合の良さ』が大半なんだけど。 今時ここまでズサンな警察もなかなか見られないじゃないかな? とは言え、不思議なテイストが持ち味の黒沢清作品だし、これでもツッコミどころには寛容な方だから、それは一個一個丁寧に横に積み重ねて置いて、終盤までのめり込み楽しんでたんだけど、あの『ラスト』がだめ押しで… そこはせめて締めとしてツッコミどころ無く見せて欲しかったな〜。 最後までざっくりかぁ。 ツッコミどころの中でも1番雑っ!!! もしや【デッドプール】的メタ構造!? 見方によっては、映画の作り手も西野にアレされちゃってコントロールされてるとか、ひょっとして黒沢清と一緒に脚本を手掛けてる池田千尋さんが西野的な存在で、監督なりの「おれの状況がまさしく映画のようだ、助けてくれーーー!」的なメッセージ映画か!?とか強引な邪推によるメタな見方もそれはそれで面白いけど。。 黒沢清監督はオカルトとか、得体の知れないモノ、人間の世界を超越したような内容に関しては、自身の作風や味も相まって魅力的でハマるのかも知れないけど、 本作みたいな実際にあった事件を彷彿とさせたり、起こりうる日常に潜む恐怖を描く一種の『リアル』さを扱う上でのストーリー展開はあんま上手くないなと思ってしまった。 ここから褒めます! 背中を向け落花生を割ったりゴツめのミキサーなどの音演出や、取り調べ最中の奇怪な照明演出とか、これから魔界に行くの?的なドライブシーンなんかは黒沢テイストだなと嬉しかった。 作品全体のおぞましさと不快さは抜群! サイコパス西野を演じる香川照之のオーバーアクトは見るからにヤバい奴で、ちょっとやり過ぎだと思うけど、異質で絶対的な『分かり得ない存在』として最高ですね。 見た目普通の小柄なオジさんが意外と日常に潜むヤバい奴だったりするんだろうなと。 主人公:西島秀俊演じる高倉の、お前何にも分かってねぇな感とか、警察向いてないな感は絶妙でした。 一見頼りになりそうでならないタイプがハマってたな。 竹内結子と【ソロモンの偽証】の藤野京子ちゃんもそれなりに良かったけど、なにげ東出くん演じる高倉の後輩:野上のキャラが好きでしたね。 高倉にツンケンしてるけど正義感はあるというか。 フェードアウト感も含め。 あと西野宅の陰湿なセットも魅力的だなと思う。 この映画的なセット然り、本作は観客がイチイチ「むむむ?」なポイントを補完してあげ、細かい事は気にせず『寓話』として観てあげるとより楽しめる作品だなと思いました! 不満点というか要望 本作扱っている題材の割には、レーティング無しで誰でも見れるエンタメ作になっているんだけど、それ故ちょっとヌルく物足りないなと思ったり。 殺すシーンを直接的にあまり見せないのもそうだけど、一番は西野の『性欲』描写が中途半端。 竹内結子演じる高倉の妻:康子を気持ち悪く誘っておいて、その後どうこうする描写は無いのかと。 あの展開に+して西野の性欲全開のゲスキャラだったらより鬼畜且つ、高倉と観客の胸をえぐる最悪で最高な展開が待ってたのになと。 そんな展開ならそもそも竹内結子の出演は無理か。 あと『犬』と来て『チョコレート』って言ったら「あ、これを犬に食わせ殺すんだな?」と思ったらそれはやんないのかよ!最近観た【ノック・ノック】といい犬には優しくてホッとする。 とは言え精神的にも頭も『?』ばかりで疲れる濃厚な一作になっていると思います! まとめ 良かった点• 扱っている題材と不快が伴う恐怖• こういう奴いるんだろうなと思わせる香川照之のオーバー気味の好演• 作品全体を覆うおぞましい空気感• ちょくちょく差し込まれる黒沢清テイスト 悪かった点• 細かいツッコミどころ・都合のいい&強引な展開・はっきりし無さが満載!• でもまぁ今時ここまでざっくりで強引に進める映画も珍しい。 監督が横にいたら「今のどゆことですか?!」とイチイチ問いつめたくなる作品でした。 [ 予告編 ] [ 映画館を探す ] 関連&オススメ作品! おすすめシリアルキラー&サイコパス邦画! ここに挙げている【黒い家】【冷たい熱帯魚】【凶悪】あたりに通じる作品ですね!本作もこの作品群の仲間入りを見事果たしました。 これ読んだときはちょっと言葉にならなかった。 人ってここまで鬼畜なことが出来るんだと衝撃的な事実が記された一作! CURE キュア 岸辺の旅 tyler-7.

次の