オペラ オムニア アーデン。 【新キャラ参戦】アーデン性能解説【2019.12.27アプデ情報】

【オペラオムニア】FF絵文字バトルまとめ【ディシディア/DFFOO】

オペラ オムニア アーデン

最新キャラの評価 アラネア アラネアは、行動順遅延や強制ブレイク解除など、行動遅延能力に優れたアタッカーです。 加えて、敵をブレイクすることでアクション数加算なしで追加行動でき、単体相手だと敵に行動させず一方的に攻撃できます。 また、デバフ「急所破壊」で対象が受けるBRVダメージが確定でクリティカルになるうえ、クリティカル時のBRVダメージがアップするので、BRVダメージが稼ぎづらい相手でも安定したダメージが与えられます。 ・HP超過回復が可能• ・HPダメージ軽減が可能 2位• ・追撃で敵全体を攻撃• ・1行動での火力が高い• ・自身のHPダメージをアップ 3位• ・確定吹きとばしが可能• ・自身のHPダメージをアップ• ・確定マヒが付与可能 4位• ・「エンチャント・雷」を付与• ・「雷耐性ダウン」で弱点を生み出す• ・「弱点属性ダメージアップ」で火力強化 5位• ・魔法BRVダメージを吸収• ・「エンチャント・氷」を付与• ・「魔導の氷塊」で追加攻撃 6位• ・HP回復時の超過分をBRVに加算• ・HP回復能力が高い• ・味方全体を強化 7位• ・味方全員の弱体効果を解除• ・HP回復力が高い• ・高火力のEXの回転が早い 8位• ・「シフトムーブ」で割り込み可能• ・追撃でACTあたりの火力が高い• ・確定吹き飛ばしが可能 9位• ・吹き飛ばしでHPダメージアップ• ・追撃と同時に供給を行う• ・追撃後にBRV供給を行う 10位• ・味方にアスピル効果を付与可能• ・味方の行動順を操作可能 総合キャラランキングは、難易度LUFENIAでの採用率や編成優先度を考慮したうえで評価し、順位をつけています。 役割別最強キャラ早見表 役割別最強キャラランキング 近距離物理アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・追撃で敵全体を攻撃• ・1行動での火力が高い• ・自身のHPダメージをアップ 2位• ・「雷耐性ダウン」を付与可能• ・ブレイク時連続行動可能• ・与えるダメージ量をアップさせる 3位• ・割り込み行動で連続攻撃• ・追撃で1行動で大ダメージ• ・追撃で火力が高い• ・ブレイクで追加行動• ・BRVリジェネ量が多い 5位• ・聖耐性ダウンを付与し弱点を突く• ・火力の高いEXの回転が早い• ・ヒット数が多くダメージを稼ぎやすい 近距離物理最強:スコール 追撃とHPダメージアップで高い火力を叩き出す スコールは、特殊効果「咆える撃鉄」付与中にHPダメージを与えると、追撃で敵全体を攻撃します。 特に対複数で真価を発揮し、対象外ダメージも相まって、1行動で高いダメージを叩き出します。 加えて、「咆える撃鉄」はHPダメージアップの効果を持ちます。 全体攻撃や追撃でダメージアップの判定を多く受けられ、スコールの高い火力がさらに引き上がります。 遠距離物理アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・確定吹き飛ばしを8回使用可能• ・アビリティのHP攻撃の回数が多い• ・EXの回転が早い 2位• ・バースト効果で追撃可能• ・アクション数加算無しで攻撃• ・強制吹き飛ばしが可能 3位• ・吹き飛ばしと供給を同時に行う• ・「闇耐性ダウン」で弱点を突く• ・EXで「ヴァリアントブロウ」の回復 4位• ・追加行動が可能• ・強制ブレイク解除ができる• ・クリティカルダメージをアップさせる 5位• ・「ワープ」で追加行動• ・アビリティ回数が多い 遠距離物理最強:クラウド 高い火力とギミック対処能力を併せ持つアタッカー クラウドは、確定吹き飛ばしにより1行動で高火力を叩き出します。 加えて、アビリティのHP攻撃の回数が多く、「クラウディウルフ」が持つHPダメージアップ効果を多く受けられるため、無駄なく火力を伸ばせます。 また、クラウドは確定マヒ・行動遅延・バフ解除など、敵の行動を妨害する能力も高いので、火力を出しながらクエストのギミックを対処できます。 魔法攻撃アタッカー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「エンチャント・闇」で火力アップ• ・対象外ダメージが高い• ・EXの火力が高い 2位• ・トラップデバフで攻撃• ・「メランコリアの檻」で遅延可能 3位• ・BT効果でBRVダメージ大幅アップ• ・「エンチャント・聖」で火力アップ• ・LDアビの火力が高い 4位• ・等倍攻撃で対複数に特化• ・BRV漏れを割合で削る• ・ACT加算無しで行動可能 5位• ・アビ連続発動でACTあたりの火力が高い• ・LDアビと通常アビで等倍攻撃が可能• ・確定ブレイクと強制ブレイク解除可能 魔法攻撃最強:ザンデ 2属性で攻撃する高火力な魔法アタッカー ザンデは、すべてのアビリティが2属性を持つため、属性耐性にかかりづらい魔法アタッカーです。 敵に「弱点掌握」を付与して弱点を生み出し、「クエイガ」や「メテオ」の高い火力をさらに上昇させます。 加えて、エンチャントは、味方全員に効果があるので、味方全員の火力も底上げされ、パーティの総合ダメージも引き上げられる強みを持ちます。 バッファー 順位 キャラ 特徴 1位• ・BRVダメージアップ• ・HPダメージアップ• ・HPダメージ軽減• ・防御力アップ• ・最大BRV70%アップ• ・攻撃力40%アップ• ・BRVダメージ軽減 4位• ・「BRVリジェネ」で火力アップ• ・初期BRVアップ• さらに、セシルは不可視バフでの防御力強化やHPリジェネなど、防御面のサポート能力にも長けているため、編成することでクエストの攻略を楽にできます。 エンチャンター 順位 キャラ 特徴 1位• ・「エンチャント・雷」を付与• ・「属性弱点ダメアップ」で火力アップ• ・敵のターンでBRV供給が可能 2位• ・「エンチャント・氷」を付与• ・「ターゲット固定」で味方を守れる• ・魔法BRVダメージを吸収 3位• ・「エンチャント・聖」を付与• ・高回転の等倍EXを使用可能• ・BT効果でBRVダメージ大幅アップ 4位• ・「エンチャント・土」を付与• ・味方全員の行動後にBRV加算 5位• ・「エンチャント・聖」を付与• ・「聖耐性ダウン」付与• ・エンチャントが解除されづらい• 他のエンチャンターと違い「属性弱点ダメージアップ」を味方全員に付与できるため、エンチャントで弱点を突いた際のダメージをさらに引き上げられます。 デバッファー 順位 キャラ 特徴 1位• ・素早さダウン 2位• ・「カーズ」でHPダメージ• ・「霧散の渦」でHPダメージ• ・「暗黒の芽」でスリップ効果• ・「テラー」で敵の行動を制限• ・「新世界への糧」のスリップ効果• ・「ワープ」で割り込み行動 4位• ・「新月の神秘」でHPダメージアップ• ・スリップ効果• ・闇耐性ダウン 5位• ・「HP攻撃沈黙」で敵の行動を制限• ・敵のBRV加算を無効化• ・最大BRVダウン• ・素早さダウン デバッファー最強:ケフカ 複数デバフで敵を弱体化させるデバッファー ケフカは、6種のデバフにより敵を弱体化させ、味方を有利に立ち回らせるデバッファーです。 さらに、LDアビリティ「ハイパードライブ」で、自身が付与したデバフをフレーム化させ、敵の強化効果の付与を防ぐといった立ち回りも可能です。 ヒーラー 順位 キャラ 特徴 1位• ・「クラッシュハンマー」で回復• ・「マテリアタクティクス」で回復• ・「地走り」で回復• ・「コンビネーションアーツ」で回復 2位• ・「ブラッドウェポン」で回復• ・「アブソーブソード」で回復• ・「ルーラーオブアームズ」で回復• ・「ドレインウェポン」で回復 3位• ・「ホーリーフレイム」で回復• ・「ライトスラスター」で回復• ・HPリジェネで回復 4位• ・「ディバインヒール」で回復• ・「HPヒールアドバンスオール」で回復• ・「かくせい」で自身を回復 5位• ・「癒やしの風」で回復• ・「怒りの烙印」で回復• ・「セトラの祈り」で蘇生 ヒーラー最強:ルード Aアビ以外の全ての行動でHP回復可能 ルードは、Aアビ以外の全ての行動で味方全体を回復できます。 回復を行う機会が多いため、パーティに安定感が生まれて攻略を安定させます。 BRV供給 順位 キャラ 特徴 1位• ・「カウンター」で供給• ・「アップヒーバル」で供給• ・「テンペスト」で供給• ・「ドーンブレイカー」で供給• ・「ライジングインパルス」で供給• ・最大HPを超えて回復した時に供給• ・「マテリアタクティクス」で供給• ・「うたう」で供給• ・「かくれる」で供給• ・「ミスティックワルツ」で供給• ・「子守歌」で供給• ・Aアビリティで供給 4位• ・「生殺与奪」で供給• ・「雲散霧消」で供給• ・「ヘイストルンバ」で供給• ・「リジェネワルツ」で供給 5位• ・「BRVリジェネ」で供給• ・「おうえん」で供給 BRV分配最強:グラディオラス Aアビ以外の全ての行動でBRVを供給可能 グラディオラスは、Aアビ以外の全ての行動でBRVを供給できるため、攻守両面で味方をサポートします。 供給するBRV量は、与えたダメージ量に依存するので、EXアビリティ使用時はパーティのBRVを上限近くまで供給できます。 加えて、「ジャストガード」で行うカウンターは、アクション数を加算させずにBRV供給できるので、パーティの火力アップと同時にアクション数の短縮にも貢献できます。 壁役 順位 キャラ 特徴 1位• ・シールドで味方全員を守る• ・シールド耐久値分のHPダメージカット• ・味方全員のHP回復が可能 2位• ・味方をかばって攻撃を受ける• ・HPリジェネで回復が可能• ・カウンターで反撃 3位• ・味方全員に行動後にBRV加算• ・「ターゲット固定」で味方を守る• ・味方全員のHPダメージ軽減• ・味方全員のHP回復が可能 4位• ・魔法BRV攻撃を吸収• ・味方全員の魔法BRVダメージを軽減• ・味方全員のHPダメージを軽減 5位• ・全体のHPダメージを1人で受ける• ・HPダメージ軽減で耐久が高い• ・HPリーブで戦闘不能になりづらい• ・自身でHP回復が可能 壁役最強:ウォーリアオブライト BRVダメージとHPダメージの両方を防げる壁役 ウォーリアオブライトは、シールドによってBRVダメージを防ぐ壁役です。 さらに、EXアビ「シャンニングウェーブ」でHP回復もこなすため、ウォーリアオブライトを編成することで、パーティの生存率を大きく上げられます。 最強ランキングの評価基準 役割別最強ランキング• 難易度LUFENIAなど現環境基準で評価をしています。 役割 評価基準 アタッカー• ・アビの使用回数やEXアビのリキャストの早さ• 1アクションで稼げるダメージ量も評価に含む バッファー• ・パッシブ効果を含む強化効果の数や効果量• ・効果量が同じ場合効果範囲や期間で順位決定• ・クエスト攻略における貢献度を評価 エンチャンター• ・味方のサポート能力や自身の処理能力を評価• ・エンチャントや耐性ダウンの維持のしやすさ デバフ• ・弱体効果による攻略への貢献度を評価• ・似た効果の場合効果範囲や効果期間で順位決定 ヒーラー• ・HP回復量や回復できるタイミングを評価• ・HPリジェネによるHP回復も評価対象 BRV供給• ・供給できるBRV量を基準に評価• ・アビとBRVリジェネによるBRV加算も評価対象 壁役 タンク• ・敵視を自身に向け味方を守る期間も評価対象 完全体で評価 評価は、完全体での評価で統一しています。 完全体とは、レベルと覚醒を最大まで強化、相性武器は全てパッシブ化し、BT武器があるキャラはBT武器を、それ以外のキャラは真化完凸武器を装備しているキャラを指します。 さらにAFの厳選や幻獣ボードのパッシブ、強化ボードも全て習得した状態を指します。

次の

【新キャラ参戦】アラネア性能解説【2020.8.11アプデ情報】

オペラ オムニア アーデン

同一スフィアの効果は重複しない) 真化EX武器までのアラネア運用について アラネアは竜騎士らしく、槍による遠距離物理BRV攻撃を得意とするキャラクター。 各アビリティには明確な用途が存在するため、使い分けは以下のように考えよう。 <エア・スペリオリティ> 複数戦で頼れる等倍HP攻撃で、基本的には溜まり次第使用でOK。 アビリティ自体の性能、急所破壊、高速機動すべてのクリティカルBRVダメージアップが重複するため、クリティカルダメージで右に出るものはいないレベルに。 エア・スペリオリティ使用後は、与HPダメージに応じたBRV加算も発生するため、追加行動が発生した場合に高いダメージを狙いやすい。 ドラゴンリープ7回、ハイウィンド8回とアビリティ回数は多めではあるが、追加行動などで消耗が激しい場合は、織り交ぜて使っていこう。 <アラネアの立ち回り> クリティカルやブレイクを絡めて猛ラッシュをかけるアタッカーだが、魔導兵装、高速機動、オーバーブースト、急所破壊いずれも期間が短めで、バフやデバフの更新タイミングには気を使う必要がある。 アビリティごとに付与できるものを把握し、ベストな選択を行いたい。 真化・限界突破させると、各種ステータスの強化やクエスト開始時の自動バフ付与などが行われるように。 アラネアのように、敵のブレイク状態を強制的に解除するキャラクター向きの性能だ。 LDボードを解放していれば、アビリティアスピル効果も追加されるため、各種アビリティの節約にもひと役買ってくれる。 期間をうまく運用していくといいだろう。

次の

【新キャラ参戦】アラネア性能解説【2020.8.11アプデ情報】

オペラ オムニア アーデン

は、スクエアエニックスが開発・運営しているである。 人気ゲーム「ディシディア ファイナルファンタジー」シリーズのゲームである。 ストーリーを進めていくと歴代のFFキャラクターが使用可能になり、クリスタル覚醒で新たなアビリティを手に入れたり、装備をセットできる。 で採用されたコマンドバトル方式は歴代のFFでは珍しくないが、ディシディアシリーズでは初の試みであった。 従来のディシディアシリーズの迫力ある戦い方を彷彿させるのコマンドバトルは、ブレイブ攻撃、HP攻撃、アビリティから選択することができ、敵のブレイブを全て奪うとブレイブブレイクとなりパーティー全員がブレイブを獲得することができる。 FFシリーズお馴染みの召喚獣とも契約することができ、契約した召喚獣を強化することで強敵との戦いで大きな助けとなってくれる。 FFシリーズのアプリには、やもありプレイしてみてはどうだろうか。 ディシディアFF オペラオムニア DFFOO について ディシディアFF オペラオムニア DFFOO のおすすめポイント は、スクエアエニックスが開発・運営しているである。 は、バトルをしながらストーリーを進めていくゲームである。 のゲームシステムは、ストーリーの中でたくさんの仲間と出会い、一緒に冒険できるようになるというものである。 キャラクターは初代FFからFF14のメインタイトルはもちろんのこと、零式などの派生作品のキャラも多数登場するのでファイナルファンタジーをプレイしたことのあるかたなら思い入れのあるキャラクターも登場する。 また歴代のキャラクターがシリーズを飛び越えて一緒にバトルメンバーに組めたりするので、夢のタッグを編成することもできる。 では、キャラクターもすべてのキャラに声がついているので、昔のゲーム本編では音声のなかったキャラクターも喋ってくれるのが嬉しい。 またでは声優さんも豪華メンバーが揃っているので、声優ファンならではの楽しみ方もできる。 また、のバトルにはオート機能も搭載されており、オートと手動を使い分けることでスムーズにバトルを進めることができる。 ちょっと目を離す間にバトルを終わらせてくれているなんてことも可能なので、手軽に進めることができるので是非をプレイしてみて欲しい。

次の