沖縄お悔やみ情報局。 日にちで検索

沖縄のおくやみ情報をメールでお知らせするサービス「沖縄おくやみ情報局」をリリース|一般社団法人沖縄お悔み情報局のプレスリリース

沖縄お悔やみ情報局

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• お悔やみ欄に書かれている内容とは?• 新聞に訃報を載せる理由とは?• お悔やみ欄の利用方法・料金• 沖縄での葬儀の特徴について 以上の項目を中心にご説明していきます。 本州と離れた沖縄では、沖縄特有の葬儀についての文化が広がっています。 それぞれの地方の葬式の考え方を学ぶことで、自分たちの供養文化を考えるきっかけにもなれば幸いです。 沖縄の文化に興味のある方、沖縄で葬儀を行う方にとって役立つ内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 お悔やみ欄とは、 故人の訃報や通夜、告別式の情報が載っている新聞の掲載欄のことです。 沖縄では「沖縄タイムス」か「琉球新報」を購読している人が多く、毎日1~2面にわたってこのお悔やみ欄が掲載されています。 実は沖縄では、このお悔やみ欄を見るために新聞を購読しているという人が大半なのです。 一体どんなことが書かれているのでしょうか。 お悔やみ欄に載っている情報 沖縄ではだれかが亡くなったと聞くと、まずは新聞のお悔やみ欄を見て確認します。 お悔やみの欄には、お亡くなりになった人の 氏名・逝去日時・告別式の場所・日時・納骨の場所・日程が書かれています。 それだけでなく、続柄と共に喪主と家族の氏名が長男からひ孫まで並び、さらには伯父や叔母、いとこ代表・親戚一同・友人代表、場合によっては老人会長や自治会長の氏名が続きます。 このように関係者一同の名を連ねたお悔やみ欄は一般に、一人分で縦5センチ、横7~10センチほどにもなります。 各葬儀ごとに並べられたお悔やみ欄は、全体で多い時には紙面の2ページにも及びます。 なぜ新聞に訃報を載せる? 沖縄では、血縁・地縁を非常に大事にしています。 本土と比べて、沖縄は親戚付き合いやご近所付き合いが非常に深いのが特徴です。 有名な巨大共同墓などがあることからもそれがよく分かります。 そのため、お悔やみ欄には 大勢の方に訃報を知らせる役割があります。 お悔やみ欄には家族だけでなく、独立した子供や孫、配偶者、県外に移住した親類の名前まで記載されています。 故人との続柄が詳しく書かれているため、 故人の略式の家系図にもなっているのです。 沖縄の人は、お悔やみ欄のページに友人の名前などが載っていれば、たとえ故人のことをよく知らなくても参列することがあるようです。 つまり沖縄では、故人と直接つながりのあった人だけが参列するのではなく、たとえば故人の息子の友人、親族の友人といった人でさえ弔問に訪れるのです。 また、自治会や老人会など、 個人が所属していた会の会長名も記されます。 沖縄県のお葬式では、個人が属していた自治会が主になって手伝いをするからです。 このように、大勢の人たちに訃報を知らせるためには、新聞のお悔やみ欄が適しているというわけです。 またお悔やみ欄を見ることで、あの人に孫ができただとか、この人とあの人が結婚したなどといった親類の近況なども同時に読み取るそうです。 わずかな縁であっても大切にする沖縄の文化性があらわれています。 お悔やみ欄を利用するには• まずは沖縄の広告代理店に電話で連絡を取ります。 告別式の広告の場合は迅速に紙面を確保しなければならないので、できるだけ早めに連絡しましょう。 広告の担当者が故人の氏名や続柄などをその場で原稿にし、印刷をして内容と料金の確認をします。 告別式の当日、または指定日に新聞にお悔やみ欄を掲載します。 記載後(1週間以内)に振込用紙が郵送されてくるので、金融機関やコンビニで振り込みます。 お悔やみ欄を利用する料金 お悔やみ欄の利用料金は、 掲載する人数によって変わってきます。 告別式広告であれば、琉球新報・沖縄タイムスともに最低価格は1~8人で7万1280円、22~24人で11万8800円、67~69人であれば23万7600円となっています。 一般的な大きさの広告で 約20万円前後になります。 更に両紙に広告を掲載するとなるとその負担は大きく、全体の葬儀費用の約2割に及ぶと言われています。 そのため、沖縄の地方新聞会社にとってお悔やみ欄は大切な収入源となっています。 ところが、2014年ごろからインターネットで葬儀情報を見られるサービスが始まりました。 最低価格3万円からと値段が安く、また広く情報を発信できるために、最近ではネットを利用する人も増えているようです。 沖縄の葬儀の特徴• お亡くなりになられたら、まずは葬儀会社に連絡を取ります。 葬儀社の霊安室にご遺体を安置し、枕飾りとお供えをします。 ご遺体を納棺します。 暑い沖縄ではドライアイスの保冷効果を保つため、本土より早めに行われます。 新聞社に連絡を取ってお悔やみ広告の手配を取ったり、電話や電報で関係者に訃報を知らせたりします。 亡くなったその日のうちにお通夜をします。 沖縄ではお通夜に弔問する人は少なく、近い親族によって行われます。 出棺、火葬を行います。 沖縄では、葬儀の前に火葬を行うのが一般的です。 葬儀、告別式を行います。 お悔やみ欄を読んだ多くの方が弔問に訪れます。 遺骨を納骨します。 ナンカスーコー(七日焼香)を行います。 ナンカスーコーとは、死後7日ごとの毎週にわたって故人の墓を参る行事です。 偶数日は家族やごく近い親族のみで参ります。 奇数日は家族や親戚、友人や知人などの関係者が参ります。 沖縄の葬儀での香典 沖縄の香典の相場は、本州に比べても安くなっています。 沖縄のお悔やみの香典の相場は友人や知人であれば 1000円~3000円です。 祖父母や兄弟姉妹の場合でも5000円~1万円ほどです。 これは全国の平均よりは少なく、不思議に思われるかもしれません。 沖縄では、あまり多く包むと不幸が「重なる」とされるためです。 またこれまで述べたように、ヨコのつながりの多い沖縄では多くの人が弔問に訪れることも理由の一つです。 さらに、沖縄ではナンカスーコーまでの 四十九日に墓参りをする文化があります。 お悔やみの度に香典が必要なので、その合計金額が全国平均と同じようになるように調整して金額を決めたりもするそうです。 更に詳しく知りたい方は、下のリンクを参考にして下さい。 お悔やみ欄には親族の情報が載っている。 お悔やみ欄は血縁・地縁を大切にする沖縄の文化の表れである。 お悔やみ欄には故人の略式家系図や、その家族の近況を知るという役割もある。 お悔やみ欄を利用するには一般に20万円ほどかかり、葬儀費用の2割を占めるほどの負担になっている。 沖縄の葬儀には葬儀の前に火葬を行う「前火葬」や、死後7日ごとに故人を参る「ナンカスーコー」がある。 沖縄の葬儀の香典は、友人でも一般的に1000~3000円である。 ナンカスーコーで渡す香典と合計して全国平均になるようにする。 沖縄の葬儀費用の平均は90万円ほどです。 そのうちの2割ほどの費用を払ってでも掲載するお悔やみ欄からは、今でも血縁や地縁を大切にする沖縄の人たちの心情を読み取ることが出来ます。 沖縄の人たちにとって何より大事なのは「ご縁」なのです。 大勢の人から頂く香典や、7日ごとに行われるナンカスーコーなどにも、縁を大事にする沖縄の文化があらわれているといえるでしょう。 「終活ねっと」では、葬儀に関する記事を多数掲載しております。 本州の葬儀費用の相場について知りたい方は、以下のリンクよりご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

[B! 沖縄] 沖縄おくやみ情報局

沖縄お悔やみ情報局

だらだらとネタの放出をしよう。 ・沖縄御悔やみ情報局 無料で謹告掲載をしてくれるサイトらしい。 田舎のジジババは大体訃報の為だけに新聞を取っているとか聞く。 もう人生の楽しみが他人の死ぐらいになっちまっているんだろうな。 ネット上で無料でやってくれるんだから有り難い事ではある。 何でこんな事を知ったか?車からバスのラッピング広告を見たからよ。 余りにインパクトがあって。 何で嬉しそうなんだよ、こいつ。 サイトの広告とは言え、御悔やみ、だろ。 にこにこしているのはどう考えても間違っていると思うんだが。 阿呆なのか。 に動画もあるから、興味がある人はどうぞ。 しかも、松山のペンギンバー・フェアリーで撮影しているな、これ。 結婚式の帰りに二次会に来ました、みたいな雰囲気。 これで良いと思ったのか、この会社の人間は。 どんな頭の中身しているんだ、見てみたい。 もう、御悔やみはビジネスと割り切っているから、こんな方向に突き抜けちまったんだろう。 取り敢えず、何かあってもここにだけは頼まねえな、俺は。 (続) 離島を見て来ると、那覇は汚い。 一文字防波堤かな。 沖縄の雲は重厚。 那覇の沖合にある防波堤。 最近のコメント• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に なつ より• に 毒鼬 より• に ミチヲ より• に 毒鼬 より• に ミヤ より• に 毒鼬 より• に 毒鼬 より 固定ページ• カテゴリー• 928• 439• 103• 125• 599• 398• 45 2020年7月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 5 6 7 9 11 12 15 16 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 アーカイブ• 11 SNSフォローボタン.

次の

日にちで検索

沖縄お悔やみ情報局

沖縄地区限定でお亡くなりになられた方の葬儀や法要情報を必要とする方へインターネットを介してお伝えするサービスです。 例えば、、、 新聞には『本日のお悔やみ』という欄がありそこに亡くなられた方の情報が記載されています。 中にはお悔やみ情報を確認するためだけに新聞を取っているという方もいらっしゃるほど私たちにとって大切な情報になっていますが、近年インターネットの普及により「新聞を取る」方は減ってきています。 新聞を取っていない方でもインターネットやメールで大切なお悔やみ情報を得ることができるのが【 沖縄お悔やみ情報局】なのです。 インターネットでお伝えするため、県外・海外にいらっしゃる親族の方にも情報をお届けすることができるのも沖縄お悔やみ情報局を利用する最大のメリット。 さらに、あらかじめメール配信登録をしていると初七日などの法事・法要情報を事前にお知らせメールでお届けします。 「あれ?いつだっけ💦」といったことも防ぐことができます。 沖縄特有の葬儀の流れや香典金額の算出機能、さらに葬儀・法事などについて質問して回答を得られるQ&Aサービスをご用意。 「他の人になかなか聞けない」法事・法要の常識を知ることができるのも嬉しいポイント。 故人様のお名前・よみがな・喪主様・親族様のお名前・企業謹告を掲示されている企業様名・地域・逝去日など様々な情報から検索することが可能な《おくやみ検索機能》も無料で利用可能です。 利用者様のニーズに合わせた嬉しい機能はまだまだ他にも! 新聞社等へおくやみ情報掲載を依頼した際の平均価格が8万円〜ですが「沖縄お悔やみ情報局」は3万円〜というリーズナブルな価格で掲載依頼が出来ます。 沖縄生まれのこのサービス、是非お得に御活用頂けると幸いに存じます。

次の