メルセデス glb。 新型メルセデス・ベンツGLB 海外試乗記、第2弾! 藤野太一が嗅ぎ取ったヒットの予感とは

新型メルセデス・ベンツGLB 海外試乗記、第2弾! 藤野太一が嗅ぎ取ったヒットの予感とは

メルセデス glb

メルセデスベンツは6月11日、新型SUVの『GLB』(Mercedes-Benz GLB)を発表した。 GLBは、『GLA』と『GLC』の間に位置づけられる新型SUVだ メルセデスベンツは2019年春、上海モーターショー2019において、『コンセプトGLB』をワールドプレミアした。 このコンセプトGLBの市販モデルとして、今回発表されたのがGLBとなる。 直立したフロントデザインはGクラス譲り GLBでは、力強いプロポーションが追求されており、オフロードテイストのデザインを強調した。 前後のオーバーハングは、短めに設計する。 直立したフロントデザインは、『Gクラス』など、メルセデスベンツのオフロードDNAを受け継ぐものになるという。 フロントとリアには、アンダーガードを装着。 クラッディングパネルも、GLBのオフロードテイストを強調している。 ボディサイズは、全長4634mm、全幅1834mm、全高1658mm、ホイールベース2829mmとなる。 サードシートは身長168cmまでの乗員向け GLBはメルセデスベンツの小型SUVとしては初めて、オプションで7人乗り(3列シート)が選択できる。 サードシートは、身長168cmまでの乗員が利用できる。 3列目シートにはUSBポートと、乗員を保護するサイドウィンドウエアバッグが装備される。 3列シート仕様は、最大4個のチャイルドシートを取り付けることができる。 GLBのホイールベースは2829mmで、新型『Bクラス』よりも100mm以上長い。 この効果で、広い室内スペースを実現した。 前席のヘッドルームは1035mmで、メルセデスベンツによると、セグメントで最高という。 2列シートの5名乗り仕様では、後席足元の空間は967mmを確保した。 荷室の容量は、2列シートの5名乗り仕様で560リットル。 後席を折り畳めば、最大で1755リットルに拡大する インストルメントパネルは、単一の部品で構成する。 センターコンソールには、タービンデザインの空調吹き出し口を3個レイアウトした。 その下に、エアコンのコントロールパネルを配置する。 ワイドなデジタルコックピットは、「MBUX」(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)によって、制御や表示を行う。 MBUXは、パワフルなコンピューターによって、鮮やかなスクリーンとグラフィックを実現。 ヘッドアップディスプレイ、拡張現実によるナビゲーション、学習可能なソフトウェア、音声コントロールの「ハイ、メルセデス」で起動するなどの特長を備える。 4WDの4MATICにはオフロードモードを採用 4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンは、全面的に更新された。 前世代のエンジンに対して、出力や燃費を向上させ、排出ガス性能も引き上げている。 オプションで4WDの「4MATIC」を設定する。 「ダイナミックセレクト」スイッチを使って4MATICの特性を変えることができる。 全輪駆動クラッチの制御には3つの特性がある。 「スポーツ」モードでは、フロント70、リア30。 「オフロード」モードでは、全輪駆動クラッチは車軸間の差動ロックとして機能し、駆動力はフロント50、リア50の割合で配分される。 さらなるオフロード志向のドライバーには、「オフロードエンジニアリングパッケージ」も用意している。 先進運転支援システム(ADAS)は、『Sクラス』のテクノロジーを導入する。 改良されたカメラとレーダーシステムのおかげで、GLBは500m先を見通し、状況によっては部分的に自動運転することができる。 「アクティブディスタンスアシストディストロニック」は、ナビゲーションシステムデータを利用して、コーナーや交差点、ロータリーに入る前の速度を自動的に調整。 「アクティブステアリングアシスト」には新機能として、「アクティブレーンチェンジアシスト」が採用された。 「パークトロニック付きアクティブパーキングアシスト」を装備している場合、高速道路の渋滞では、前車に追従して自動再発進機能が利用できる。 《森脇稔》.

次の

メルセデス・ベンツGLBの本国価格を発表。最新ガジェットを満載した新型コンパクトSUV

メルセデス glb

メルセデスAMGのAクラスという前例があることで、GLBにかなりのスパイスを効かせることは比較的簡単だっただろう。 エンジンはハッチバックのA35にも搭載されている、306psの2. 0L 4気筒ターボユニット。 トランスミッションは8速デュアルクラッチATで、4輪駆動システム4マティックも基本的にはA35と同じシステム。 GLBの場合、100%の前輪駆動から前後均等の50:50まで、トルクを分配することができる。 フロントサスペンションへ与えられた変更はかなり大きい。 ステアリング・ナックルとコントロールアームはGLB 35専用。 サブフレームも強固な専用パーツとなっている。 一方でリアサスペンションはマルチリンク式で、基本的には標準のGLBと同一のもの。 コーナリング時の高荷重を踏まえて、ハブは強化品となっている。

次の

高性能7シーターSUV メルセデスAMG GLB 35に試乗 306ps ライバル不在

メルセデス glb

メルセデス・ベンツが、新型コンパクトSUV「GLBクラス」の日本発売を発表しました。 新しい魅力を持つSUVとして制作された新型GLBクラスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 メルセデス・ベンツGLBクラスは、「GLAクラス」と「GLCクラス」の中間に位置するモデルとして企画され、ベースとなる「GLAクラス」のボディサイズを拡大。 取り回しやすいサイズながらも、3列シートに対応する室内空間が魅力のSUVとなっています。 新型GLBクラスは、同じく新世代モデルとなる「GLAクラス」とあわせ2020年6月25日に発売、納車開始は2020年7月が予定されています。 GLAクラスからボディサイズを拡大し、3列シート7人乗りシートレイアウトを採用• 最新のAクラスやBクラスにも使用された最新のプラットフォームを採用• 最新のガソリン、ディーゼルエンジンを搭載 メルセデス・ベンツGLBクラスは、フルモデルチェンジしたAクラスやBクラスをベースとし製作されています。 これにより、最新の使い勝手や走行性能をもったモデルになっています。 GLB200d:512万円• GLB250 4MATIC Sport:696万円• グレードは、2Lディーゼルエンジンを搭載し前輪駆動となる「GLB200d」、2Lガソリンエンジンで4WDの「GLB250 4MATIC Sport」の2グレードとなり、ディーゼル&4WDのみとされたGLAクラスよりラインナップが充実しています。 メルセデスベンツ新型GLBクラスを試乗動画でチェック! メルセデスベンツ新型GLBクラスは、試乗動画が公開されています。 新世代となり上がった質感や使いやすい室内空間が高い評価を受けています。 タフ!メルセデスベンツ新型GLBクラスの外装(エクステリア)デザイン メルセデス・ベンツ新型GLBクラスの外装は、SUVらしいタフなスタイルが魅力となっています。 ボディは、ボクシーなラインとすることで存在感をアップ。 ヘッドライトとリアランプには最新のLED技術を採用され、先進的なイメージがプラスされています。 ホイールベース:2829mm• これにより人気になっている3列シート7人乗りに対応する空間が確保され、メルセデス・ベンツのコンパクトSUVラインナップを強化しています。 最新装備!メルセデスベンツ新型GLBクラスの内装(インテリア)デザイン メルセデス・ベンツ新型GLBクラスの内装は、先に発表されている「Bクラス」からくる最新のデザインに仕上げられています。 インフォテイメントシステムとメーターには、7インチサイズの2つの高精細ワイドディスプレイが採用され、1枚に見えるようにガラスで覆われています。 メーター上部を覆うカバーを廃止することで、ディスプレイが浮かんでいるような先進的なスタイルとなっています。 インフォテイメントシステムはApple CarPlayとAndroid Autoに対応し、オプションとして10. 25インチディスプレイやBurmesterサラウンドシステム、ヘッドアップディスプレイなども設定されています。 メルセデス・ベンツ新型GLBクラスではボディサイズを拡大することで、3列シート7人乗りを設定。 シートは2列目が140mmスライドし、3列目のレッグルームの拡大に対応。 3列目には、荷室を拡大するためのフォールドダウン機構も装備されています。 その他、2列目シートにはイージーエントリー機能が搭載され、3列目に乗り込む際には2列目の両脇のシートのバックレストが前傾、2列目シートのすべてを前方に動かすことができるようになっています。 乗員:3列シート7人乗り• 新型AMG GLB35は、専用チューンにより306psを発揮する2Lターボエンジンと8速DCT、4WD「4MATIC」システムを搭載。 ボディ剛性も追加のブレースとアルミニウムプレートにより強化され、その他にも軽量アルミニウムパーツやAMG専用フロントステアリングナックルを装備。 ブレーキには、4ピストンキャリパーと350mmディスクを採用。 専用グリルやリアスポイラー、ディフューザーなどにより、デザインも独自の仕上げとされています。 6kgm トランスミッション:8速DCT 駆動方式:FF• 【GLB200】 直列4気筒1. 4kgm• 8kgm• 8kgm• トランスミッション:8速DCT or 7速DCT(GLB200)• 駆動:FF or 4WD 新型GLBクラスの日本仕様パワートレインには、2Lのディーゼルとガソリンエンジンが設定されています。 新型GLBでは、トランスミッションが7速デュアルクラッチ式から8速に多段化され、その走りを軽快に。 駆動方式はFFをベースとし、80:20から50:50まで前後駆動トルクを変更することができる最新4WDシステムが搭載されています。 空気抵抗を抑えた専用のエクステリアやホイールを装備し、実用性の高いコンパクトSUV電気自動車としてラインナップされます。 3列シートに対応するボディを持ちながら、新型GLBクラスでは欧州値約20. メルセデス・ベンツはコンパクトSUVにGLBクラスを追加ラインナップすることによって、SUVの人気要素になっている3列シート7人乗りモデルを比較的低価格でラインナップし、販売を伸ばしたい考えです。 新型メルセデス・ベンツGLBクラスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の