新 au ピタット プラン 比較。 auの新料金「新auピタットプラン」が分かる解説&図解。月々1,980円の条件は?

auの新料金「新auピタットプラン」が分かる解説&図解。月々1,980円の条件は?

新 au ピタット プラン 比較

この新料金プランの中には、2017年に登場して以降、ライトユーザーに支持されてきた「auピタットプラン」をリニューアルした「新auピタットプラン」も含まれている。 従来のauピタットプランは6月30日で新規受付を終了したが、「新auピタットプラン」は同じようなプラン名ながら「ちょっと違う」部分があるのだ。 筆者自身もauで主に通話用の回線を1本契約しており、データ通信量もそこまで多くないため「auピタットプラン」で利用している。 また、これとは別にスマートフォンやタブレットの契約があり、固定回線の「auひかり」も契約しているため、各種割引を適用できる「新auピタットプラン」の方が安くなる可能性もある。 しかし、受付が終了したauピタットプランから新auピタットプランに変更すると戻すことはできないため、今回は新旧のauピタットプランで「どのようなケースならば安くなるのか」を試算した。 (割引なしの場合) 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 20GB 新auピタットプラン 2980円 4480円 4480円 4480円 5980円 5980円 5980円 (速度制限) (旧)auピタットプラン 2980円 3980円 4980円 5980円 5980円 6980円 6980円 まずは、一切の割引を適用しない状態で比較。 新auピタットプランとauピタットプランに共通するのは「使ったデータ容量に応じ、料金が変わること」だ。 このデータ容量による料金の変化が両プランでは異なっている点に注目すると、2GB以下なら「auピタットプラン」、4GBまでは「新auピタットプラン」の方が安いことがわかる。 (固定回線セット割あり) 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 20GB 新auピタットプラン 2980円 3980円 3980円 3980円 5480円 5480円 5480円 (速度制限) (旧)auピタットプラン 2980円 3480円 3980円 4980円 4980円 5980円 5980円 続いて、auひかりをはじめとするインターネット回線を契約している場合。 新旧どちらのauピタットプランも、利用データ量が「2段階目」、つまり1GB以上の通信を行っていれば割引を受けられる。 割引額はどちらも500円なので、セット割引を加味しても、2GB以下なら「auピタットプラン」、4GBまでは「新auピタットプラン」がお得であることには変わりない。 (固定回線+家族割あり) 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 20GB 新auピタットプラン(2人) 2480円 3480円 3480円 3480円 4980円 4980円 4980円 (速度制限) 新auピタットプラン(3人以上) 1980円 2980円 2980円 2980円 4480円 4480円 4480円 (速度制限) (旧)auピタットプラン 2980円 3480円 3980円 4980円 4980円 5980円 5980円 インターネット回線とのセット割引「auスマートバリュー」までは従来もあったが、新たに加わった「家族割プラス」による割引は大きい。 ここまでは2GB以下の利用であればauピタットプランの方が500円安かったところ、家族割プラスを適用した場合は新auピタットプランが同額、または安くなる。 また、もっとも安く利用できる「1GB以下」の場合でも、新auピタットプランであれば家族割プラスが適用され、条件を満たせば月額1980円から利用できる。 筆者の場合はこれに当てはまり、来月からは新auピタットプランのユーザーになる予定だ。 「家族割プラス」を使えるauピタットプランユーザー、つまり同居している家族で2回線以上使っている場合は「新auピタットプラン」に切り替えたほうがお得だ。

次の

【新旧徹底比較】auの新料金プランはゴミ確定!同居家族がいないとほぼ確実に損する罠!!【ドコモより酷い】

新 au ピタット プラン 比較

新auピタットプラン 概要 auピタットプラン1GBまでの利用なら1980円と言う割安なプランです。 月額詳細 しかしながら適用条件は家族3人で加入した場合に限られます。 家族の2人の場合は24,80円となり、自分一人の場合は2980円です。 データ定額は家族間で残り容量のやりとりできるので3人の毎月合計15GB以下 例:7,5,3GB なら7プラスにする必要は無くデータ定額5で十分。 — 野中秀哲 K-2SO ローグワン hideakinonaka auフラットプラン7プラス 概要 auフラットプラン7プラスはTwitter、Instagram、Facebookのデータ消費量が0になるプランです。 月額詳細 お値段は3480円からとなっています。 こちらも家族3人で加入することを前提としています。 家族2人の場合は3980円、自分一人の場合は4480円となるのでご注意ください。 Twitterの声 auの新料金プランさ、なんで特定の条件下での料金を大々的に発表するのかね? ある意味、条件満たさなければauは高いよって言ってるのと同じ。 新auピタットプランは1GBで2980円。 auフラットプラン7プラスは7GBで5480円。 普通に高い。 — Mi. gurug6068 au データMAXプラン 概要 au データMAXプランは日本初のスマホ向け容量無制限プランです。 お値段は5980円から。 月額詳細 もちろんこのプランも家族3人での加入が前提となっており、家族2人の場合は6480円、自分一人の場合は6980円となります。 縛りが設けられています。 例えば、テザリングには20GBの縛りがあります。 そしてデータ使用量が多い場合には速度制限が行われる可能性があるようです。 動画配信、ストリーミングサービスなどの、大量のデータ通信または長時間接続をともなうサービスをご利用の際、通信速度を制限します。 Twitterの声 データmaxプランどうせ速度制限かかるんだろと思ったら案の定で草。 — 森の虎 Blueforesttiger auデータMAXプラン嬉しいぜ😆 30Gでも足らんオイラ。 月末付近になると音声のみにして省エネしながらノリラジ観てるの。 録画かなり容量使うんだよね。 1日2G使うし。 ポケットwi-fi買おうとしてた。 — がんばろ東北! oyakotanuki まとめ 新プランに加入するかどうかの基準は「auに加入する家族が自分以外に2人いるかどうか」ということで良いでしょう。 しかし加入する家族 例えば両親 がいたとしても、あまりスマホを使わない場合には「auフラットプラン7プラス」や「au データMAXプラン」が無駄になってしまう可能性もあります。 少なくとも単身者1人では厳しいので一旦見送ることを検討しても良いのかもしれません。 」という注意書きがあります。 したがって、2年以内にauで機種購入したユーザーは今回のプランへの変更は、次回の機種変時ということになりそうです。 」 — カズG kazuG.

次の

auの新料金プランはどれだけお得? 従来プランと比較してみた (1/2)

新 au ピタット プラン 比較

この新料金プランの中には、2017年に登場して以降、ライトユーザーに支持されてきた「auピタットプラン」をリニューアルした「新auピタットプラン」も含まれている。 従来のauピタットプランは6月30日で新規受付を終了したが、「新auピタットプラン」は同じようなプラン名ながら「ちょっと違う」部分があるのだ。 筆者自身もauで主に通話用の回線を1本契約しており、データ通信量もそこまで多くないため「auピタットプラン」で利用している。 また、これとは別にスマートフォンやタブレットの契約があり、固定回線の「auひかり」も契約しているため、各種割引を適用できる「新auピタットプラン」の方が安くなる可能性もある。 しかし、受付が終了したauピタットプランから新auピタットプランに変更すると戻すことはできないため、今回は新旧のauピタットプランで「どのようなケースならば安くなるのか」を試算した。 (割引なしの場合) 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 20GB 新auピタットプラン 2980円 4480円 4480円 4480円 5980円 5980円 5980円 (速度制限) (旧)auピタットプラン 2980円 3980円 4980円 5980円 5980円 6980円 6980円 まずは、一切の割引を適用しない状態で比較。 新auピタットプランとauピタットプランに共通するのは「使ったデータ容量に応じ、料金が変わること」だ。 このデータ容量による料金の変化が両プランでは異なっている点に注目すると、2GB以下なら「auピタットプラン」、4GBまでは「新auピタットプラン」の方が安いことがわかる。 (固定回線セット割あり) 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 20GB 新auピタットプラン 2980円 3980円 3980円 3980円 5480円 5480円 5480円 (速度制限) (旧)auピタットプラン 2980円 3480円 3980円 4980円 4980円 5980円 5980円 続いて、auひかりをはじめとするインターネット回線を契約している場合。 新旧どちらのauピタットプランも、利用データ量が「2段階目」、つまり1GB以上の通信を行っていれば割引を受けられる。 割引額はどちらも500円なので、セット割引を加味しても、2GB以下なら「auピタットプラン」、4GBまでは「新auピタットプラン」がお得であることには変わりない。 (固定回線+家族割あり) 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 7GB 20GB 新auピタットプラン(2人) 2480円 3480円 3480円 3480円 4980円 4980円 4980円 (速度制限) 新auピタットプラン(3人以上) 1980円 2980円 2980円 2980円 4480円 4480円 4480円 (速度制限) (旧)auピタットプラン 2980円 3480円 3980円 4980円 4980円 5980円 5980円 インターネット回線とのセット割引「auスマートバリュー」までは従来もあったが、新たに加わった「家族割プラス」による割引は大きい。 ここまでは2GB以下の利用であればauピタットプランの方が500円安かったところ、家族割プラスを適用した場合は新auピタットプランが同額、または安くなる。 また、もっとも安く利用できる「1GB以下」の場合でも、新auピタットプランであれば家族割プラスが適用され、条件を満たせば月額1980円から利用できる。 筆者の場合はこれに当てはまり、来月からは新auピタットプランのユーザーになる予定だ。 「家族割プラス」を使えるauピタットプランユーザー、つまり同居している家族で2回線以上使っている場合は「新auピタットプラン」に切り替えたほうがお得だ。

次の