手の甲 赤い 点。 足に赤い斑点で内出血があっても痒くない場合はどんな病気なの?

手にでる赤い点の意味を手相から考える

手の甲 赤い 点

手の甲が湿疹のように赤くなってかゆい!ってことありませんか? 季節に関わらず手の甲が赤くなったり、湿疹のようなものが出来てどうにもかゆいことありませんか? やはり冬場は特にそのような傾向があるかもしれません。 私も冬場に手が荒れて、なぜか手の甲ばかりが赤くかゆくなった経験があるんですよね。 手の甲がかゆいのって結構辛くて、かいてしまうと真っ赤に腫れるし肉が少ないから直骨って感じで痛いんですよ~! 指を蚊に刺されるとめちゃめちゃかゆくて「イーーーーーー!!!!!」ってなる感じ(笑) そういう時って手荒れかな?と思ってハンドクリームを塗ったりするんですけど、すぐには赤みやかゆみは治まらなかったんですよね。 何日か根気よくクリームを塗っていたらやっと治まった記憶があります。 このような手の甲が赤くなる、湿疹のようなものができると言った症状はいったい何故起こるんでしょうか? チェックしてみましょう! もしかしたら手湿疹かも!?チェックしてみよう ただ手が乾燥するだけでなく赤くなる、湿疹が出る、かゆいなると言った時は「手湿疹」が疑われます。 手湿疹なんて聞いたことない方もいるかもしれませんね。 簡単に説明すると、 手湿疹とは手荒れが悪化してひどくなってしまっている状態を指します。 そして 冬に限らずいつでも起こる可能性があるんです。 「じゃあ何で手湿疹になるの?」って思いますよね? 手湿疹になりやすい人にはある傾向があるんですよ。 それを知って原因となることをなるべく避けて、こまめにケアをすれば予防や治すこともできますよ! どんな原因が手の甲の乾燥や湿疹などの手湿疹を起こすのか見ていきましょう。 手の甲を荒らす最も考えられる原因は水仕事後の「乾燥」 手の甲の乾燥、湿疹のようなものができる、かゆいなどの症状は手湿疹かもとお話しましたが、これは別名「主婦湿疹」とも呼ばれます。 その名の通り主婦(家事をすることが多い方)に多く起こる症状です。 その他には美容師、理容師、調理師の方に多いと言われています。 共通点、分かりました? 共通点は「水や洗剤を多く触る仕事」であるということです。 美容師さんならシャンプーなどですね。 手湿疹をはじめ手の乾燥など荒れる原因となるのは多くは水仕事、洗剤を触ることなんです。 誰もが感じたことがあると思いますが、洗剤やせっけんなどを使うと手の汚れだけでなく脂分も落ちてサッパリはするものの乾燥しますよね。 1日に数回の手洗いぐらいでは何ともなくても、家事で長時間水や洗剤を使ったり仕事で何回も 何回も水や洗剤を触っていると手指の皮脂が落とされ続けてしまいます。 皮脂は体が出してくれるバリアです。 それが無くなったら皮膚は刺激にさらされやすくなってしまいます。 服で擦れたりホコリが付いたりそんなことまで刺激になっちゃうんですよね。 皮脂が少ない状態でさらに水や洗剤を使うことで乾燥が進み、手荒れがどんどん悪化してしまうのが手の甲の乾燥、湿疹のようなものができる、かゆみが出る原因というわけです。 特に指先、 手の甲はもともと皮脂が少なくダメージを受けやすい場所でもあることが、手のひらよりも手の甲に症状が出やすい理由でもありますね。 では不快な手の甲の乾燥やかゆみ、荒れなどの手湿疹にならないようにするための方法を確認しましょう! スポンサーリンク 手の甲が乾燥・湿疹・かゆいなどの対処方法3選! 手の甲の乾燥、湿疹のようなもの、かゆみなどを防ぐためにはなるべく手指の皮脂を落とさないようにすることが大切になります。 かと言って手を洗わないわけにもいかないですよね(笑) 手荒れをひどくしないために簡単に実践できる方法を3つ紹介しますので、日ごろから気をつけるようにしてみてください。 水仕事の時はなるべく手袋を使う 食器洗いの時は ゴム手袋を使用して、直接手指に洗剤や水がつかないようにすると手荒れを防ぐことができます。 どうしてもゴム手袋が使えない時は 体温より低い温度の水ならば皮脂が落ちるのを軽減できますよ。 手を洗ったりしたらすぐに保湿クリームを塗る 面倒になってついつい怠ってしまうのがハンドケア。 私もクリーム塗らなきゃと思いつつ、結構塗らずに放置してしまって後で後悔しますね・・・。 保湿クリームは手洗いなどで落ちてしまった皮脂の代わりになるものなので、 すぐに塗ることがやはり大切です。 使うクリームですが女子としてはいい香りがするものなどを使いたいところ。 でも手の甲がヒリヒリしたりかゆくなるほど荒れている場合は、そういったクリームがしみたりさらにかゆみを増したりした経験が私にもあります。 そういう時に 薬剤師さんにすすめてもらったのが「ワセリン」です。 私はワセリンのようにいかにも油っていうベトベトしたクリームが苦手だったんですよ。 でも一緒に綿の手袋も買ってワセリンを塗ったら手袋でガードするようにしてガマンして使ってみました。 そうしたら2日くらいで手の甲のヒリヒリやかゆみ、赤みは良くなりました! 私がいつも買っているのはチューブタイプのワセリンです。 パカッと開ける容器のヤツはフタの裏とか容器の口部分にベトベト付いちゃうのでイヤだったんですよね(笑) チューブタイプならどこにでも持っていけるし、キッチン、リビング、寝室など ホッとする場所などで思いついたら塗れるように置いてます。 衛生的に気になる時もかなり安心感があるからもう必需品になっていると思います。 でも アルコールって皮脂を落としてしまうって知ってました!? スマホの保護ガラスやフィルムを買うとアルコールのペーパーが付属している場合がありますよね? あれで画面を拭くと指紋が取れてキレイになるでしょ。 指紋は皮脂ですからね。 アルコールは除菌に欠かせないものだけどかなり 手荒れの原因になってしまいます。 私も昔飲食店でバイトして時はアルコールでかなり手荒れしたことを思い出しましたよ。 アルコールは便利ですが 使ったら手洗い後と同じように保湿が必要です。 併せて使いすぎにも注意するべきですね。 またアルコールでなくても除菌や消毒の効果がある消毒剤もあります。 (プラチナナノコロイドや次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒剤が皮脂を落としにくいです) また家庭用の消毒だと保湿成分が配合されている商品も多いので確認して購入するのが良いと思います! こちらの商品にも保湿成分が配合されているそうです。 以上3つがすぐに実践できる簡単な方法です。 その他には 洗浄力が強すぎる洗剤は避けるようにしたりするのも有効です。 家はわりとすぐに変えられますよね。 飲食店バイトなどでどうしても手を洗う回数が多い方は会社に相談してみるのもいいかもしれません。 あまりに手荒れがひどい場合は洗剤を変えてくれる可能性もありますよ。 実感として1番効いたのはワセリン+綿手袋でしたね。 寝ている間中していなくても、 お風呂に入ってから寝るまでの30~1時間とかしてるだけでも効果的だと思います。 手の甲の赤み、湿疹、かゆみなどを防ぐにはやっぱり保湿が大切! まとめ 私は特に手の甲ばかりがヒリヒリ赤くなりかゆいことが多かったです。 考えてみたらトイレの後も必ずせっけんで手を洗うし、ベタベタが嫌いだからすぐせっけんで手を洗ってました。 でも面倒くさがって保湿はしない(笑) これじゃ荒れて当然だよ! 友達にいつも手のキレイな子がいて、その子がこまめにハンドクリームを塗っているのを見てから私もこまめに塗るようになりましたね~。 やっぱり実践していて実際にキレイなのを見るとやる気もでるし、必要なことだって納得するしね! もしもひび割れがかなりひどいとか水疱がひどいなどの場合は皮膚科に行くことも考えてくださいね。 完全に治るとは言い切れないんですけど程度に合った薬を出してくれます。

次の

レイノー症候群(レイノー現象)

手の甲 赤い 点

肝臓の機能低下が原因 肝臓の機能が低下したりそのような症状を持つ疾患になると、肝臓そのものへの痛みはないものの、身体の他の部位に症状が現れる場合があります。 肝臓の機能が低下してくると手が赤いという症状が出る場合があります。 肝機能による影響であれば、ほかに、身体のかゆみ、出血しやすくなる、吐き気、黄疸、全身の倦怠感、尿の色が黄褐色等の症状が同時に現れたりすることがあります。 もし手の赤みど同時にこのような症状が出ているようであれば、一度肝機能が正常であるかどうか検査をしてみること良いでしょう。 献血により肝臓の機能が正常であるか簡単に確認することができます。 もし肝機能に異常があった場合には、お医者さまの診断に基づいて治療を行っていきますが、なぜ肝臓が異常になったり疲労をおこしたりするのでしょうか。 ひとつは、 アルコールの飲みすぎは肝臓の機能低下を招く大きな原因のひとつです。 厚労省の発表によると、日本酒で7合(約1. 2リットル)を毎日10年以上に渡って飲み続けた場合には約2割、15年以上の場合には約5割の人が肝硬変になるとのことです。 多量の飲酒をする習慣のある人は、お酒の量や回数を減らすと同時に、アルコール度数が高いお酒からより低い度数のお酒へと変更していことが大切です。 断酒というのは、いきなりやっても成功しづらいですので、お酒の量や回数や質をうまく自分と相談しながらコントロールしていくことが、成功への秘訣です。 もし、お酒を普段から良く飲む習慣のある方が、手が赤い症状に気づいたら、一度血液検査を受けられることをお勧めいたします。 その他の病気による場合 手が赤くなることの別の原因としては、うっ血による可能性があります。 うっ血とは、なんらかの理由により血流が悪くなることに影響されて、皮膚のしたの毛細血管が拡張してしまう症状をいいます。 そのうっ血が、手のひらで発生すると、手に赤い斑点があらわれたりすることがあります。 このうっ血が発生する原因としては、生活習慣の乱れによるのも一因だといわれています。 身体の冷え、運動不足や食生活の過食によるもの等の原因が考えられます。 そのような原因によるうっ血であれば、規則正しい生活と適度な運動、適量の食事量に切り替えていくことによって、手が赤い症状もしだいになくなっていきます。 他の原因によるときにもいえますが、日常生活でのご自身の生活スタイルの見直しが、この症状の緩和に大きく影響するものということができます。 今回の記事をご参考にされて、ぜひご自身の生活習慣の見直しをされてご健康になられることを編集部一同お祈りしております。

次の

皮膚に小さな赤い点があるんですが、どうやったら治るんでしょうか?

手の甲 赤い 点

私自身もそういえば出た時があったなと思うくらいで、いつも知らない間に消えていたので特に深く考えたことはなかったのですが、どうやら皮膚病だと断定するのは危険なようです。 痒みがある場合は、湿疹や虫刺されなどが考えられますが、痒みのない赤い斑点は血液や内臓などの内科的疾患が原因であることが多いようです。 症状が出る世代も様々で、子供から大人まで幅広く発症します。 赤い斑点がでる症状から考えられる病気もいくつかあり、病気によっては赤い斑点の他に、足の痛みや腹痛などの症状が伴うこともあるようです。 では、どのような病気があるのか、またその原因など詳しく探っていくとします。 スポンサードリンク 足に赤い斑点で内出血してるみたいな感じ 赤い斑点の正体は血液中の赤血球によるもので、血管が何らかの原因で破れたことにより内出血をしたと考えられます。 例えば考えられる病気の一つに、うっ血性皮膚炎というものがあります。 赤い斑点、内出血の症状に加えてむくみがでる事も特徴です。 血行不良が原因で発症する病気ですので、立ち仕事の多い方や下半身の血の巡りが悪くなる妊婦や高齢者によくみられます。 症状を改善するには、第一に血の巡りを良くすることです。 足を高くして寝たり、むくみをとる靴下を履いたり、マッサージをしたりと色々工夫してみてください。 そして、2. 3日経っても症状がよくならない場合は必ず病院へ行ってください。 放置して悪化してしまうと他の合併症を起こしかねません。 足の赤い斑点があっても痒くない場合 先ほど挙げた病気以外に、紫斑病の可能性があり、様々な種類があります。 一つ目に、単純性紫斑症というものがあります。 紫斑症は赤い斑点が足だけではなく手などの他の場所にも出てくることがありますが、この病気は特に足に発症することが特徴です。 痒みや痛みなどの症状がなく、また20代から30代と比較的多忙な年齢層の女性によく見られるので、症状が出ても放置しがちになってしまいます。 赤い斑点以外の症状はありませんが、内出血を起こしていたり、あまりに症状が治らない場合は受診しましょう。 血管を強くする為に、ビタミンCを含む飲み薬を処方されることもあるようですが、食生活においても積極的にビタミンCを多く含む野菜や果物を摂りましょう。 スポンサードリンク 食事改善とともにサプリメントを並行して摂ることもお勧めです。 二つ目は、アレルギー性紫斑症です。 先ほどの単純性のものとは違い、赤い斑点以外にも腹痛や足の痛みなどの症状があります。 また、その他に違う点として、この病気になるのは比較的子供が多いようです。 原因は現在解明されておりませんが、感染症により免疫機能がコントロール出来ない状態になっているのではという説があります。 いずれにしても、赤い斑点の他にも症状がある場合はすぐに小児科へ受診してください。 足の赤い斑点は病気なの? 冒頭でも書きましたが、思い当たる節がない赤い斑点については何らかの病気になっていると考えていいでしょう。 2週間ほどで自然治癒している時や、度々繰り返して症状が出てしまう時など、その程度は様々ですがやはり不安であればまずは皮膚科へかかってください。 医者の判断で必要であれば、内科受診を勧められると思います。 紫斑症の話をいくつか挙げましたが、この病気には難病指定にされているものもあります。 特発性血小板減少性紫斑病、といって、出血を止める働きをする血小板が減少することにより、出血しやすくなる病気です。 はっきりとした原因は今のところ不明のようです。 急性型は子供にみられることが多いようですが、慢性型でも子供から大人まで発症することがあります。 急性はほとんどが自然治癒するようですが、慢性の場合は治療が長期的なものになり、常に身体管理の必要な病気です。 いずれにしても、直接的に命に関わるような病気ではありませんが、きちんとした診察や治療が必要な病気なので、疑わしい時は必ず受診してください。 まとめ 痒みのない赤い斑点、という症状だけでも色々な病気があることがわかりましたがいかがでしたでしょうか? 正直この赤い斑点のことで深刻になったことがありませんでしたので驚きました。 病気の可能性は誰にでもあるのだと痛感し、日頃の健康に感謝しなければなりませんね。 特に紫斑症に関しては、難病という言葉まで出てきたので少し脅かすような形になってしまいましたが、病名がわかると、病気の戦い方、克服の仕方、付き合い方がわかると思うので、やはり心配事がある場合は病院へ行くのが一番です。 何度も重ねて言いますが、安易に自己判断はせずに何日経っても症状がある場合や、身体の痛みが出るなどの違う症状が表れた時にはすぐに病院へ行きましょう。

次の