ワンピース 映画。 ワンピース映画を1番安く視聴できる動画配信サービスまとめ【VOD】

ワンピースの歴代映画の人気ランキングが決定!評価・感想も!

ワンピース 映画

Sponsored Link 「第 5 位 ねじまき島の冒険 30 億円」 この作品は3月3日に公開された作品で、東映アニメフェアの中の1つという位置づけでした。 映画としては2作目であり、サンジが登場する初めての作品ですね。 物語のあらすじはとある島で休んでいたルフィ達だったが、目の前でメリー号が盗まれてしまう。 そして取り返すためにねじまき島に向かった一行だったが、仲間たちが次々にさらわれていき・・・という話です。 上映時間は前作よりも伸びておりワンピースの人気が伸びていることがはっきりわかる1作になっています。 王道ストーリーを激しく、格好良く見せてくれるワンピース 歴代 映画の中でもアクションの方向性を見せてくれた1作でもあります。 根強い人気を誇っておりゲスト声優の豪華さでも話題になっていました。 スピーディーな話の展開は今見ても色あせることなく楽しめます。 「第 4 位 ワンピース 21 億 6000 万円」 この作品は2000年3月4日に東映アニメフェアの中の1本として公開されたワンピース初のアニメ映画です。 物語のあらすじは海賊エルドラゴに捕まっていた少年・トビオをルフィ一行が助け出したが、トビオからウーナンという海賊が隠した黄金の話を聞き黄金の島へと出発。 そこで彼らが見たもの、エルドラゴとの戦いの決着は? といったものです。 この話はサンジがまだ仲間になる前の話なので4人しか出てこないのも特徴の一つです。 話はしっかりとまとまっていて見やすいうえに、最後にちょっとうるっと出来るという完成度の高い作品でした。 子供向けを意識して作られているという印象を受けますが、これがワンピースなんだと言える作品に仕上がっています。 未だにファンの間でも根強い人気を誇っており、何よりこの作品をリアルタイムで見ていた世代が大人になって子供と一緒に見ている人もいます。 こうやって次の世代に受け継がれていく作品というだけでもワンピースの凄さが分かりますね。 「第 3 位 STRONG WORLD 48 億円」 2009年12月12日に公開された作品で公開前から異常な盛り上がりをみせたワンピース史上最高の話題作です。 というのも原作の尾田先生がしなりもを書き下ろしたというのが要因であり、それまで3月に公開されていたものが12月にずれ込んだのも尾田先生のこだわりです。 しかしそのおかげで過去最高の収益をたたき出しワンピースの 歴代 映画の中でも評価がかなり高くワンピース人気の高さを見せつける結果になりました。 物語のあらすじは東の海でいくつも島が襲われているというニュースをみた麦わらの一味がどうにか東の海に帰ろうとしているその前に伝説の大海賊金獅子のシキが現れる。 ナミをさらわれたルフィ達はナミを取り返すために金獅子のシキとの戦いに赴く。 今までの 歴代 映画と大きく違っていたのは原作と深く関わった作品ということです。 アクションシーンもさることながら、それ以上にロジャーと戦った海賊が実際に現れルフィと戦うというのは本当にワクワクしました。 ストーリーもまとまっていて最後まで楽しめる良い作品となっています。 興行収入事態はそこまで多くありませんが、ファンの間では最も評価が高い作品ではないでしょうか。 物語はドラム島でのエピソードを元にしていますが、いくつかの相違点が見られます。 ロビンやフランキーがいる代わりにビビとカルーがいなくなっていたり、ワポルの兄が登場したりしています。 作品の感想としては面白いのはもちろんのこと、それ以上に感動します。 チョッパーのエピソードを豪華にしただけでなく、 歴代 映画の中でも感動作という点では1番の仕上がりです。 これは世間的な評価を見てもらえれば分かるのですが、どの感想・レビューサイトでも高評価をマークしており私と同じ感想を抱いた人が多かったと思われます。 興行収入という点では伸び悩み10億に届きませんでしたが、その分ファンの心にはしっかりと刻み込まれた、まさに記録より記憶に残る1作ですね。 「第 1 位 FILM Z 68 億 7000 万円」 2012年12月15日公開の映画で、現在公開されている 歴代 映画の中では最新のものです。 また興行収入が68億7000万というとてつもない金額になっており、日本映画の興行収入ランキングでもTOP100に入る快挙です。 物語のあらすじは元海軍大将のゼットが全海賊の抹殺をもくろみ、NEO海軍を名乗り新世界を揺るがすほどの計画を実行する。 NEO海軍を名乗るゼットを無視できない海軍はゼット討伐を決定する。 黄猿との激しい戦いの末、ゼットは行方が分からなくなる。 ルフィ達は漂流するゼットを助けたことにより、海軍とゼットの戦いに巻き込まれてゆく…。 ストーリーの壮大さもさることながら、ゼットの強さが元大将の肩書にふさわしく格好良いものでした。 特に青雉の立ち回り方が絶妙でこれから本編でもこのような活躍をしてくれるのではないかと期待を持たせてくれる役回りでした。 この作品は特にアクションシーンに力が入れられているように感じ、今までの作品の中で一番派手な戦闘だったと思います。 決着のつき方も今までと一味違い、良い意味で今までとは違ったワンピースだったと思います。 劇場で見る映画は思い出に残りやすいのでそれぞれランキングをつけると全く違った結果になると思います。 純粋なストーリーだけでなく応援しているキャラクターの活躍や、劇場で見た時の臨場感など様々な要因が絡んできますからね。 私の個人的な1位はやはり尾田先生が関わることで話題になった最初の作品STRONG WORLDですね。 竹中直人さんがシキの声優ということでも話題になりましたし、何より迫力という点で今までの作品より一段上を行きました。

次の

【2020最新版】映画『ワンピース』初代~スタンピードまで全14作を一覧で紹介!

ワンピース 映画

歴代ワンピース映画作品一覧 公開日 タイトル 興行収入 2000年3月4日 21. 6億円 2001年3月3日 30. 0億円 2002年3月2日 20. 0億円 2003年3月1日 20. 0億円 2004年3月6日 18. 0億円 2005年3月5日 12. 0億円 2006年3月4日 9. 0億円 2007年3月3日 9. 0億円 2008年3月1日 9. 2億円 2009年12月12日 48. 0億円 2011年3月19日 7. 9億円 2012年12月15日 68. 5億円 2016年7月23日 51. 8億円 2019年8月9日 55.

次の

ONE PIECE (アニメ)

ワンピース 映画

Sponsored Link 「第 5 位 ねじまき島の冒険 30 億円」 この作品は3月3日に公開された作品で、東映アニメフェアの中の1つという位置づけでした。 映画としては2作目であり、サンジが登場する初めての作品ですね。 物語のあらすじはとある島で休んでいたルフィ達だったが、目の前でメリー号が盗まれてしまう。 そして取り返すためにねじまき島に向かった一行だったが、仲間たちが次々にさらわれていき・・・という話です。 上映時間は前作よりも伸びておりワンピースの人気が伸びていることがはっきりわかる1作になっています。 王道ストーリーを激しく、格好良く見せてくれるワンピース 歴代 映画の中でもアクションの方向性を見せてくれた1作でもあります。 根強い人気を誇っておりゲスト声優の豪華さでも話題になっていました。 スピーディーな話の展開は今見ても色あせることなく楽しめます。 「第 4 位 ワンピース 21 億 6000 万円」 この作品は2000年3月4日に東映アニメフェアの中の1本として公開されたワンピース初のアニメ映画です。 物語のあらすじは海賊エルドラゴに捕まっていた少年・トビオをルフィ一行が助け出したが、トビオからウーナンという海賊が隠した黄金の話を聞き黄金の島へと出発。 そこで彼らが見たもの、エルドラゴとの戦いの決着は? といったものです。 この話はサンジがまだ仲間になる前の話なので4人しか出てこないのも特徴の一つです。 話はしっかりとまとまっていて見やすいうえに、最後にちょっとうるっと出来るという完成度の高い作品でした。 子供向けを意識して作られているという印象を受けますが、これがワンピースなんだと言える作品に仕上がっています。 未だにファンの間でも根強い人気を誇っており、何よりこの作品をリアルタイムで見ていた世代が大人になって子供と一緒に見ている人もいます。 こうやって次の世代に受け継がれていく作品というだけでもワンピースの凄さが分かりますね。 「第 3 位 STRONG WORLD 48 億円」 2009年12月12日に公開された作品で公開前から異常な盛り上がりをみせたワンピース史上最高の話題作です。 というのも原作の尾田先生がしなりもを書き下ろしたというのが要因であり、それまで3月に公開されていたものが12月にずれ込んだのも尾田先生のこだわりです。 しかしそのおかげで過去最高の収益をたたき出しワンピースの 歴代 映画の中でも評価がかなり高くワンピース人気の高さを見せつける結果になりました。 物語のあらすじは東の海でいくつも島が襲われているというニュースをみた麦わらの一味がどうにか東の海に帰ろうとしているその前に伝説の大海賊金獅子のシキが現れる。 ナミをさらわれたルフィ達はナミを取り返すために金獅子のシキとの戦いに赴く。 今までの 歴代 映画と大きく違っていたのは原作と深く関わった作品ということです。 アクションシーンもさることながら、それ以上にロジャーと戦った海賊が実際に現れルフィと戦うというのは本当にワクワクしました。 ストーリーもまとまっていて最後まで楽しめる良い作品となっています。 興行収入事態はそこまで多くありませんが、ファンの間では最も評価が高い作品ではないでしょうか。 物語はドラム島でのエピソードを元にしていますが、いくつかの相違点が見られます。 ロビンやフランキーがいる代わりにビビとカルーがいなくなっていたり、ワポルの兄が登場したりしています。 作品の感想としては面白いのはもちろんのこと、それ以上に感動します。 チョッパーのエピソードを豪華にしただけでなく、 歴代 映画の中でも感動作という点では1番の仕上がりです。 これは世間的な評価を見てもらえれば分かるのですが、どの感想・レビューサイトでも高評価をマークしており私と同じ感想を抱いた人が多かったと思われます。 興行収入という点では伸び悩み10億に届きませんでしたが、その分ファンの心にはしっかりと刻み込まれた、まさに記録より記憶に残る1作ですね。 「第 1 位 FILM Z 68 億 7000 万円」 2012年12月15日公開の映画で、現在公開されている 歴代 映画の中では最新のものです。 また興行収入が68億7000万というとてつもない金額になっており、日本映画の興行収入ランキングでもTOP100に入る快挙です。 物語のあらすじは元海軍大将のゼットが全海賊の抹殺をもくろみ、NEO海軍を名乗り新世界を揺るがすほどの計画を実行する。 NEO海軍を名乗るゼットを無視できない海軍はゼット討伐を決定する。 黄猿との激しい戦いの末、ゼットは行方が分からなくなる。 ルフィ達は漂流するゼットを助けたことにより、海軍とゼットの戦いに巻き込まれてゆく…。 ストーリーの壮大さもさることながら、ゼットの強さが元大将の肩書にふさわしく格好良いものでした。 特に青雉の立ち回り方が絶妙でこれから本編でもこのような活躍をしてくれるのではないかと期待を持たせてくれる役回りでした。 この作品は特にアクションシーンに力が入れられているように感じ、今までの作品の中で一番派手な戦闘だったと思います。 決着のつき方も今までと一味違い、良い意味で今までとは違ったワンピースだったと思います。 劇場で見る映画は思い出に残りやすいのでそれぞれランキングをつけると全く違った結果になると思います。 純粋なストーリーだけでなく応援しているキャラクターの活躍や、劇場で見た時の臨場感など様々な要因が絡んできますからね。 私の個人的な1位はやはり尾田先生が関わることで話題になった最初の作品STRONG WORLDですね。 竹中直人さんがシキの声優ということでも話題になりましたし、何より迫力という点で今までの作品より一段上を行きました。

次の