ポケモン剣盾 クリア後。 【ポケモン ソード&シールド(ポケモン剣盾)】クリア後の追加要素の攻略法・やりこみ要素まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ソードシールド】攻略チャート10:エンディング後 (クリア後要素)【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 クリア後

ポケモンソード・シールド(剣盾)追加DLC「鎧の孤島」で ジムリーダーが発見できるクリア後のミニイベントがあります。 【ポケモン剣盾】鎧の孤島にてキバナさんなどジムリーダーが発見できます クリア後にヨロイ島の各地に点在するマリィやビート、ジムリーダーを各相棒付きで見つけることができます。 さらに場所・時間はランダムで出現するキャラクターもランダムです。 見つける場所や天候などでセリフが違う• 場所と時間とジムリーダーはランダム出現• 登場するのは、 マリィ、ビート、ホップ、キバナ、ネズ、メロン、マクワ、カブ、オニオン、サイトウ、ルリナ、ヤローです。 日付0時で変更となる 細かい設定で各セリフが違うので全パターン見るのは難しいです。 クリア後とはマスタードを倒して鍋底砂漠で各ライバルのレアリーグカード入手後になります。 キバナさん オニオンくん マリィちゃん ・ ネズさん まとめ 場所についてはランダムですが、集中の森・鍋底砂漠・鍛錬平原・一礼野原・チャンピオンロード・闘心の洞窟の 位置は固定のようなので発見できた場所に毎日行ってみると色んなジムリーダーたちが発見できるでしょう。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください 最新情報はこちら: 鎧の孤島・冠の雪原• 最新情報• yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾クリア後】レストランのシェフを手伝おう!配達先と報酬はこれだ!【ぼうはてい】

ポケモン剣盾 クリア後

過去作でポケモンリーグに何度でも再戦できたように、ポケモンソード・シールドでもエンディング後にチャンピオンカップに再挑戦できる。 ただし、エンディング前のチャンピオンカップと同様にトーナメント形式になっている。 トーナメントには一般トレーナーに加えてライバルやジムリーダー、元チャンピオンもランダムで登場する 解禁条件有り。 今作では挑戦時にチャンピオンの特権として好きなトレーナーを1人だけ招待することができる。 招待できるのは、ホップ・ダンデ・マリィ・ビート・ヤロー・ルリナ・カブ・サイトウorオニオン・マクワorメロン・ネズ・キバナの中から1人。 エンディング後にを入手すると、そのトレーナーがトーナメントに参加するようになり、なおかつ招待もできるようになる。 招待した1人は必ずトーナメントに出場し、残り6枠はランダムで選出される。 チャンピオンカップに再挑戦して優勝するとボールガイからお祝いの報酬がもらえる。 チャンピオンカップには1日に何度でも挑戦できるが、その日1回目の優勝時には必ず「ねがいのかたまり」をもらえる。 「ねがいのかたまり」はのポケモンの巣に投げ入れるとダイマックスポケモンが出現する効果を持つ貴重な道具。 その日2回目以降の優勝時の報酬は下表の「ねがいのかたまり」以外からランダムとなる。 トレーナーの手持ちポケモンは各トレーナーページを参照。 名前 解禁条件 の途中で各トレーナーからレアリーグカードをもらう サイトウ・マクワは剣版限定、オニオン・メロンは盾版限定 エンディング後、でのバトルに勝利した後、レアリーグカードをもらう エンディング後、でのバトルに勝利した後、レアリーグカードをもらう 【一般トレーナー】 上記以外に15人の一般トレーナーが最初からランダムで登場する。 一般トレーナーは招待できない。 各トレーナーはそれぞれ特定のタイプのポケモンを使い、ダイマックスはさせてこない。 56 Lv. 57 Lv. 58 ジムチャレンジャー デネボラ Lv. 56 Lv. 58 ジムチャレンジャー ウェイ Lv. 57 Lv. 57 Lv. 56 Lv. 58 シナリオ・イベント攻略.

次の

エンディング後のイベント一覧

ポケモン剣盾 クリア後

クリア後にまずやるべきこと ポケモンシリーズは、クリアしてからが本番。 対戦や、育成環境づくり、図鑑埋めやサブイベントの回収など、いっぱいやることがあります。 その中で、これからポケモン対戦を本格的に始める方はまず何をするべきか。 ザシアンorザマゼンタを捕まえてください クリア後にまどろみの森の奥に行くと、ザシアンorザマゼンタを捕獲するためのストーリーが始まるので、そちらをまず終わらせましょう。 感覚的には、USUMの時のRR団のイベントの様な感じです。 クリア後のイベントではあるものの、ストーリーとして組み込まれているようなイベントです。 では、なぜこのイベントをクリア後にまずやるべきなのか。 勿論、ストーリーの続きなのでそのままの勢いでやった方が良いというのもあります。 ですが、一番の理由はザシアンを今後使うからです。 ポケモン対戦を始めるにあたって、まずは厳選環境を作る必要がありますが、その筆頭である高個体値のメタモンを手に入れる時に、ザシアンがいると非常に楽です。 まず、ザシアン自体が非常に優秀です。 フェアリー・はがねという理想的なタイプ、場に出ただけで攻撃が一段階上がる強特性、更に種族値も恵まれている。 ランクバトル使用不可の伝説のポケモンということもありますが、歴代のポケモンの中でもトップクラスの強さを持っています。 更に、ザシアンにはダイマックスポケモンに対する特攻があります。 メタモンを始めとした高個体値のポケモンを手に入れるためには、ダイマックスポケモンと戦う、マックスレイドバトルをする必要があります。 また、経験値アメ、技レコードを手に入れるためにもレイドバトルは必須です。 雑に言ってしまえば、レイドバトルはやり得です。 ザシアンはそのレイドバトルで非常に優秀です。 ザマゼンタは弱い? さて、ここまで読んでくださった皆さんならお気づきでしょう。 途中からザシアンorザマゼンタではなく、ザシアンと単体で表記していたことに。 そう、端的に言ってしまえば、ザシアンと比べてザマゼンタは弱いです。 弱いというと語弊があるので言い換えますが、ザシアンと比べてレイドバトルの適性が低いです。 一応、ザマゼンタにもダイマックスポケモンに対する特攻はありますが…… 現状レイドバトルは、火力を挙げて1ターンでも早く倒すことを求められているので、ザシアンの方が使い勝手は良いです。 防御面ではザマゼンタの方が上なので強みはありますが、レイドバトルにおいてそれは活かしづらい。 ということで、シールドをプレイししている方は、レイドバトルではムゲンダイナを使うことになると思います。 ムゲンダイナはストーリーでゲットしているので、ザシアンorザマゼンタの捕獲をクリア後最初にする必要はありません。 ですが、ストーリーそのままの勢いでザシアンorザマゼンタの捕獲イベントまでやってしまうことをお勧めします。 プレイ日記 さて、ここからは剣盾最後のプレイ日記を書いていこうと思います。 ザシアンorザマゼンタの捕獲はあくまでもクリア後イベントなので、あまり語ることも多くないですし、何より後半スクショを忘れてしまったので、サラーっと流していく感じにします。 イベントの始まりはまどろみの森から。 朽ちた剣と朽ちた盾を返し、ホップとバトルしたところから始まります。 目標となる兄がチャンピオンで無くなり、更にライバルの主人公にも先に行かれ思い悩んでいる様子。 バトル後に謎の人物が乱入し、 朽ちた盾を奪われてしまいます。 改めて見ると髪型やばいな。 この二人が今回のイベントの悪役で、各地のジムでポケモンを強制的にダイマックスさせて暴れさせていきます。 ポケモンの世界なんであんまり気にならなかったですが、冷静に考えると結構怖いですよね。 キャラクターとの比較から見ても、ダイマックスしたポケモンって結構大きいですから。 こんな大きさのポケモンが暴れたら、進撃の巨人状態です。 こんな感じで各地のジムでダイマックスポケモンが暴れているので、スパイクタウンジムを除くジム全てに行きます。 方式としてはレイドバトルの方式を採用しているので、主人公&ホップ&ネズのパーティで行動していました。 悩んでいるホップや、 それを上手く励ますネズの関係が、新鮮で良かったです。 やっぱりネズはお兄ちゃんだから、年下の子の扱いには慣れているんですかね。 そんな感じで各地のジムを回っていくわけですが、 アラベスクタウンジムだけは様子が違いました。 正式にジムリーダーになったビートが、ダイマックスポケモンを一人で治めていました。 なんかビートがどんどんカッコ良くなってる…… アラベスクタウンジムでは、ダイマックスポケモンと戦う代わりに、 ビートの希望で彼とバトルすることになります。 本編の捻じ曲がったビートはどこへやら。 めちゃくちゃ性格が変わっていました。 やはり、ポプラさんに相当絞られたんでしょう。 そんなこんなでジムを巡り終えると、再度ナックルジムへ。 ソッドと再戦します。 戦闘用のポケモンとか言っていましたが、正直初戦とあまり印象は変わりませんでした。 そもそも戦闘用ってなんだよって感じですけどね。 その後は、エレベーターに乗って屋上でザマゼンタと交戦。 二人組がいろいろやらかして暴走していましたが、何とか落ち着けました。 ホップも協力してくれました。 その後はザシアンの捕獲タイム。 伝説のポケモンが他にいないと聞いたので、マスターボールを使いました。 もう使うタイミングここしかないなって。 一応、性格だけ厳選しました。 後でミントを使えばいくらでも性格補正は変えられるので、面倒な方はやらなくていいかなと思います。 私の場合はBP50集めるより、マスボで性格厳選した方が楽かなと思ってそっちを取りました。 シンクロ効かないので多少大変ですが、旧作のめざパ厳選と比べれば楽々。 本当に厳選に関しては凄く楽になりました。 私の捕まえた個体 性格はいじっぱりで厳選。 書いていて思い出したんですが、クリア後最初にやるべきこととして、ザシアンorザマゼンタの捕獲を書きましたが 、個体値ジャッジの開放も同時期にしておくといいかもしれません。 まあ、ザシアンもザマゼンタもレベル50で揃えられないので、個体値厳選はせずに王冠で良いと思いますが。 もし個体値厳選するならば、ジャッジ機能の開放は必須です。 もう有名ですが、ジャッジ機能の開放の仕方の記事を後日出しておきます。 ザシアンも捕まえ、最後にまどろみの森でホップともう一度バトル。 ホップも自分の進む道を決め、それぞれが自分の進むべき道に向かって走り出すという所で物語は終了。 ライバルがポケモン博士になるっていう展開は、アニポケのシゲルを思い出しますね。 ホップのキャラ的に少し意外でしたが、無事に悩みも解決できて良かったです。 あとがき これにて、私の剣盾プレイ日記は終わりとなります。 ストーリーに関する感想は前回の記事であらかた書いたので、今回の記事では書きません。 この記事では、今後の剣盾の記事の方向性について示して終わろうと思います。 今後は、ランクバトルでの対戦を前提とした記事を書いていこうと思います。 まずは育成環境の作り方について。 育成環境の作り方は、多くの方が動画や記事などで解説しているので今更感もありますが、一人でも多くの方にポケモン対戦の楽しみを知って欲しいと思うので、頑張って書いていこうと思います。 私はまだまだ育成環境は作れていないうえに、対戦を本格的に始めるのは今作からの初心者です。 ですが、だからこそ同じような対戦初心者の方にも、読みやすいようにできるだけ丁寧に書いていくつもりです。 また、育成環境の記事に関しては、できるだけ細かくトピックごとに記事を分けて書いていくつもりです。 その方が必要なところだけを見やすいですし、タスクを細かく分けることで達成しやすくなると思います。 そのため、今後記事が極端に短くなることもあるかと思いますが、その点はご了承いただけると助かります。 一人でも多くの方が、一緒にポケモンを楽しめるように頑張ります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の