ダイソン モーター ヘッド 回ら ない。 ダイソン掃除機のヘッドが回らなくなったので分解掃除をしてみた

ダイソン掃除機ヘッドが回らない!交換しかない?ヘッドの手入れ法も紹介

ダイソン モーター ヘッド 回ら ない

汚い・・・ 「いやいや!とりあえず直せるか見てみるわ。 」 と、言ったものの分解する技術はなかったですが、自分なりに試行錯誤。 ゴニョゴニョさわったりすること30分・・・ なんと自分で修理できました。 モータヘッドの部分だけが壊れるてると思ったので最初はモーターヘッドだけ買い直すのも考えました。 新しいモーターブラシだけでも、 買ったら1万円前後はしますし、修理に出すのも時間と手間がかかります。 やってみると30分、 材料費無しで修理できたのでバンバンザイ。 修理ってほど対したことではないので、同じような 「モーターブラシが動かない・回転しない」という方の参考になればと思い、ここにメモしておきます。 ちなみに、わが家のダイソンはDC62というモデルです。 壊れたかなという場合のチェックポイント 手順的には下記のチェックポイントを順番に見ていくのがいいかなと思います。 長い間使っていると ブラシやタイヤに髪の毛が絡まりまくっています。 うちも妻と娘がいるので、長い髪の毛がからまりまくりでした。 これをとるには本当に髪の毛を引っ張りながらブチブチするしかないです・・・ ダイソンのホームページ「」には、ブラシの掃除について書いています。 これが原因の場合もあるので、ここは一度チェックして下さい。 このブラシ掃除を試しても解決しない場合は、のページに案内されます。 これは本体~パイプ~モータヘッドのつなぎ目に、それぞれ接続する金具があって、ここで電気的につながっています。 この部分の汚れや、ホコリなどのゴミつまりが原因になっていることもあるそうです。 まずは下の金具の汚れ。 この部分を綿棒とかでキレイにしてみて下さい。 (ここは比較的、汚れることは無いので大丈夫かと思います) 次は、反対のメス側部分。 こっちの方が怪しいです。 テッシュッをこよりみたいにして、針のような細いので、掃除するか、何か吸い込めるような別の掃除機があれば吸い込んでみて下さい。 クリアビンって呼び方をするのも知りませんでしたが、ゴミが溜まるとこですね。 ここにも実は電気の接続点があります。 このクリアビンを取り外します。 赤いレバー2度押しですね。 ただのプラスチックと見せかけて配線がつながっているんですね。 プラスチックとゴムだけだと思って水洗いしないように要注意ですねw このクリアビンの下の画像のこの部分を確認。 ちょっとわかりにくいですが、コスれてるのがわかるかと思います。 この部分が接点になっています。 まずは、 クリアビンの方の金具の変色してる部分をゴシゴシしました。 今回は適当なものがなかったので、マイナスドライバーでゴシゴシと擦るようにしました。 パッと見、ほとんど変わりありませんが・・・ なんと・・・コレでモーターヘッドの回転が復活しました。 「オオッ、おおーっ!」と叫びましたね。 接触不良ってこんなもんなんですね。 実質の作業時間は数分です。 いやー助かりました。 なんでもやって見るもんですね。 カスタマーセンターに送ったりしてたら数日かかってたかもしれないんで本当に助かりました。 ここも綿棒などで優しく掃除してあげてください。 1回修理すると愛着が増します 別の掃除機があるにもかかわらず鳴り物入りで入ってきたダイソン君。 ブラシが動かなくなった瞬間に、見た目のタフさからガンガンモーターヘッドの先をイスやらテーブルの脚にぶつけてたことをおおいに反省しました。 「ゴメン、俺が悪かったんや・・・すまん」 と反省の弁をのべながら無事に修理完了することができました。 修理というほど大したことではないですが、あれやこれやと触ったことや、直しながら、買った日のことや、これまでの使い方を思い出すことで、何か愛着が増しました。 「おかえりダイソンっ!」って感じです。 これから大事にするからな!よろしくやで! 嫁にも修理完了の報告をすると、 「ありがと!神や」と全く感情の無いLINEもいただきました。 嫁ポイント貯まりました。 もしや、「ダイソンのモーターヘッドが動かない。 もうアカン。 高かったのにー!」とお嘆きの方の何かの参考になれば幸いです。

次の

「ダイソン掃除機dc26モーターヘッド回転ブラシ不作動をDIY修理。」みーくん5963のブログ | みなさんお元気ですかぁ~

ダイソン モーター ヘッド 回ら ない

わが家で使っている掃除機はダイソンdc26モーターヘッド・コンプリートの2009年モデル。 2010年に購入してかれこれ5年弱。 つい最近トラブル発生、「ヘッドの回転ブラシが急に回らなくなった」と家人曰く。 結果的には軽症?、2時間程度のDIYで修理成功した。 以下経緯。 「掃除機のヘッドの電動式回転ブラシが回らなくなる」関連の情報をネットで見ると、しばしばある症例のよう。 通説?として、この手の回転ブラシの故障は「モーターの焼き付き」で原因は「毛髪や糸くずの絡み付きによるモーターの過負荷」とされている場合が多いようだが、 しかしわが家ではペットも飼っていないし、絡んだ毛髪はマメに取っているから、過負荷でモーターが焼き付いたとは考えにくい。 ヘッド部分だけの新品購入はダイソンの直販サイトから現時点では可能だが、値段は送料含めて¥9000ちょっとする。 ヘッドだけでこの出費は正直痛いところ。 よく吸うと話題?の非純正ヘッド・ミラクルジェットなんたらでも買った方がまだ安い(笑)。 まぁ最悪は純正ヘッドを買うにしても、せめて被疑箇所の切り分け~あわよくば自力解決で出費を抑えられないか、DIYしてみることにした。 ブラシが回転しない原因がヘッド側にあると判っていれば、通販でヘッドだけ購入すればいい。 しかし、もし故障がヘッドでなくホース~ハンドル~本体側だったらメーカー送りしかなく二度手間になるから、せめてそれだけは避けたく。 故障がヘッド側なのか本体+ホース側なのかの切り分けは、テスターがあれば容易。 ヘッドと伸縮パイプを外した本体側ホース先端に、モーターヘッドへの電源供給用の2ピン(穴)のジャックがあるから、ここの線間電圧を測ってみればよい。 これがダメ=ホース先端に100Vの電圧が来ない場合、ヘッドを交換しても直る可能性はなく、本体一式をメーカー送りするしかない。 仮にホース~ハンドルがダメだと切り分けられても、ダイソンはそこだけの部品売りはしていないので。 幸い、うちの個体は上記ホース先端でのチェックはOKだった。 なれば、あとはダメ元でヘッドをバラしてみるのみ。 結局調べてみたら、ヘッドが床面から離れたときブラシを止める安全機構(ヘッドの床面側の赤い車輪が押されないとブラシが回転しない仕掛け)の故障と判明。 赤い車輪の内側にマイクロスイッチが仕込んであり、そのスイッチからモーター駆動回路の基板に配線が繋がっている。 試しにその配線を短絡してやると、ブラシを回すモーターは何事も無かったように回転した。 モーターは健在と判り一安心。 赤い車輪周りを分解して、そこに使われているレバー式のマイクロスイッチを取り出し、スイッチ自体の導通テスト。 レバーを動かしてカチカチやってもまったく導通しないので故障と確定。 原因箇所のピンポイント特定はこれで完了。 更にこのスイッチ自体も分解して、内部の接点付近に手を入れ復活させて問題解決。 スイッチの動作にカチカチと節度感を与えているバネが長年の反復動作で変形、可動接点は一応動くも、その変形したバネの末端が邪魔してちゃんと閉じない状態だった。 ピンセットでそのバネを整形したら直った。 いつまでもつか判らないが、とりあえず¥9000の出費は回避できた。 何ら部品交換はせずに済んだから、出費なし。 カミさんの機嫌も損ねずに済んだ(もともと自分が指名買いしたものだけに、何かあるとトバッチリを食らう不条理・・苦笑)。 もしまたこのスイッチが調子悪い/壊れたら、そこのスイッチだけ電子部品屋で売っている類似品に交換すれば良さそう。 そのものズバリの品名やメーカーは外形と刻印から特定出来たが、どうやら日本国内では入手できそうにない中国メーカー製だった。 スイッチ自体は国内メーカー製の類似品でも¥100前後で手に入る代物。 これの故障だけでヘッドを丸ごと買うのは、どう見ても馬鹿らしい(笑)。 参考、 (同様な状況でどうしてもDIYしたい)愛用中ユーザーへのアドバイス、そしてダイソンの関係者へ苦言。 上記修理を試すべく、モーターヘッドを分解するにはプラスドライバーNo. 2とトルクス・レンチくらいで可能。 一部にハメ殺し箇所があり(深く爪が掛かっていて少々の力では外せない)、部品を全く破壊せずに完全分解するのは無理な構造っぽいので、頑張って完全分解しようとは思わない方がいい。 完全分解はしないでも、上記修理に必要な範囲の分解なら破壊無しにできた。 また、ヘッド内部にモーター駆動用の回路基板が内蔵されているが、今回分解してみた所この基板がまたひどい綿ゴミまみれ状態。 基板上の部品の放熱の為か、この基板周りは密閉されておらず、たぶん本体の吸気で周囲の空気と一緒にゴミを基板周囲に吸い込んで溜めていた模様。 構造的にうまくない設計と言わざるを得ない。 テクノロジー的な目の付け所はいいのかもしれないが、この辺の当たり前な作り込みの甘さが所詮ダイソン品質なようで(苦笑)。 この際なので内部に溜まっていたゴミをしっかり除去したのは言うまでもない。 長年モーターヘッドモデルを使っているユーザー各位にも、自分のように分解して掃除することをお勧めしたいところ。 とはいえ万人向けの方法ではないのは確か、 せめて次善の策、たまにヘッド自体に掃除機のブラシノズルを当てて、ヘッド各所の内部に通じている通気孔からホコリを吸い出しておくとか、 あるいは「家電修理・メンテ専門」を掲げる業者にでも、分解清掃を依頼してみるのがいいかもしれない。 どうせダイソンに頼んでも、こんな保証切れの数年落ち旧機種だと故障箇所不問の一律修理費3万円なにがしを吹っ掛けられるか、あるいは型落ち新品の特価?下取り購入を勧められるかの二択。 前に使ってたdc05がそうだったので。 といっても故障を騙し騙し使ってたそのdc05にが掛かり、破格値の引き取り代替購入¥15000で手にしたのが今のdc26なのだが(苦笑)。 週3回程度、70平米足らずのマンションの掃除に活躍中。 2020年 07月 08月 09月 10月 11月 12月 2019年 03月 05月 06月 09月 2018年 02月 04月 11月 2017年 02月 05月 06月 2016年 12月 2015年 05月 06月 08月 09月 10月 2014年 02月 05月 07月 08月 11月 2013年 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 2012年 01月 03月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 2011年 01月 03月 08月 09月 10月 12月 2010年 01月 02月 04月 05月 07月 08月 09月 10月 11月 12月.

次の

「ダイソン掃除機dc26モーターヘッド回転ブラシ不作動をDIY修理。」みーくん5963のブログ | みなさんお元気ですかぁ~

ダイソン モーター ヘッド 回ら ない

ダイソン ヘッドの分解掃除方法 ダイソンのヘッドには布団ツールやソフトブラシなど多くの種類のアタッチメントがありますが、主なヘッドは モーターヘッド(ダイレクトドライブクリーナーヘッド)と ソフトローラークリーナーヘッドの2種類になります。 ダイソンV10アブソリュートプロは2種類とも付いていますが、それ以外は「ダイソンV〇」に続く名前がmorterhead(モータヘッド)かfluffy(フラフィ)かでヘッドの種類が異なります。 メーカー公式のヘッドのお手入れ・掃除方法 まずはメーカーの取扱説明書に記載されているヘッドのお手入れ方法を紹介します。 ソフトローラークリーナーヘッドには大小2本のローラーが使われていますが、これを取り外して掃除することができます。 作業に当たっては1円玉などのコイン1枚が必要です。 手順 1 ヘッド裏側のネジを回し、ロックを解除する。 ヘッド裏側のネジをコインを使って左回り(反時計回り)に約90度回転させ、ヘッド横のキャップのロックを解除します。 手順2 ヘッド横のキャップを起こしてロックを解除する。 ヘッド横のキャップを起こしてロックを解除すると、太いローラーがスライドして取り外せるようになります。 手順3 大・小のソフトローラーブラシを取り外す。 大きいソフトローラーブラシはスライドして取り外し、キャップを取り外す(キャップは水洗い禁止)。 小さいソフトローラーブラシは持ち上げて取り外す。 手順4 大・小のソフトローラーブラシを水洗いし、乾燥させる。 大・小のソフトローラーブラシを水洗いし(お湯・洗剤は使用しない)、24時間以上風通しの良いところに干して完全に乾燥させます。 ブラシ(大)を干すときは、穴の開いた方を下向きにして干します。 手順5 ソフトローラーブラシが完全に乾いたら逆の手順で取り付ける。 ソフトローラーブラシは小銭1枚あれば取り外せるので、誰でも簡単にお手入れすることができます。 ダイソンが一般的な掃除機と違って優れてる点は、このソフトローラークリーナーヘッドの存在が大きいと思います。 掃除機の吸引力がどれだけすごくても湿気を帯びて床にくっついた埃はなかなか取れませんけど、ヘッドのローラーが回転することで微細な汚れまで取ってくれますし、柔らかい素材で床面を傷つけないので、フローリングや畳などどこでも使えて便利です。 ただし、ヘッドのローラーが汚れていると汚れをなすりつけることもあるため、月1回本体のフィルターを掃除するタイミングで、ヘッドも一緒に水洗いしてお手入れしてあげましょう。 ソフトローラークリーナーヘッドの分解・掃除方法 ヘッドのローラー部分を丸ごと取り外して洗えるならそれだけで十分な気もしますが、ダイソンのソフトローラークリーナーヘッドを長い間使っているとゴミが溜まって気になる部分があるんです。 大・小2つのソフトローラーブラシの間にある空間にわた埃がめちゃくちゃ溜まっているのが見えてるんですけど、先に説明したメーカーの取扱説明書のお手入れ方法では、ここを掃除することはできません。 メーカー側の見解としては、ここに埃が溜まっても吸引力など性能に影響はないらしいですけど、ダニなど微生物の温床になったり、悪臭の原因になったら嫌なので何とか取り除きたいですよね。 そこで、ヘッド部分を分解してこの埃が溜まった所を掃除してみたいと思います。 ヘッドの分解を行うには、ダイソン本体の分解にも使用した トルクスドライバー(T8サイズ)と プラスドライバーが必要です。 ダイソン本体の分解も検討している人には必要なものが全て入ったこのドライバーセットがおすすめです。 ヘッド裏面:トルクスネジ4本• ヘッド側面(キャップを外した側):トルクスネジ1本• ヘッド側面(ローラー軸側):トルクスネジ1本、プラスネジ1本 ヘッド裏面のネジ4本をトルクスドライバーで外します。 ヘッド側面(キャップを外した側)のネジを外す。 ヘッド側面(ローラー軸側)のネジを外す。 手順3 ヘッドの裏面と側面のパーツを分解して内部を清掃する 手順2まで行うと裏面と側面にあるグレーのパーツが外せるようになるため、分解してヘッド本体を清掃していきます。 ヘッド本体にはモーターへの電源ケーブルが配線してあるため、傷つけたり水に濡らしたりしないよう注意してブラシなどで掃除します。 ご覧のとおり、表から見えていたわた埃を取り除くことが可能です。 ローラーの軸部分には潤滑用のグリスが塗られている部分もあるので、ゴミや埃が付着しないように注意しましょう。 以上がダイソンのソフトローラークリーナーヘッドの分解・掃除方法になります。 私と同じようにヘッドの隙間にある埃が気になった方はぜひ分解して掃除してみてください。 ミニモーターヘッドのお手入れ方法と分解掃除の必要性 ダイソンのモーターヘッド以外(フラフィなど)の製品にはミニモーターヘッドのアタッチメントが付いています。 ミニモーターヘッドのブラシはかき出す能力が強いので、フローリングなどに使うと傷をつける可能性がありますが、ベッドや布団など生地に入り込んだゴミを取り除くのに適したブラシです。 毛足が長いカーペットは毛が絡んで使えませんが、短いカーペットであれば髪の毛なども取り除けて非常に便利です。 でも、取り除いた髪の毛がどんどんブラシに絡まってきます。 これを掃除するお手入れ方法が取扱説明書のほうに載っています。 ミニモーターヘッドのお手入れ ミニモーターヘッドを掃除するのはとても簡単です。 側面にあるロックをコインで外します。 するとローラーブラシを引き抜くことができるので、絡んだものを取り除き掃除します。 ここまでは取扱説明書に載っている異物を取り除く方法ですが、ソフトローラークリーナーヘッドのようにさらに分解して掃除をする必要があるのでしょうか。 少しだけバラしてみたいと思います。 ミニモーターヘッドの分解 ミニモーターヘッドは、側面のトルクスネジ2本を外すと駆動側のカバーを外すことができます。 外した状況がこちらになります。 モーターと回転を伝えるギアやベルトが見えますが、思ったほど汚れていません。 ブラシ側を見てみると塵が入りにくい構造になっているようです。 ダイソンのミニモーターヘッドは簡単に分解できますが、主として使うブラシではないのと、構造上ゴミがカバー内にあまり入らないようなので、 分解して中まで掃除する必要は無さそうです。 ブラシに絡んだゴミが気になった時にブラシだけ外して掃除をするようにしましょう。

次の