こる りんご。 コル KORU

くるりんごとは (クルリンゴとは) [単語記事]

こる りんご

ad オーストラリアで買えるりんご食べ比べ 今回食べ比べるのは、Pink Lady、Royal Gala、Red Delicious、Jonathan、Fuji、Kanziの6種類です。 緑色のGranny Smithは買い忘れ、時期がズレるともっと違うりんごもありますが、とりあえず今回は6種類で妥協しました。 左から、Pink Lady、Royal Gala、Red Delicious、Jonathan、Fuji、Kanzi、です。 結論から言うと、同時に意識して食べてみると、一口にりんごといっても、びっくりするくらい違う果物でした。 シーズンや産地によっても多少違いがあると思いますが、とりあえずわたしが好きだったりんご順に紹介します。 Fuji 青森発祥のふじりんごです。 ふじりんごはふじりんごでも、オーストラリアで売ってるのはやっぱり小さめ。 他のりんごに比べて爽やかなりんごの香りが強く、とっても甘くて美味しかったです。 オーストラリアの他のりんごに比べて気持ち大きめで淡い色合い、シーズン中でもそこまで安くならないので、他のりんごが1キロ2ドルで買える時に、1キロ7ドルしたりするので、お財布には優しくないです。 もともとはニュージーランドで作られたりんごで、現在、アメリカでの売上も第2位だそう。 Royal Galaが一番有名ですが、他にもGalaシリーズのりんごがあるらしいです。 シーズン中はかなり安く買えるので、これからりんごが食べたい時にまず選ぶりんごになりそうです。 名前が日本語っぽいので日本のりんごなのかと思ったら、ベルギー発のりんごだそう。 (Kanziはスワヒリ語で「hidden treasure」byウィキペディア) GalaりんごとBraeburnりんごを掛けあわせて作られたりんごで、歯ごたえが抜群に良いです。 シャクシャクのりんごが食べたいときにピッタリのりんごです。 アメリカでは一番人気だそう。 すごくジューシーで喉越しが良いですが、味は薄めな印象です。 他のりんごに比べて果実が柔らかくて、甘さの中に酸味もあります。 個人的に酸味がいまいちで、食感もサクサクなりんごの方が好きなので、今後買うことがなさそうなりんごです。 薄くて明るい可愛らしいピンク色で、中身も白っぽいです。 他のりんごに比べて味がぼんやりしていて薄くて、瑞々しさがなくてパサパサしている印象。 ものすごく安く買えることもあるので値段重視のときには良いですが、わたしの中ではあえて選ぶほどではないりんご、と記憶されました。

次の

【メルマガ】P&Gスペシャルプロモーション&コストコ新商品・割引情報

こる りんご

ad オーストラリアで買えるりんご食べ比べ 今回食べ比べるのは、Pink Lady、Royal Gala、Red Delicious、Jonathan、Fuji、Kanziの6種類です。 緑色のGranny Smithは買い忘れ、時期がズレるともっと違うりんごもありますが、とりあえず今回は6種類で妥協しました。 左から、Pink Lady、Royal Gala、Red Delicious、Jonathan、Fuji、Kanzi、です。 結論から言うと、同時に意識して食べてみると、一口にりんごといっても、びっくりするくらい違う果物でした。 シーズンや産地によっても多少違いがあると思いますが、とりあえずわたしが好きだったりんご順に紹介します。 Fuji 青森発祥のふじりんごです。 ふじりんごはふじりんごでも、オーストラリアで売ってるのはやっぱり小さめ。 他のりんごに比べて爽やかなりんごの香りが強く、とっても甘くて美味しかったです。 オーストラリアの他のりんごに比べて気持ち大きめで淡い色合い、シーズン中でもそこまで安くならないので、他のりんごが1キロ2ドルで買える時に、1キロ7ドルしたりするので、お財布には優しくないです。 もともとはニュージーランドで作られたりんごで、現在、アメリカでの売上も第2位だそう。 Royal Galaが一番有名ですが、他にもGalaシリーズのりんごがあるらしいです。 シーズン中はかなり安く買えるので、これからりんごが食べたい時にまず選ぶりんごになりそうです。 名前が日本語っぽいので日本のりんごなのかと思ったら、ベルギー発のりんごだそう。 (Kanziはスワヒリ語で「hidden treasure」byウィキペディア) GalaりんごとBraeburnりんごを掛けあわせて作られたりんごで、歯ごたえが抜群に良いです。 シャクシャクのりんごが食べたいときにピッタリのりんごです。 アメリカでは一番人気だそう。 すごくジューシーで喉越しが良いですが、味は薄めな印象です。 他のりんごに比べて果実が柔らかくて、甘さの中に酸味もあります。 個人的に酸味がいまいちで、食感もサクサクなりんごの方が好きなので、今後買うことがなさそうなりんごです。 薄くて明るい可愛らしいピンク色で、中身も白っぽいです。 他のりんごに比べて味がぼんやりしていて薄くて、瑞々しさがなくてパサパサしている印象。 ものすごく安く買えることもあるので値段重視のときには良いですが、わたしの中ではあえて選ぶほどではないりんご、と記憶されました。

次の

オーストラリアから発信【世界旅行記】

こる りんご

ニュージーランド産 こるりんご 2. 現地では「コル」もしくは「コルー」と呼ばれ、これは渦巻状のシダの新芽を指すマオリの言葉で、「新生」「成長」「力」「平和」を象徴しているのだとか。 パッケージのりんごの中にくるんと渦が巻いたデザインも、それから来ているものだと思われます。 以前、ニュージーランド産のという商品をコストコで購入しましたが、今回はそれとはまた違う品種のものということになりますね。 2kg入りが手提げ付きの袋に入れられており、全部で9個入っていました。 1玉142円なので、りんごの価格としては決して安い!ということはないけれど、季節外れに購入できるりんごと思えばまぁ〜こんなものかなぁ〜という感じです。 ふじ由来の品種ということで、見た目はやはり日本のりんごに似ている気がします。 直径8cm前後で重さは約250g。 ジャズリンゴほどコンパクトなサイズではありませんが、日本のりんごより一回り程小さいサイズのりんごです。 半分にカットしてみました!身の締りが良く、硬めのリンゴです。 蜜などは入っておらず、リンゴそのものの香りは少なめ。 りんごの種が小さいためか、芯が細めで見た目よりは可食部分が多そうなりんごだなぁ〜と思いました。 甘みと酸味のバランスが良く、夏にピッタリの味・食感です。 こぶりなサイズも食べやすくていい感じ! あとこちら、思った以上に日持ちするんですよ。 我が家では常温下で保管のもと、2週間ほどで食べきったのですが、最後まで食感は変わらず、シャキシャキしたままでした。 調べてみると、KORUは実際に日持ちのしやすい品種のりんごと言われているそうです。 2kg入りは量が多くて食べきれない!と思われる方でも、これならば慌てることなく、ゆっくり食べることができますね。 ただ、キャッチコピーの「常識を覆す美味しさ」はやっぱりちょっと言い過ぎかな〜?という感じがします。 美味しかったけど、常識の範囲内での美味しさかと。 笑 でも、以前購入したジャズりんごと比べると、こるりんごの方が美味しいと思いました!りんごのシャキシャキした食感は同様ですが、こちらの方がりんごの味が濃い感じです。 家族も美味しい美味しい!と食べてくれたので買ってよかったです〜。 まとめ はじめて食べたニュージーランドのりんご「こるりんご」は、シャキシャキした食感と甘味・酸味のバランスが良く、りんごそのものの味がしっかりしていて美味しかったです! 一般的なりんごと比べてもかなり日持ちがするりんごなので、2kg入りのまとめ買いでも特に消費に困るということはありませんでした。 ある意味、とてもコストコ向きな果物という気がします。 旬ものなので、きっと販売されている期間は今だけですよね・・・次に行った時にもしもまだ販売されていれば、もう1回くらいは買いたいな〜と思っています。

次の