ドル マイシン 軟膏。 ドルマイシン軟膏の効果や副作用は?ニキビや湿疹を治せるの?

ドルマイシン軟膏の効果・効能と副作用について解説

ドル マイシン 軟膏

とびひにドルマイシン軟膏を使う時の副作用!ステロイドなの? とびひは、単純な皮膚の炎症ではなく、その炎症部位に黄色ブドウ球菌や溶連菌といった細菌が入ることで現れる感染症です。 そのため、病院を受診すると、皮膚の中で繁殖している細菌に効果的な抗菌薬の飲み薬の他、皮膚の炎症部位を治す塗り薬を処方してもらえます。 ただ、急いでいる時や土日で病院が対応していない時は、市販薬でとびひの応急処置ができるものを知っておきたいですよね。 では、そんなときにドルマイシン軟膏を使うのはどうなのでしょうか。 ドルマイシン軟膏の効果・効能や副作用についてはコチラ! ドルマイシン軟膏は2種類の抗生物質を配合しているので、とびひ以外にもやけどやただれなど幅広い細菌感染症に効果を発揮します。 また、やけどや傷に起こった化膿性皮膚疾患の治療や予防にも使用できるので、とびひの初期症状で化膿を予防ができ、化膿した部位の治療にも使うこともできます。 そして、半透明でさっぱりとしたつけ心地な上に、お値段も手頃なので、ニキビ予防や治療のために家庭にひとつ常備しているという方も多いのではないでしょうか? それから、ドルマイシン軟膏はステロイドを配合していない薬のため、副作用の心配はあまりありませんが、稀に発疹や赤み、かゆみ、かぶれなどを起こすことがあります。 そして、初めてドルマイシン軟膏を使用した場合には肌が慣れておらずに初期症状として軽い刺激感がでる場合があります。 しかし、2~3日使っているうちに肌が薬に慣れて副作用も治まっていきますが、続くようであれば使用を中止することをオススメします。 また、抗生物質なので、長期的に使用すると効果が薄れる可能性があり、1週間以上使用しても治らない場合は使用を中止し、病院を受診するようにしましょう。 ちなみに、よく似ている名前で「ドルマイコーチ」という薬があり、これはステロイド配合薬で、化膿を伴うしっしんや皮膚炎に効果的なので、間違えないようにしましょう。 【Amazon. jp アソシエイト】 ドルマイシン軟膏の使い方はコチラ! 1. 洗顔やシャワーで炎症部位の汗や汚れを優しく洗い流し、清潔な状態にしてから、綿棒を使って薬を塗るか、ガーゼに薬をつけて炎症部位を保護します。 ガーゼは包帯や固定テープで固定し、化膿している炎症部位が他の部位や他のひとへ接触しないよう注意しましょう。 5~6日間使用しても効果がでない場合は、とびひの症状が進行しており、皮膚の中の細菌を駆除しないと治らない可能性があるので、病院を受診しましょう。 副作用がでた場合も使用を中止し、病院を受診しましょう。 ドルマイシン軟膏と同じように、抗生作用のある市販薬には、テラマイシン軟膏などもあるので、ドルマイシン軟膏が手に入らなければ代用してみると良いでしょう。 【Amazon. jp アソシエイト】 スポンサーリンク ステロイドはとびひの治療に不適切?!病院で処方されるのは? とびひで病院を受診すると、リンデロンやロコイドなどのステロイド系軟膏薬を処方されることもありますが、これらの薬ではとびひがなかなか治らないことがあります。 なぜかというと、ステロイドには皮膚の免疫を低下させる作用があるので、細菌がかえって繁殖しやすい環境を作り出し、とびひの炎症が悪化するためです。 なので、ステロイド軟膏薬はとびひの症状が【初期状態】の場合に限り効果的なので、もしも水疱が破けて化膿が始まった場合は使用を中止するようにしましょう。 それから、ステロイド軟膏薬を使う場合も、炎症部位に薄く適量のみ使用し、使用期間も守るようにし、副作用が出たら使用を中止するよう注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、とびひにドルマイシン軟膏を使う時の副作用やステロイドについて詳しくお伝えしました。 まず、ドルマイシン軟膏は細菌感染の症状に効果的で、とびひの化膿予防や治療に良く、ステロイド非配合薬のため副作用はほとんどないですが、稀に発疹や炎症の悪化が現れたり、初めて使う方は2~3日の間、軽い刺激感を感じることがあるのでしたね。 それから、使用する際は清潔にしてから炎症部位に綿棒で塗るか、ガーゼにつけて部位にかぶせ、固定テープで保護しますが、もし1週間近く使っても治らない場合は病院を受診して内服薬も処方してもらう方が良いとのことでした。 さらに、ステロイド配合薬はとびひを悪化させる場合もあるので、医師の指示通りとびひの初期症状のみに使い、副作用がでる場合は使用を中止するのでしたね。 カテゴリー•

次の

鼻の中(鼻腔)に出血や瘡蓋があり、いつまでも治らない時はこれでございますね

ドル マイシン 軟膏

効果・効能 外傷・火傷等の化膿予防及び治療,膿痂疹(とびひ),せつ,癰(よう),疔(ちょう),毛嚢炎,湿疹,グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮膚疾患,化膿症,伝染性皮膚炎,皮膚潰瘍 特徴 コリスチンは,Bacillus polymyxa var. colistinusの培養液から抽出精製された白色結晶性の粉末です。 その抗菌作用はグラム陰性菌に対し選択的に作用し,殺菌作用を発揮します。 また,緑膿菌に対しても効果を発揮します。 バシトラシンは,菌種Bacillus subtilis var. Tracyの培養液より抽出された白色~淡褐色の粉末で,ペニシリンと近似の抗菌スペクトルを有し,大部分のグラム陽性菌と陰性菌の一部に奏効します。 ドルマイシン軟膏はこれら殺菌作用をもつ両抗生物質を配合し,グラム陽性・陰性菌による単独又は混合感染症はもちろん,一般外部疾患の感染予防並びに治療に効果を発揮する皮膚疾患治療剤です。 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (3)患部が広範囲の人。 (4)鼻腔等の粘膜に病変のある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ まれに次の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。 3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください 用法・用量 1日1~3回直接又はガーゼ塗布 用法に関する注意 (1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)目に入らないように注意してください。 万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。 (3)外用にのみ使用してください。 (4)定められた用法・用量を守ってください。 保管及び取り扱いに関する注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手のとどかない所に保管してください。 (3)他の容器に入れかえないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わることがあります。 ) (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。 会社情報.

次の

【ドルマイシン軟膏】を徹底解説!

ドル マイシン 軟膏

ドルマイシン軟膏 ドルマイシン軟膏 項目 内容 医薬品区分 一般用医薬品 薬効分類 化膿性疾患用薬 承認販売名 製品名 ドルマイシン軟膏 製品名(読み) ドルマイシンナンコウ 製品の特徴 コリスチンは,Bacillus polymyxa var. colistinusの培養液から抽出精製された白色結晶性の粉末です。 その抗菌作用はグラム陰性菌に対し選択的に作用し,殺菌作用を発揮します。 また,緑膿菌に対しても効果を発揮します。 バシトラシンは,菌種Bacillus subtilis var. Tracyの培養液より抽出された白色〜淡褐色の粉末で,ペニシリンと近似の抗菌スペクトルを有し,大部分のグラム陽性菌と陰性菌の一部に奏効します。 ドルマイシン軟膏はこれら殺菌作用をもつ両抗生物質を配合し,グラム陽性・陰性菌による単独又は混合感染症はもちろん,一般外部疾患の感染予防並びに治療に効果を発揮する皮膚疾患治療剤です。 2.次の部位には使用しないでください (1)湿疹,ただれのひどい患部。 (2)深い傷,ひどいやけどの患部。 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (3)患部が広範囲の人。 (4)鼻腔等の粘膜に病変のある人。 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください [関係部位:症状] 皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ まれに次の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 [症状の名称:症状] ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。 3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください 効能・効果 外傷・火傷等の化膿予防及び治療,膿痂疹(とびひ),せつ,癰(よう),疔(ちょう),毛嚢炎,湿疹,グラム陽性・陰性菌の単独及び混合感染による皮膚疾患,化膿症,伝染性皮膚炎,皮膚潰瘍 効能関連注意 用法・用量 通常1日1〜3回,適量を患部に直接又はガーゼに塗布して用いてください。 用法関連注意 (1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)目に入らないように注意してください。 万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。 (3)外用にのみ使用してください。 (4)定められた用法・用量を守ってください。 成分分量 1g中 成分 分量 コリスチン硫酸塩 50000単位 バシトラシン 250単位 添加物 白色ワセリン,流動パラフィン 保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手のとどかない所に保管してください。 (3)他の容器に入れかえないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わることがあります。 ) (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。 zeria. jp 製造販売会社 ゼリア新薬工業(株) 会社名:ゼリア新薬工業株式会社 住所:東京都中央区日本橋小舟町10-11 販売会社 剤形 塗布剤 リスク区分等 第2類医薬品.

次の