ダンまち ウラノス。 ダンメモ ダンまち ギルドの主神と謎の魔術師ガチャ 開催!フェルズ・ウラノスをゲット!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまち ウラノス

オラリオでもトップクラスの探索系ファミリア「ガネーシャ・ファミリア」の主神。 ロキ・ファミリアやフレイヤ・ファミリアのように、レベル6やレベル7のとびぬけて強い眷属はいないものの、高レベルの上級冒険者数という点ではオラリオで1番と言われています。 アニメ第1期でも登場した怪物祭(モンスターフィリア)を主催しており、ファミリアには腕の良いモンスターの調教師(テイマー)が数多く所属しています。 ガネーシャは信頼が厚い 常に顔の上半分は像の仮面で隠されており、今のところその素顔は明かされていませんが、かなり独特な本拠の建物(アイアム・ガネーシャ)を見ても分かる通り「変神」として有名な男神でもあります。 しかしそれと同じかそれ以上に周囲からの人望も厚いようで、自分の眷属の子供たちからだけでなく、他の神々やウラノスからも信頼を得ており「好漢」としても有名な神様です。 それ以外にギルドからの信頼度もたかく、年に一度行われている怪物祭もギルド公認のイベントです。 さらに都市の治安維持活動も行っており、オラリオの警察的な存在のファミリアでもあります。 ガネーシャの良いところはやはり 人望の厚さ! 一件見た目も性格もおかしいまさに「変神」がピッタリなキャラですが、中身は眷属の子供たちの事を常に考えて動く男気溢れる神様です。 怪物祭でフレイヤがモンスターを魅了し街中で暴走させたときには、メンツの為に自分たちだけでなんとかしようとする事なく、民衆を守るため即座に他ファミリアにも応援を要請するよう命令しています。 この際にガネーシャ・ファミリアのテイマーからは「他勢力に力を借りてはこちらの面目が立たない」と反論されるのですが「市民の安全が最優先」と説明し眷属の子供たちを即座に納得させてしまいました。 ダンまちのガネーシャのモデルとなった神様はインド神話に登場する、ヒンドゥー教の神様です。 アニメと同じく身体は人間のような体型をしていますが頭だけはゾウになっておりインドでは「富の神様」として絶大な信仰を集めています。 ガネーシャが口にする「群衆の主」ですが、群衆は「ガナ」、主は「イーシャ」を意味しておりここから「ガネーシャ」と呼ばれているのだと思います。 ガネーシャの頭がゾウの理由 ガネーシャの父は創造・破壊の神として有名な「シヴァ」であり、母親は同じくヒンドゥー教の女神であるパールヴァティーです。 ガネーシャは母である「パールヴァティー」が身体を洗った際の汚れを集め、そこから作った人形に命を吹き込んだ子供で「シヴァ」が自分の父親であり偉大な神である事も知らず、浴槽の見張りをするように言った母親の命令を守り、帰ってきたシヴァの入室を拒否します。 その結果、ガネーシャはシヴァの怒りを買ってしまい首を切り飛ばされ遠くへ投げ飛ばされてしまいました。 その後パールヴァティーからガネーシャが自分の子供だと知ったシヴァは、自分で投げ捨てたガネーシャの頭を探しに行くのですが見つからず、旅の最初に出会ったゾウの頭を切り落として代わりに頭として取り付けそのまま復活させたという説が有名です。

次の

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強

ダンまち ウラノス

ダンジョンから産み落とされた異端児 9巻では、ダンジョンから産み落とされたモンスター、いや、モンスターと形容するには躊躇してしまうほどの、美形の竜女(ヴィーヴル)が登場します。 竜の胴体の代わりに生えた細い二本の脚、慎ましやかな乳房。 肌の色や鱗さえ目を瞑(つむ)れば、僕と同じくらいの女の子にしか見えない。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 本能によって冒険者たちに襲いかかってくるモンスターとは異なり、人間並みの知性と理性を持ち、なによりも 人の言葉を理解し話すモンスターがベルの前に現れる。 美形の竜女の名前は ウィーネ。 そして、ダンジョンにはウィーネと同じく、こうしたイレギュラーなモンスターが存在し、彼らはゼノス(異端者)と呼称される。 異端者の存在が明らかになったことで、ダンジョンの秘密や、今まで謎に包まれていたギルドの詳細な内部構造が明かされることになる。 ウラノス神とは何者• モンスターはどこから生まれどこへ行くのか• ギルドの組織構成(トップは誰?) いずれもダンまちにおいてかかすことのできない重要な情報です。 ウラノス神の役目 ウラノス神についての言及はダンまちには何度か登場してきました。 アニメ最終回でも、ヘルメスのセリフに 「ああ、ウラノス・・・・ 祈祷(きとう)はどうした。 」 出典:ダンまち 5巻 大森 藤ノ がありました。 オラリオ建設当初から現在に至るまで、祈祷を捧げる(ウラノスの神威)ことで、ダンジョンに棲まうモンスターたちの力を抑え込んでいる。 彼(ウラノス)が『祈祷』を行うことで、絶大な神威(しんい)でダンジョンを抑え込むことで、『古代』から繰り返されてきたモンスターの大移動や地上進出の動きは抑えられている。 そう言われている。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ ここでちょっと話が代わりますが、 ギリシャ神話をひも解いていくと、ウラノスは世界の最初の支配者になります。 神々の祖とも呼ばれ、実は ゼウス神の祖父でもあるんです。 もちろん、これは ギリシャ神話の設定ですが、9巻にしてウラノスが登場してきたことで、ここら辺でベルの祖父であろうゼウスとの関係の謎も明らかになるのかなと、少し期待しています。 ギルドの新のトップ ベルが18階層で遭遇したゴライアスとの死闘(アニメ最終話)のイレギュラー事件も、結局はギルドによって真実がうやむやにされてしまいました。 そんな謎多きギルドですが、実は、ギルドにも ウラノスが深く関わっていることが明らかになったんです。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 巍然(ぎぜん)たる不動の王、 ギルドの『真の主』は、ゆっくりと顔をあげ、ヘスティアを見下ろした。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 時代の転換期、『古代』の節目に最初に降臨した神々とともにこのオラリオの地へ降り立ったこと。 『大穴』から溢れ出るモンスター侵攻防止に尽力し、子供達とともに迷宮都市の前身となる要塞都市、ダンジョンの『蓋』を築き上げたこと。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ ギルドを己の派閥とし、都市と迷宮の管理に明け暮れていること。 それと絶対中立の立場を示すため、団員である職員達に『神の恩恵』を与えず武力を放棄していること。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ これらはウラノスについての説明になります。 なるほど、ギルドとは何かと言えば、 ウラノスの派閥(ファミリア)ということになるわけですか。 ただし、中立を掲げているため「神の恩恵」は受けていないということらしいです。 たしかに、ウラノスがギルドのトップであれば、神たちも無下な対応はできないはずです。 名実ともにオラリオの平穏に尽くしているわけですから。 ヘスティアはこの事実を知らなかったみたいですが、ロキやフレイヤあたりの巨大派閥ともなれば、さすがに知っているはずです。 だとすると、フレイヤたちがギルドの命令に従っていたのも納得がいきます(8巻のラキア王国討伐とか)。 モンスターたちの出生の秘密 さて、モンスターのイレギュラーである異端児、そしてギルドの真の長(おさ)であるウラノスの存在。 かなり見どころが多い巻になっていますが、ウラノスはダンジョンから生み出されるモンスターについても言及しています。 人間であれば、天寿を全うした子供達の魂は天界に還り、神々の手によって多くのは再び 下界で生を受けることができる。 神自ら言うのだから間違いない。 なら、モンスターはどうか。 そもそも、モンスターは人間とは違って、神からの恩恵は一切受けていない。 そのため、神様と言えどもモンスターの死後どうなるのか分からないらしい。 しかし、モンスターにも魂と呼べるものがあるのなら、死後、母なる迷宮(ダンジョン)へと還り、再びモンスターとして産み落とされるという。 「これは私の憶測だ。 しかし、確信でもある」続けざまにウラノスは言った。 「死後、モンスターの魂は、母なる迷宮へと還り・・・そして再びあの迷宮の奥で、姿形を変えて生れ落ちる」 輪廻転生(りんねてんせい) 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 幾千の生まれ変わりを経ることで、モンスターたちにも「変化」が起こり、異端児と呼ばれるような、今までとは異なるモンスターが生まれ始めているのかもしれないというのだ。 こういう展開になってきますか、ダンまちは。 正直言いますと、ぼくが思っていた展開とは違いますね。 英雄譚を題材にしているところから考えても、王道の冒険ラノベを望んでいたのですが、方向性が違ってくる予感がしてならない・・・。 今後の展開 ベルくんはこの回でも、「お人よし」気質を遺憾なく発揮してしまい、厄介ごとに巻き込まれていきます。 まぁ、9巻ともなれば、いつも通りな流れなんですがね。 憧憬一途(リアリス・フレーゼ)のスキルは能力こそ飛躍的な上昇が見込めますが、それに伴って 精神も一緒に成長することはどうやらないらしい。 今後はファミリアのリーダーとしての器をどうやって成長させていくかが気になるところ。 そして、この巻で最も気になるのがモンスターの位置づけ。 単なる「敵」ではなく、「人間と共存」しようとしているモンスターがいることが明らかになったことで、純粋な冒険活劇とはいかなくなるのかなと心配が残ります。 ただ、今回はしっかりとダンジョン回もありましたし、何気にベルくんのスキルも上達していましたから、読み応えは十分にあります。 非常に面白く見解を拝見させていただきました。 いろいろな神話が混ざるダンまちは私としても大変興味深いラノベです。 ギリシャ神話や北欧神話、日本神話もそうですが、神さまと人間のハーフというものは普段に存在しています。 ギリシャ神話ではハーフゴットがヒーローつまり英雄になるお話が存在しています。 作者さんが神話について調べて書いたのかは不明ですが、数種類の神話に精通しているとなると、ベル君がゼウスの孫であり、ゼウスのファミリアの一員であるという展開になり、ラスボスはありきたりですが、神様の世界を追われた神として有名なハーデスあたりが登場するのでは?と個人的に思っています。 今後も見解を楽しみに見させていただきます。 頑張ってください。

次の

【ダンまち】ウィーネのネタバレ!名前の由来や裏で動くギルドの狙いは?その後の異端児たちの行動

ダンまち ウラノス

ダンジョンから産み落とされた異端児 9巻では、ダンジョンから産み落とされたモンスター、いや、モンスターと形容するには躊躇してしまうほどの、美形の竜女(ヴィーヴル)が登場します。 竜の胴体の代わりに生えた細い二本の脚、慎ましやかな乳房。 肌の色や鱗さえ目を瞑(つむ)れば、僕と同じくらいの女の子にしか見えない。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 本能によって冒険者たちに襲いかかってくるモンスターとは異なり、人間並みの知性と理性を持ち、なによりも 人の言葉を理解し話すモンスターがベルの前に現れる。 美形の竜女の名前は ウィーネ。 そして、ダンジョンにはウィーネと同じく、こうしたイレギュラーなモンスターが存在し、彼らはゼノス(異端者)と呼称される。 異端者の存在が明らかになったことで、ダンジョンの秘密や、今まで謎に包まれていたギルドの詳細な内部構造が明かされることになる。 ウラノス神とは何者• モンスターはどこから生まれどこへ行くのか• ギルドの組織構成(トップは誰?) いずれもダンまちにおいてかかすことのできない重要な情報です。 ウラノス神の役目 ウラノス神についての言及はダンまちには何度か登場してきました。 アニメ最終回でも、ヘルメスのセリフに 「ああ、ウラノス・・・・ 祈祷(きとう)はどうした。 」 出典:ダンまち 5巻 大森 藤ノ がありました。 オラリオ建設当初から現在に至るまで、祈祷を捧げる(ウラノスの神威)ことで、ダンジョンに棲まうモンスターたちの力を抑え込んでいる。 彼(ウラノス)が『祈祷』を行うことで、絶大な神威(しんい)でダンジョンを抑え込むことで、『古代』から繰り返されてきたモンスターの大移動や地上進出の動きは抑えられている。 そう言われている。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ ここでちょっと話が代わりますが、 ギリシャ神話をひも解いていくと、ウラノスは世界の最初の支配者になります。 神々の祖とも呼ばれ、実は ゼウス神の祖父でもあるんです。 もちろん、これは ギリシャ神話の設定ですが、9巻にしてウラノスが登場してきたことで、ここら辺でベルの祖父であろうゼウスとの関係の謎も明らかになるのかなと、少し期待しています。 ギルドの新のトップ ベルが18階層で遭遇したゴライアスとの死闘(アニメ最終話)のイレギュラー事件も、結局はギルドによって真実がうやむやにされてしまいました。 そんな謎多きギルドですが、実は、ギルドにも ウラノスが深く関わっていることが明らかになったんです。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 巍然(ぎぜん)たる不動の王、 ギルドの『真の主』は、ゆっくりと顔をあげ、ヘスティアを見下ろした。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 時代の転換期、『古代』の節目に最初に降臨した神々とともにこのオラリオの地へ降り立ったこと。 『大穴』から溢れ出るモンスター侵攻防止に尽力し、子供達とともに迷宮都市の前身となる要塞都市、ダンジョンの『蓋』を築き上げたこと。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ ギルドを己の派閥とし、都市と迷宮の管理に明け暮れていること。 それと絶対中立の立場を示すため、団員である職員達に『神の恩恵』を与えず武力を放棄していること。 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ これらはウラノスについての説明になります。 なるほど、ギルドとは何かと言えば、 ウラノスの派閥(ファミリア)ということになるわけですか。 ただし、中立を掲げているため「神の恩恵」は受けていないということらしいです。 たしかに、ウラノスがギルドのトップであれば、神たちも無下な対応はできないはずです。 名実ともにオラリオの平穏に尽くしているわけですから。 ヘスティアはこの事実を知らなかったみたいですが、ロキやフレイヤあたりの巨大派閥ともなれば、さすがに知っているはずです。 だとすると、フレイヤたちがギルドの命令に従っていたのも納得がいきます(8巻のラキア王国討伐とか)。 モンスターたちの出生の秘密 さて、モンスターのイレギュラーである異端児、そしてギルドの真の長(おさ)であるウラノスの存在。 かなり見どころが多い巻になっていますが、ウラノスはダンジョンから生み出されるモンスターについても言及しています。 人間であれば、天寿を全うした子供達の魂は天界に還り、神々の手によって多くのは再び 下界で生を受けることができる。 神自ら言うのだから間違いない。 なら、モンスターはどうか。 そもそも、モンスターは人間とは違って、神からの恩恵は一切受けていない。 そのため、神様と言えどもモンスターの死後どうなるのか分からないらしい。 しかし、モンスターにも魂と呼べるものがあるのなら、死後、母なる迷宮(ダンジョン)へと還り、再びモンスターとして産み落とされるという。 「これは私の憶測だ。 しかし、確信でもある」続けざまにウラノスは言った。 「死後、モンスターの魂は、母なる迷宮へと還り・・・そして再びあの迷宮の奥で、姿形を変えて生れ落ちる」 輪廻転生(りんねてんせい) 出典:ダンまち 9巻 大森 藤ノ 幾千の生まれ変わりを経ることで、モンスターたちにも「変化」が起こり、異端児と呼ばれるような、今までとは異なるモンスターが生まれ始めているのかもしれないというのだ。 こういう展開になってきますか、ダンまちは。 正直言いますと、ぼくが思っていた展開とは違いますね。 英雄譚を題材にしているところから考えても、王道の冒険ラノベを望んでいたのですが、方向性が違ってくる予感がしてならない・・・。 今後の展開 ベルくんはこの回でも、「お人よし」気質を遺憾なく発揮してしまい、厄介ごとに巻き込まれていきます。 まぁ、9巻ともなれば、いつも通りな流れなんですがね。 憧憬一途(リアリス・フレーゼ)のスキルは能力こそ飛躍的な上昇が見込めますが、それに伴って 精神も一緒に成長することはどうやらないらしい。 今後はファミリアのリーダーとしての器をどうやって成長させていくかが気になるところ。 そして、この巻で最も気になるのがモンスターの位置づけ。 単なる「敵」ではなく、「人間と共存」しようとしているモンスターがいることが明らかになったことで、純粋な冒険活劇とはいかなくなるのかなと心配が残ります。 ただ、今回はしっかりとダンジョン回もありましたし、何気にベルくんのスキルも上達していましたから、読み応えは十分にあります。 非常に面白く見解を拝見させていただきました。 いろいろな神話が混ざるダンまちは私としても大変興味深いラノベです。 ギリシャ神話や北欧神話、日本神話もそうですが、神さまと人間のハーフというものは普段に存在しています。 ギリシャ神話ではハーフゴットがヒーローつまり英雄になるお話が存在しています。 作者さんが神話について調べて書いたのかは不明ですが、数種類の神話に精通しているとなると、ベル君がゼウスの孫であり、ゼウスのファミリアの一員であるという展開になり、ラスボスはありきたりですが、神様の世界を追われた神として有名なハーデスあたりが登場するのでは?と個人的に思っています。 今後も見解を楽しみに見させていただきます。 頑張ってください。

次の