徹子 の 部屋 ピアニスト。 黒柳徹子の若い頃は超綺麗!恋人(外国人ピアニスト)となぜ結婚しなかったのか?

長寿の秘訣は毎日お肉…99歳の現役ピアニスト・室井摩耶子が独り暮らしを語る! 演奏の披露も 『徹子の部屋』

徹子 の 部屋 ピアニスト

ちょこちょこです。 もうゴールデンウィーク終盤ですね。 はぁ、楽しい休みはあっという間です。 特に2017年のゴールデンウィークは短いですからね。 私は土曜日から仕事なので、本当に今日がラストです。 テレビもだんだんGWの2時間特番とかが終わりつつあり、通常番組になってきています。 2017年5月9日(火)の徹子の部屋にピアニストの秋満義孝さんが出演されます。 秋満義孝さんはペギー葉山さんとも親交が深く、ご自身も現役ピアニストとして活躍されています。 秋満義孝のwiki風プロフィールや経歴、徹子の部屋に出演、コンサートがいつ開催されるのかについて調べてみました。 【スポンサードリンク】 目次• 秋満義孝wikiや経歴 秋満義孝さんのwiki風 プロフィールや経歴を ご紹介します。 秋満義孝(アキミツ ヨシタカ) 1929年生まれ 出身地:東京都 学歴:武蔵野音楽大学ピアノ科中退。 職業:ジャズピアニスト 戦後、武蔵野音楽大学に学びながら、 当時進駐していたアメリカのジャズに 興味を持たれたそうです。 1947年から音楽活動を始め、 1957年には秋満義孝クインテットを結成。 現在も現役ジャズピアニストとして 活躍中です。 詳しい生年月日がわからなかった のですが、1927年は昭和4年。 今年88歳になります。 すごいですね! 気になったので、1927年生まれの 有名人についても調べてみました。 オードリー=ヘップバーンさんも 1927年生まれ。 ゴルフで有名なアーノルド・パーマー氏も 1927年生まれで、日本では 正司歌江さんがそうです。 秋満義孝さんはスイングジャズの 第一人者として 「日本のテディ・ウイルソン」とも 呼ばれています。 「テディ・ウイルソン」とは アメリカ出身のジャズピアニストで ルイ・アームストロングなど 数多くのジャズ界の大物と共演し、 そのエレガントな演奏が人気 だったそうです。 テディ・ウイルソン自身からも 自分の演奏に匹敵するテクニックを 持っているといわせたほどの人 だそうですよ。 実際の演奏を生で聞いてみたい です~ 【スポンサードリンク】 秋満義孝さん 徹子の部屋に出演 現役ジャズピアニストの 秋満義孝さんが「徹子の部屋」に 出演されます。 2017年5月9日(火) 12:00~の放送です。 放送では 歌手のペギー葉山さんに ついて語ります。 ペギー葉山さんとは 1955年(昭和30)に出会い ともに音楽活動をされていた そうです。 秋満義孝さんがピアノ演奏を担当し CDも販売されています。 1955年からのステージパートナーと いうことは60年以上も一緒に 仕事をしているということ。 お互い音楽で結びついている とはいえ、60年以上も一緒に 仕事をするのはぶつかることも あったり、いろいろあったの ではないでしょうか。 お互いの才能を信じあって 尊敬していないと そんなに長い時間は 一緒に頑張ることはできない と思います。 徹子の部屋では素敵な話が 聞けそうですね。 秋満義孝さん コンサートはいつ? 秋満義孝さんはジャズピアニスト として、現在も活動中です。 毎年10月に行われる でも 音楽顧問として参加 されています。 2017年の神戸ジャズストリートは 10月7日と8日に開催される 予定です。 まだ今年の神戸ジャズストリートに ついては情報がありませんが、 今年も秋満義孝さんが 音楽顧問なのではないでしょうか。 2017年5月20日 土 にも 神奈川県の平和学園・賀川村島記念講堂 で開催される 「ジャズ・ライブ・コンサート・イン・茅ケ崎」 に出演されます。 「 ジャズ・ライブ・コンサート・イン・茅ケ崎」 場所:平和学園・賀川村島記念講堂 住所:神奈川県茅ヶ崎市富士見町5-2 全席自由で2000円です。 実際に現地でジャズを聞くのも 楽しそうですね。 まとめ 今回は現役のジャズピアニスト の秋満義孝さんについて 調べてみました。 秋満義孝さんは2017年5月9日(火) 放送の「徹子の部屋」にゲスト 出演され、約60年もの間、 ステージパートナーであった ペギー葉山さんについて 語るそうです。 お仕事とはいえ、約60年も 一緒にいるなんて、すごい ですよね。 また、現在もお元気で コンサートを開催したりして いるのもすごいと思います。 秋満義孝さんは現役ジャズピアニスト として活動されていますが、 ご家族とかはいるのでしょうか。 調べたのですが、情報はありません でした。 ですが、奥様とかお子さんとかサポート してくれる方がいないと ここまで元気に長い間音楽に 関わることはできないかと 思います。 今回出演される「徹子の部屋」では ペギー葉山さんとの秘話を話される ようですが、 秋満義孝さんご自身の人生とか ご経験した話とかが聞きたいなと 思います。 【スポンサードリンク】• 最近の投稿• 最近のコメント• に tchoco より• に やま より• に tchoco より• に ぽんぴ堂 より• に tchoco より• カテゴリー• メタ情報•

次の

秋満義孝wikiや経歴!徹子の部屋に出演!コンサートはいつ?

徹子 の 部屋 ピアニスト

スポンサーリンク ブログで紹介したことのある、 黒柳徹子さんの元恋人である外国人男性、ピアニストのワイセンベルクさん。 そこで今回は黒柳徹子さんの恋人であったピアニスト、ワイセンベルクさんについて調べてみたいと思います! 黒柳徹子の元恋人、ピアニスト・ワイセンベルクとは? 黒柳徹子さんの元恋人の本名は、 アレクシス・ワイセンベルクと言います。 1929年にブルガリアのソフィアで生まれました。 10代からその才能を発揮し、14歳の時にピアニストとしてデビューしました。 しかし、ユダヤ系だったこと、ブルガリアがドイツの同盟国だったこともあり、 1944年、 15歳の時にワイセンベルクさんは収容所に収容されます。 その後、イギリス空軍の爆撃の混乱をきっかけとして、トルコまで脱出することに成功したそうです。 戦後、イスラエルを経由して、 アメリカに渡り、ピアニストとしてジュリアードに入学しました。 このジュリアードとは、現在世界で最も優秀な音楽大学の一つとしてものすごく有名な学校。 ここでオーストリア出身シュナーベルという人の元で学びます。 アメリカに渡ってからもその才能は健在で、 1947年、 ワイセンベルクさん18歳の時にピアニストとして国際音楽コンクールで優勝しました。 しかし1956年、ワイセンベルクさんが27歳のとき、自分の音楽を見つめ直すためにピアニストの演奏活動を中止。 10年後、ワイセンベルクさんが37歳のときに、演奏活動を開始し、一流のピアニストとして活躍します。 黒柳徹子さんが30歳頃にワイセンベルクさんと出会ったと語っていることから、 黒柳徹子さんと恋人関係になったのはこのあたりでしょうか? その後、 1972年、ワイセンベルクさん43歳のとき、祖国のブルガリアに帰国。 政府から名誉市民権が与えられました。 2012年、ワイセンベルクさん82歳のとき、スイスにて長期間の闘病生活の末になくなったそうです。 ピアニスト・ワイセンベルクの評判は? 音楽に精通している人にとってワイセンベルクが音楽業界に与えた影響は絶大なものだったそう。 「ピアニスト・ワイセンベルクの魅力は何と言っても難曲を細部まで緻密に表現しながらスイスイ弾いてのける所ですよね。 これは他のピアニストでは為し得ないワイセンベルクの個性だと思います。 例えば、ストラヴィンスキーのペトルーシュカからの3楽章の演奏をポリーニと比較すると、双方、機械的なまでに正確な演奏ではありますが、ポリーニはダンパーペダルを踏みすぎて若干歯切れの悪い演奏になっているのに対して、 ピアニスト・ワイセンベルクはペダルの使用を抑えてドライな表現を心掛けているのが分かります(と思います)。 ワイセンベルクの演奏は、人によっては暑苦しい演奏と感じるようですが、個人的には かなりクールな演奏表現をするピアニストだと思っています。 」 参考;yahoo知恵袋 「100人のピアニストがいれば、おそらく100通りの演奏があるでしょう。 ショパンのエチュードをしてもホロヴィッツも、アシュケナージュもアルゲリッチも、ポリーニも、楽譜は、一つですが同じように聞こえてくるもの 何一つありません。 その違いが分かるようになったのは、ピアニスト・ワイセンベルクを知ってから。 いろいろなピアニストの演奏を聴き比べるようになってからです。 それは、ピアニストだけではない。 オーケストラにおいては、指揮者のタクトの一振りで、まったく別物かと思うほどの違いが見えてくるのです。 himetei. com ワイセンベルクさんの演奏が、ピアノや他のピアニストの技術を理解する上では重要な基準になっているとも言えるそうですね。 goo. しかし、ピアニスト・ワイセンベルクさん何度も来日しているそうで、 1969年の初来日以来、約10回程度来日しているとのこと。 黒柳徹子さんは仕事の合間を縫って、 ピアニスト・ワイセンベルクさんのコンサートに何度も足を運んでいるそう。 また、 ピアニスト・ワイセンベルクさんは黒柳徹子さんが司会を務める「徹子の部屋」にも出演しているそうです。 黒柳徹子さんとピアニスト・ワイセンベルクの恋人関係 黒柳徹子さんとピアニスト・ワイセンベルクさんの関係については、 黒柳徹子さん本人がテレビで語っています。 などが赤裸々に語られました。 昔から音楽などには造形が深かったのかもしれないですね。 また番組で結婚について聞かれた際には、 「(ピアニスト・ワイセンベルクさんとは)結婚していませんでした。 とても残念なことです。 」 とコメント。 やっぱり 黒柳徹子さんとピアニスト・ワイセンベルクさんの関係は恋人止まりだったと 黒柳徹子さん本人が語ってくれていました。 2012年になくなったピアニスト・ワイセンベルクさん。 その後、黒柳徹子さんは新しい恋人がいないらしいです。 しかし、 ピアニスト・ワイセンベルクさんとの恋人時代を振り返り、 「いい恋愛をすると、一生涯、それでいけます」 と一言。 さすがにかっこいいとしか言えません。 笑 黒柳徹子のドラマトットちゃんが好調で次期ドラマも決定! そんな黒柳徹子さんの生涯をテーマとして描いたドラマ「トットちゃん」が好調と話題になっています。 実は、このトットちゃん、 テレビ朝日が昼の帯ドラマ枠として新しく設定したドラマ枠なのです。 トットちゃんの好調で、次期ドラマの放送が決定しました。 黒柳徹子さんの次に取り上げられるのは、越路吹雪さん。 あまり聞いたことない人も多いんじゃないでしょうか。 しかしこの越路吹雪さん、日本の音楽業界にはなくてはならない存在の方だったのです。 そんな越路吹雪さんを取り上げたドラマ「越路吹雪物語」が2018年1月よりスタートします。 代表曲は「愛の賛歌」などですが、題名を言われてもわからない・・・ 是非聞いてみてください。 黒柳徹子の恋人 ピアニストのワイセンベルクさんとは一体誰!?【まとめ】 今回はピアニスト・ワイセンベルクさんの生涯、 そして黒柳徹子さんとの恋人関係について調べみました! 黒柳徹子さんとピアニスト・ワイセンベルクさんが恋人関係にあったことは間違いないようです。 また黒柳徹子さんにとってピアニストのワイセンベルクさんとの恋人時代は人生において、 非常に大切な思い出になっているそうです。

次の

黒柳徹子の現在は車椅子?滑舌が悪い理由とは?

徹子 の 部屋 ピアニスト

奇跡のピアニスト 辻井伸行 デビュー10周年 感動と涙の全軌跡 テレビ朝日の長寿番組「徹子の部屋」に辻井は何度か出演している。 人前では、めったに涙を見せない黒柳だが、本番中に涙を流したのは辻井がゲストで出演した時だった。 収録の最後に、突然、辻井は「徹子さんをイメージした曲をプレゼントします」と即興で演奏した。 その、あまりにも美しく、清らかなメロディに感動した黒柳の瞳は涙に溢れていた。 「本当に私の曲?そんなにいい人じゃないの」と泣き笑いしながら、収録を終えた。 人々はなぜ、辻井の演奏に心が惹かれ、涙するのか。 辻井のファンが口を揃えて語るのは「心にしみこむ音色」だという。 そこには、作曲家が「楽譜」の向こうに託した「曲の心」を一音一音、汲み取り、表現している。 聴衆は、辻井の演奏を聴きながら、こみあげてくるものを抑えることができず涙するのだと。 2017年10月、辻井伸行はプロ・デビューをして10周年を迎える。 これを記念して11月13日、サントリーホールで「デビュー10周年記念特別コンサート」が開かれる。 第1部は、ショパンやリストなど、デビュー以来辻井が弾き込んで来た名曲。 第2部は、ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールのファイナルで演奏した、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」。 指揮者は本名徹次、「ベトナム国立交響楽団首席指揮者」だ。 本名は東京藝術大学在学中から指揮活動し、東京国際音楽コンクルールをはじめ、数々のコンクールで最高位を受賞している。 今から19年前、辻井が10歳の時、作曲家の三枝成彰に招かれて大阪センチュリー交響楽団と共演、辻井が初めてオーケストラと演奏した。 このときの指揮を務めたのが本名徹次だった。 実に19年の歳月を経て、クラシックの檜舞台「サントリーホール」で共演する。 本名は、ベトナムのクラシック界のレベルを向上して欲しいと懇願されベトナムに渡った。 しかし、国立とは名ばかりで、オーケストラのメンバーはアルバイトをしながら生計を立てているのが現実だった。 そんな状況下で奔走する本名をベトナムに訪ね、辻井との共演までを密着する。 辻井がプロとして最初のCDをリリースし、その曲で初の日本ツアーを始めたのは2007年12月からだ。 翌年1月、最年少でサントリーホール・デビューを果たす。 そして2009年6月、第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールに挑戦。 コンクールの演奏曲目で、辻井が一番苦労した曲は「現代曲」だった。 まるでジャズの即興演奏のような譜面で、暗譜するまで大変だったと振り返る。 楽譜が渡されたのは1ヵ月前、そこから辻井用の「音の楽譜」の作成にかかる。 完成まで2週間を費やし、暗譜するまで残り2週間、その間、他のコンクール曲も練習しなければならず、1日中ピアノに向かう毎日だった。 実は「現代曲」だけは、譜面を見ながら演奏することが許されていた。 しかし、辻井は完璧に暗譜するしかなかった。 ヴァン・クライバーン・コンクールの優勝で、辻井の世界は一変した。 海外公演のオファーが次々と舞い込む。 ピアノ・リサイタルは辻井の独り舞台だが、ピアノ協奏曲となると指揮者やオーケストラとの「呼吸」が大切だ。 しかも共演相手とは毎回が初顔合わせ。 弱冠20歳の辻井には、さまざまなプレッシャーがあったはずだ。 しかし、弱音を吐いたことは一度もない。 辻井の演奏をはじめて聴き、感動した聴衆の「拍手喝采」が生きがいになっていた。 辻井は、作曲にも精力的だ。 自作集のCDを2012年にリリースしている。 映画音楽の依頼も受け、2011年に櫻井翔主演「神様のカルテ」2012年渡辺謙主演「はやぶさ 遥かなる帰還」 2014年「神様のカルテ2」2015年「マエストロ」のエンディングテーマ曲を作曲している。 海外公演を積み重ねる中、巨匠アシュケナージは辻井を、21世紀を代表するピアニストになると絶賛している。 今回はデビュー10周年の記念コンサートを中心に、指揮者本名徹次との共演やデビューから10年間の軌跡を過去の資料映像で振り返り多彩な著名人のインタビューも交えて構成する。 初回放送日:2017年12月25日(月).

次の