ひとり かごめ。 ひとりかごめ / 雨がっぱ少女群

半妖の夜叉姫

ひとり かごめ

あらすじ 自分の背後に常に誰かいる気配がして、怯えながら暮らす女子高生・ 月城陽菜。 友達には気のせいだと指摘されるも、気になって仕方ない彼女は制服を前後ろ逆に着て登校するなど、徐々に奇行が目立ち始めて…。 (表題作『ひとりかごめ』) 感想(ネタバレ度:低) 甘口ホラー? 作者さんの百合作品『 』が面白かったので、ホラーは苦手なのに購入してしまった本作。 おっかなびっくり読み始めましたが、 拍子抜けするくらい怖く無かったです。 ほとんどの話が「何がきっかけでそういう事態に陥ったのか」というのをスッ飛ばして、唐突にホラーな展開が繰り広げられるため、恐怖を感じるよりも おっ、おう。 なんかグロいことになってるね…。 と、置いてけぼり感の方が先行してしまい、恐怖感が追い付いてこないのかホラー嫌いなはずの私が全く怖さを感じませんでした。 もしかしたら突然ホラーな現象に襲われる理不尽さこそ、最大の怖がりポイントなのかもしれませんが。 普段ホラー作品に触れることが無いので、そのへんの楽しみ方というかホラー作品のしきたり的なものをよく分かってなかったのかもしれません。 というわけで、正確には怖くなかったというより、怖いのかどうか分からなかったって感じですかね。 ひょっとしたら私は自分で思ってるよりホラー耐性があるのかもしれません。 まぁこの作品がホラー漫画界の中で、どの程度の怖さレベルなのか分からないので何ともいえませんが…。 カレー食ったけど全然辛くなかったわー。 オレ、辛さに強いのかも。 どんなカレー食べたの? カレーの王子さま。 こんな感じでマヌケな事を言ってる可能性もありますけどね。 なんせ普段ホラーなんて全く読まないんで、相対的にホラーレベルを測れないのです。 ホラーと美少女のマリアージュ ホラーとしては正直ピンとこなかった作品ですが、作者さんが元々成人漫画で活躍されていた方ということで、 女の子は無駄に可愛いです。 特に黒髪のショートヘアの娘が得意なのか、美少女設定のある茶髪の娘と比べてもかなりの美少女に見えます。 逆に男キャラは総じて気持ち悪いです。 まとめ ホラーが苦手な私でも問題無く読める、マイルドな仕上がりでした。 むしろシュールでちょっと笑っちゃうところもあったので、よっぽどホラーが嫌いという人でもなければ問題なく読めるはずです。 ただ、 スプラッタな場面が多いので、グロ耐性が低い自覚がある方は要注意。 あいかわらず女の子は文句無くカワイイので、作者さんのファンであれば「ホラーはちょっと…」という方でも読んでみるべきでしょう。 ホラー漫画としてはともかく、ストーリー的には良く出来てる(偉そうな言い方ですが)と感じる話も多数あるので、純粋に短編集としてもオススメです。

次の

半妖の夜叉姫

ひとり かごめ

あらすじ 自分の背後に常に誰かいる気配がして、怯えながら暮らす女子高生・ 月城陽菜。 友達には気のせいだと指摘されるも、気になって仕方ない彼女は制服を前後ろ逆に着て登校するなど、徐々に奇行が目立ち始めて…。 (表題作『ひとりかごめ』) 感想(ネタバレ度:低) 甘口ホラー? 作者さんの百合作品『 』が面白かったので、ホラーは苦手なのに購入してしまった本作。 おっかなびっくり読み始めましたが、 拍子抜けするくらい怖く無かったです。 ほとんどの話が「何がきっかけでそういう事態に陥ったのか」というのをスッ飛ばして、唐突にホラーな展開が繰り広げられるため、恐怖を感じるよりも おっ、おう。 なんかグロいことになってるね…。 と、置いてけぼり感の方が先行してしまい、恐怖感が追い付いてこないのかホラー嫌いなはずの私が全く怖さを感じませんでした。 もしかしたら突然ホラーな現象に襲われる理不尽さこそ、最大の怖がりポイントなのかもしれませんが。 普段ホラー作品に触れることが無いので、そのへんの楽しみ方というかホラー作品のしきたり的なものをよく分かってなかったのかもしれません。 というわけで、正確には怖くなかったというより、怖いのかどうか分からなかったって感じですかね。 ひょっとしたら私は自分で思ってるよりホラー耐性があるのかもしれません。 まぁこの作品がホラー漫画界の中で、どの程度の怖さレベルなのか分からないので何ともいえませんが…。 カレー食ったけど全然辛くなかったわー。 オレ、辛さに強いのかも。 どんなカレー食べたの? カレーの王子さま。 こんな感じでマヌケな事を言ってる可能性もありますけどね。 なんせ普段ホラーなんて全く読まないんで、相対的にホラーレベルを測れないのです。 ホラーと美少女のマリアージュ ホラーとしては正直ピンとこなかった作品ですが、作者さんが元々成人漫画で活躍されていた方ということで、 女の子は無駄に可愛いです。 特に黒髪のショートヘアの娘が得意なのか、美少女設定のある茶髪の娘と比べてもかなりの美少女に見えます。 逆に男キャラは総じて気持ち悪いです。 まとめ ホラーが苦手な私でも問題無く読める、マイルドな仕上がりでした。 むしろシュールでちょっと笑っちゃうところもあったので、よっぽどホラーが嫌いという人でもなければ問題なく読めるはずです。 ただ、 スプラッタな場面が多いので、グロ耐性が低い自覚がある方は要注意。 あいかわらず女の子は文句無くカワイイので、作者さんのファンであれば「ホラーはちょっと…」という方でも読んでみるべきでしょう。 ホラー漫画としてはともかく、ストーリー的には良く出来てる(偉そうな言い方ですが)と感じる話も多数あるので、純粋に短編集としてもオススメです。

次の

ひとりかごめ (バンブー・コミックス)

ひとり かごめ

とわ、せつな、もろはは、妖怪と人間の血を引く 半妖 はんようの少女たちだ。 幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった双子の少女、とわとせつな。 とわは、 時代樹 じだいじゅの時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代へとタイムスリップ。 かごめゆかりの 日暮 ひぐらし家の娘として育てられ、武道に長けた女子中学生に成長した。 一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった 琥珀 こはくの下で妖怪退治を生業にしていた。 もろはは、かごめと 犬夜叉 いぬやしゃの娘。 賞金稼ぎとして「 化 ばけ 殺 ごろしのもろは」の異名を取り、やはり妖怪退治に明け暮れている。 とわとせつなが別れ別れになってから、10年。 時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれた。 現代に現れたせつなと再会するとわだったが、せつなは何故かとわのことを忘れてしまっていた。 せつなと共に、現代にやって来たもろはも加わり、とわたち「 半妖 はんようの 夜叉姫 やしゃひめ」が、現代を、そして戦国時代を、縦横無尽に暴れ回る!• 令和の時代に生きる現代っ子。 14歳の女子中学生。 10年前、 時代樹 じだいじゅのトンネルで現代にタイムスリップ。 かごめの弟の 草太 そうたに助けられ、娘として育った。 武道が得意で、不良達に絡まれてはケンカ沙汰を起こし、転校を繰り返していた。 今は女子校の 聖 せいガブリエル 学園 がくえんに編入。 現代にやってきた、せつなともろはと出会い、せつなの眠りを取り戻すため、戦国時代に戻ろうとする。 男装は戦いやすいため。 実は戦国時代に生きる 殺生丸 せっしょうまるの娘。 14歳。 琥珀 こはくがお頭を務める妖怪退治屋に参加し、妖怪退治を生業にしている。 実は4歳の頃、双子の姉のとわと別れ別れになったが、10年後、もろはと共に現代にタイムスリップ。 とわと再会する。 しかし、 夢 ゆめの 胡蝶 こちょうに眠りを奪われたため、幼い頃の記憶がない。 とわが姉だと言っても信じない。 せつなの眠りを取り戻そうとするとわともろはと共に、戦国時代に戻ることになるが……。 冷静沈着で物事に動じない様は殺生丸譲りと思われる。 14歳の賞金稼ぎ。 妖怪退治をしては、退治した獲物(妖怪の首や牙や身体)を、賞金首を取引する 屍屋獣兵衛 しかばねやじゅうべえに売っている。 妖刀 ようとう・ 倶利伽羅丸 くりからまるの使い手。 通り名は「 化 ばけ 殺 ごろしのもろは」。 赤真珠 あかしんじゅ付きの貝の器に入った紅を差すと「 国崩 くにくずしの 紅夜叉 べにやしゃ」となって大暴れする。 性格は明朗快活。 せつなやとわと比べると一番世間慣れしている。 実は 犬夜叉 いぬやしゃとかごめの娘だが、幼い頃からひとりで生きてきたので、両親のことはほとんど知らない。

次の