お気 を つけ て 行っ てらし て ください。 敬語では何と言うか教えてください

「お気をつけて」を韓国語で何という?「조심해서 가세요」の意味と使い方を解説

お気 を つけ て 行っ てらし て ください

「気を付けて」は、相手への気遣いを意味する言葉です。 「気を付けて」という言葉は日常の会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面でよく耳にする言葉です。 今回は、「気を付けて」の敬語表現や使い方、使う場面などを詳しくご紹介します。 ぜひ、ビジネスシーンや日常の会話で「気を付けて」を使う際の参考にしてみてください。 気を付けての敬語表現 「気を付けて」の敬語表現をご紹介します。 「気を付けて」を尊敬語で言い換えた言葉が存在していないので、お客様や目上の方に対して用いる尊敬語で「気を付けて」を伝える時には、基本的に「気を付けて」の前に「お」を付けた「お気を付けて」を使用します。 「気を付けて」は相手への気遣いになる言葉のため、自身に向けて使用することはない言葉であり、目上などの立場に関係なく日常的に「お」を付けて使っても問題ありません。 気をつけて来てくださいの敬語表現 「気を付けて来てください」の敬語表現をご紹介します。 「気を付けて来てください」を丁寧に表すと、「お気を付けておいでください」となります。 他にも「くれぐれも」と「ませ」を付け加えた「くれぐれも、お気を付けておいでくださいませ」も丁寧な表現です。 上でご紹介した「お気を付けておいでください」などの表現は、丁寧な敬語の表現として目上の方やお客様などに対して使うことができます。 目上の人に使う時の注意点 目上の人に「気を付けて」を使う時の注意点をご紹介します。 「お気を付けて」の後に「ください」を付けることが敬語としては正しいです。 しかし、「ください」という言葉は命令口調に聞こえてしまう場合があり、不快な気持ちを与えてしまう危険性があります。 相手を不快な気持ちにさせないためには、「ください」の部分を「くださいませ」にすることが無難です。 優しい口調でも問題ない場合は、「くださいね」でも問題ありません。 気を付けての言い方 「気を付けて」の言い方をご紹介します。 「気を付けて」はさまざまな場面で使われている言葉ですから、さまざまな言い方が存在します。 今回は、「気を付けて」「お気をつけて」「お気をつけください」「お気をつけくださいませ」「お気をつけていらっしゃってください」の5つの例文をご紹介します。 これからご紹介する例文は、日常の会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面で使うことができます。 ぜひ参考にしてみてください。 例文1:気を付けて 例文1は「気を付けて」です。 例えば、足元が不安定な場合や、床に何か散らばっているという場合などに、「足元に気を付けて」というように使うことができます。 なにも付け加えずに「気を付けて」とだけ使う場合、敬語表現ではないので、目上の方に対して使うことは避けましょう。 例文2:お気をつけて 例文2は「お気をつけて」です。 「気を付けて」の前に「お」を付けた「お気をつけて」は丁寧な表現ですから、お客様や目上の方に対して使うことも可能です。 例えば、相手のことを労わるという場合に「お体にお気をつけて」という表現を使うことができます。 この表現は、手紙やメールで主に使われます。 手紙の最後に、相手を労わる言葉である「お体にお気をつけて」を付けることで、相手への気遣いを伝えることができます。 例文3:お気をつけください 例文3は「お気をつけください」です。 「お気をつけください」は注意書きや説明でよく耳にする言い回しです。 例えば、暗い会場内の案内でお客様へ「足元にお気をつけください」と言うことができます。 「お気をつけください」の使い方には他に、「取扱いにはお気をつけください」のように説明書などでよく目にする言い回しも存在します。 「お」や「ください」が付いている丁寧な言葉なので、お客様や目上の方に使うことも可能です。 例文4:お気をつけくださいませ 例文4は「お気をつけくださいませ」です。 「お気をつけくださいませ」は丁寧な表現で、お客様や目上の方に対して使う言い回しです。 例えば、相手方がこちらに来るという場合などに「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」というように使うことができます。 「気をつけて来てください」をより丁寧に、お客様や目上の方に使うにふさわしい形にしたものが「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」になります。 例文5:お気をつけていらっしゃってください 例文5は「お気をつけていらっしゃってください」です。 先ほどご紹介した「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」と同じように、「お気をつけていらっしゃってください」を使うことができます。 どちらも「気をつけて来てください」をより丁寧にした言い回しです。 お客様や目上の方に対して「気をつけて」を使う場合には、できる限り丁寧な言い回しを使いましょう。 敬語を話すことが苦手な方におすすめの商品はこちら 敬語を話すことが苦手な方におすすめの商品は、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本です。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常会話やビジネスで使われている、基本中の基本の敬語の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 この本の中で紹介されている敬語をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手な方や、正しい敬語の使い方を学びたい方は読んでみてください。 車や落下物、障害物などの注意として使われています。 例えば、こどもがでかけるという場合などに、「車に気をつけてね」と声をかけて注意を促す場面を目にする方も多いでしょう。 このように車や落下物、障害物などのように、危険なものがある場合に、「気を付けて」を使って注意を呼びかけることができます。 出かける人に対して 出かける人に対して「気を付けて」を使うことができます。 例えば、家族が出かけるという場合に「気を付けていってらっしゃい」と言うことができます。 「気を付けてね」と軽く声をかけることもできます。 訪問してくれる人に対して 訪問してくれる人に対して「気を付けて」を使うことができます。 これから訪問してくれる人に対して「くれぐれも、お気をつけていらっしゃってください」や「お気をつけておいでくださいませ」と言うことができます。 軽い言い方をすると「気を付けて来てね」や「来るとき気をつけて」です。 目上の人やお客様相手でなければ使うことができます。 訪問してくれた人が帰る場合に、「お気をつけてお帰りください」と言うこともできます。 気を付けてを正しく使う 「気を付けて」を正しく使いましょう。 「気を付けて」は友達や同僚から、お客様・目上の方まで、さまざまな人に対して使うことができる言葉です。 一度使い方を覚えると、日常の会話やビジネスシーンでとても役に立つので、正しく使えるようになりましょう。 目上の人にも使えるようにする 目上の人にも「気を付けて」を使えるようにしましょう。 目上の方に使用する敬語表現としては「お」を付けた「お気をつけて」を用い、「ください」は「くださいませ」にすることで相手方に対して、誤解のないようにすることができます。 畏まった口調を重視ではなく、優しい口調でも問題ない場合は「くださいね」でも問題ありません。 相手に合わせて使い分けましょう。

次の

気を付けての意味・言い方5例・敬語表現・想定される場面

お気 を つけ て 行っ てらし て ください

」と言われたら、どう感じるでしょう。 嫌な気はしないまでも、なにかモヤっとしたものが残るのではないでしょうか。 同様のものに「頑張って」という表現がありますね。 」やはり、モヤっとしたものを感じますよね。 どちらも相手を気遣う表現ですが、伝え方次第では上から目線だと思われてしまいます。 そうなってしまえば相手に与える印象はプラスどころかむしろマイナスです。 自分の気持ちをストレートに受け取ってもらうためにも、正しい敬語をマスターしましょう。 〇「お気をつけて~ください(ませ)。 」 それでは具体的な例を挙げていきましょう。 気をつけていってきてください。 」 〇正しい敬語 「明日は大事な会議ですね。 お気をつけていってらっしゃいませ。 」 〇「明日は雨が降るそうですから、どうぞお気をつけておいでください。 」 〇「外は寒いですから、お気をつけください。 」 〇「インフルエンザが流行っているようですから、お気をつけになってください。 」 メールで伝える「気をつけて」 例文 このように、相手をいたわりねぎらう言葉であることがわかります。 この言葉は使う相手を選びません。 つまり、目上の方にも男性にも女性にも安心して使うことができます。 「お気をつけください」よりも「ご自愛ください」のほうがより丁寧な表現だと受け取られることもあるため、万能な言葉だといえます。 いくつか例文を挙げてみます。 例、「季節柄、お気をつけください。 」 例、「暑い日が続きますが、体調を崩されませんよう、くれぐれもお気をつけください。 」 このように言い換えることができます。 意味は同じなのに、幾分大人びた響きになりますね。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

お気をつけてお帰りくださいの敬語表現|上司や目上の人に伝える場合

お気 を つけ て 行っ てらし て ください

出かける前の「気をつけてね」 出かける時に相手にかける言葉として、日本語で「気をつけてね」は「いってらっしゃい」とセットのように使われます。 「いってらっしゃい、気をつけてね」という感じで。 英語だと、日本語の「いってらっしゃい」と全く同じ意味を指す言葉はありません。 ですので、 「気をつけてね」の意味のフレーズを、「いってらっしゃい」と同じように使います。 では日本語で「気をつけてね」、どんな時に言いますか? たとえば朝など、家族が学校や仕事に出かけるときなどに使うことが多いでしょう。 英語で、朝出かける家族に声をかける時に使われるフレーズは、下記のようなものがあります。 Take care. Have a good day. Have a good one. どれも「気をつけてね」の意味で、同じくらいの頻度で用いられます。 ただ、同じ「気をつけてね」でも、含まれるニュアンスに少しずつ違いがあります。 無事を願う気持ちを込めて 大切な人を朝見送るとき、家を出て帰ってくるまで、どうか無事でいてほしいと願うものです。 その時の定番フレーズが、 気をつけて(行ってらっしゃい) Take care. これから家を出る相手に、「ケガやトラブルに気をつけて、無事に帰ってきてね」と伝えたい時に使います。 今日1日楽しく過ごしてほしいと願う 相手が外出する時にかける言葉の定番フレーズとしてよく使われるのが、 Have a good day. 仕事や学校など、朝いつもどおりに出かける人に対して、かけることの多いフレーズです。 この言葉を日本語に直訳すると「良い1日を過ごしてね」となりますが、実際こんなことを日本語で言うことは滅多にありません。 直訳の意味である「良い1日を過ごしてね」の気持ちを含んだ、相手の今後を気遣ってのフレーズなんです。 その気持ちをそのまま直接的に口にしているわけではなく、「いってらっしゃい」「気をつけてね」と日本語で言うのとほとんど同じタイミングで、この「Have a good day. 」は用いられます。 かなり意訳になるのですが、ネイティブの方々は、日本語の「いってらっしゃい」「気をつけてね」と同じくらいの感覚で、この表現を使っています。 (どちらも)良い1日を。 Have a good day! Have a nice day! 他に、 (学校で)楽しんでね! Have fun at school! (仕事で)楽しんでね! Have fun at work! Have a good one. 良い1日を。 と、ほとんど同じ意味です。 何を伝えたいかによって使い分けしよう! 日本語で外出時にかける「いってらっしゃい」「気をつけてね」の言葉は、誰にでもどこに行く人に対してでも、同じように使えるフレーズです。 英語には「いってらっしゃい」と同じ意味の英単語はありません。 「気をつけてね」のように外出する人に伝えたい言葉を「いってらっしゃい」と同じタイミングで言います。 よって、何を伝えたいかによって表現が異なってきます。 パーティーや食事などに出かける人に 楽しんできてね。 Have a good time! Have fun! 出かける相手に楽しんできてほしいと言う気持ちを込めて送り出す、自然な声かけフレーズです。 旅行に行く人に 旅行を楽しんできてね。 Enjoy your trip! 良い旅を! Have a good trip! 気をつけてね。 Have a safe trip! 楽しい旅行であってほしい、無事に帰ってきてほしいという気持ちが伝わりますね。 スーパーや郵便局など、ちょっとそこまでお出かけの場合 じゃあね。 See you later. 「また後でね」という、すぐ戻ってくるニュアンスを含んでいます。 英語で「気をつけてね(いってらっしゃいの時)」2つの定番フレーズまとめ Take care. Have a good day. Have a good one. 「気をつけてね」というニュアンスのひと言を言いたい場合、この中のどれを言っても大丈夫です。 人を気遣う挨拶、普段の日常生活で自然とこういった言葉が出てくるのはすばらしいことです。 人間関係を円滑にする何気ないフレーズ、ぜひ身に付けてどんどん使ってみてください。 また、相手が行く場所やに伝えたい気持ちによって、さまざまな表現がありましたね。 挨拶や気遣いはよいコミュニケーションには欠かせないものです。 家族など身近な人であっても、気持ちのよい毎日のために挨拶、細やかな気遣いを、積極的に自分から行ってください。 日本語と英語では、ニュアンスや表現に違いはありますが、相手を思う気持ちは万国共通! 相手の出かける場所や状況に合わせて、最適な「いってらっしゃい」「気をつけてね」など相手を思う気持ちをどんどん伝えていきましょう。 動画でおさらい 「英語で「気をつけてね いってらっしゃいの時 」2つの定番フレーズ」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

次の