カクヨム 収益。 【提案】カクヨム収益化について、思うところ。

カクヨムの広告収入はやはり厳しい

カクヨム 収益

収益化の実現方法 「収益化」実現の方法としては、以下の二つがあると思います。 広告表示回数、あるいはクリック数に応じた収入還元• 投げ銭システムによる、ユーザからユーザへの任意金額の投入 いまこの2点を崩すとよくわからなくなるので、これはこのままにしておきましょう。 さて、1. の「広告表示による収入」についてはちょっと置いておきます。 ここでは2. の「投げ銭システム」に注目したいと思います。 投げ銭システム そのハードル 従来、「 投げ銭」というのは、ユーザが「 自分の財布から、相手の財布へと お金を移動させる行為」です。 つまり、いったん 自分の 財布の口を開けて、 自分のお金を移動させなければならないわけです。 しかし御存知の通り、ユーザの財布の紐は固いです。 非常に固い。 つまり、この「当たり前のように」行われてきている課金モデルのハードルは、異様に高いと言わざるを得ません。 私だってよほどがなければ課金しないですし、継続的な課金にはつながらないのは疑いようもない。 だって、ワンアクションしなきゃいけませんし、ましてその触る対象が 自分の財布なわけでして。 途轍もなくハードルが高い。 ということは…… 次のように、逆に考えることが出来ます。 「 投げ銭」を完全かつ機会均等に機能させるには、このハードルを下げれば良いということになりますよね、単純に。 つまり、ユーザの財布を触らなければ良いというわけです。 ユーザの「アクション」を無くすわけです。 これは「広告表示」を嫌う「書き手」ユーザに対する福音にもなります。 というのは、これを嫌うユーザの多くは「書籍化もされてない自分の作品でお金を稼ぐこと」に抵抗がある、あるいは自分達にメリットをもたらさない広告の表示を嫌悪している……のです。 要は「好きで書いてる」「趣味で書いてる」という領域を勝手な仕様変更で荒らされることに抵抗を覚えているわけですね。 少し具体的な話に。 では、「どのようにハードルを下げるか」という話に移ります。 広告閲覧(表示)によって本来カクヨムに入るはずの収入を、 ユーザの「投げ銭専用財布」に入れるのです。 「投げ銭専用」のお財布ですから、ユーザは広告閲覧で稼いだお金を 自分のためには使えません。 また、「書き手」が広告表示によって 本来は 得られるはずの収入も、「書き手」には入りません。 すべて「読み手」の「投げ銭専用財布」に入るようにするのです。 「広告表示」有無の選択権 これで、「書き手」は広告による「自動的な収入」から解放されます。 「趣味の領域」を侵されなくなるわけです。 そしてカクヨムは「ポイントを貯めたいユーザ」にのみ広告を表示させるようにします。 広告表示の有無を選ぶのはあくまで「読む側」です。 ここがすごく重要。 「読む立場」で広告有無を選ぶのです。 決して、 「書き手(=作品提供者)」に広告表示を選ばせてはなりません。 なぜなら私がここまで書いてきたことを踏襲するなら、そこには合理的理由がないからです。 それに広告表示を「書き手」に選ばせると、「書き手」が要らぬ誤解を受けたり、妙な方向からの非難を受けたりします。 「こいつ金が欲しいのか」という。 これは少しも生産的ではないですよね。 そして「読み手」が選択することにより、「読み手」は「投げ銭」に必要なポイント(的な何か)を貯められます。 要は、「1ポイントでも多くの投げ銭をしたい」人は「広告を表示する」を選べば良いのです。 同時に、「 任意に広告を見る」仕組みを作ります。 クリックによってそのサイトに飛ぶ=10~15ポイント、クリックによって30秒の動画を見る=100ポイント、など。 ポイント数は適当ですが(Google AdSense基準で考えると妥当な感じかもしれないけど)、とにかく「 ポイントを貯めたいユーザは任意にポイントを貯められる」ようにするのです。 勿論、無制限にポイントをつけるわけにはいかないので、クリックによって得られる「投げ銭専用ポイント」の上限値を決めます。 動画は1日1回まで、など。 その辺の調整はカクヨム運営に頑張ってもらうとして。 そしてユーザは手軽に投げ銭をできるようにします。 投げ銭用のインターフェイスを応援やレビューのそばに置き、それらと同じような感覚で投げ銭できるようにするのです。 5円、10円単位ででも。 そしてユーザは「その作品に自分が投じた投げ銭合計」のみ見られるようにしておく。 そして「書き手」は誰が投じたかわからないようにした方が良いような。 私が考える範囲では、「投じられた事実だけ見えるようにした方が平和」だと思います。 三方一両得 「カクヨム」の得 ともかくも、「広告システム」を導入することで、「カクヨム」にはいくらかの広告収入が入るようになります。 本来得られるはずの金額の2~3割くらいが妥当か。 これでシステム開発費をペイするところまでサイトを拡大しなければなりませんが、それはひとつのモチベーションで。 ユーザの挙動さえ把握できれば、収益モデルの構築も難しくないはず。 「読み手」の得 また、「読み手」は「書き手」を 積極的、物理的に応援出来るようになります。 勿論、広告表示をしなければそもそも誰の応援はできませんので、応援したくない人はしなくても良い自由が担保されます。 ユーザ登録していても、「広告は見たくない」人は少なくないでしょう。 しかし、その人たちに「広告見ないと応援できないよ」というように選択肢を見せるのですね。 しつこくない程度に。 同時に、「投げ銭のうまみ」というものも同時に提示すると良いかもしれません。 ひたすら読み、ひたすら広告を見、ひたすら投げ銭する……そのランキングを付けても良いかもしれません。 ただし 「自分の財布の紐」を開けさせるような課金モデルはNGです。 重課金ユーザが出るメリットは、他のユーザにはありません。 「カクヨム」にはあるかもしれませんが、それは運営の都合です。 なので、あくまで「 広告を見たことの対価=投げ銭するためだけに使えるポイント」であるべきです。 イコールがポイント。 不等号になってはいけません。 「カード決済」とか「プリペイド方式」とかはもう最悪手です。 「書き手」の得 「書き手」もまた、純粋に任意の応援しか受け取れなくなります。 これにより「守銭奴疑惑」から逃れられますし、「自分の作品ごときでお金を生むのはちょっと」という人たちも安心してカクヨムで活動を続けられます。 それに万が一、「投げ銭」されたとしても換金しなければ良い話です。 また「 誰から投げ銭されたかは、システム的にわからない」のでその手のユーザの無茶な要求にこたえる必要もないわけです。 いますよね、自分に都合の良いストーリーを求める変な読み手。 お金が絡むと「せっかく応援してやってるのに」とか言い出しかねませんが、「書き手」としてはその主張が事実であるかどうかはシステム的に判断不可能ですから、変な迷いを生じる必要性すらないというわけです。 何故カクヨムなのか これにより「カクヨム」に登録する意味も増えますし、ユーザがユーザを呼び込む事にもなるでしょう。 誰も損をしない(「カクヨム」本体でさえ)仕組みだと思います。 このシステムは、カクヨムに限らず使える方法と思います。 私がなぜ対象を「カクヨム」としているのかといえば、「すでに30万のユーザがいて13万作品近く投稿されており、かつ安定しているプラットフォーム」だからです。 そしてまた、現状つつがなく運営できているという事は、「広告表示システム」を導入する開発費・運営費さえペイできれば良いということになります。 (現在の運営が大赤字(償却費を除く)でそれを回収するための「広告表示システム」だとするならちょっと事情は変わりますが) ともかく「新たな収入口」を得られるわけです。 ということはどう転んでもプラスです。 「読み手」的にも「自分の懐は痛まない」「黙っててもポイントが入る(広告を表示していれば)」「好きな作品に貢献できる」ということになります。 そして、「書き手」としては「カクヨムに登録している理由が一つ増える」わけです。 どこにもマイナス要素はない、ということになります。 提案内容としては以上です。 ご賛同いただけるならば、上記のような内容を(アレンジするところはアレンジして)カクヨム運営にリクエストしてみてください。 よろしくお願いいたします。

次の

【提案】カクヨム収益化について、思うところ。

カクヨム 収益

書籍が全てではなくなる可能性がある 前回の記事でも触れましたが、現状はカクヨムに小説を投稿しても1円にもなりません。 カクヨムが今回提示している方法であれば、小説家にとって書籍以外の収益化の道が開けてきます。 ではPVあたりの収益予想(広告)をかなり甘めに見積もっていましたが、0. とまぁ、具体的なお金の話は今ここでやっても妄想の範囲を抜け出せませんのでこのくらいにしておきましょう。 ただ、先程書いたように「書籍を出すことが全てではなくなる」という可能性は、当然増えてくることになります。 「書籍を出したからと言って、一生安泰とはならない」というのは今まで何度か書いてきたことですし、あちらこちらでも語られている話でもありますので、どこかで聞いたことくらいはあるかもしれません。 また書籍を出すハードルも、一昔前に比べると随分低くなったのではないかと思いますが、それでも「誰でもできる」というわけでもないのも確かです。 カクヨムの施策は、この「0か100か」の中間を生むものになるのでしょう。 問題はこの「100」がどれを指し示すのか、というところではないでしょうか。 つまり「書籍化」を100と捉えるのか「一生安泰というくらい稼げている」を指すのか? 前者で捉えれば「広告収入でお小遣い程度稼げて、ある程度人気が出たところで書籍化した」ところがゴールになります。 その後はその作品次第になりますので、再び0に戻る可能性も無きにしもあらずというところでしょうか。 後者の場合はどうでしょう? 私は「もしかすると書籍化しないが、そこそこ稼げる作品」というのが出てくるのではないかと思っています。 そこそこ稼げる状態というのは、当然かなりの人気を博している状態ですので、当然出版社からお声が掛かることになると思われます。 しかしそこで作者が「いや、書籍化は結構です」という場合もあるかもしれません。 専業作家であれば書籍として売り出した方がより収入として安定するわけですが(というより書籍として出さないと生活できない)収入源を確保している兼業作家にとっては「手直しする手間」を考えれば、現状でも十分という方は出てくるのではないでしょうか。 そのようなことから「書籍が全てではなくなる」という可能性があることが分かります。 短編が増える? 長編が増える? この前のカクヨム3周年記念選手権のような、数千字単位の掌編は(収益化)において難しくなるかもしれません。 できれば複数話見てもらった方が収益になるので、連載ものにした方がトータルのPVが増える可能性は高いように思われます。 ただ一方で「長期連載になると新規読者が少なくなる」という問題もあります。 『ワンピース』は間違いなく面白い作品ですが、既に90巻以上刊行されているものを一から読む、というのは一般的な社会人にとっては難しいでしょう(学生さんでも忙しい方は無理かもしれません)。 よって週刊漫画のように「長期連載するものはベースとしての読者が多いもの」に限られていきそうです。 効率的なことだけを考えると「1話、もしくは数話単位で完結しつつも、全体としてシリーズ化しているもの」というのが良さそうに思われます。 ジャンプで言うと『こち亀』的なヤツですね。 ただまぁ、これはあくまでも収益を考えたときの話であり、それを無視すればどんな形式もありなんですけどね。 収益を考えると短編はキツそうだ、というのはあるのかなぁという感じです。 書き手にとってはアンダーマイニング効果を生む結果となる恐れ 懸念されることはいくつかあるのですが「書き手の読み合い問題」については前回も書きましたし、他の記事でも何度か書いたことなので割愛して他のことを考えてみましょう。 個人的にもっとも「どうなるのかな?」と興味があるのが、いわゆる「アンダーマイニング効果」です。 詳しくはググって調べて欲しいのですが簡単に言うと「好んで無報酬にてやっていたことに利益を与えると、それが失われてしまったときにやる気を失ってしまう現象」のことです。 これにも2つほどパターンがありそうで「得られていた広告収入が激減しやる気を失う」のと「(始める前に)思っていたのよりも広告収入が得られなかった」というものです。 前者のパターンは小説という媒体を考慮するとあまり考えられないものですが、後者は結構ありそう(それをアンダーマイニング効果と呼んでいいのか分かりませんが)。 「これで副収入が得られそうだ!」と期待しすぎるのは良くないのかもしれません。 小説投稿サイトの乱立から一歩抜け出す施策? 随分否定的なことを書いてきましたが、私自身はようにカクヨムのこの施策は良いものだと思っています。 それは「小説を書いてお小遣いを貰えるから」ではなく、他の小説投稿サイトとの差別化に繋がる可能性があるからです。 既に同様のことをしている投稿サイトはありますが、これを大手出版社であるKADOKAWAがやるということに意義があると思います。 これだけ小説投稿サイトが乱立してくると、例えKADOKAWAであっても独自のカラーを出していかなくては生き残れる保証はありません。 その中で「出版はできなくても多少の見返りはある」というのは、兼業作家にとっては魅力のある選択肢になると思われます。 書籍はどうなる? 上で「書籍が全てではなくなる可能性がある」と書きました。 紙書籍の苦戦が度々ニュースになっていますが、恐らく私たちが生きている間にそれがなくなるということはないでしょう。 このままの状態が続いたとして、紙書籍が完全になくなる(限りなく0に近づく)のは世の中が「デジタルテキストジェネレーション」で占められたころではないでしょうか。 これは「小さいころから紙書籍はほとんど読まず、デジタルだけで文字に触れてきた世代」を指し示していますが、現時点でも学校の教科書はまだ紙ですし家の中にも本や雑誌、新聞などが残っている家は多いわけです。 ですので「紙書籍が何も手を打たない状態」であっても、しばらくはなくなるということはないでしょう。 受け身ではなく積極的に紙書籍を展開していく方法ですが、端的に言って私は「物理的なものはコレクターズアイテム化していく」と思っています。 すでにアニメなどはほぼ完全にそうなっていますが「デジタルはメインコンテンツ」を提供し「物理的なものはサブコンテンツ」を提供するということですね。 つまり「本編はKindleでもWebでも読めるけど、サブストーリー、アナザーストーリー、設定集、著者寄せ書き、絵師による追加の書き下ろしなどは、書籍を買わないと読めないよ」という感じです。 当然分母は少なくなりますので単価は上がりますが、ファンであれば単価は関係ないでしょう。 「欲しいものは買う」のがファンですから。 そのうち「1冊買うだけでは全てを集められない」という状況も生まれてくるかもしれません(って、今でもありますか。 書店限定の特典とか)。 先程しれっと「単価が上がる」と書きましたけれど、価格を上げるのは出版社にとってはもっとも簡単に利益を上げる手段でもあったりします。 例えば1,000円の本を売ってたとして、出版社の利益が500円だったとしましょう。 価格を1. 5倍の1,500円にすれば、利益は2倍の1,000円になります(価格を変えることで経費は増えないため)。 逆に言えば1,000円の本を1万冊売って600万の利益だったならば、本を2,000円にすれば6,000冊売れれば同じ利益を確保できます。 先程言ったサブコンテンツには当然お金がかかりますので、こんな単純計算ではダメでしょうけど、いずれにしても「単価を上げる」という方法は取らざるを得ないようになるのは確実なような気がします。 買う側のファンとしては、財布に厳しい時代になりそうです……。 まとめ カクヨムでこの施策が始まったとしても、ほぼ間違いなく「これだけで食っていける」という状況にはならないでしょう。 ただ前述したように「兼業であれば書籍化を断るという選択肢も出てきた」というのは、結構革新的かもしれませんね。 また今回は触れませんでしたが、投げ銭的なシステムもカクヨムは検討していると言っています。

次の

小説家になろうとカクヨムの同時掲載と重複投稿

カクヨム 収益

好きな小説を書いてお金がもらえたらいいのになぁと夢見ているあなた、こんにちは。 奇遇ですね、私も同じことを考えてます。 アカネです。 小説で生計を立てようと思ったら思いつくのはやはり、コンテストに応募して受賞!からの商業作家デビューでしょうか。 それとも、人気が出て出版社の人の目に止まるまで投稿サイトで書き続けますか? どちらにせよそれって狭き門ですよね。 成功する人はごく一部です。 それでもその道を目指して頑張る!というのはとてもいいことだと思います。 しかし世の中は大きい夢に向かって頑張り続けられる人ばかりではありません。 かくいう私も小さい目標をコツコツ達成していきたい派です。 でかい壁しか見えないと気持ちがくじけてしまうのです。 2019年1月12日 Fantasfic と Scraiv を追加しました。 2019年3月24日 Scraiv の説明を更新しました。 2019年4月2日 マグネット! がリニューアルして改名したので、記事内の表記を「マグネットマクロリンク」に修正しました。 2019年5月23日 ヘルプ内からポイント換金に関する記述がなくなった?(見つけられなくなった)ため、エブリスタを削除しました。 2019年7月7日 Scraiv のドメインが変わっていたのでリンクを修正しました。 2019年7月19日 ノベルアップ+ と ALIS を追加しました。 2019年10月30日 カクヨムを追加しました。 2020年5月15日 Fantasfic の情報を更新しました。 Baskadia を追加しました。 もくじ• 人気に応じて報酬がもらえるところ カクヨム 作品の閲覧数に応じた収益を得ることができる「カクヨムロイヤルティプログラム」が2019年10月29日からスタートしました。 将来的には投げ銭も受け取れるようになりそうです。 詳しくは公式サイトのマニュアルでチェックしてみてくださいな。 アルファポリス -電網浮遊都市- 作品の人気に応じたスコアを稼ぎ、一定数貯まればギフト券などと交換可能ながあります。 小説の他に漫画や絵本も投稿可能なので、それらも描ける人はアルファポリスでまとめて発表すれば報酬獲得のハードルが下がりそうです。 (は別コーナーみたいになってますが同じアカウントで利用できます) 2019年1月12日 2019年から、アルファポリスの広告収入が全て投稿インセンティブに還元されることに! さらに稼ぎやすく!? ノベルバ 公式アプリを使用してログインを行うことで「ノベルバ報酬プログラム」の参加申請が可能になります。 申請方法や詳細は以下のページでご確認ください。 Scraiv 『読むYoutube』を目指して開発されている新しいサービスです。 小説だけでなく、漫画やイラストも投稿可能です。 収益化するには「パートナープログラム」への参加が必要となっており、申請するためには一定数以上のフォロワーがいなければならないなど、いくつかのハードルが設定されています。 最新の状況は各種ガイドラインで確認してください。 投げ銭がもらえるところ 投げ銭(なげせん)というのは、利用者がサービスに対してお金を払うこと…海外で浸透しているチップのようなものですね。 本来は感謝の気持ちを金銭で表現するためのものなので、どちらかというと 「好きな作家を支援したい」読者のための機能ですが作家としてもないよりあった方が良いですよね。 マグネットマクロリンク 読者が作品に対してマグネットという有料アイテムを送ることができ、作者はそれを換金することができます。 マグネットマクロリンクには専門用語がたくさんあります。 詳しく解説したがあるのでマグネットマクロリンクに興味が出てきた方は読んでみてください。 Fantasfic 画像・動画の投稿サイトだったようですが2019年1月10日から小説も投稿可能になりました。 投げ銭を行えるほか、サイト内に投稿されている作品の二次創作をオープンに行えたり、ファンクラブ作成、デジタルデータ販売など機能が盛りだくさんです。 EXC(エクスカリバーコイン)という仮想通貨もコストなしで投げ合うことができたのですが、現在はされています(2020年4月1日に施工) ノベルアップ+ ノベルアップ+(ノベルアッププラスと読みます)は、2019年7月18日に正式オープンしたばかりの新しい小説投稿サイトです。 読者は作品に対してコメントはもちろん、無料ポイントや有料ポイントを投げることができます。 作者側は、もらった有料ポイントを換金可能です(一定量が必要) 無料のポイントはログインで毎日入手することができますが有効期限が短いので、読者は溜め込まずにポンポン投げます。 もったいないですからね! この他にもユーザーのレベルや称号システムなど、読者を行動させるための施策がたくさん盛り込まれているため、リアクションはもらいやすいと思います。 作家生活オンライン サイト自体には投げ銭機能はないのですが、作品ページの フリースペースになんでも置き放題なので、そこにやといった投げ銭サービスのリンクを貼ることができます。 本来このフリースペースは「広告収入を勝手に得ていいですよ」エリアなのですが、より建設的な気がしませんか? note 小説投稿サイトというよりSNSなんですけど、小説や漫画などの有料販売先としても注目されているサービスです。 ALIS のような、小説投稿サイトではないけど小説も投稿できるサービスです。 編集方法や、投稿記事を有料販売可能なところ、投げ銭がもらえるところなど、いろいろに似ている印象なのですが、一番の違いは もらえるのがALISトークンという仮想通貨だというところです。 Monappy こちらも小説投稿サイトではなくMONA(モナコイン)という仮想通貨のオンラインウォレットなんですけど、投稿したイラストやテキストに対してモナコインでの投げ銭が可能になっています(モナコインを投げるので「モナゲ」と呼ばれているようです) 投げるものが仮想通貨ということもあり読者が投げ銭をするまでのハードルは他より低そうですが、問題はテキストが盛り上がっていないこと…。 イラストを描ける人は試しに投稿してしばらく様子をみてはいかがでしょう。 2019年3月24日 現在はサービスを停止しているようです。 2019年10月30日 10月7日からサービスを再開し、段階的に旧ユーザーのログインを解放していました。 そろそろ完全に復旧したのではないでしょうか。 Baskadia(バスカディア) 2020年2月に正式リリースされた新しい投稿サイトです。 小説の他にもイラストや漫画などが投稿でき、仮想通貨のBTC(ビットコイン)を投げ銭として受け取ることができます。 BTCは、上でご紹介したALISのALISトークンやMonappyのMONAと違い、仮想通貨の代表ですので、持っている人が多く換金も簡単です。 他にも、自身の作品を二次創作OKに設定して二次創作作品の収入の一部を得る「コラボ」機能があったり、がテストされていたり、利用者が増えれば収益化はしやすいのではないかと思います。 今のところ小説作品はあまり人気がないようですが……(今後に期待) 広告収入が得られるところ 特定の場所にフリースペースが設けられていて、「好きにASP(アフィリエイトのサービスのこと)を使って広告置いていいよ」とされている投稿サイトがいくつかありました。 問題は、ASPって基本的に 登録時に審査が入るんですね。 広告を貼る予定のサイトURLを通知してOKをもらわないと登録させてもらえないのです。 審査が厳しいと有名なのがGoogleAdsenseですが、他のASPでも、すでに登録済みならともかく小説投稿サイト用に申請しても通らないんじゃないかと思われます…。 とりあえずASPを始めるなら 審査なしのがおすすめです。 得られる収益はGoogleAdsenseには劣りますが、 誰でも使えますしどこにでも貼れるので手軽に使ってみましょう。 作家生活オンライン 投げ銭コーナーですでに紹介しましたが、作家生活オンラインにはなんでも置けるフリースペースと、 広告しか置けないフリースペースがあります。 GoogleAdsenseは規約違反となる恐れがあるため非推奨とされています。 代わりに推奨されているならクリックされなくても報酬が入る可能性がありますよ。 MiRACREA ミラクリエ GoogleAdsenseの広告を設置することができます。 今のところ他のASPは認められていないので、すでにGoogleAdsenseの審査を通過したサイトを持っている人でないと活用は難しいと思います。 そもそもこのサイト、カシキャラという制度があって 独自色がとても強いです! 作品を投稿するなら実質ミラクリエ用に書くことになると思っていた方がいいです。 ミラクリエの使い方はそのうち詳しくまとめられたらいいなと。。。 アカネのおすすめ カクヨム、アルファポリス、ノベルバ 読んでもらう以外に特別すべきことがないので、とりあえず投稿しておいて損はないと思います。 たくさん読んでもらえる作品作りを頑張りましょう! マグネットマクロリンク 投げ銭って言うなれば読者から課金してもらわないといけないので、確実に収入を得られるわけではありませんが、マグネットマクロリンクは 作者でも読者でも面白いシステムになっているので投稿するだけで楽しめると思います。 システムのおかげで読者が積極的ですし、更新が止まった作品を再浮上させる仕組みもあります。 気になった方は過去に書いた解説記事を読んでみてください。 Fantasfic Fantasficには「ファンフィク」という、ざっくりいうと「ここに書いてあるルールさえ守れば自由に二次創作していいですよ」というプランを作品に設定できる機能があります。 それを設定しておけばもしかしたら、あなたの作品の二次創作をしてくれる人が現れるかもしれませんよ。 ワクワクしますね。 最後に 最後まで読んでくださりありがとうございました。 小説を書くのが好きな人が、一人でも多く小説を書き続けられますように。 収入は書き続けるエネルギーのひとつになると思います。 みなさんが快適な投稿ライフを送られることを願っています!.

次の